« July 2006 | Main | September 2006 »

【家】引越し→転園 1

保育園の転園が認められるケースはウチの市の場合、2ケース。
・第一希望に入れなかった場合、4月に希望を出す
・転居した場合
どちらのケースも、希望したところに空きがあることは前提ですがね。

転居することが決まってから、手続きをして、引越しの一月前から転園することに。

転園を控えてこれを読んだりすると気になるでしょうから、結論から先に。
転園してもなんとかなります。子どもは大丈夫です。
ただし、できるなら、転園は小さめのうちに。

さ、以下語りますよ。

うちの長男Mは、いろんなママに話を聞いてみても、かなり神経質で、引っ込み思案。
教室で「さようなら」の挨拶が出来るようになったのも5歳を過ぎてから。「おはよう!」は未だにできないし、友達が帰り道で手をふっても、振り返せないでしゅ。
(そういう風に育てちゃったのかもしれないし、本人の気質もあるみたいだし←ダンナ似)

次男が生まれたときも、退院したその日からおねしょ連発。
(まあ、わかりやすいといえばわかりやすいんだけどねー)

そんな彼です。実を言うと、前の保育園のときに困ったことがありまして・・・・。

2歳児クラスの終わりごろ、次の年度の縦割りクラス(3歳~5歳児をまぜまぜで保育する異年齢保育。ウチは夫婦ともこの方法が好き)に慣れさせるために、幼児クラスに頻繁におじゃまする機会があったようなんですね。

ええ、うちの長男M、か~な~り~緊張してびびってたみたいで・・・・・。

もちろん、幼児組の子達は年下がくるんで歓待してくれるんですよ。(ま、時々歓待しすぎて取り合いになるとも聞きますが・・・・^^;)

その頃から、夜驚が始まっちゃったんです。
夜驚(やきょう)というのは、夜泣きの猛烈なもんだと思ってください。
もう、赤ちゃんとはいえないでかい身体で、赤ちゃんとは比べ物にならないでかい声で、夜中に突然、
「イヤ~~~~~ッ!!」とか
「ダメ~~~~~ッ!!」とか
叫びながらばたばた蹴る、殴る、のたうつ!

それが、やっと収まった矢先だったんですよねえ・・・・・・・・(T T)。

しかし、そんな彼でも保育園になれるときは来ます!・・きました。
全国の(おおげさ)転園を悩む父母に、力をこめて!
以下次回。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【家】保育園近くか、転園か?

家の購入を考えたころの長男Mは3歳。
ちょうど、仲良しさんができて、縦割りの幼児クラスに入ったばかり。緊張期も抜けて、それはもう、楽しそうに保育園に通ってたんですわ・・・・。

園も、市のはずれの方にあり、市内でも数少ない定員に余裕のある園で、保育士さんたちも心なしかのびのび。園庭も広いし、お散歩も遊歩道を使って事故知らず。どんぐり拾いにザリガニつり、でっかい斜面のある公園、消防車・パトカー・バス・電車の見学がお散歩だったりして・・・・とってもとってもいい園だったのです。

でも、前にも書いたようにうちから車で30分。
私の職場からは近いけど、送迎は私の肩にかかっているし、オットの送迎なら片道¥1500。無理やり私の両親に頼むこともできたけどバスで片道1時間。負担が大きい・・・・。

30分かける価値ある園でした。
だけど引っ越すからには、やっぱり近くの園にしたい・・・・・じゃん。

そんなさなかに、突然その園の隣、隣ですよ。
建売住宅10軒くらいが建ち始めたのです。駅2分!

悩。

私の職場からは激近。
オットの通勤も1時間くらい。
転園不要。
おまけにその頃住んでたところより安い。
(駅前なのにね。田舎だったから。)

悩・悩・悩!!!!

しかし、悩んでたのは私だけで、オットは全然^^;)

ニュータウンだったんです。
昼間動くにはいい町。駅前にスーパー、銀行、郵便局。
車で10分くらいで、ショッピングセンター、プール。
でも、夜になるとなーんにもない。
オットにはそれは耐えられないと。

さらに両親とのパイプは遠くてフクザツになってしまう。

そんなこんなで・・・・・転園やむなし。
すまん、息子よ!

ってなわけで、今度は家探し番外、転園物語もお楽しみに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【家】共働きゆえの条件

こればっかりは、人によるとこが大きいんですが、
家探しをする上で「共働き」ゆえの条件があったと思いました。

1 防犯面は重視すべき!
なんてったって、昼間いないわけです。力いれないわけにはいかんでしょ。
適度な近所づきあいの存在。
適度な人目。
1階小窓に面格子。
周囲に足場のない建物。

途中、いい中古住宅にめぐりあったものの、2階ベランダに電柱が隣接しており断念でございました。

2 日当たりは、そこそこあれば・・・・
だって、昼間いないんだもん^^;)
賃貸暮らしが長かったのもあって、そんなに日当たりを気にしない夫婦だからだとは思うんだけど、絶対条件にしなくてもいいなあ・・・と。育休中の冬は、さすがに寂しいなあと感じますけどね。まあ、2階が明るければまずまず。

3 「好き」でなければ、広い庭もいらない。
手入れする時間ないもんね。夫婦とも定時で帰れないフルタイム、土日も出勤が多い、なんていったらなまじ庭が広いと大変だって。草花育てるのが趣味じゃないなら、そんなにこだわらなくていい条件。

