« July 2007 | Main | September 2007 »

夏が終わるなあ

なんて、しみじみ思うのはこの仕事だからかな^^;))

職員室での会話も、8月上旬は馬鹿話が多かったけど、次第に生徒の話題の比重が増えてきているのを感じます。3年生引退後の新部長、秋にある生徒会役員選挙、それから体育祭に定期テスト・・・・・。ああ、本格的になってきましたヨ。

夏休みの間は、みんな自分のスケジュールに従って休みを取ります。自治体で、日数に差はありますが「夏休み」と、それから年次休暇(有給休暇)を組み合わせていきます。

部活の大会、練習試合、補習とか。
教科の、生徒指導の、コミュニケーションサポートの研修会とか。
9月以降の教材作り、テストの下準備とか。
ほんとにいろいろあるなあ^^;))いろいろ、いろいろ。

子供たちは、例によってほぼ毎日学童と保育園。
おおむね元気でしたが、夏休みも残り2週間ってあたりで、疲れたのかな、親子ともどもいろいろ噴出です。
次男りんご病。ほんとに頬が赤くなるんですね~。
娘、ヘルパンギーナ。今日もハイパー不機嫌でした。
でも、熱や咳の症状がひどくなければ、どちらもとりあえず風邪として、出席停止ではないとのことで・・・。
ついでにハハは突然虫歯が痛み出し・・・夏の終わりに来て、お休み三昧です(゚Д゚;)。あんまりうれしくない・・・・。遊びにいけるわけでなし。もとより大事に使ってたのにね(T T)。

でもね、今だからお休み取れる、って考えます。
同じに小児科通いでも、歯医者通いでも、きりきりせずに休める8月。
(でも、髪を切りにいく余裕はなかった・・・・なぜだ!?)
(よく考えたら、復帰前に行った以来・・・・ひえ~~~~!!)

9月からは、また殺人的な忙しさがやってきます。
・・・・歯、なんとかしてがんばろ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

働くハハと、夏の宿題 1

 自宅に持ち帰っている朝顔の鉢。毎日、咲いた朝顔の数を数えて「夏休みのしおり」に記入するのが宿題になっている小1の長男M。

 今朝、記入しながら「夏休みもあと1週間かあ」とため息をついていました^^)。毎日、6:30には起きて、7:40には家を出て学童保育に行っているのにね。夏休みは、やっぱり普段とは違うのかあ・・・・・・・と。

 親としても、初めての小学校の夏休み。確かに、毎日学校行かせるよりは気持ち的にも、時間的にも若干余裕があったような気がします。毎朝弁当作るのは別にしても(゚Д゚;)

問題は、「夏休みの宿題」。
別に親がやるわけでもないし、決して量が多いわけでもないです。
が!やはり放置はできない・・・。

今年の息子の宿題は以下の通り。
1 朝顔の数を毎日記録する。
2 朝顔の観察記録(1日分)
3 絵日記(2日分)
4 読書感想文、絵、工作、自由研究など、選んで1つ。
5 うちのお手伝い。

1は声さえかければ自分でやるし、5については、頼めばいろいろやってくれる息子です、今夏は「新聞とりこみ」を当番にしました。9割くらいできてるかな。(今後も継続予定)
(読書感想文は聞いたら、1年じゃあ無理、と担任談。←だったら書くなよ(--)聞かなかったら、真面目に取り組ませてたよ・・・もう

問題は、低学年だもん・・・・親と一緒にやる必要のある2・3・4です。
小1、放っておいて自分からなんてやらないっすよ!!
言ってもなかなかやらねー!
それから、字がよめねー(笑)!
一緒にやる・・・・・・これが難関なんです。こっちは仕事、子供は学童保育。
子も親も、
計画して時間の確保しないといかん
のです。

小学校の頃の自分の夏休みなんて、有り余るほど時間あったけどなあ・・・・・・
時間あまって、ぐだぐだするくらい。習い事もなく、ただ遊び呆ける日々。
(宿題は、7月中にすべて終わらせる)

土日+親の夏休み
 -(イベント、たまった家事、オット出勤、下の子)=?

