« February 2006 | Main | April 2006 »

アレルギーとライフスタイル

次男Gは、卵白アレルギーである。保育園に除去食をお願いしている関係もあり、年度末の血液検査。で、こんどは出てしまいました、ハウスダスト陽性。

ハウスダスト!はー!どうしろっつうの!?

医者の話では、日ごろの生活に特に支障があるわけではなく、風邪を引いたときなんかに咳き込みやすくなる・・・云々。枕や布団を羽根じゃないものにするとか、まめに掃除するとか・・そんなんでいいとは言われた。

まあねえ、カーペットは皆無だし、掃除についてはどちらかというと好きな家事だからいいんだけど、なにぶん今は休みだから・・・・・復帰したら、どーなるか知れたもんじゃないよなあ。(家にいる時間が短いから埃もたたないといえばたたないが)

ともあれ、アレルギーがでてしまうと、これまでの我が家の適当生活が成り立たなくなる。正直、子供のことも心配だけど、自転車操業の共働き生活では結構な問題だわよ。ただでさえ、全員乾燥肌で冬になると皮膚科通いに加えて、ひたすら保湿剤だのなんだの塗りたくって手間なのに・・・(T T)。

卵白でると、卵焼きができないとかいう問題以上に、卵とじができない→メニューバリエが格段に少なくなる、市販のケーキとか、加工品が使えないってのがある。そんな、「おやつは手作り!」なんてしてる余裕ないもん。練り物がやばいので、冬のおでんも簡単じゃない・・・・・。

こうなると末娘も、覚悟しとかないと。小麦がでたらパンが食べられないぞ~。ダニとか出たら布団の処理・・・いつやるんだ?

多忙で適当な生活を成り立たせるためには、アレルギーはないに越したことはないんだけど・・・・。子供のためのいろいろを「手間」というなんて、という声もあるかもしれないんだけど・・・・。なってしまってるものはしようがない。なんとかするしかない。アレルギーもちの働く母は、どう覚悟をしているのか、知りたいとこであり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

息子のおもちゃコーナー

200603151548000.jpg

最近やっとカメラのついた携帯に出世したので、一枚。

息子二人の聖域でございます。が、やっぱり目にうるさいのう。
まあ、ここからはみださなきゃいーから、よきにはからえ。

※コメントがわかりにくいようなので・・・この下のブルーの字「コメント」をクリックすると、書き込み欄が現れます。みなさまのコメントお待ちしております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

教育の成果?ら抜き言葉編

結構いいかげんな部分もあれど、子供はたちまちのうちにテレビのテーマソングを覚えて歌ってしまう。すごいよねえ。

毎日大音量で、ヒーローもののテーマを歌い続ける息子M。問題の歌は「カブト」のオープニングであります。親には懐かしいTRFのYU-KIの声が響くオープニングはカブトのスピード感を押さえててなかなかいい感じ。

でも、最後のフレーズがね!

「ついて来れるなら~

いかんがな!これは、いかんがな!以下緑字は教員モード。

共通語における「来る」はカ行変格活用で、接続できる可能の助動詞は「られる」であるから、「来れる」ではなく「来られる」であるべきなのね。これはいわゆる「ら抜き言葉」・・・・・・

しかし、息子Mの歌をよく聞いてみると、こう歌っている。

「ついて来られるなら~」

直すべきか、直さざるべきか、それが問題だ・・・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゲーム機は子供に与えるな~!

 うちでテレビゲームをするのは私だけ。一人目の育休中は、子供が寝たのを確認して、夜中にこっそりRPGやってましたが(当然こまめにセーブしながら)、仕事復帰、二人目、三人目となると、たとえ育休中でも、さすがにそこまで時間、体力ともに余裕はありませぬ。引越し以来、箱もあけてないPS2がそこに。

 息子Mは5歳になるけれど、小学校卒業まで、できればテレビゲームはさせたくないのです。生活だの学習習慣とか現実の世界観が確立して、たとえテレビだのゲームだのにはまる時期があっても、自分で取り戻せるくらいに(あるいは「やばい」と感じるくらいに)、現実と非現実が別物だと割り切れるようになるまでは・・・・。

 前にも書いたけど、テレビゲームどころか、ふつーに流れているテレビでさえも、みている息子たちの目が・・・・死んでいる。話しかけなきゃ、「あっち」の世界から戻ってこないんじゃないかと思うくらい、うつろ。そんな子供に、脳の情報ソースの八割を占める目からフィクションを与え続けるなんて恐ろしくて~~。実際、ゲーム漬けの生徒のほどんどは、教室でのコミュニケーション能力が結構やばいし、打たれ弱い。(ゲーム脳って言われてるよね)

 生活習慣もね。自分が休日、吐き気するまでゲームしてたわけだから、中毒性も多分にある。保育園の父母会で、親を待って脇でGBやってる5歳児・・やめろよ~!

 やっぱゲーム機を使うのは、心も身体もある程度確立してからがいいんじゃないかと思うのです。それまでは、ゲームやるならボードゲーム、カードゲームよ!!やっぱね、生身の人間相手にゲームしなくちゃ。かけひきしなくちゃ。人生ゲームとか、麻雀とか、モノポリーとか・・・・うちはそんなんで遊びたいなあ。
 どうしても避けられないなら、親も一緒にやるとかね、自室でやらせないとかね。「うざいから一人でやらせて」とか言っても聞いちゃいかんよね。親は大変だけど。

 近所の公園で、放課後集まってゲームをそれぞれやっている小学生!それは違うぞ!違うんだぞ!

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« February 2006 | Main | April 2006 »