うちの場合、車庫を広くとってあるので、そこで子どもが水遊び。これで十分じゃ。

4 子どもが小さい・・・・・LDKと寝室が隣接してると便利!
子どもの世話をしつつ、食事や洗濯、自分の支度もするわけです。
家族の寝室(うちは和室)とリビングが隣接してると、全部経過が見えるんですよ。子どもの手伝いにもぱっといけるし、パンの焼けたのもわかる。
帰宅してばたばたしてても、子どもが遊んでるの見ながら家事ができる。

ついでにリビングー洗面所ートイレラインもあるので、実に重宝しております。

何分、建売の購入だったので自分の住宅的妄想をすべて実現することはできなかったんですけどね~。宝くじ当たったら、家建てたいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【家】資金計画と共働き生活

住宅取得者の声を聞く・・・・なんて雑誌の記事なんかを読むと、よほどの月給とりの世帯でなければ、みなさん「夢の住宅のために、節約して貯金中です!」なんて見出し。

節約・・・・・・節約ですか。
お風呂の残り湯を洗濯に。
チラシで底値をチェックしてタイムサービス買い。
クーポン券やスタンプを貯めて割引。
本は図書館で。外食は2ヶ月に1回。

・・・・・どれもできません^^;)))))))))))
残り湯のポンプを洗濯機につないでいる時間すら惜しい~~!
チラシを見ている時間も惜しい~~!。(以下略)

そういう自分達のライフスタイルを考えると、
住宅取得のために「節約」あるいは、取得後の支払いに「節約」を余儀なくされるような資金計画だけは絶対に避けないといけませぬ^^;)

資金計画の条件。
税金やメンテ費用の積み立ても考えて、
当時の賃貸の家賃より、低い返済額になるようなローン額。
がんばらない住宅取得を目指します。

これでGO!
よくある広告の「家賃並みの支払い」って、ワナが多いですね~。
中古マンションなんかだと、「月々の支払い\65000」とか言っといても、他に管理費で\15000、修繕積み立て\10000とか上乗せされるし、固定資産税は来るし・・・・賃貸と違って、どっか壊れたら修理費は自腹だし。
おまけに「月々の支払い」は、最近の住宅ローンの「最初の3年」だけの優遇措置がとられた場合の額で、4年目からは変動金利。支払い額、平気で月1万はupするもんね。だまされちゃいそう。

ダンナと、お金の話を詰めていくのと並行して、とりあえず折り込み広告や、ネットで物件探し。場所重視なので中古住宅かな・・となんとなく方向が見えてきました。

つづく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【家】最寄り駅はどこに?

①路線を決める

うちの市には、JRが2本、私鉄が5本通っています。

さて、実は市内の某私鉄沿いに、うちの両親が住んでいます。
(ワタシが育った家ではないんだけどね)

いろいろあって、両親の職場も、今の住まいも、ワタシ達が当時住んでた賃貸も、み~んなこの路線沿い。馴染み深いし便利な路線。

この先、子どもたちが小学校に上がったとき、何かの時にはここを頼れるようにしたい。
小学校低学年の子が、一人でも電車で行ける・・・・両親にすぐに来てもらえる・・・・・したら、両親の最寄り駅から乗り換えなしでいけるように、同じ路線で探そうよ。と一も二もなく決定。

② 保育園の空きを調べる

買ったはいいけど、保育園入れません。じゃ困る!
保育課に電話かけまくりです。
いくつかの園の空き具合を聞いて、ネットで園の案内なんかも見て、昼間にベビーカー押して実地検分。地図に記入して、めぼしい物件があると
「ここだと、この保育園かな・・・」と、常にセットで考えます

当時住んでた賃貸マンションは、夫婦ともに通勤時間もまずまず、駅周辺の施設も充実していて文句なし。だったんだけど、保育園だけが足りなかったのね~~~。

近所に入れなくて、結局ワタシの職場の近くの園まで、車で30分かけて行ってたのね。
子どもも大変。車の中でもたないもん。下手うつと、乗ってる間に保育園に行く気が萎えてしまうという悲惨な風景があったりして。(←まじ。泣かされました。)

たまにダンナが送迎すると、電車乗り換えののちに、通勤経路の変更で一回¥1500くらいかかってしまうという状態。

せっかく引っ越すんだもの、近くの園にいかせたいじゃない~~~~。

いくつかの園は、物件を探してる間から「この辺に引越しを考えてるんですけど~」と、見学もしてしまいました。以上妻担当。

最終的に、ダンナの乗り換え駅に近い駅4つくらいに絞って、探すことにしたのでした。

つづく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【家】駅から近くがいい

家買うべ・・・・・・っても、正直何の知識もない夫婦^^;)
賃貸の家賃のこととか、選び方とか、クレームとかなら、慣れてはいるんだけどね。

ぼんやりと夫婦で住まいの条件を出していく中で、夫婦が譲れないこと。

夫:駅から近いこと
妻:駐車スペース確保

おお、共働きっぽい条件ですなあ~~~。
しかし、駅から15分以上離れたとこにも住宅はびっちり建っているわけで。
広告なんか見ると条件の差歴然。

駅近に比べて、敷地=倍。価格差=1000万円以上。

ちょっと心も動きますよねえ~~~~。ワタシは車通勤だから、あんまり駅関係ないし~~~( ゚∀゚):;*.。しかしオットいわく↓↓↓

・都心までは、この近辺から1時間前後
・バス便のある時間には帰宅できないハードワーカー
・自転車で駅まで行くのはイヤ(そ~なんだ)
・駅から15分なんて、イヤ(結局、好き嫌いかよっ)

疲れるもんね。
でもって、あとあと子どもの通学とか習い事とか考えたら、駅から近いに越したことはない。二人とも働いてたら、習い事にいちいち送迎なんてできないもん。自分で行ってもらわなきゃ。

でも、高いよね~~~~~~。

つづく。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

叱るときにやってはいけない・・・・

叱るときやってはいけない・・・・・ええ、ええ、わかっていますとも。
学生時代から耳にたこですわよ。
どういう風に怒ってると、そのうちどうなるか、ってのも概ね、いや恐ろしいほどわかっていますとも。

でもね、自分の子どもだとできないんだよう~(T T)。
なぜなんだああああああああああああああっ!

