« じいさんち孫仕様 その2 | Main | 娘入園記念!なんちゃって木工 »

パパが、子どもの病気で休むということ

我が家では、子どもが病気になったとき、基本的に夫婦で分担して休みをやりくりします。
  (詳しくは、この前の記事「WM 子どもが熱を出した時」をご参照あれ)

さて。
前回の記事のコメントで「悔しい」と書いたのは、子どもの病気で仕事を休むのが、ほとんどの場合「妻」だということなのです。同じに働いててなぜ!?多くの人が
「パパが休めないから」って、言うの。でもさ、
・・・・ワタシだって休めないよ~!!!ってママはたくさんいるんじゃないの?
休んだら、後始末が、勤務評定が、職場での信用回復が・・・・とってもとっても大変!ってのがあるんじゃないの?????

それなのに、「パパが休めないから」で、収めちゃう・・・・これって、すっごく悔しい!

・・・・パパは休める。休めるはずなんです。
妻と同じように、休んだ後始末をすれば。
勤務評定を覚悟すれば。
職場での信用回復を、必死になってすれば。

それを、
しようとしてないだけなんだってばヾ(`Д´*)ノ゙

しかし、状況はなかなか理想どおりにはいかなくて、たとえば、
・妻の勤務時間の方が短い
・妻の収入の方が少ない
・妻の勤務地の方が近い
・夫の仕事は、子どものことで休む事態は想定されていないスケジュール
・「ママだから仕方ないよね」という休みやすい空気がある
・「パパが休むの?ありえない」という空気がある

こんなケースが多くないですか?
そうなると、「ママが休んで、パパは仕事に専念する」方が、
家計的に最安全策ではあります・・・・。だから、なんだよね。

でも、長期的に「妻の安定的収入」を求めるのであれば、妻もそうそう休んでもいられないわけで。正社員なら有給休暇があるけど、パートでは無しということもあるでしょ?こういう場合はオットが休むことに意義はあるわけです。責任のない仕事なんてないし。

さらに、我が家のように夫婦でフルタイムの場合。妻ばかり休むのって、かなり・・・・理不尽ですっ!
 ただでさえ普段から、部活とか担任とか大変な仕事を断って肩身の狭い思いをし、昼休みもなく仕事を続け、やっておきたい残業もそこそこにタイムリミットを睨みつつダッシュで帰ってるのに。あれもこれも妥協。
 しかも献立を考え、事前の仕込みもして・・・・そういう家庭のマネジメントを夫が考えないというのは、とってもとっても納得いかないのですよ・・・・。同じに仕事してるのに!!

ってなことを、我が家ではガンガン話します。でもって、お互いの職場や仕事の特性を考えて、今の家事育児の分担状況ができあがってるのです。。。。
(「ママ」が急いで帰るのに寛容なワタシの職場、通勤時間は妻は夫の半分以下、希望残業時間妻=2.5時間/日、夫=5時間/日 という現状など・・・・) それでも、ワタシの分担が家事9割強、育児8割強・・・・・かなあ。(その分オットが家計に入れるお金はワタシより多いです)

職場での男性の状況も、厳しいんだよね。それは、WMだからこそ実感として理解できる。ワークライフバランス。
オットはかなりがんばってます。文句言うばかりじゃなくて、それはわかってあげたい。
(だからといって、今の状態で妥協もしない^^;)

オットによると、職場の雑談や接待の席で、相手が子育て中のパパだと、話題はお互い「育児ネタ」。みんな興味津々なんだそうで。
このごろは「パパ向け育児誌」も増えてきましたよね。(ちょっと対象所得層が上だけど・・・・^^;)))))

きっと今は、育児に目覚めたパパたちが「休めない」から「休みたい」へ動き始めてる時なんだと思うのです。

「パパは休めない」ってあきらめちゃいけないんですよ!動いてほしい!
がんばれ!父ちゃん!

