« ふたたびアレルギー娘の食事 | Main | 「壁」を越える »

教員の「二人目の壁」

Izumiさんとこの記事「二人目の壁」、いろいろ考えちゃいました。

うちの職場で知り合ったママさん先生の多くが、お子さんは2~3人。
妊娠したら躊躇なく産めるあたり、「二人目の壁」は薄いのだと感じます。
教育公務員はこれまで、産育休の制度について、社会をリードするという役割も持っていたはずですから。

とりあえず、産育休に入ると代替教員があの手この手で確保されること。
復帰直後の異動はないこと。ごく当たり前のように享受しているシステムだけど、たとえば社員数の少ない会社では、これが容易ではないことは想像がつきます。
(これについては、育休専門派遣社員制度があるといいなあ、って思ってるんですよねえ。派遣さん採用のための補助金がしっかりでるの)

ただ、気分的に仕事の壁というのは厚い
やはり、2人目、3人目と産育休をとるということや、育児でプライベートがあわただしいというのは、やはりやりたい仕事から遠ざかるのは避けられないです。
中学でいえば、担任をもつとか、好きな部活を精一杯やるとか・・・・・私の場合ずっとやりたかった生徒会本部の顧問希望を、いまだに出せないままです。

(子育て中、妊娠中だからといって、授業数が減るとか、部活はもたなくていいとか、そんな考慮は全然ないんですけどね。授業数、事務量なんかは、むしろ多いくらいだし。)

復帰直後の異動がないのはありがたいことなんだけど、6年間に3人を産んで、勤務校数はまだ2校。人脈も広がらないし、井の中の蛙になりつつある不安もあるし、何より就職してからの年数の割に「やってきたこと」のバリエーションがどうしても少ないのです。異動したときに「○年目の人がくるけど、なにもできないらしいよ」と言われることの恐怖というのが、常につきまとっています。

企業のように、こういったキャリア不足が直接給料査定に響くわけではありません。昇進、ったって平教員ー学年主任ー教務主任ー教頭ー校長くらいのもんですから・・・(教頭にならなきゃ給料だって変わんないんだよ~)
響かないから、かえってつらいんですよ・・・・ね。

それに伴って、「職場の壁」が生まれてくるわけで・・・。
(ウワサで聞いた「4人が産育休」って学校は、さすがに大変だったみたいですから)
上司が「おめでたいおめでたい」って心から言ってくれる職場なら、妊婦が、ママ教師が精一杯やってる職場なら、この壁は薄くできるはず。ママ教師にとって「職場の壁」は人間関係しだいってとこですねえ。

仕事の壁は、どうしようもないもんね。

今まで仕事10だったのが、プラス子育て10
私のキャパが10だったとしたら、仕事効率上げてプラス2、保育園に預けてプラス5
合計17になったキャパでも20には足りない。仕事と子育て、1ずつ削る(主に家事でしょうか^^;)。仕事をもひとつ削って・・・ほらいっぱいいっぱいじゃん。そういうもんだ。子育てって。削った分は、どこかで返す。いつか返す。

きっと、そんな風に考えるさばさばしたママの多い教育現場は、なんだかんだいってお子さん複数ママが多いのです。

他にもなあ、教員ママの夫は5割以上は教員だから・・・・遅くても10:00には帰宅する人がほとんど。早い時には7:00~8:00には帰宅してるもんね。子育ての負担感も減るんだろうな。
あ、でも中学教員は土日ないか。
部活が原因で離婚する人も多い・・・・まじ笑えない)
ま、うちは教員じゃないし、帰宅は深夜だけど(爆)。10:00を「早い」と思ってしまう感覚もおかしい・・・・^^;)子育て負担感、大きいっすよ~~~っ!!>>オット~~~~!!!

(そういわれているオットは、ワークライフバランスで悩んでいる・・・のであった)

|

« ふたたびアレルギー娘の食事 | Main | 「壁」を越える »

WMお仕事モード」カテゴリの記事

Comments

こんばんは はじめまして ことママといいます。去年くらいからちょこちょこ遊びに来ていました^^;
私は今二人目の育休中で3年取得しあと2年残っています。
「二人目の壁」を興味深く読みました~私は一人目復帰直後に二人目を妊娠してしまったんです。
当時はすごくショックで授かった喜びより先に回りへの申し訳なさが頭を駆け巡りました・・・
いずれは授かりたかったのですがこんなに早くという感じで、なかなか上への報告も勇気が要りました^^;
どの仕事もだと思うのですが、妊娠中や復帰前など職場にいろいろ気を遣ってもらい、とても大変な思いをしたので、今の育休で最後にしたいと思っています。そうなるとこの休みの間にあと一人と思う自分がいます。
仕事もしたいでももっと子どもを生みたい・・なんて贅沢ですよね・・・
またきます!!

