« 給食献立表をさらっと貼る | Main | 教員なにしてんのよ、の疑問 »

「知っている」という価値

保育園での子供たちの情報コミュニケーションは、想像はしてたけど「どれだけ知ってるか」に価値があるようだ。

「○○って知ってる?」
「○○って、××なんだよ」
「○○と××知ってるんだよ」

ってな感じ。
大人も子供も、それに対して「うわあ、すごい」って反応をするからなんだろう、子供はそれでますます知識欲旺盛になっていく。
それが、知識取得のエンジンの一つを担っているんだと思う。それは悪いことじゃない。

しっかし、見てもいないポケモンの名前、やりもしないムシキングの技を列挙して「すごい?」っていう息子につきあうのは、いい加減やめにしたい・・・・・(T T)。

カブトムシをこの夏飼った。(幼虫継続中・・・・・)だから、カブトについてやたら詳しいのは自然だ。「リュウケンドー」を観ている。だから、「リュウケンドー」について語るのは自然だ。きっと、ポケモンだのムシキングだのは、見せない、やらせない・・・・から、親からみたら、ものすご~く、空虚な知識に見えるんだろうなあ。

保育園児の間でも、ムシキングやポケモンのカードは人気だし、実際持ってる子も多いみたいだ。テレビでみてる子もいるから、話題にはなるよね。息子も話の輪の中にいれば「そうなんだ~(゚▽゚* ) 」ってことも多いんだろうとは、思う。正直興味津々なんだとも、思う。(だからといって、ゲームもさせないし、テレビもみせないけどね。特撮十分みとるし。)

ワタシはといえば、子供のこととはいえ、なんかこう・・・・・ただ「知っている」ことがすごい、という価値観に????の嵐なのだなあ。んん、興味があるんだからいいのかなあ。(頭固い<ワタシ)

小中学生くらいの頃って、「知らないの?遅れてる~」っていう言葉をみんな頻繁に使ってたような気がする。(みんなと同じ)新しい情報を知ってる(持ってる)のがスゴイ!って価値観。これが育って「流行を知ってる、持ってる、とりいれてる」のがスゴイ!って価値観になっていく。

昔っから、こういう価値観は苦手で・・・・・^^;)。
興味ないんだから、知らなくてもいいじゃん。趣味も必要もないから持たないんじゃん。知らぬ誰かと同じもの持って何が楽しいのさ、流行取り入れたって、似合ってねーじゃん、アンタ。(なんて思ってたから、友達少なかったのか^^;ハハ) 知ること、情報を得ることそのものに一生懸命になっちゃう人って、多い。(それを自覚してる人はいいけどね)

これが勉強になると、暗記することが勉強だと思い込んでしまう
実際には、暗記した内容を「使う、使えるようにする」のが勉強なのにね

これって、思春期に、自分と向き合うことで得られる感覚なんだと思う。
あらゆる知識は、自分とつながるんだって気づくことで、得られる感覚。

子供の価値観のままの大人が多いのか。
それとも、子供がこういう価値観の大人の影響をうけているのか。
どっちかな。

つい、子供に「知っているからってエライわけじゃないんだよう~」って言っちゃったけど・・・落ち込んだかな。幼児だもんなあ。ちょっと反省。明日は知ってるポケモン、紙に列挙させてみよう。切り口を変えてみようっと。(オットの入れ知恵)

「ポケモンってここが面白いねえ」って、発想が発展していくことを祈る母でした。

|

« 給食献立表をさらっと貼る | Main | 教員なにしてんのよ、の疑問 »

WM育児・教育観」カテゴリの記事

Comments

そうなんですよねえ。子どもの「偉い」「すごい」「かっこいい」と言うのは、大人がコントロールしているのかなと思ったりします。りーにも「お手伝いして偉いねえって言って」なんて言われると、これでいいのかなあと思ったり。

甥っ子(5)がいるのですが、この子との対話が楽しくて、「数字ってなんで終わりがないの?」とか聞いてきます。なんて答えようかと考えるのが楽しい。できればそこから探究心が生まれるように答えたいなあって。
ポケモンとかも、「これこれ知ってるよ」と言ったら、質問返しにするというのはどうでしょうか?「それは何で強いの?」とか「何が武器なの?」とか、「こう言うときはどうするの?」とか。後、素朴に「それだったら、こっちの方が強いじゃない!」とか。
それで、「なんで月はかけるの?」とか「なんで海は青いの?」なんて質問をしちゃうとか。
私なんて、甥っ子の知識より、私に方が凄いんだぞというのを何気に知らせてしまうんですよ。大人気ないですが。はは。
皆が知ってる事を知るより、知らない事を知るほうが凄いんだぞと言ってみたり。洗脳かな・・・。
まあ、たまに会うからできることなんでしょうね。

Posted by: ぐーたん | November 15, 2006 at 10:31 AM

「知っている」で終わってしまうというのはなんの発展もないと思います。私はそういう点、結構さめた子だったので、流行のものを知らなくて、「○○知ってる?だから何?」なんて言ってました。(だからイジメられてたのか・・・)というか、子供心に、情報にふりまわされている同級生たちをなんだかな、と、思っていた部分ってあります。

>子供の価値観のままの大人が多いのか。
多いんじゃないかな。子どもっぽい大人というか。自分が絶対そうじゃない!とは言い切れないところがちょっと悲しいですが・・・。

Posted by: おそなえ餅1号 | November 16, 2006 at 01:17 PM

★ぐーたんさん、コメどうもです。
子供みてると、こう、脳の発達を目の当たりにするようで面白いですよねえ。

大人がする子供との会話は、いや本当に洗脳と同じようです。催眠というか・・・。
基本的に親しい大人のいうことは「こういうもんなんだ」とか「こうしたら、こう返ってくるんだ」と学習してしまう。コワイコワイ……子は親の鑑って、よく言ったもんだと思います。

★おそなえ餅1号さん、コメどうもです。
そうですか~、おそなえさんも斜めから見てましたか~。息子に今日「ゲームとかしないのに、いろいろ知ってるよねえ。何がいいわけ?」と直撃したところ、はにかみながら「楽しいから^^」と回答。
ま、楽しくて覚えまくるというのは、とりあえず脳を育てるので…静観…。やれやれです。

Posted by: まりえ | November 17, 2006 at 05:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/12693224

Listed below are links to weblogs that reference 「知っている」という価値:

» 陶芸で作るてびねりムシキング [伊豆高原〜ガレージ陶芸体験工房 伊豆高原スタヂオ]
子供の頃に、カブトムシやノコクワ、ニンジン、ヒラタ、オオクワは採った事が有るのですが、このミヤマクワガタだけは採ったこと有りませんでした。近所の子の田舎が福島の郡山で、夏休みに帰郷した際に採って来たミヤマクワガタを憧れの眼差しで見た事、いさむ君とさとし君元気かなあ・・。あの頃はメンコ遊びとかに燃えてたなあ・・。などと思い出しながら作ってみた作品です(´∀`) ... [Read More]

Tracked on December 12, 2006 at 08:37 PM

« 給食献立表をさらっと貼る | Main | 教員なにしてんのよ、の疑問 »