Main | September 2004 »

理解不能の人

どうにも理解不能の人に時々出会う。
人と付き合うとき、たいていは学校や仕事での出会いだから、肌の合わなそうな人とは、適当な距離を置くことができるように思う。お互いに「こいつとは深入りしないようにしよう」と思ってるみたいなのが実に不思議だ。
そんな動物的本能が相互作用でないときは、結構厳しい。

子供を介して知り合った彼女は、会話の中で、自分のことを「とてもすごい」と思ってくれてるらしいのだが、その思いの方向がどうも変。なぜか話してて、いいようのない気持ち悪さに襲われるのね・・・。

以下、書いててものすごく自分で自分(まりえ)が、いやな人間みたいに感じるんだけど、それを承知で読んでもらえるだろうか。
いろいろ考えた結果、
・彼女は私(まりえ)の考え方やら学歴やらを「レベルが高い」と思っている。
・だから私(まりえ)と付き合うと自分にメリットがあると思っている。
・他の友人よりも一歩立ち入った関係でいたいと思っている。
ような気がする。こんな人って、今まで自分の周りにいなかったと思う。
とっても、自分自身に自信のない人・・・というか、自分がない人。

そりゃあ、私だって「!この人すごい!」って人に出会ったら「この人についていこう!」って思うよ。
自分ががんばってることを、評価されたら、結構素直にうれしい!って思うよ。
でも、彼女の思いはなんか違うんだよ。
彼女のほめ言葉は、私の心をちっともうたないし、誇らしい気持ちにもさせない。

なんかうまく言葉をさがせない。

ほめられるなら、がんばってる人からほめられたい・・・なあ。
(そういう結論なのか?)
誰かこの気持ち悪さを分析、解決してくれ!(給湯室で待ってます)

|

オリンピック見てる?

 オリンピックの放送が、深夜や未明にもかかわらず、高視聴率をマークしているとか。
 そういえば、先日うちの両親が「みちゃったわよお、マラソン」と興奮気味に話してたっけか。(うちの親世代は、マラソンを二時間以上みていられるらしい。それはそれですごいと思っている)

こちとら、子育てで夜中はダウンしているから、それどころじゃないんだけど、昼間録画を放送していた「体操」は、1時間くらいじーっと見てしまった。実はオリンピックで私が一番楽しみにしているのは、池谷以来「体操」なの。
美しいよね、人間の体って・・・・・とうっとりしながら見てしまうのさ。きれいな筋肉、それがしなやかかつ機敏に伸縮する、連続。こんな風に伸びやかになれるんだあ、とため息が出てくる。
 
 新体操やシンクロみたいに、観客に媚びたような(ごめん、そう感じる)笑顔がないのもいい。こう、ストイックに演技に集中して真摯なまなざしがいい。で、着地したときの「どうだ!」っていうような「やった!」っていうような得意げな顔がまた、にくい!余計なものはいらん、演技で勝負じゃ!って潔さ!

 子供に体操させてみよか、って親が増えるんだろうなあ。私もちょびっとだけ、思ったもんな。
 当の息子は、そんなんどうでもよろしくて、ラップに合わせて怪しげな踊りをおどっているもんね。

|

復帰へのカウントダウン

こんにちは。
今までHPをのっけてたサーバーが中止になる、ということを知ってから大分たちました。
今日、やっとネット引っ越しを進めることができまして、めでたしめでたし。
でも、引っ越しはリアルでもそうだけど、いろいろ面倒くさい。
毎日毎日、結構ぎりぎりで追い回してる身には、案外にこたえるものじゃ。

育児休業をとって数ヶ月、そろそろ仕事の復帰が見えてきました。
保育園もスタート、二児をかかえての復帰は、まだまだ予想もつきません。
せめて、復帰までに、HPも落ち着かせておかないと・・・・
きっとまた書き込めないもんね。

更新ができないで、しめようかとも思ったHP。
しめないでいたのは掲示板にいろいろ書いて通り過ぎていってくれる
みなさんがいたからです。
また、ここにたどり着いたら、よろしくお願いしますね。

|

Main | September 2004 »