All About「叱るとき、やってはいけない10か条」より。自己診断してみたなり。

●子どもの言い分をきかずに叱らない
  これは心がけてる。かなりできてると思う。

●くどくど叱らない
  かなり心がけてる・・・・けど5分くらい引きずることがある。
  仕方ない。うん。←あきらめ

●両親が一緒になってしからない
  父親、ほとんどいねーよっ(--)。
  休みの日には、父が激怒担当。

●誰かと比べてしからない
  これはしないことにかけては自信があるっす。

●子どもを突き放す言葉は使わない。
  さすがに「生まなきゃよかった」は言わないけどねえ。
  「勝手にしろ」「出てけ!」は一日一回は使うなあ。
  (もう慣れてるかも。子ども。)

●昔のことまで引っ張り出して叱らない。
  これも、やりません。多分大丈夫。

●体罰はやめましょう。
  時々反射的におでことか頭をはたきます。泣きます。
  ごめんなさいします。

●昨日と今日でいうことを変えない。
  これは、がんばってると思うんだけどな。ってか、怒るときって決まってる。

●感情的に叱らない。自分の都合で叱らない。
  ハイハイハイハイっ!!!
  思いっきり、これです。しかし、しかし、これは難しいよねえ。
  怒りたい・・・・怒りたい・・・・叱りたい・・・・けどここは一発ガマン、ガマンだ・・・・・・って耐えて耐えて耐えて
もうっ、だめだ~~~~~~~~~~っ!!!!!!って。

 疲れてるときは、臨界点も低い。
 そゆときは、子どもには協力を求めますが・・・・ね。
 「お母さん、今日疲れてるから、みんな協力してね」ってね。これ、結構きいてくれますね。完璧ではないにしてもね。えらいぞ、子どもたち。

ダメです。もー、ダメダメ母です。
すみません、中学教師です。でも、ダメ!
母が壊れるより、いっか。と自分で自分を慰める毎日。
(でも自己嫌悪で、壊れそうな日もあったりして・・・・・・)

明日はきっと、もっとうまく叱れるはず。はず。
つーか、オット助けろ!母にばかり怒らせてるんじゃないっ!!
あ、八つ当たりでオチですか。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

シュレッダー事故・・・むっ

うちにもシュレッダーありますよ~。手回しの、終わると肩が凝る代物ですが・・・

記事を読んでて、こう、釈然としないものを感じたのね。きっとそういう人多いと思うんだけどね。

「静岡市内の女児(2)が、両親が経営する事務所内で、電源が入っていたシュレッダーの紙投入口に誤って指を入れ、両手の指を9本切断した。」

「女児は5月上旬に退院。同社は「女児と両親に対しては、会社として出来る限りの対応をしたい」としている。」

別件の事故では、
「男児は約1カ月入院し、既に退院。同社は「男児の母親から二度と起きないようにと言われている。真摯(しんし)に受け止め、対策を講じていきたい」としている。 」
(以上引用
 毎日新聞 - 08月23日)

なんか変じゃない??
シュレッダーなんて、危険だってことはオトナはみんなわかってる
だから、使うたびに電源オンオフするでしょ?
子どもの手の届かないところ、目につかないところに置くでしょ?

これは予防できた事故じゃないの??

無論、メーカーがさらに安全に使えるように改良を重ねるのは当然の責務。
でも、この記事、親の不注意については一言もないのよ。
指切った子どもは、確かに被害者だけど・・・・親が予防できたことだよ!

なんでもメーカーのせいにしちゃいけないよ!
それをまた、新聞が「親の予防義務」について一言もふれずに記事にしちゃいけないよ!
新聞は、事実を伝えるだけのメディアじゃないでしょう。
記事の中に、社の社会に対するポリシーが現れなきゃいかんでしょう。
これじゃ、新聞社が「悪いのは親じゃない、メーカーのせい」って空気を社会に蔓延させるのを助長してるよ。

なにかい?
じゃあ、包丁もナイフも、手を切ったらメーカーのせいなのか?
コンロでやけどをしたらメーカーのせいなのか?
焼肉屋に子どもをつれてって、手を伸ばしてやけどしたら店のせいなのか?