異動希望に「残業の少ない部署」を書いて出したというオット。泣けるぜ!
うん、いざとなったらワタシが養うから・・・・・・・・・(T T)。
(あ、でも住宅ローンの分担分だけは、バイトでもなんでも稼いでください・・・・・)

★関連記事を思い出しました★
「オットの家事・育児」 よろしければこちらもどぞ。

|

« じいさんち孫仕様 その2 | Main | 娘入園記念!なんちゃって木工 »

WM夫婦モード」カテゴリの記事

Comments

南の島よりmegです(^^)/
最近では「おやじの会」みたいなのがあちこちの学校にありますよね。父親も育児に積極的に参加しよう、参加してもらおうってのは盛り上がってきてるんだな。と、思う反面!実際、授業参観や学級PTAに来られるのは母親が多いのはうちの県だけ?これも、みんな仕事を休んで来られるお母さん方が多いんですよね。
保育園の送り迎えも父親の姿は少ない。仕事を定時で急いで帰るのは母親。「ダンナは残業してるのに」とグチグチ言ってるのは私だけではないはず。残業できることがうらやましい今日この頃(年度末)です。

Posted by: meg | March 15, 2007 at 06:19 AM

難しいですね。男性が子どものために休む事が難しい事は、働いている妻が一番わかっている。だから、頼みずらいし、自分が何とかできるなら何とかしようとするんでしょうね。
夫は休む事はしませんが、部下が休む時には理解するように言っています。もちろん、どうしても抜けれない仕事以外はということで。働く妻が増える事で、働く妻を持つ夫が増えて、少しずつ理解が増えていくんじゃないかなと。
そのうち、自分がインフルエンザで休むように、こどものインフルエンザで父親が休暇を取る事も認知される時代が来るんじゃないかなあ。

Posted by: ぐーたん | March 15, 2007 at 08:45 AM

そうそう、うちの旦那も息子の病気で休みが立て込んだとき、
「休めない」とか言ってましたよ。んなもん、私だって同じなのに。。
って泣き寝入りしないのが私であって、訴えましたよ。
「査定が・・」なんつーから、年休制度がある中で年休取って査定下がるか!?
私の査定はどーでもいいのかっ!!!ってこれまたぶちまけ・・(^▽^;)

それだけ「休めない」とか言ってるわりに、年休切り替え時期に
「消化しなきゃ~」なんてことも言ったりしてたし。。
言ってることがチグハグなんですよね。

それでも復帰して3年、旦那もだいぶ変わってきて、
今まではまず最初は私が休んでダメなら旦那だったのが、
まず最初に旦那が休んでくれたりとかもあり。
まあ、そこに行きつくまでにたくさん話し合いしましたが。

息子もまもなく4歳となり、あまり病気しなくなったというのも
大きな要素なんですよね。
あと、風邪症状が出てるとき、少し様子見て「これほっといたら熱出そうかも。。」
と判断したら、保育園帰りに病院行って薬処方して貰って
登園できないっって状態を作らないとか。
(いざというときに休んで貰う分ここは私が努力(笑))

職場の同世代でも子持ちが増えてきて、旦那さんも休むという
感じにはなってきているようなので、「夫が休むのは無理」
というのはそのうちなくなるんじゃないだろうか。。
と期待しています。結局周りの目が気になるんですよね~。。。

Posted by: Aquamarine | March 15, 2007 at 10:05 AM

ううっ。
とっても気持ちわかります。
タイムリーに今日、子供が腹痛で休んでいます。
今朝もどちらが休むかでパパが「自分が休む」といってくれたのですが、子供が「ママといたい~」と泣くもんで、私が休んでしまいました。
明日もダメだったらパパにお願いするつもりですが、子供の涙ながらの要望には弱いです。
毎日の仕事も「もしも」の事を考え前倒しで処理するようにしているので、「私が休む」といってしまう自分も悪いのですが・・。

毎日、パパやおじいちゃんおばあちゃんに面倒見てもらっていると子供の反応も違うと思いますが、うちもパパの帰宅が遅く、ほとんど私と過ごしているので体調が悪いときは「ママと」となってしまうんですよね~。

自分自身、2回の産育休で、残業がほとんどない部署に移動し比較的休みやすい部署になったのですが、もっと仕事をバリバリしたい気持ちと家庭を大事にしたい気持ちで揺れています。

子供も大きくなれば丈夫になるし(小2の娘は1年間休みなしです!(^^)!)、7年前とはあきらかに、世間も変わっています。
保育園の送迎もパパの姿が増えてきたと思いますので、もっともっと子育てしやすい環境にしていきたいですね。
(その為にはパパの帰宅を早くしてもらわないと・・もしくは自分が出世して男性社員に育児休暇をとらせるか!?)

