« January 2006 | Main | March 2006 »

こんなGPSなら買う?

GPSが使える子供用携帯端末。雑誌の特集を「他人事じゃないよねえ」とオットと読んでて、話はどんどん本題とずれていきました。

「これさー、アクセルラーとかマージフォンの形してたら、バカ売れすると思わん?」
「東映とかとコラボレーション!とかなんとかいって?」

ははは、でも毎年変えなきゃいかんよね。

「そこで毎年システムを更新すると、安い値段でニューヒーローのにバージョンアップサービスがあるの」
「女の子はプリキュア仕様があって・・・」
「男のもカブト版とか、ボウケンジャー版とか・・・」

でも、電話かけちゃったらお金は青天井だよねえ・・。

「やっぱ、通話先制限はするんだよ。でも、有料サービスも可能だよ」
「5時前になると、カブトの声で『もう帰る時間だ。遅れるなよ。』って、電話がかかってくるシステム。いーと思わん?」
「土曜の夜になると『明日は7:30には起きてくれよな。早くねろよ。歯磨けよ』ってのもかかってくる」

すっげーいいアイデアだと思うんだけど!

どうすか??>>携帯電話会社のみなさん
(でも契約するのは、大人ばっかりだったりして・・・・。)
(こんな会話ばかりですみません・・・うちの夫婦)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ばれてた・・検温(^^;)

保育園の乳児クラスは、登園してから検温しなくちゃいけないのだ。家で検温するのはもちろんなんだけど、登園後に変化してることも多いから。

で~も~、上の子も放り込まなきゃいけないから、下の子の検温は、もう平気な顔してぶっちしてたのじゃ。家での検温も・・・・・きゃー、ごめんなさい、おでこに手をあてて「む。36℃2分」とかやってて・・・・・・。

したら先日、遊ぶ気まんまんの下の息子Gが、登園後自分の支度(タオルをひっかけるのがGの「お仕事」)を終えて「行っていい?」とおもちゃコーナーに駆けていったところで、保育士さんに声をかけられてしまいました。

「Gちゃん、お熱ピッピしてからよ」

すっすみません!!これからはちゃんと測りますっ!!
(間接的にとか、やんわり言われると恐縮する・・・・小心者のわし)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ワーキングママ必携グッズ

来年になったら復帰です・・・。まあ、復帰も3度目なので、なんとかなるだろうと高をくくっております。そんな我が家の便利グッズベスト6!

第6位  ちょちょちょちょチョッパー!←みじん切り機
      こんなに便利だとは思わんかった。安物でOK。まだふつーのモノが食べられない離乳完了期の子供がいるときゃいいぞう。

第5位  除菌柔軟剤   どうしても多くなる部屋干し。でもくさいのはイヤ!除菌剤でかなり防げますのだ。(除菌洗剤は蛍光剤が入ってるのでつかってないの)

第4位  リンスインシャンプー   風呂の時間さえ、惜しまねばならない毎日。オットの帰宅は深夜、あてにならない母の友はこれ。

第3位  生協の宅配   焼くだけ、あっためるだけ・・だけだけ食料にはお世話になりっぱなし。裏ごしポテト、ごぼうとにんじんの冷凍千切り、冷凍かぼちゃ・・・・調理時間だけでなく、買い物時間まで節約できるのはもう、神様に近いよ。微妙に単価が高いのが、なんだけど・・・・・背に腹は変えられず。

第2位  乾燥機   第一子の復帰をにらんで導入。乾燥だけでなく、干す時間も短縮になるという結果に。シャツなんかは縮んじゃうからふつーに干すけど、膨大なタオル類だけでもかける価値大!(お金がたまったら、洗濯乾燥機がほしい・・・ほしいぞ!)

そして、堂々の第1位!

無洗米!
  初めは「こんななめた米つくりおって」と怒ってたんだけど、今では・・・・・もうこいつなしではやっていけません。(たまに実家から米もらうと、うれしいんだけど「とぐのかあ・・」と思ってしまうなめた女になりました・・・。でも10秒で米のセットができるんだもん。ね。ね。

あるものは使おう!うちには主婦はいないのだ!(育休中なのに声高らか・・いーのか?)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テレビが怖い~怖いよ~

大人はテレビつけてても他のことができる。だけど、子供となると話は別。
朝の情報番組つけてる日にゃ、子供は着替えないわ、顔は洗わないわで大変なのだ。
子供が生まれてから、朝はちょっと不便な生活していますなあ。

 テレビの長時間視聴が子供にかなり弊害があるといわれて久しい。親はガマンしてますよ~。みたい番組は録画して夜中、明け方にこっそりみるとか、日曜の「リュウケンドー~マジレンジャー~仮面ライダー」ラインも録画使って、日を変えてみせるとか・・・・・。子供がいないころは、休みの日には三日でエヴァンゲリオン全話通してみるとか、吐き気がする迄ゲームするとか荒行に挑んでいたにも関わらず・・・・。

 心あるテレビ好きのママ・パパというのは、子育て中はガマンするのが大変だろうなあ~としみじみ思う。

 土日にだんなが出勤して子供と私だけが残ってるときなんかは、煮詰まって煮詰まって「テレビ様」におすがりしてしまうわけで。「うう、この番組だけ・・・・その間だけ集中してごはんの支度させてくれえ~~」ってな感じで。

 たしかにテレビ様がオンになると、子供は静かだし、こっちもみたいものガマンしなくていいし・・・・なんだけど、なんだけど!怖いんだもん!テレビみてる息子の顔!