アメリカのマックとかスタバの訴訟みたい。
被害者の子どもも親もつらいとこだから、その辺の感情を汲んだ記事だとしても、やはり最後に一言、親が注意して防ごう、って旨いれてほしかった。

| | Comments (10) | TrackBack (3)

3人連れておでかけ【日帰り!】

親戚に長男と同じ歳の子がいます。遊びに来い、という声を受け、満を持して行ってまいりました。往復4時間自動車の真夏の旅!
ベビ2人を含むドライブ。しかも夫ぬき。
もしかしたら、なんかの役にたつかもしれないので書いちゃいます。

(何かいてもさ、千葉ー山口往復に比べたら、へっとおでかけなんだけどさ)

結論。母=運転手は疲れました(T T)。

【計画】
千葉県船橋市ー神奈川県横浜市(のはずれ、ほとんど鎌倉)
出発 7:30   到着予定 10:30
イベントなし、親戚宅でまったり

【ルート】
首都高湾岸線千鳥町IC-大黒PA(休憩)-横浜横須賀線港南台IC

【メンバー】
ワタシ、長男5歳、次男2歳、娘10ヶ月、ワタシの母(無免許)
夫は休日出勤のため同行せず。
別の車で ワタシの妹一家+ワタシの父

【持ち物のポイント】
長男は自分のものは自分でもつ。でも下の2人はまだまだ赤ちゃん。
荷物が多い!コンパクトに持っていきたいですよねえ。

★バッグを二つにわけます。
 →親戚宅持込用A車置き用B
車用には、おむつや着替えの予備を入れておくの。

BagaNimotu1 これなら実際に持ち歩く荷物は少なくてOK。

←Aには、おむつ4枚、着替え2組くらいを目安に。Aかばんの中身です。

★ドライブ時、おむつは2時間で1枚の計算で準備。+予備3枚。

★背中に入れる汗取りタオルも休憩ごとに変える計算で。
 (アバウトな人は、最低一人2枚。車の中で乾きますから)

★おやつは多めに。おでかけ中は無礼講!にしておくと、子どもがちゃんと付き合うよ。長男にまとめてもたせます。

★水筒は1人1本。
 ペットボトルにポップストローをセット。
 特に次男は、手提げとか、ショルダーの袋に入れてやると喜んで自分でもつので、親が楽チン♡

★小さな本を持たせる
 車は飽きるので、酔わなければ好きなものの載っている本とか雑誌をもたせると○。
 うちはムシキングのコミックと、なぞなぞ本を持っていきました(息子選ぶ)

★離乳食にはプリンカップ
 親戚宅で食べさせる計算で、レトルトパックを持参。
 でも食器を借りるの前提ではなんなので、プリンカップ紙コップを持っていくのがおすすめ!弁当タイプじゃないパックでも、これならOK!親しいとこならゴミだけお願いすることができますよん。
 これ、袋物のおやつを、車中で食べさせるときにも使えます。

★夏の着替えは多めに持つ
 往復で各1枚。+現地で2枚+予備。くらいで安心。
 チャイルドシートだとエアコン車内でも、すぐ汗まみれでしょ。
 よそゆきは、現地で着替えるべし!

【大黒PA】
昼間の大黒は平和でした。
授乳スペースあり!トイレに隣接しています。
子どもトイレもばっちり。新しくて、キレイなとこでした。写真とってくればよかった。

【トイレ要員】
3人いると、PAは危険地帯。母の同乗が実にありがたかった。
たとえ運転できなくても・・・・・

【早起き対策】
820lunch朝、3人の準備が間に合わないことを考えて、朝食用にサンドイッチを準備。車で弁当ってだけで往路の半分は子どもの心は弾んでたみたいっす。

【ナビ様】
買ったらついてたナビだけど、一人で運転するときには便利便利・・・・。前日の夜にセッティングしておきませう。

**********************

横浜っていうと、都会のイメージがあるんだけど、親戚の家はもー、敷地に家庭菜園があってスイカがごろごろ、裏の山ではカブト採り放題という環境。なんかホントにまったりして帰ってきました。子どもが5人ならんでスイカの種とばし。ほんわか気分になる不思議。

でも、母は疲れました・・・・・・・帰宅するなり、車中で寝てた連中は泣きまくり大騒ぎの巻。マイ母がいてよかった(T T)。
全員シャワーで、やっと落ち着きました。夕食は、おみやげのちらし寿司。

【反省】
夕食のこと、抜けてました。パンでもなんでも準備いらずのものを冷蔵庫に入れとくべきでした。

保冷剤忘れた・・・休憩中にチャイルドシートに乗っけとくといいんだよね。

・・・・・読んでくださった方、どうもです。何かのお役にたてれば幸いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

我が家の家計システム

家購入の話に先立って、我が家の家計システムのことなど、ちょぼっと。

なんと、家計簿つけてます!マメ?マメ?

とはいえ、これは家計を把握分析する、というより出金記録の趣が強いっす。
ウチの家計は、各々の立替払いが基本なのです。

我が家では、2人の収入をまとめて家計にはしていません。
一月の大体の支出額を、家計の口座にそれぞれ振り込み、そこから自分が立て替えた額を引き出す、そんな形にしています。結構便利。
この口座から、光熱水道費、学資保険、生協なんかも引き落とし。賃貸の家賃もここ。
(えーと、口座の管理はオットです。ワタシには向かない^^;)

振り込む額は、それぞれの収入と家事時間を考慮して、オットの方が多め。
◎夫・・・深夜帰宅・休日出勤多/残業手当出る
     子どもの扶養控除はこっちに集中
◎妻・・・家事・育児時間長い/残業手当なし
     扶養控除なし

で、家計に振り込んだ残りの額は、個人で運用、貯金したり小遣いにしたり。生命保険なんかも個人で出してます。あ、旅行なんかに行くときなんかは臨時徴収したり^^)。

だから、何を家計費でまかなうか、何を個人で出すかはきっちり決めてプリントしてあります。どんなものを個人で出すかというと、

昼食代・本・CD・服・靴・理髪・パソコン系・クリーニング・飲み会・職場の交際費・自分の保険・コーヒー(妻の嗜好品)・アイス(夫の嗜好品)・マイおやつ・・・・・・・最近では、玄関先の花関係は私もち、カブトムシセットは夫もちです~。
ワタシが趣味で衝動的に買ってしまう食器なんかは、事後相談。
「必要!」と判断されれば家計費でまかなうけど、「趣味!」審判で、自分持ち^^;)