Posted by: chacha | March 15, 2007 at 11:33 AM

 「家庭が大事」を主張するのって難しいですね。
 近所のママいわく、小さい子どもがいたり結婚しそうな若い女性が担任になると、「はずれ」だそうです。家庭を学校に持ち込む、生徒を巻き込んで自分の生活を維持するからとか。
 私の同僚(男)は「家庭にしか居場所が無い人」です。時差出勤、お迎え、会議の途中でも帰宅します。こどもの話をよくするけど、周囲は「早く異動しろ」と乾いた空気。

 私の父は上場企業の企業戦士で子育てには不参加でしたが、家族は恨むどころか「尊敬」してました。若くして大きな家を建て、こどもを大学(全員国立ですが)まで行かせる大変さを母が語り育てたからかもしれません。
 そのせいか、私は夫には無理を言いません。こどもにも「パパは賢いから会社でも必要なんだ」と育てます。転職を繰りかえすマイホームパパとかを見ていると、厳しい社会で額に汗して働き、職場から評価されるってすごいと思います。まりえさんの旦那さん(残業いっぱい?)も素晴らしいんです。
  
 とはいえ、私も復帰したら「も~」とか言ってるかもしれません。

Posted by: こう | March 15, 2007 at 04:13 PM

TBありがとうございました。こちらからも関連記事2つTBしておきますね。
2つめのTBの、「迷走する両立支援」の本のなかに、まりえさんのおっしゃるとおり、「妻のほうが給与が安い」などの理由で、どうしてもしわよせは妻に行ってしまうと書かれていました。
我が家も、このことで、何度か家が壊れるようなぐらい(?)ケンカしてしまいました。オットにもオットの会社の人たちにも変って欲しいと今でも願っていますが、あまりに追求すると家庭が破綻しかねないので。。(ぐーたんさんのTBにあるコメントに同じようなことを昔も書いている自分に笑ってしまいました)。今回正社員を辞めてしまう決断を下したのも、これが原因であることも否めません。オットが転勤なんてことになったら、ついていくことも決めているので。
こんな私がいうのもおかしい話かもしれませんが、まりえさんのような教師には、家族やいろんな手段を総動員しても、頑張って欲しいんですよ。女性教師が私たちの働く母のお手本になってくれれば、私たちにも理解が及んでくれるんじゃないかって。男性陣ももし、手伝うことが無理だったとしても、理解が及ばなかったとしても、将来的に「オレはあのとき間違ったことをしてしまっていたのかも」と過去を振り返ってくれるだけでも、今の私には慰めになります。まりえさんのご主人にもエールを送りたいです。

Posted by: ちゃい | March 16, 2007 at 12:21 AM

みなさん、たくさんのコメントありがとうございます。ペコリ。

★megさん
「おやじの会」、まずはできることから、ってスタンスはいいと思います。父母の分担って地域差も大きいでしょうね。
PTAは・・・母親ばかりで行きづらいよな・・・とはオットの弁。たしかにね(笑)。
思う存分仕事したいですねえ・・・・。一日何時間要るかな。

★ぐーたんさん
TBの記事読ませていただきました。すっごく丁寧に語られてて共感!です。(ワタシのって勢いだから・・・)