Posted by: ことママ | January 26, 2007 at 08:17 PM

 私の場合、二人目は考えられませんでした。なんか、やはり育休の期間、「きちんと復帰できるのか?」というのが先にたって、じっくりゆったり赤ちゃんとむきあえなくて・・・。なんとか「仕事をしてる私にとって育てやすい子に!」と願う自分が常にあって・・・。両方の実家に絶対頼れないこともあいまって。
 一人っ子にしてしまったのはすこし心がとがめちゃうけど、正直私には育児よりも仕事のほうがむいているんじゃないかと思ってしまいます。復帰しておっぱいも離れていない1歳児を抱え、しかも新しい勤務先で担任しました。すごく苦しかったけれど、それでも育児休業中よりは日々充実していたと思えるのです。私もまりえさん同様、生徒会だいっすきですし、それをのびのびやっています。そのかわり、私には2人の子どもはムリです。キャパオーバー!!
 だれでも、なにかを手にするときには、なにかをあきらめたり妥協したりせねばならぬ時があると思う。でも、その「手にする」ことをゆるされたものをいかに高められるかが、真価を問われる時なのではないのでしょうか?
 自分、そう思います・・・。なんとなく。しま、ただいま惑い中。
 
 

Posted by: しま | January 27, 2007 at 01:05 AM

★ことママさん
こんにちは。
>申し訳ない
そう思っちゃうんですよねー。嬉しいことなのに・・・・(でも、職場のほかの人が妊娠したら、それはそれで素直に「おめでたい!」って思うから、申し訳ないって思うのは意外に自分だけ?と思うこともあり)

贅沢だなんて思いませんよ。幸せ、とは思うけど!これが「標準」の一つである世の中であってほしいと思うもの。

ことママさん、3年取得かあ~~。
それはそれで、魅力的だなあ~~~。
長男の小学校低学年期をカバーできて、さらに・・・(皮算用)・・・いやしかし、家計的に厳しいかも、いや精神的に・・・^^;)

Posted by: まりえ | January 27, 2007 at 02:27 AM

★しまさん
>「手にする」ことをゆるされたものをいかに高められるか

かっこいい・・・・・
どんなにがんばっても身体は一つだし、手は2本しかないですしね。まったくその通りです。(すごく感動してるんです)

きょうだいにしても、いろいろ言いたがる人は多いけど「何人がいい・悪い」って絶対的なものはないですもんね。

私も多分、仕事してる自分がいないとどっかしらバランスがおかしくなるのは感じてます。今も、保育園の父母会の仕事せっせとやっちゃうし。
あと2ヶ月、緊張してきましたっ!

Posted by: まりえ | January 27, 2007 at 02:43 AM

こんにちは。
去年私も2人目の壁超えました。
私は私立なのですが、教員で産休を取るのは10年ぶりで、しかも勤務1年目だったので結構肩身狭いです。
そこでは担任の経験なく4年目、産休育休はいったりなんですよね・・・。
うちは学校でも3人はいません。でも3人欲しいなと思っているところです。
年齢の割には経験が少ないのは私も悩みです・・・。

Posted by: あきのり | January 27, 2007 at 02:13 PM

こんにちは!私も「2人目の壁」を超えれないでいます。。。
以前書いた記事をTBさせて頂きます!
しまさんのコメント、私もすごく気持ち分かります、今だに葛藤しています。
子育てより仕事に向いているって部分。
最近は少し考え方も変わってはきましたが。
仕事なんて、いつでもどんな形でも何とでもなる、でも子供を産める時期って限りがあるって思います。でももし欲しいと思っても我が家の場合後2~3年は無理なんですけどね。
でも最近では40歳超えても子供が出来る可能性も充分あるし、その頃には1人目も大きくなっていてしっかりお手伝いもしてももらえるだろうし(あてにはしては可愛そうかな。)、あせることもないのかなぁって思います!

Posted by: 働くママ税理士 | January 27, 2007 at 07:48 PM

こんにちは。3人欲しいと思いつつ、2人が限界かなぁと諦めモードです(苦笑)。
教員の制度は、正直、うらやましいです。私の周囲にも教師をやっている友人はたくさんいますが、1人っ子は皆無ですね。3年育休が取れるようになって、職場復帰前に続けて産むのが主流のようです。私自身が人事の仕事をずっとしてきて、中小企業はものすごい覚悟を持って人を採用しているということを知っているので、余計にそう感じるのかもしれません。
仕事の壁に関しては、辞めさえせず、誠実に仕事を積み重ねていけば、いつか必ず挽回できると信じています。

ちなみにうちも、夜10時帰宅なんてありえません。そんなに早く帰ってきたらリストラされたのか?なんて思っちゃいますね(苦笑)