でもって毎年初めには夫婦で家計会議。
・支出の見通し
・振込み額の見直し
・家計費と個人の負担の見直し などを話し合うのでし。

そして、住宅購入をこれまで目標にしてない・・・・・・・・・。
当然、家族としての貯金は、家電の買い替え目的分くらいしかなかったんですよね~。
そこで、買う?という話になって、夫婦の会話は

「君、いくら出せる?」

そこから、予算の話が始まったんです。

なんだか、書いててかなりいい加減だなあ~、と自分たちの暮らしぶりを思う反面、夫婦それぞれが、よく貯金してたよなあ、というのにも改めて驚き。んんん、それだからこんな家計システムが成り立っているといえばそうなのかも。

今後、子どもの教育資金や万一のお金なんかのことも考慮して「共通口座」分を増やしていくようになるわけですね。この家計管理の方法が、住宅購入にも関係してくることになります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

家、買っちゃう?

4人家族になり、長男の小学校入学も見えてきた2年前、「そろそろ引っ越す~?」って話が夫婦で持ち上がりました。うちは転勤族ではないのに、夫婦とも引越し好き。独立してからの二人の引越し回数を足してみたら9回になりました。ごく普通にそんな話がでてきます。

当時住んでいたのは賃貸マンションの3DKで、駅から2分のエレベーターつき。商店会充実のかなり便利な環境でした。図書館、郵便局、小学校、市役所の出張所も銀行も3分以内。もう超便利。でもJRの乗り換え駅まで15分くらいの私鉄駅なので、駐車場も¥7000で敷地内。

さて、3DKとはいえ、本だのCDだのの多い夫婦なので一部屋は物置にして、実質2DK生活。今度はもう一部屋あるとこにしたい。野郎2人を育てるにあたって、階下に気兼ねのいらないとこにしたい・・・・・ということで、戸建の借家を中心になんとなく物件探しがはじまりました。

が、高~~い!借家の家賃!
4DKくらいで探すと、12万以上が多い!Σ(゚Д゚ノ)ノマジマジマジ?

や、幕張あたりの新築だと、公団住宅の1LDKでもこのくらいの賃貸料が相場なんだけどね・・・・・・公務員の家賃補助もしれてるし(上限¥27000)、オットの会社には補助ないし・・・・12万/月・・・・・厳しー!!!
・・・・・15万とか20万とかの賃貸料って、信じられないんですよ、この夫婦は^^;)
(でも住んでる人いるんだよね~)

借家計画、頓挫。

そしてついに、我が家の賃貸派の牙城---オットのたまう、
「買っちゃう・・・・・・・???」

実は、ワタシ自身は一戸建て欲しい派で、子どもができてから幾度となく「家、買おうよー」と耳元でぶつぶつささやいてたのですが、オットは強固に反対。
(実家に家がある長男ゆえの余裕だと分析。 by妻  ウチの親は「全部使い切って死ぬ!」と豪語してるから、ワタシとしては老後が心配なわけよ^^;)
わかった、もー、賃貸でいいよっ!と妥協してた妻でしたが・・・。青天の霹靂出現ですわよ。

そんなこんなで、住宅購入計画急浮上の我が家だったのです。

と、いうわけで住宅購入編(転園がらみ)ぼちぼちスタートです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オット、休めよ!!!

子どものいる生活になって6年目ですが、いまさらながらわかったこと。

「オットの休日=自分の休日」

うちのオットは、営業職なのもあって、休日出勤が多い。
教員も部活で休日出勤が多いといえば多いが、平日も連日深夜帰宅で、はっきりいって教員よりずっとひどい。

土曜だけど、日曜だけど・・・保育園休みで、未就学児3人自宅にいるんだけど・・・・オット出勤。休日が一番つらいじゃねーか!!母はヽ(`Д´)ノ!!

ワタシはといえば、運動部顧問時代は、
部活で学校いったら、その他の仕事はしない!と決めてたり、2週間くらいハードに授業をいれて、平日年休をひねり出すとかして割と積極的に休日を作る方。
子どもがいないときは、1時間だけ年休とって、ちょっと遠くのライブに行ったり、TDLの夜の部行ったりとかね。

休日があるって、お楽しみがあるって、すっごい励みになるじゃん!
仕事がどんなにつらくても「あと2日で休み!」とか「今日は飲み会!」とか考えるとがんばるぜ!って気持ちにもなるものでしょ。メリハリが大事なのさね。

ないのよ!
今の生活に、その目標が!

「あと○日でオットが休み。みんなでおでかけ~」とか
「あと○日でオットが休み。ちょっと一人で買い物~」とか

そんな小さなゴールがないのよ~~~~~っ!!!!

ま、ね。オットも休日がなくて大変なことは大変なのよ。それはわかるのよ。でも、妻もそれにつきあわなきゃいけないのも大変なのよ。
休みがないと思ってて、急に休みだってわかるのもそれはそれで嬉しいけど、人間「あと○日」ってカウントダウンは心の栄養なのよ。全く違うものなのだっ!

家のカレンダーは、そんなわけで土日に何の予定もはいってません。みんなこんなもん?

