« September 2005 | Main | January 2006 »

い・・・いじめか?息子よ!

 誰に似たのか、わが息子M(4歳)はえらく人見知りで内弁慶だ。(や、決め付けちゃいけないとは思うんだけど・・ね) 叩かれてもやり返さないし(やり返せない)、保育園で自分から「遊ぼう」と言ってるのを見たことないし、帰るときにはおもちゃの片づけを、ぶつぶついいながら放棄した友達の分までやっているという真面目というか、要領が悪いというか、でも一人前に勝負には勝ちたいし、「すごい!」と褒められたい・・・そんな息子だ。(最近は「片付けてよ~!」と主張しているらしい)

 いつも帰ると保育園での出来事を話すんだけど、今日はいつもと趣が違う。いつもの遊び仲間といつものようにトラブルがあったらしいんだけど・・・・。

「○○ちゃんが『Mとは遊ばないほうがいいよ』って△△に言ったんだ」
「うん、そうしたら?」
「△△は、××に『Mとは遊ばないほうがいいよ』って言ったんだよ」
「(まじかよー)そうなんだ・・・それでMは、なんていったの?」
「・・・・・・・」
「じゃあ、どうしたの?」
「・・・泣いた」

 なんつーか、なんつーか、息子Mの悲しみもさることながら、4、5歳児でも仲間はずれ遊びみたいなことをするんだ・・・というのに衝撃を受けてしまったの。
「○○はきらい!」といった一人称的感情表現を本人に、考えなし(あるいは他意もなく)ぶつけるのはよくあるなあ、と感じていたけど、他人にマイナスな行動を教唆する台詞って、こんな低年齢からでてくるもんなのか!?
TV?親?いったい何??すっげえ意地悪いセリフだよね。
(人に聞いたら、結構でてくるようです。びっくりじゃ。)

 まあね、人間関係のトラブルや、「好き」「嫌い」なんてやりとりは、たくさんあって当然だし、それを乗り越えながら人間成長していくわけだから、あって構わないことなんで。
でも、親としては、やきもきする~~~~。
頭では「でも、また明日一緒に遊ぶんだよな」とは思ってても、気になる~~。
「いじめ!?」なあんて思ったりする。
「なんでそんな風に言われるの??」って真剣に考えたりして。
やっぱ、自分の子かわいさというのはあるのねえ・・・・。

復帰したときに、また一つ、実感こめて保護者と話ができるわあ、と思った次第なのでありまする。
(って、ホントにいじめ?ドキドキ)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | January 2006 »