>働く妻が増える事で、働く妻を持つ夫が増えて、少しずつ理解が増えていくんじゃないかなと

そう思います。きっと今は過渡期なんだと。

★Aquamarineさん
そうそう、予防にも気合が入りますよね。やばそうなときは、早めに迎えにいったりして、翌日の勤務を確保というか。肉を切らせて骨を断つ・・(骨・・・って発熱のこと・・?)
「育児は妻」という世代が、この数年で大量に引退になるわけなので、時代的にも変わっていくだろうとワタシも思います。
うちのオットの場合、近い先輩が子育てに熱心で、そのために会社を変った位なので・・・影響は大みたいです。

★chachaさん
ああ、「ママ」リクエスト、わかります(T T)。
休日は「希少価値」なのか、みな父べったりなのに、弱ると「ママ」^^;)
時間を気にせずバリバリやりたいですよねえ・・・・今は、仕方ない!でも、声はあげていきたいです。

ワタシも、子育て一段落してベテランおばさんになったら、男性職員に「早く帰りなさい。あとはやるから」と語るんだ・・・!!

Posted by: まりえ | March 16, 2007 at 01:55 AM

★こうさん
「はずれ」って、なんだかたまんないです。ひっどい表現だなあって。同じ「母」なのにね・・・。
こちらも上手にやってかないといけないですよね。

こうさんのお父様も、そういった点を家族にうまく伝えていらしたんでしょう。(「時代」もある?)夫婦仲がいいと、何か不満があってもお互い理解できるというのもありますよね。反対だと子どもに愚痴っちゃう。きっとご夫婦仲良しだったんだろうなあ。(と、勝手に予想)
うちのダンナはがんばってます。しかし、更に仕事と家庭の両立を目指してもらいます(鬼)。

WMに求められてるのと同様「両立できる男」というのも今後、能力の一つにカウントされると思いますなあ。(がんばれ、ダンナ!)

★ちゃいさん
夫と妻の働き「どちらが得か」って選択しちゃうと、どうしても。。。ですよね。それでもって、妻の条件がよくない→続かない→条件がよくならないという悪循環から逃れられない。「得」じゃなくても踏ん張らなくちゃ、続かない。
まだまだ、女性の労働も過渡期ですねえ。

働く母、みせていきたいと思います。記憶のどこかに残ってるようにしてもらえたらって思いますね。ええと、使うのはこそばゆいけど「男女共同参画」←家庭科で扱うんですけど。

ちゃいさんの試行錯誤が、いい方向で進んでいくことをワタシも応援しています。


Posted by: まりえ | March 16, 2007 at 02:34 AM

はじめまして。
いつも楽しく読ませていただいております。
といいますのも、うちは男男女の三兄弟、長男はこの4月から小学生、私は末娘の育児休業が終了し職場復帰です。
いつも共感することばかりなので、うんうんうなずきながら読ませていただいていたのですが、今回の記事はもうまさに私の言いたいことそのもの!!といった感じでもう読んでいて涙がでそうになっちゃいました。

うちの旦那様も毎日残業で午前様も当たり前・・・。この6年間で子供の病気で休んでくれたのって1,2回です。一方私の有給は全て子供の病気・保育所の行事で使い果たしました。
まだまだ世の中はこれが当たり前なんですよね。
私の職場の主任(男性)によく子供の病気で早退したり休んだりしている方がいます。私たちワーキングマザーには『いいパパね~』と好評ですが、男性陣は『嫁は何をやっているんだ。嫁が休め』と冷ややかなものです。悲しくなってしまいます。どこの会社もこんな感じなんでしょうか。。。
はじめてなのに長々とごめんなさい。
これからも応援しています!

Posted by: sabo | March 16, 2007 at 08:01 AM

うちでもたまたま最近、そういう話が出ました。
私なんかもツライですよ~、だってフルで働いてないのだから休めるだろうと…。うう~、こっちは私の裁量だけで仕事が回ってるわけじゃないんだぞ~。

年休も消化できてません。何割かは捨てているらしい…なんのための年休なんだ。まぁうちは、午前様ということは少ないのでまだいいのかもしれない。部下がかわいそうだといってました。