と怒っているのも、オットの夏休みが土日含めて5日のうち3日が消えたからです(T T)。
こんなんじゃ予定くめねーよ!!!

心中密かにぶちきれております。(そのせいか、このごろ妙に気を遣ってもらっている)

来月は少し仕事もおちつくということなので、先に予定をいれました。鴨シーいくぜ!
土日休みのサラリーマンが、土日に予定を入れるだけの話なのにね^^;)

※独身の方は休日、「オレもつかれてるんだ!」とかほざいて自分のことしかしないというお子様な男とは結婚しないようにしましょう。あ、ちなみにうちのオットはちゃんとオトナです♡

| | Comments (3) | TrackBack (0)

子どもと接する時間かあ

家庭で、親が子どもと過ごす時間。このごろ話題になってますね。
うちも考えてみました。子どもが起きてから、寝るまで。

産休中のワタシ・・・・・平日15時間
勤務に復帰したら・・・平日6時間 ってとこでしょうか。

さてオットはといえば現在、平日1時間がいいとこ。
深夜オーライの職種ゆえの哀しいとこです。

さて、以前、市の国際交流事業でオーストラリアの学校に行ったことがあります。
(ただし、生徒引率^^;)(おまけにホームステイ)

他の国や地域を見るというのは面白いです。
そこでは中学高校は3時くらいにはおしまい。
部活も基本的になし。
みんな、帰宅後に5時とか6時になると夕食を終えて、近所の体育館へ。地域のクラブ活動でバスケットやサッカーをやりにいくんです。しかも「両親の引率」で!

「親の引率」が甘やかし?とか治安の不安?というのでなく、
その時間に両親が仕事を終えて帰宅しているというのがすごいと。
当然ですが、コーチも親。

ワタシが行ったのは田舎町で、夜のない町というのも大きいとは思います。
でも、ステイ先のご両親が「日本では違うの?」とものすごく不思議そうに聞いてきたのにうまく答えられなかったのです。
今となっては、激しくうらやましい世界じゃあないですか。

もちろん、日本でも帰宅時刻というのは職種による差が大きいかな・・・という感じはします。それでも両親、地域がそろって「子どもの生活時間」に子どもが楽しめるプログラムを組めるってすばらしいなあと思ったの。

とりあえず、うちでもダンナが早く帰れば、ワタシの怒号もなくなるというものだが・・・・・・・^^;) せ~めて、8時くらいには帰ってくれんかなあ。無理。や、それがおかしい。以下繰り返し。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

みんな無事で帰ろう

近くの保育園で、お迎え直後の男の子が車にはねられて亡くなりました。
うちの園長の話によると、園の前だったそうです。

新聞記事に載ってた現場住所は、狭い道が入り組んでる辺り。
ワタシも時々通るけど、歩道なんて皆無。車でさえすれ違えない道ばかりです。
時間は6時近く。

車にはねられた事実は無論、いざ帰ろうって「わーい」ってなもんで飛び出しちゃったであろう子のことや、5時までの仕事終えて、息子の顔みて「さ、帰ろ」って気持ちになった親のことなんかを思うと、たまらなくなります。

親と一緒に歩くのが楽しくて、
親のちょっと前を、一人で歩けるよって。
こんなに走れるんだよって、得意な感じで。
時々振り返って、にこっと笑って。

なんか切なくて切なくて、保育園の帰り道、息子の手をぎゅっと握る。
その手を離して、やっぱり彼はワタシの少し先を歩く。
声をかけて、声をかけて、声をかけて、手をつないで。
うちの子も、他のどの子も、みんな毎日無事におうちに帰れますように。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

台風かたすかしの果てに

台風が接近して、夕方あたり風雨が激しくなりそうだ、と予報。

そんなわけで、折角の育休中だしと、昨日は上の2人は保育園休み。
うちで、のんびり過ごさせよう・・・・・と。

思ったまではいいんだけど、未就学児3人!
きびしい~~~~~~~~~~~~~っ!!

妹が泣いたら、妹の面倒をみろっ!気をひけっ!
食事の支度ができね~~~~~~~~~っ!

弟にぶつかられてベソかくんじゃねえ~~~~っ!
トイレの順番でケンカすんな~~~~~~っ!
「ごちそうさま」は椅子に座って言えっ!
トイレくらい、ゆっくり入らせろ~~~~っ!

もう、もう、罵声響く絶叫の館になってしまいました。
母も号泣で、一気にやってくるカタルシス。
ふと見上げた夕方の空は、青空に夕焼けじゃないですか・・・・・・・・・

離れてこそ愛せる瀬もあれ・・・・(T T)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

親の鑑 どすこ~いっ!!

息子M(5歳)は、親からみても口が達者なんだが、近頃さらに磨きがかかって屁理屈大王になりつつある。「だって」と「でも」が多くなり、ワタシが弟を元気付けようと、

「Gの、くるくるごあいさつ(なんじゃこりゃあ)、見たいなあ」なんて言うと、間髪いれずにどこからか「見たくないよ」と突っ込みをいれる。

この野郎~~~~~~っ!

「だって」「でも」は親がよくつかうからあきらめる(T T)として、マイナスエネルギーの出てくる突込みはなに!?・・・・・・・・でもこれも、きっとどこかで言ってるのかも・・・・・・・(T T)。

「子は親の鑑」とは、こういうことなのね。

最近、弟や妹に対するものの言い方が、きつくって、
しかもそれがワタシそっくり。(゚Д゚;)(゚Д゚;)(゚Д゚;)!!!!

