« ミスティック・リバーでした | Main | いるだけ臨床心理士 »

少女の成長物語はないか

進路の決まった三年生が少しずつ増えてきました。私立の高校しか受けない子は、早いうちから進路が決まるんですよね。

そんな彼らに「わたしからのプレゼント」と称して読書案内を渡すことに。でも、それだけじゃ絶対読むわけないから、読書案内のタイトルは「卒業までに三冊読め」。
(最近、授業でとみに思うのが生徒の「慢性的語彙不足」。語彙がないから漢字もかけない。まあ、自分のことを振り返っても、日常の会話にそれは期待できないけど、語彙ってのは読書やテレビで増やしてたはずなんだよねえ。テレビの語彙は、このごろはどうしようもないので残るは、読書のみ……)

で、今度は調子にのって、読書案内のほかに「どうせ読むならこれを読め」とコミックの案内も出しちゃおうかな、なんて欲を出し、リストアップを始めたところ・・・・。

さすがに自分が少女時代に読んでいた名作というのは、すでに入手できないものも多いし、時代に合わないものもある。自分が読む雑誌に偏りもあるし、ネットの「読書案内」も、さすがにコミックはおたくな香りが漂って、なかなかいいサイトにめぐり合えない。それでも、やっと思い出していくつか挙げたタイトルをみて気づいた。

「少女もの、ないやん」

中三にちょっとした読書なみのエネルギーと興奮(感動)と知的好奇心を抱かせるようなものを選んでたら、あらなんと、少女物がほとんどなし。私の趣味の幅のせいだけ?リストにあがったのは、古いけど文庫で読める「ファミリー!」(渡辺多恵子)と「瞬きもせず」(紡木たく)だけ。

ショックで、一生懸命考えてみた。それでも記憶に残るコミックは、(古すぎたり)主人公はもう少し大人だったり、たんなるどたばただったり。そしてとにかく、恋愛オンパレード。思春期の女の子はこれしか頭にないのか!?供給する側の偏見か!?「明日のジョー」のような少女ストーリーはないのか!?少女は恋愛とセックスでしか成長しないのか!?

なんて叫びはともかく、
恋愛中心じゃないと読まれないのか、コミックで恋愛以外のものをテーマに成長を描く土壌がないのか、あるいは、あっても目に留まりにくいのか………。
夢に向かってひた走ったり、人間関係にもまれて成長する思春期女の子の話がほしい!だれか教えて!

最近の作品で「月の夜 星の朝」みたいなスポーツものはないのか!恋愛はつけたしでも女の子が変化していく物語はないのか!情報もとむ、です。

ちなみに、リストアップ作品はこれです。
太陽の黙示録 栄光なき天才たち ドラゴンヘッド 海猿 警察署長 プラネテス 瞬きもせず ファミリー! もんのおしゃべりニューヨーク リアル ママの恋人 陰陽師

|

« ミスティック・リバーでした | Main | いるだけ臨床心理士 »

WMお仕事モード」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。早速ですが、私のお薦め本は「ビッグウィング」です。太陽の黙示録がリストに挙がっていたので、まりえ先生もご存じじゃないでしょうか。主人公は羽田空港の窓口で働く20代前半の女の子。内容はまさに感動もの!人生って何だろう、親子の絆って何だろう、自分の存在って何だろう等恋愛ものというよりも金八先生のコミック版みたいな感じですかね。同業の夫はくさすぎるといって嫌っていますが、私は大好きです。中学生にも読みやすいのではないかと思います。

Posted by: みちぷ | February 07, 2005 at 02:26 AM

お久しぶりです。
漫画・・・私も中学時代よく読みました.
ファミリー、なつかし~><!!また読みたくなりました.
私が中学時代に読んで影響を受けたのは、成田美名子
「エイリアンストリート」とか。ファミリーに似てるますね。その後の・・名前が出てこない!なんだっけ?
その後の作品の中の女の子「アニス」チャンもいい味
出してました.題名が出てこない~><!

あと、女の子の成長といえば、何と言っても「生徒諸君!」です。
教員になりたい人なんかが読むと身がちぢむ思い?にもなるくらいまっすぐで・・・。でも中学生くらいの
時期に読むとまた違った感動があると思います。
ちょっと、いやかなりくさいけど、人間的本質をついてるお話だと思います。
最近は全く漫画から遠ざかってますね.
主婦、母親になると子育て漫画「ぽっかぽか」とかに
走っていったり・・・^^;

ということで、一ヶ月も遅いコメントですみません。
では、また・・・。

Posted by: ゆめっち | March 02, 2005 at 03:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/2820968

Listed below are links to weblogs that reference 少女の成長物語はないか:

« ミスティック・リバーでした | Main | いるだけ臨床心理士 »