こうさんの話とは逆に、私の職業だと、家庭を犠牲にして仕事をしてしまうので、子どもの問題がおきやすい、ということを言われてしまうことがります。離婚も多いんですよ。最近自分のレッスンを再開したんだけど、私の先生に「家庭は壊さないように」と釘を刺されました。(先生も奥様が同業なので、大変さをご存知だからだと思う)
まだまだ過渡期、って言うのはそうなんだろうなと思います。うちの子、若い女性の先生が担任ですが、ハズレだなんてとんでもない!ただ、とても大変そうなので、「同じパワーで結婚後も続けるのはキツイだろうな~」と思います。

Posted by: おそなえ餅1号 | March 16, 2007 at 09:33 AM

みなさん同じような思いを抱えていらっしゃるんですね。最近は学校現場でも「男性も育児休暇を」なんて「お知らせ」はありますが、ほんとに取る人はまだ聞いたことないなあ(私の周りでは)。同僚や管理職の理解は必須ですよね。これは妊婦の時に感じたんですが、校長や年配の女の先生がすごく気を遣ってくれまして。「自分たちのときは大変だったから」って。今、父親の育児参加が言われてますけど、まだまだ難しいじゃないですか、だから年を取ったら後輩に言いたいですね、「自分たちの時はできなかったから・・・。早く帰ってあげなさい」、って。来年度の夫の職場はどうなんだろう・・・。
家庭では、家事や育児、うちは言えばできる範囲で頑張ろうとはしてくれます。が、実際は具体的にどうしたらいいのか分からない(生育歴なんだろうなあ、姑が面倒見いいし)とか、子どもがまだ「ママァ~(泣)」なんてぐずる年なのでそうするとお手上げ(というより悲しそう)、とか。するとやっぱり家事育児は妻&母親の役割なんだ、みたいな空気が・・・。なので今、夫を教育中です。そりゃもうがんがん言ってます、「自分のことは自分でやって!!(そこからか!(笑))」「手伝い、じゃなくて協力、だよ!」「同じ仕事なんだから帰る時間も変わらないよねっ?」とか・・・。夫、嫌になっちゃわないよなあ・・・。

Posted by: ぴあ | March 16, 2007 at 11:10 AM

 一般の会社って、やはりまだまだシビアなんだなあって感じてしまいました。
 私と夫は同じ中学校教諭なのですが、どちらかというと私のほうがイニシアチブをとっているかもしれません。
 理由のひとつは私のほうが給料がいいということ。(公務員の給料は格差がないので、妻のほうが年が上だったら差が出ます。) ちょい、やらしいかんじですが、現実二人の関係に微妙に影響は出てると思います。あたりまえに年休とってもらいまっす!! てか、彼から言ってくれるので助かります。「おれ、午前中年休とって病院つれてこかー?」と・・・。「んー、そう?じゃ、よろしゅう、給食食べたら帰ってくるね。」みたいな。いまや娘のことについては夫のほうがよく知ってますよ。(夫)「永久歯が乳歯の奥にはえてるよ!」(私)「あ、ほんとー?」とか、(夫)「Yes,プリキュア5 のキュアアクアがね・・・」(私)「なんスか?それ?」とか・・・。私ももうちょっと参画しなきゃ。
 ふたつめは、彼が部活をしているということです。うちみたく、実家に頼れないとこは、こどもが小さいときは「一家に一部活!!」です。私だって部活してたほうが、学校の中では面子もたつし、第一生徒指導上かなり都合がいいってなもの。だけど、私は彼に部活を譲ってます。「だいっすきなサッカー部を顧問させてもらってる」って姿勢を「協力」という形でいつも表してくれるので、感謝しています。
 万が一、勤務条件同じなのに、自分だけに家事や特に育児を押しつけられたら、はっきり言って、たぶん別居もしくは離婚すると思います。(実際少しだけ別居してたこともあります。とことん話し合って意識変革してもらい、今のめちゃめちゃ平和な暮らしに至っています)
 でもなー。会社はそうはいかないんだろうか・・・。公務員はすぐ勤務評定!!とか異動 !!とか左遷!!とか降格!!とかにはならないものなあ。
 もっともっとマスメディアに訴えてそんでもって取り上げてもらって、理解を深化させるべきだな。そうしたらもっともっと前進するよね、きっと。