 まばたきが少ない!じ~~~~~っと見つめて動かない2歳の息子!そこに感情はないぞ!昔みた映画の「ポルターガイスト」みたいに、テレビの国へとりこまれちゃうんじゃないかって思っちゃう。あの顔見ちゃったら、テレビを見せっぱなしって怖い、って思うぞ!

 だから、うちのテレビはたまにしかスイッチの入らない「えさ」でございます。
「歯みがきしたら『ムシキング』みるべ」「朝の支度が早くできたから、歌のテレビ(おかあさんといっしょ)みていいよ」テレビは有効に使っちゃる。

 煮詰まっちゃうとき、子供が見たいと思うものがあるとき、テレビつけてもいいと思う。でもやっぱり、一緒にみて、親が「おお~」とか「これはね・・・」なんて話をして、うつろな目で画面を見つめる子供にしておいたらあかんよな。小さいうちは特にね。(自分も、自分でテレビの時間コントロールできるようになったのって中学生の頃だしな~)

 テレビ好きのママ・パパも、せめてつけっぱなしだけはやめようよね。ね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

息子M、楽しく字を読む

3歳当時、息子Mは、多くの男の子がそうであるように、電車にはまっていました。
「どーして、こんなんまで覚える!?」ってくらい、特急、新幹線の名前を覚えて、これ読んで」ともってくるのは図鑑。(図鑑読めっていわれてもさ~~・・・)
やがて、彼は電車の説明が読みたくなり、チャンス到来。

男の子は、なぜかカード集めも大好き。そこで、こんなん作ってみました。

【用意するもの】  名刺大のカード  色ペン(太い字が書けるといい)
電車の切り抜き(ネットさまさま) のり

【作り方】
1 カードの片面中央に、
電車の切抜きを貼ります
2 切抜きの上部に、
電車の名前を書きます。このとき、最初の文字は色を変えます。
  また、カタカナの電車は、ひらがなで書きます。
  例: 
さま   んだーばーど
3 裏の中央に、大きく電車の最初の一文字を書きます。「あ」とか「て」とか。完成。
(あればラミネートすると、丈夫です)
(絵心のある方は、切り抜きじゃなくて描いてあげるといーですね)

あとは、カード見てるうちに、子供は「あ~こう読むんだ」ってわかってくるんですねえ。「好き」ってすごいことですね~。親と遊ぶときは、カルタとりみたいにしても遊べます。

裏の一文字だけを子供に見せて、「これは何のカードでしょう?」ってのもアリ。
慣れて来たら、裏を見せるカードをトランプみたいにもって見せて「やて、はどれだ~?」ゲームにしてるうちに、ひらがなマスター。持って見せるカードは、初めは3枚くらいからスタートです。

ええ、親はカード作りにはまりましたとも!

あー、カタカナは「仮面ライダー」でマスターしました。アルティメットモード!?なんで、そんなん読めるんじゃあ?>>息子M

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャイルドシートつけろよ~

 保育園へ車で送迎してて、ずーっと思ってたんだけど、チャイルドシートつけてないおうち結構多いんだよね~。千葉県のチャイルドシート着用率がさらに下がったなんて新聞記事を読んでふりかえると、実際そうなんだ。低い。

 チャイルドシートは、たしかに面倒くさい。子供をいちいちくくりつけるわけだし、それが二人三人になると骨が折れる。
ちょっと寄り道してすっと買い物・・・なんてのさえ面倒になる。(子供は買い物についてきたがるもんね)
雨の日は、くくりつけてる間に親がびしょぬれになる。
ちょいと友達を乗せて一緒にでかけるなんてのもはばかられる。
場所をとる。うちなんか三人目が生まれて、家族全員乗れないから車買い換えたもんね。
それから決定的にこれ、高価。うちの三つのシート合わせたらいくらだよってなもんだもん。

 正直、収入かつかつで暮らしてたら、これは大出費だよね。

でも、それでもやっぱりチャイルドシートは大事なんだよ。
子供が亡くなった交通事故の記事なんかを読むと、ぶつかった(ぶつかられた)ショックで車外に放り出されて、全身を打つ、他の車に轢かれるなんかしてるもん。想像しただけで泣きたくなってくる。シートでもベルトでもしてれば、車外に放り出されることはないじゃん。

 チャイルドシートにくくりつけてやってくれ。世の親よ。
間違っても子供を抱っこして運転なんかしないでくれ。自分の子供をエアバッグにするつもりか?こわいよ~!

 くくりつける子供がかわいそう?そりゃ、ちゃんと安全を語ってないだけだ。子供が嫌がろうが、泣こうが、子供に嫌がられようが、泣かれようが、大事なことはびしっときめなきゃいかんだろ!

 チャイルドシート、購入資金の援助なんかあると、着用率あがると思うんだけどなあ。どうすか?

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »