« 【家】予算と将来設計、学資保険 | Main | 子供をTVとつきあわせる »

3人連れておでかけ!【1泊】

鴨川です!行ってきました、シーワールド!(略して鴨シー)
ついでに、東金の親戚宅にGO GO Let’s GO!

今度は泊まりだ!自動車晩夏の旅!
ベビ2人を含むドライブ。今回はオットつき。
  
★日帰り篇はこちら。→往復4時間の旅

【計画というか、時間】
(往路)千葉県船橋市ー東金市街ー鴨川市街(宿)
   出発 10:00   昼頃着   夕方着
  親戚宅で昼食、到着時刻アバウトでのんびりと。

(復路)朝から鴨シー。10:00~16:00
鴨川出発16:30ー貝塚IC 18:00ー自宅到着19:00

【ルート】
(往路)京葉道路武石IC-野呂PA(休憩)-東金道路:東金ICー九十九里道路ー鴨川
東金は、恐ろしく近かった・・・・・。休憩こみ2時間弱。
そのためトイレ休憩だけのはずが、野呂で散策(時間つぶし)。
  →PA内にミニくぬぎ林があり、虫ブームの息子、狂喜乱舞。林の中はすんごく涼しかったし。
東金からは内陸の方が距離は短いんだけど、折角だもん、海沿いを爆走(うそ)。
海水浴シーズンをはずれて、ほぼ貸切、ただし60キロ制限のただの自動車専用道。それが一宮まで。ドライバー以外全員爆睡につき休憩もなし。孤独なドライブは混雑なしで、2時間ほど。

(復路)鴨川ー館山道:君津IC-京葉道路:貝塚IC-船橋市
君津ICに入る前に、何軒かコンビニがあるのでトイレ休憩。
(ミニストップが最後か?)
館山道はスムーズ。
ホントは、武石まで行く予定がやはり夕方の行楽帰りラッシュで貝塚ー花輪が混雑。
込み具合を見ながら、下道通って帰りました。
途中コンビニで、休憩&夕食買いだし。

【メンバー】
ワタシ、長男5歳、次男2歳、娘10ヶ月、オット。

【持ち物のポイント】
いかに、現地での出し入れを楽にするか!これにかけてます!

★バッグは大きく3つ。
 →小旅行用キャスターつき手荷物バッグA
  車内用トート(小さめでOK)B、持ち歩き用C

 勝負はAの中身です。
 ◆着替え→子供ごとにバンダナで包んでおく
     →長男の着替えは、リュックにいれて本人が持つ。
     →自分の着替えも風呂敷に包んで入れる。
     →オットの分は、オットマイバッグで。
 ◆身だしなみ小物(親の)は一まとめに。
 ◆大き目のポリ袋を1枚、汚れ物用に。
 ◆おむつも、子供別に巾着袋でまとめて入れる。

 車用Bには、おむつや着替えの予備おやつ
 おやつがすぐ出せるのがポイントっす。
 Cには、おむつ4枚、着替え2組くらいを目安に。

★ドライブ時、おむつは2時間で1枚の計算で準備。+予備3枚。

★背中に入れる汗取りタオルも休憩ごとに変える計算で。
★旅行には、バンダナが多くあると便利ですよん。
 →前掛け、ひざ掛け、日よけ、敷物、包み物・・・かさばらないし。

★紙コップ。ドライブには紙コップを一緒に持っていくと、ドリンクホルダーにお菓子を入れておけるので、重宝します。

★離乳食
 宿で離乳食がでるので、行きの昼食分+予備1食分だけレトルトパックを持参。
 でも食器を借りるの前提ではなんなので、プリンカップ紙コップがあれば、パウチの ものでも持ってけます。車で泣いた時用に赤ちゃんせんべいは多めに持っていきます。

★秋の着替えも多めに持つ
 1泊だと、洗濯は無理なので必要量を持参。
 チャイルドシートでの汗かきは必須なので、
 休憩時、到着時、朝、休憩時に着替え+予備2って感じで計6枚トップス
 汗かいてなきゃラッキー。ボトムスは3枚もあれば上等です。
 5歳なら、2日で2枚、心配なら+1枚で十分。
 (ちなみに息子2人は、浜辺で波にやられて予備使いました^^;)

 あ、朝夕冷える頃です。上着になる長袖シャツを1枚いれるのを忘れずに。

【保冷剤】
今回は持って行きました。車を離れる時に、タオルにつつんでチャイルドシート上に。
宿に着いたら冷凍庫に入れて、翌日に備えます。

【バスタオル】
事前に宿に確認してあれば、荷造り不要。
でも、ドライブなら2枚くらい積んどけば、いろいろ使えますよね。
今回は、観光時に車のガラスにはさんで、日よけにしときました。

【ETC】
すっげ~便利。でも、鴨川有料とか九十九里有料なんかは使えないので、やっぱり小銭は必要だった・・・・・。

【鴨川シーワールド】
子連れ客さまさまの施設だから、授乳室は園内3箇所。スロープ完備。ベビーカー貸し出しもあり。
ゲート近くの授乳室を使いましたが、空調も流しもついててまずまずのキレイさ。(ドアだけみるとやばめに見える)

ただし、シャチやイルカのショースペースはベビーカー禁止。場外に監視員なしで置いておくようになってます。ショーを見るなら、園内に持ち込む荷物の量は考えておくほうがいいですね。あとは、だっこベビーと大人の数は同じにしておかないと・・・・・^^;)

【鴨シーでベビーと昼食】
ゲートから一番奥、シーワールドホテル内のレストランで、バイキングで昼食が取れます。
大人¥1680、4歳以上¥500(だったかな?)
味はそこそこ、品数もそこそこ。離乳食に使えそうなメニューは今回はなし。要注意。
パンと、白身魚のフライ、サラダ、果物くらいか?
その他、麺類レストランも園内にはあり。

【宿泊】
鴨シーホテルだと、滞在中の鴨シーパスポートがついてくるそうで。
子連れ大歓迎のサービスも多いそうなので、調べる価値はありますよ。
うちは2日も行かないから、去年も泊まった海沿いのペンション。浜辺まで2分。鴨シーまで車で5分。
大人は、ドイツ家庭料理のコースが食べられる、もう、それだけでごちそうさまな宿。
(それだけを楽しみに一ヶ月過ごせたワタシ)
子供メニューは、アレルギー、離乳食対応。
アレルギーベビー2人の我が家には、嬉しい限りです。

そのせいか、宿泊客のほとんどが赤ちゃん連れで気兼ねも少ない。
でも、風呂トイレつきの部屋はないので、その辺は好き好きですね。
 ★ペンション グリーンクラブ★

・・・・・読んでくださった方、どうもです。何かのお役にたてれば幸いです。

|

« 【家】予算と将来設計、学資保険 | Main | 子供をTVとつきあわせる »

いくぜ子育て実践編」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/11886116

Listed below are links to weblogs that reference 3人連れておでかけ!【1泊】:

» 旅行に忘れてはいけない持ち物 [国内旅行・海外旅行の豆知識]
こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければ旅行に忘れてはいけない持ち物について情報交換しませんか? [Read More]

Tracked on December 14, 2006 at 02:24 PM

« 【家】予算と将来設計、学資保険 | Main | 子供をTVとつきあわせる »