Posted by: しま | March 16, 2007 at 08:36 PM

★saboさん
男男女ですか!4月から小学生!育休終了!
うわー!おんなじだあ。すごいすごいっ!
よろしくですっ。

職場で子ども絡みで早く帰る男性に対する周囲の反応もいくつかあって・・・何が違うのかなあって観察してたことがあるんです。

やはり、日ごろの人間関係と仕事の内容によるとこが大きいみたい。普段から仕事が速くて的確で「できる」人、いざというときに頼れる人、人間関係がうまく行ってる人は、どんなに早く帰っても、誰も文句言わないんですよ。
 反対にそうでない人が「子どもが・・」って言って帰ると非難ごうごう。
 男性も、WMと同じなんですね。普段の仕事ぶりがものを言うんだなあって。ワタシももっと効率よく仕事しよう。さらに!さらに!

★おそなえ餅1号さん
>フルで働いてないのだから休めるだろうと
あいたー!!
それは厳しい・・・(T T)。
年休なんて、ワタシも独身のころは自分が病気の時にしか使わなかったですからねえ。みんな休み下手ですよね^^;) 

実は、大きな声じゃいえないですが、中高教員も離婚多いです。ダンナが部活に燃えて平日も土日もなく・・・out。部活(と生徒指導)がとにかく元凶。教員同士ならともかく、相手が非教員だったら・・・耐えられないですよ。同僚男子には、まじな顔で諭してしまう私です。「は・や・く・か・え・れ」

★ぴあさん
男性ってやはり家事育児については「言わなきゃわかんない」部分多いと思います。とにかく、つらいこと、大変なこと、みんな話して・・・すると、案外「そだね」ってわかってくれたりするんですよね。やれやれ。
ほめて育てましょうねえ。

★しまさん
教員夫婦で、オットに理解と実働があれば、かなり無敵に近いですよね。うらやましい!

>自分だけに家事や特に育児を押しつけられたら
実は、後輩で心配な子がいます。「押し付けられ」じゃなくて、進んで全部抱えちゃうような子で・・・。結婚前からダンナに尽くすのが幸せ!みたいな専業主婦なら理想的な彼女・・・。
でもね、仕事に関してはとっても将来性のある子なんだよなー。子どもができたときに、仕事も、家事も育児も・・・って壊れちゃわないか、まじで心配してます。やめないでほしいしなあ。

Posted by: まりえ | March 16, 2007 at 10:19 PM

ふう~。記事からコメを一気に読みましたが、復帰が恐ろしくなりました(笑)

うちは、旦那は会社員ですが、女性社員の少ない古い気質の会社なのでちょっと心配です。。。
共働きの家庭も少なそうなので。

さらに私も旦那も育った環境が共働きの家庭ではありません。
だから、これからの共働きの生活は未知の世界なんです。旦那は協力的だけど、こういった育った環境や会社の気質が今後どう関係してくるか心配です。

でも、女性に負担がかかりすぎだな~っていうのは思いますね。立場がやっぱり弱いのかな。これからの少子化社会、こういうところから整えていかないとだめですよね。

でもみなさん頑張ってるなあ。。。私も頑張ろう!

Posted by: ぴこまま | March 16, 2007 at 10:38 PM

なんか、前にも似たようなこと書いたなあとは思ってたのですが、判明したので・・・

「オットの家事育児」です。上の記事の最後につけたしときました。よろしければ、どぞ。

Posted by: まりえ | March 16, 2007 at 10:52 PM

すごいコメントの数!みなさん同じようなことを思っていたんだなぁーとつくづく思います。

まりえさんの「いざとなったら私が養うから・・・」に共感!夫に妻と同じような家事・育児負担を願うのであれば、いざというときに自分が養う覚悟も必要なんじゃないかと、私は思っています。「家計の助けになるくらい」の感覚で働いている限り、夫もちょっとしたヘルプしかしてくれないんですよね、たぶん。夫婦ともにたくさん話し合って、お互いの覚悟を決めなきゃいけないんじゃないかなぁと思います。