・・・・・教員なのに・・・・・・・・生徒に広い心で接するのが身上なのに・・・・

どうしてわが子だと、こうなっちゃうの~~~~~~~~~っ!!!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

貧乏性インテリアの悲しみ

実は、2年ほど前に家を買いました。ただし、都心へ1時間の地域。そんなにお金もないので建売。自分もローンを組んだので、購入についてもぽちぽち書こうと思ってます。

大人になって家を建てるときはこうしたいああしたい、って理想がたくさんあったんだけどねー。理想を現実にするには、思ったよりもお金がかかると気づいてしまった(T T)。

だから、せめてチープだけど、シンプルに過ごしやすいインテリアを作ろうと思う日々だす。「なちゅらるいんてりあ」ってやつ?(言っててすごく恥ずかしいのはなぜ!?)
で、時々買ってくるのよ。インテリア誌。家にいると、改造の意欲がむくむくと沸いてくるのにゃ。でも本を眺めててすっごい違和感を感じてねー。

雑誌に載ってるくらいだから、一定の完成度のインテリア写真だと思うのね。
絵になるコーナーを撮影したりするんだと思うのね。

ないのよ、プラスチック製グッズが!キャラグッズが!
そりゃあ、うちもがんばってるけどさあ、どうしたって入ってくるじゃん、
ファミレスでもらうようなチープなミニカー!(←こういうのに限って子供が気に入る)
雑誌の付録のダイボウケン!
ムシキングに、アンパンマン!
(ついでに、オットのデジタルグッズおきっぱなし)

そいつらはどうしてるんだ!?
親ががんばっても、子供は好きなんだもん、チープなもの!
「ぷー」って鳴る椅子、安いんだもん!
うちのおもちゃ箱は歴代仮面ライダーのシールで覆われてるし!

さらに、きゅんとくるバスケットや木製品VS安価なプラスチックグッズ のせめぎあいが・・・・。ステキなものは高いんだよねえ。作ると手間も技術も必要。手間がかかるから省こうとすると高くなるのか・・・・・

写真見ながら「このケース高いんだぞっ」「子供のままごと道具のくせして、これは高い」とか値段のことばかり考えてる自分が・・・・悲しすぎるっ!

そうして今日も、子供を寝かしつけつつ「どっか改造するところはないか」と部屋中を見回すのでした(ただしお金かけずに)。

写真を眺めて「すてき~」と酔えない自分が、情けないような気もしないでもないけどね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

なんかフクザツ…育休中

ありがたいことに、うちの市は育休中でも子供を保育園に通わせられます。
激戦区からは外れているので、そんなに肩身の狭い思いをせずに連れてもいけます。
(でも、うちから反対方向の某園は、乗り換え駅ということもあって大激戦。兄弟同じ保育園に通えない状況だって・・・・)

そのせいか、9時ごろ行くと赤ちゃん連れてきているママたちが目立ちます。
特に年長児を抱えている身としては、この措置はありがたいです。途中で幼稚園にいけといわれても友達関係もあるし、困りますよね。今は盛夏。プールもあって夕食後は健康的に眠そうです。

2歳の次男も預かってもらいます。
こちらは悩みました。「まだ2歳だしな~」「家でゆっくり過ごすのって、ありだよな~」「みんな家にいるしな~」
実際、娘をつれて公園に行ってぼーっとしてると、次男の同級生になるであろう子たちが、親と一緒に来て、てけてけ走りまわってる。

娘と次男、2人だけなら日中家にいても、そんなに大変じゃないし。予想以上におだやかな時間が流れている。

反対に、保育園ではみんなで絵本を読んでもらったり、水遊びしたり・・・・・赤ちゃんと一緒だとできない遊びを満喫。何より、もうじき3歳、お友達との関係もできてきている。それを中断しちゃうのが怖い。園庭で兄や、兄の友達にかまってもらって遊んだりも結構あるそうだ。(兄談)

家にいるより、充実して遊んでるかも・・・・・
(家にいると、雑誌のおもちゃページみてうっとりしてるだけだし・・・^^;)

そんなこんなで毎朝、保育園に行くのが習慣になってる2人。
ただね、迎えに行くのが4:30過ぎなので、帰宅は5:00をゆうに回っちゃう。
それでも6:00過ぎには夕食にできるんだから、感慨深いです。
今までは7:00帰宅、7:30食事だったんだもん。(ま、また戻るけどね)

できれば、せっかくの育休中、も少し早く迎えにいきたいとこなんですが、
早くいくと息子が怒る。

保育園なので「お昼寝タイム」があって、3時半くらいは、まだ楽しい楽しい「おやつタイム」なんです。その後また園庭や何やらで遊び始めるので、4:00に迎えにいこうものなら、遊ぶ気まんまんで靴を履いたばかりの息子にむっとされます^^;)

もう少し、一緒にいたいような、でも預かっててもらってよかったというような、なにやらフクザツな気持ちが渦巻く、贅沢な悩み。保育園、空きまちの人もいるんだよな・・・・と考えると、さらにさらに悩みは深く。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

恐るべし雑誌パワー

GWに渋滞の車中対策で、息子M(5歳)に初めて『テレビマガジン』を購入。

その後「子供の日だから」とじじばばが『幼稚園』購入。

親が自分が読むために『特撮ニュータイプ』購入数回。

結果、絵本と図鑑が大好きだった息子たちは、すっかり雑誌シフト。
たかが数冊の、ヒーロー雑誌ですよ。雑誌パワーおそるべし。
字のよめるMはもちろん、読めないG(2歳)も、うっとりと雑誌を眺めてる。

さすがに心配になってきました。

DVDもやたらと見せないで「寝る前にすべての片づけがすんだら」とか「朝、早起きできたらトーマス3話分」とか決めてみせてたし、TVも録画して小出しに見せて、親も夜中にこっそりドラマとかって、がんばってきたんだけど、雑誌!