Posted by: miki_renge | January 27, 2007 at 10:18 PM

二人目のタイミング・・・難しいですよね・・・。
といいつつも,私は一人目の育休中に二人目を妊娠し,育休を延長して二人目の産休に突入,現在は二人目の育休中です。続けて産休育休をとってよかったなあと思うのは,上の子を長い時間みてやれる(子育てをじっくりできる)ことと,上の子の育児の仕方を忘れないうちに下の子に生かせること。下の子が一歳になる前に復帰なので,仕事と育児の両立のためにはよかったかなあと。
つらいのは,仕事を長く休んでしまったことです。この4月に復帰予定ですが,果して二人分の産休育休で三年近く休んでいたことで,仕事をちゃんとこなせるかが心配です。「仕事の壁」ってやつですね。「職場の壁」は,この年度末の人事にかかってますねえ。
それと,うちもだんなの協力はあまり期待できそうにありません。これって「家庭の壁」っていうんでしょうか。
壁はいろいろありますが,とにかくできることをせいいっぱいやっていくしかないかな,と思います。

Posted by: ぴあ | January 28, 2007 at 03:01 AM

★あきのりさん
1年目で産育休は、肩身狭いのわかります。
きっと誰もが「ええっ!?」って思う(^^)。
あきのりさん本人も不安ですよね・・・・。
でも、できちゃったもんはできちゃったんだから~~って。その後の仕事の密度をどうやって高めていくかで見せていくしかないんですよね。

Posted by: まりえ | January 28, 2007 at 03:16 AM

★働くママ税理士さん
上の子が大きくなってからだと戦力ですよね・・・。長男と末っ子が5歳差のうちでも、まめに働いております。
なんで、子供を産める時期って限りがあるのかなあ・・・って生き物だから仕方ない・・・解決しないけど言ってみたい。

保育園のママたちと話してると、産んでからなんとかしてる人が多い気がします。方法はいくつもあるんだなって感じます。

Posted by: まりえ | January 28, 2007 at 03:38 AM

★miki_rengeさん
中小企業の女性のケースを考えると、ほんと何かできることはないのか!?とさえ思います。
結局、うちの母のように(自営業)つわりでふらふらでも働いたり、「育休?なにそれ」って感じになるんですよね・・・(当時の父は妊産婦の身体のことまで考えが及ばなかったらしい)。

うちのオットは、異動希望で「残業のない部署にしてくれ」と本当に書いたようで、妻としては内心ハラハラしています(^^;)。リストラされるなら、私が復帰してからにして~~~~!!

Posted by: まりえ | January 28, 2007 at 03:45 AM

★ぴあさん
復帰直後の授業って、やはりすごく緊張しました。なんつうか勘が戻るまで2~3日はかかった感じ。
きっと今回もそう。
とりあえず、マイ教科書を買ってみました。
いや、まだ買っただけ・・・・(^^;)

「家庭の壁」・・・うわあ・・・・厚くて高いかも。
一緒につくったんだから、なんとかしろよって思うんですがね。ただ、この辺は妻が仕事をもっていると言いやすいかもしれません。
なんにしろ、「できることをせいいっぱい」そう思います。しまさんの言葉が響きます。

Posted by: まりえ | January 28, 2007 at 03:52 AM

いつも興味深く拝見させてもらっています。
同じタイトルで私も考えてみました。
トラックバックさせていただきましたので、よかったらご覧ください。

Posted by: Aya | January 29, 2007 at 11:56 AM

いつも興味深く読ませてもらっています。
私は産休&育休を2年とって、この四月に復帰予定の小学校教員です。
私はこの育休の間にもう1人作って、育休延長して。。。と思っていたのですがだめでした。(できたのですが、病気の疑いで泣く泣くあきらめました)
育休仲間の友達二人は続けてとっています。職場の人たちもきっと続けて・・・と思っていたみたいです。
私は復帰を決めましたが(家計のこともあるので。うちも家を買いました)、二人目をどのタイミングで?!とは悩むところです。上の子とあまり間をあけたくはないし、でも復帰してすぐも肩身がせまい。やっぱりみなさん考えることは同じですね。
パパは協力的ですが、やはり残業が多くて物理的に手伝ってもらえません。出張も多いので私に負担がかかることは目に見えています。。。とにかく復帰してみないとどうなるかわかりませんが、産みたい人が気軽に産めるような社会にしていって欲しいですよね。

Posted by: ぴこまま | February 02, 2007 at 05:35 PM

★ぴこままさん、どうもです。
ホント復帰のタイミング、その他難しいですね。
これを「永遠の悩み」にしないようにしたいと思いますが。。。。。

ワタシは復帰したら、オットには民間だけど週1は保育園に迎えにいって、寝かしつけまで担当する、ワタシの残業デーに協力してもらいます。
週1でも、全部やる大変さをわかってるのとそうでないのとでは違うし。ぴこままさんも、自分だけの負担にしないように、だんなさまと相談してくださいね。