Posted by: izumi | March 16, 2007 at 10:52 PM

コメントを終えて戻ったらまた。。!
すごいなあ・・・っていうか、今ってWMのネットタイムか。

★ぴこままさん
「ダンナ、がんばれ!すごいぞ!」とほめて育てて・・・
うちも3人目なので、今回は週2回迎えに行くぞと気炎だけはあげています。どうなるのかなあ。
(これについては期待するのは怖い)

★IZUMIさん
すごいですよね。みなさん、たまってるぞ!って感じで。
>家計の助けになるくらい」の感覚で働いている限り、夫もちょっとしたヘルプしかしてくれない

ああ、それです。それなんですよ。裏返すと。
働いてるから、オットの大変さもわかる反面、こちらの言いたいことも臆せず言えるんですよね。

本当は、専業主婦の場合でも「育児」はかなり分担すべきもの。でも私たちより言いづらいだろうと思います。(と、いうわけで専業主婦もがんばれよ~!!)

Posted by: まりえ | March 16, 2007 at 11:18 PM

 まりえさんの近くの「有能な若いWM」も、本当に資質があるなら、「夫に尽くす」ことも「家事」も「育児」も「授業」も「部活」も「担任」も、たとえば3年なら「進路」も超両立(?)するんでしょうが・・・。
 そんな人、あんまり拝んだことないのでよくわかんないけれど、よっぽどの夫さんの理解がいるんでしょうねー。あ、もしくは女性側の実家の助けがあったら可能ですよね。
 このごろの私、子持ちの女性の仕事ぶりには同じ立場の者として、シビアに見てしまうんです。いいたかないけど、やはりテキトーに仕事してる人、多いもん。「そのまま永遠に、担任はできませええん!と言うつもりかい!!」とか、「そんなヌルい授業で、成績上がるんかい!!」とか・・・。
 給料をもらってるかぎり、絶対だれからも後ろ指さされない仕事をしなきゃだもんね!
復帰組ーーー!!ファイトです!!

Posted by: しま | March 17, 2007 at 08:00 AM

我が家、休むときはほぼ100%私の役割のように思われてますね。駄目なら、実家の母たち。
まりえさんの挙げられた条件には、ほぼ当てはまりますし。
確かに、旦那も休めないわけじゃない。でも、条件的に私のほうが休みやすいでしょ、ってことなんですけど。でもねぇ、休みやすいけど、配分されてる仕事は、他の人と変わらないわけですよ。それを時短の勤務時間でこなさなきゃいけないわけで、(こなしきれず、持ち帰りもたびたびです・・)それはそれで大変なんですけどねぇ・・
先日、旦那が有休を有効活用したい、なんて言い出したから、それは子どもの看病で休んでくれるってことかと思ったら、自分のために使いたい、ですって!これにはさすがに、プチッと来ましたね。私は看病が主で、有休使い果たしてますから!

Posted by: maki | March 19, 2007 at 02:42 AM

★しまさん
>子持ちの女性の仕事ぶり
あいたー!がんばります・・・・^^;)
ほんと、お時給、あ、お月給の分は働かせていただかないと・・・・。とりあえず復帰した時に「待ってたよ」といわれるようにしたいなあと。うううう。

★makiさん
配分されてる仕事は。。。そうなんですよね。担任持ってない分、授業数はあほみたいに多いし。少人数授業とかやってるから、さらに増えるし。

オット改造、がんばってください!!