それでも、塗り絵もブロック遊びも、虫を眺めるのも絵本も好きなんだけど、「子供が好きでたまらない」ヒーロー雑誌の麻薬ぶりには驚きだー。

テレビ無制限、ゲームなんか解禁にしてたらどうなっちゃうんだろうと、心中密かに震えてしまうよね。小学校に上がって、友達との話題は、当然テレビ・ゲームものが増えてくるはず。それに揺さぶられない息子に育てたいなあ・・・・・・大丈夫かなあ。

そんなです。今月、親は某子供誌のふろくDVDがとっても観たかったのです。
買いました。そして、DVDを抜いて、本誌は全部食品庫の奥深く隠してしまいました。

「!!!お母さん、これ(DVD)どうしたのっ!?」
「お友達から借りたの」

一体どんなお友達やねん!

ささ、一緒にDVDみようねえ~~~。(バカな親・・・)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

絶対危ないって。おんぶ運転。

夏休みに入る人が出てきたからか、梅雨も明けて気候がよくなったからか、この数日保育園の駐車場は、なんとなく空いてます。娘も風邪気味なので、これ幸いと車で送迎。

1週間ほどまえにニュースにもなってましたが、チャイルドシート着用率、やっぱり低いですねえ。4、5歳の幼児になると、つけてる方が少ないかも。信号待ちで、前の車の後部で動きまくる子供の影がやたら楽しそうなんですよね^^;)

ウチの園で最も危険なのが、下の子をおんぶして運転してるおばあちゃんらしき人。みてておろおろしちゃうです。気持ちは痛いほどわかるんだけど・・・・・・。いざというときに、自分の身体で孫つぶしちゃうよ~~~!!!!(でも言えない・・・弱っ>自分)

いざというときの安全に対する備えって想像力と金銭的余裕。この二つがないとできないと考える。欠けてる場合、強制力がそれを助けるしかない。

シートベルトなみに取り締まるってのはどうかな。でも警察もそこまで真剣にチャイルドシートに取り組んでるとは感じられない。ホントにチャイルドシート普及させる気があるのか?警察の方にも想像力がほしいよね。着用率が頭打ちになるのも仕方ないかもしれない。

場所もとるしね。うちは今赤ちゃん用のチャイルドシート2台積んで、子供3人。今までの車じゃ乗り切れなくて、車買い換えたもん。5人乗りの車に、大人5人ならよくて、子供いれて5人じゃ乗れないってどういうわけよお~~~~~~!!!ちっ、算数にもならん。

 たまたま貯金があったからいいものの、どの家庭だって、子供が増えた、ハイ、車も買い替えね、ってわけにはいかんでしょ!

そこで、こんなん考えてみました。

★母親・父親学級で、免許更新講習で見るみたいな映画「チャイルドシートに乗せてたら」を作って、ばんばん見せる。

★誰もが覚えてしまう標語「飛び出すな 車は急にとまれない」並みに、チャイルドシート着用の呼びかけを歩道橋にも、電柱にもかける。

★交通安全協会は保育園・幼稚園・児童ホームでも、保護者に働きかける。

★母子手帳に「チャイルドシート購入補助券」をつける(もちろん売買不可)

★子供が3人以上の家庭には、新車・中古車を問わず車の買い替えに補助を出す。
 チャイルドシートも激安になるようなシステムを作る。

★メーカーは、場所をとらず、かつ安全なシートの開発に全力を注ぐ。
 (できたら売れるとおもうよ~)

絶対、警察も自治体も本気じゃないよね。今のままじゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

育休ガーデナー2

今春から、プランターに花を植えるのにはまりだして数ヶ月。

花が少なくなっても、葉もの好きだと気づいた今、そんなにさみしくはありません。しかし、さすがに花の数が少ないのもなんなだなあと、昨日いくつか苗を買ってきました。
娘の寝てる間にそそくさと植え替え。(写真はのちほど。今、夜中だし^^;)

「あー!新しい花が咲いてる~」
「これは、つぼみ?」
「いい香りだねえ」
「お水あげたい~」

そんな言葉が息子たちから出てくるのも嬉しい。
花があると、気持ちがなごむのは本当なんだねえ。

「ああっ、カミキリ(虫)だあ~♡」
これは、あんまりうれしくない。

植える花や、寄せ植えの組み合わせ、プランターの形なんかを考えるのは、今までやったことないだけに、結構おもしろい。害虫対策ド素人だから「育てやすい」とか本にかかれてるマリーゴールドを全滅させてしまうとか、毛虫は鳥肌立てながら挟んで捨てるとかしてるけどね。

ただしやっぱり害虫より怖いのは、職場復帰。
夏、水をやり切れるのかしら。朝、慌てて忘れちゃうかも・・・・・・。
夕方帰宅、無理でしょ。
今でさえ、子供を起こしてから保育園に出発するまで2時間。
洗濯物は帰ってきてから干すことがほとんど。

息子1を鍛えるかあ。そのほうが、確実かもしれないなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »