« オリンピック見てる? | Main | 育児休業の時差 »

理解不能の人

どうにも理解不能の人に時々出会う。
人と付き合うとき、たいていは学校や仕事での出会いだから、肌の合わなそうな人とは、適当な距離を置くことができるように思う。お互いに「こいつとは深入りしないようにしよう」と思ってるみたいなのが実に不思議だ。
そんな動物的本能が相互作用でないときは、結構厳しい。

子供を介して知り合った彼女は、会話の中で、自分のことを「とてもすごい」と思ってくれてるらしいのだが、その思いの方向がどうも変。なぜか話してて、いいようのない気持ち悪さに襲われるのね・・・。

以下、書いててものすごく自分で自分(まりえ)が、いやな人間みたいに感じるんだけど、それを承知で読んでもらえるだろうか。
いろいろ考えた結果、
・彼女は私(まりえ)の考え方やら学歴やらを「レベルが高い」と思っている。
・だから私(まりえ)と付き合うと自分にメリットがあると思っている。
・他の友人よりも一歩立ち入った関係でいたいと思っている。
ような気がする。こんな人って、今まで自分の周りにいなかったと思う。
とっても、自分自身に自信のない人・・・というか、自分がない人。

そりゃあ、私だって「!この人すごい!」って人に出会ったら「この人についていこう!」って思うよ。
自分ががんばってることを、評価されたら、結構素直にうれしい!って思うよ。
でも、彼女の思いはなんか違うんだよ。
彼女のほめ言葉は、私の心をちっともうたないし、誇らしい気持ちにもさせない。

なんかうまく言葉をさがせない。

ほめられるなら、がんばってる人からほめられたい・・・なあ。
(そういう結論なのか?)
誰かこの気持ち悪さを分析、解決してくれ!(給湯室で待ってます)

|

« オリンピック見てる? | Main | 育児休業の時差 »