Posted by: まりえ | March 19, 2007 at 11:22 AM

・・・まりえさんなどは、おそらく「がんばりすぎる」先生の部類にはいっちゃって、きつい思いをされるのでは、と思います。意識が高いもん!
私も、「そんなに仕事したくないんなら、やめりゃいいじゃん!!」って言われないよう、これからも邁進します・・。
 言ったそばから、娘、さっき熱はかったらも37.9度なり。オマガッ!!
・・・「明日、1時間目にまにあうように、デイケア(病後児保育)連れて行くね。」by夫。いつもいつも、どうもありがとう。その次はきっと私が連れて行くからね。(不履行の時が多いのだけど。)

Posted by: しま | March 19, 2007 at 09:21 PM

★しまさん
うちも次男39.4だ~~!
明日もだめだな・・・・
残り少ない「みんな保育園でフリーの昼間」が削られてゆく・・・・いや、育休中でよかったのだ、よかったのだ(T T)。

Posted by: まりえ | March 20, 2007 at 12:56 AM

はじめまして!!
2年近くの産育休をへてこの四月から職場復帰&保育園入園となるものです
うちは私小学校・旦那中学校の教員夫婦で
この2年間、回り道をしたために新採だった彼は部活三昧の日々…
月に28日仕事に行ってるな(浮気じゃないのか?)って感じの働きっぷりでした

そんなこんなで保育園入園、初めての子なので入園グッズ作りもまぁ楽しみつつ…
(そう!買ったほうが安いし!!)
でも土日のどちらか必ずいない様な彼が一体
どんな風に保育園協力してくれんのか??だいぶ不安に思いつつ
入れちゃいました、旦那の職場すぐ近くの保育園に
だから朝は当然旦那、お迎えも部活のない日は旦那!!
私の職場のが遠くてお迎えも間に合わないっていうのが一番の理由ですがね

確かに私のほうが勤務年数も長く年も上なので働き出したら収入も多いです
昔合計2年ぐらい無職の時期を養って上げました
そんな恩を売りつつ今年一年限定でがんばってもらおうではないか!!と勝手に思っております
来年度は私が移動なので少しでも近くに来られれば
もう少し半々にできるかなぁと思っています

うちは今日から慣らし保育スタートでした
私も明日は久々の出勤です、おおっ!
がむばります
また、ちょくちょく覗かせて下さい

Posted by: なおふみ | April 02, 2007 at 10:24 PM

★なおふみさん、どもです。
だんなさんの職場の近くの保育園!
それは思いつかなかった!
目からうろこです~~~!!なるほどね。いいアイデアだ・・・・。

復帰して我が家はすごいことになりました。
がんばりましょうね!!

Posted by: まりえ | April 05, 2007 at 05:17 AM

あっという間に1週間過ぎ、今日はとうとう授業もしました
すでに声が嗄れそう…

レス、ありがとうございます
旦那の職場に近いといっても、そもそも自転車通勤の距離ですから
(私は電車、バスで1時間半です)
=自宅にも程近い、という保育園です
補足させてくださいませ!!

なんだか毎日楽しそうに保育園につれてってくれてます
結構びっくりの反応です

Posted by: なおふみ | April 10, 2007 at 12:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/14256508

Listed below are links to weblogs that reference パパが、子どもの病気で休むということ:

» 夫の役割・妻の役目・2 [ぐーたらハハのあれこれ]
夫の役割・妻の役目で怒りを書き収まってくると、以前とは違う私達が見えてた。 以前は、こう言う事が起きてもお互い胸に思いを秘めて口には出さず我慢した。 おいちゃんが不貞寝して返事をしなかったら「嫌だ」と思っても、そのまま流したし、おいちゃんも朝、私が何か言った事に反論するということはなかった。 こうやって不満とか思うところを口に出すようになっただけいいかもと思った私。 謝るのはしゃくに障るので「早退して�... [Read More]

Tracked on March 15, 2007 at 01:25 PM

» 小学校の壁について考える [働くペンギン]
先日、学生時代の友達と久しぶりに会った。私は晩婚・晩産なので、多くの友達の子供は [Read More]

Tracked on March 16, 2007 at 12:22 AM

» 「迷走する両立支援」を読んで [働くペンギン]
迷走する両立支援―いま、子どもをもって働くということ価格:¥ 2,310(税込 [Read More]

Tracked on March 16, 2007 at 12:25 AM

« じいさんち孫仕様 その2 | Main | 娘入園記念!なんちゃって木工 »