Posted by: まりえ | February 02, 2007 at 09:42 PM

異動して1年目。担任をもっている小学校教員です。6月初めに妊娠が分かり、今ツワリでしんどくて、体力的にも気持ちもしんどいです。時に指導することは無理なんじゃ??と思うくらいちょっと最近下がり調子です。先日伯母と電話をしているとき、担任なのに今の時期にというのはあまりにも無責任とたしなめられました。それが結構ショックです。現実子どもにも保護者にもそして職場の人にも迷惑かけるのですから、無責任といわれても仕方ありません。しかし弱気になっている今、8ヶ月目まで働くのは無理だ・・・と思っている自分には、つらいのです。これはマタニティーブルーなのかなぁ。誰にこんな話したらいいか分からなくて、書き込んでしまいました。皆さん前向きなのに、超後ろ向きで申し訳ありません。

Posted by: ちょも | July 01, 2007 at 10:47 AM

★ちょもさん、こんにちは!
同じ女性に、妊娠を喜んでもらえないと、かなりつらいですよね・・・・・・。しょうがないじゃん。
大丈夫!
そんなこと言ってたら、小学校の先生みんなお子さんいないことになっちゃいますよ。ほとんど担任のせんせーなんだもん。

ワタシも一人目の妊娠は、担任を持っているときの5月にわかりました。(詳しくは、右のサイドバーから「The Life Of 妊婦教師」をごらんくださいましね。
さすがに3年生の担任中は気を遣いましたが、そうでなければ・・・生徒にも「先生がママになる」機会なんてそうそうめぐり合うチャンスはないんですから・・・・一緒に赤ちゃんの誕生を学ぶ最高のチャンスですよ!

かけるのは「迷惑」ではなく「面倒」「手間」そう思いましょう。つわりのときは落ち込むもんですよ。不安もいっぱいあるから。

大丈夫ですよ。小さい子でも、話すといろいろ気を遣ってくれます。大丈夫。

Posted by: まりえ | July 05, 2007 at 03:18 AM

こんにちは。
五月に出産し、現在育児休暇中の小学校教員です。

はやくも二人目のことを考えています。
本当は育休中に二人目を授かりたいのですが、一人目を帝王切開で産んだため、二人目を授かろうとすると、一年空けなければなりません。そうすると4年くらい職場から離れることになります。
大学を卒業してすぐに採用され、二年しか教職を経験せずに産休に入ったため、4年間も職場から離れて復帰しても、教員として通用するのかが心配です。

どなたか、長期に休んで復帰された方の体験談など聞かせていただければ心強いのですが…よろしくお願いします。

Posted by: みほ | September 13, 2008 at 09:13 PM

★みほさん
こんにちは。可能なら2人いると楽しいですよねー。
5月生まれなら、今頃、いろんな動きがあって楽しいころじゃないですか~。楽しんでくださいね。

通用するか、っていうと、、一応はなんとかなります。なりますよっ!
休み中、簡単なことなら、たとえば新聞読んで「わたしならこうするのに」って、考えてシュミレーションしていくことも、復帰にむけての準備なのかな、なんて今思います。

ワタシは5年の間に3人帝王切開しちゃいました。それぞれ11か月~1年3か月のお休みで、その間、職場を出たり入ったり。学校は、いろんな人が教員だ、というのが魅力の場でもあるじゃないですか。育児という経験を、保護者と共有できるように研修してきた、そう考えるのもありじゃないですか。大丈夫。

Posted by: まりえ | September 16, 2008 at 04:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/13664533

Listed below are links to weblogs that reference 教員の「二人目の壁」:

» 二人目の壁を考える [Poetry Melody]
Izumiさんや、まりえさん、働くママ税理士さんのブログで、「二人目の壁」について書かれていたので、私もそのことについて考えてみようと思います。 柳沢厚労相の発言で、今話題になっていますが・・・。(本音とその人の人間性が、言葉には表れますね) でも少子化問題もあり、やはり一人の女性が子供を産む数って未来の社会にとっては確実に大切な鍵となってきますね。 私は地方公務員ですので、育児しながら女性が働く職場としては、世間一般的にはよい環境の職場にはいると思います。 特に私は女性がほぼ独... [Read More]

Tracked on January 29, 2007 at 11:49 AM

» 二人目の壁 [Izumi's note*]
1月23日付日経新聞の夕刊生活面に、「二人目の壁」という言葉を発見(「カイシャ... [Read More]

Tracked on February 06, 2007 at 02:35 AM

« ふたたびアレルギー娘の食事 | Main | 「壁」を越える »