この限られた時間で勝負かけるっす。

詳細はまた。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

夏の旅は帰省がすべてだった

夏休みの初め頃、夫の実家に帰省しておりました。
毎回、抱えてる子供の年齢も違うので、いろんなパターンで帰省ルートを試しているんですが・・・・今回は、やむない事情で、家族バラバラ往復の帰省。

Cimg0564mini

1日目:朝オット+チビ2人→→飛行機で帰省。
ハハ→出張、長男→学童保育
夜、寝台特急にて帰省開始。

2日目:ハハ、長男、実家へ到着。

4日目:夜、オット翌日の仕事に備えて、新幹線終電で帰宅。

5日目:ハハ+3児→→飛行機で帰宅。

3人連れて飛行機に乗るのは、意外に面倒がなかったです。
成せば成るって感じ(^^;)?

詳細を別ブログに書いてみましたので、お時間あればぜひそちらをどうぞ。

Cimg0567mini 帰省旅1 サンライズ出雲・瀬戸(寝台特急)
帰省旅2 ひかりレールスター(新幹線)
帰省旅3 飛行機 予約編

帰省旅4 飛行機 機内乗り切り1時間半
帰省旅5 リムジンバス
帰省旅6 飛行機手荷物編

| | Comments (4) | TrackBack (0)

お休みなので読書中

この夏は、読書するぞ!と息まいて職場の図書館からどかっと借りてきましたよ。ただし、生徒と話をする接点になるファンタジーものが中心です。
ハリポタ以来、ファンタジーは生徒の読書の入り口として地位を確立。でも数がありすぎて、大人のほうは読むのが追いつけませんて。

うちの学校図書館には、常勤の司書氏がいます。その方がファンタジー好きなのもあって、図書館には、最近のファンタジー小説がずらり。夏休み前の貸し出しキャンペーンでは「20冊借りていいよ!」の大号令。さすれば!と生徒が続々とやってきて、借りた本をアゴで押さえて出て行く姿を、ずいぶん見ました。読む子は読むんだよね。ワタシのほうも、授業や委員会でずいぶんとキャンペーンの宣伝をした甲斐があるというものです。

ただし、生徒の読書が優先なので・・・・ワタシの方は生徒があらかた借りつくした本棚の、残りから選びます。仕方ないよね(^^;)。読み直そうと思って「誰も借りないだろうから」と狙ってたシェイクスピアが、借りられていたのは驚きましたが。本屋で物色してきたのも含めて、久々に列挙してみたく。

【現在読了したもの・・・活字】
いまさらだけど 小野不由美の「十二国記」を・・・・・・
『月の影 影の海』上下、『風の海 迷宮の岸』上下
『東の海神 西の滄海』、『風の万里 黎明の空』上下
『図南の翼』『黄昏の岸 暁の天』上下
上橋菜穂子『神の守り人 来訪編』
       『神の守り人 帰還編』
奥谷啓介『プラザでの10年間』
平山譲『ファイブ』
共著『発達心理学入門』
松永暢史『「男の子がわからない」ママのための31のアドバイス』

【コミック】
高山しのぶ『あまつき』1~3
岩明均『ヒストリエ』4

【読みかけ・・・・・10冊くらい並行して読む癖がありまして・・・】
小野不由美『魔性の子』
角田光代『キッドナップツアー』
清水義範『独断流「読書」必勝法』
青木逸平『旧字力、旧仮名力』

【最近買って、積んであるもの】
滝本竜彦『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』
藤原正彦『祖国とは国語』
筒井康隆『日本以外全部沈没』
重松清『送り火』
共著『子供の生活と心の発達』
乙一『銃とチョコレート』
伊坂幸太郎『チルドレン』『アヒルと鴨のコインロッカー』
上橋菜穂子『蒼路の旅人』

【オットが読んだ後「好きそうだから」とくれたもの】
黒川伊保子『日本語はなぜ美しいのか』
松久淳『ヤング晩年』

ワタシの場合、読書は映画や音楽、お裁縫なんかと同じくらい好きなことなんで・・・読書家に比べたら、量も質もお話になりませぬ。同様に映画ファンと比べると、ファンなんておこがましくていえないくらいだったり・・・・でも、まあ、ぼちぼちと仕事と折り合いつけながら、時々仕事の本も読んだりして(ファンタジー読むのも仕事なのよ^^;・・・趣味と仕事を兼ねてるって、なんかいいよね)。

ぼちぼちと読んでます。普段は通勤も車だから読めないし、今こそ!
水遊びの子供らのそば、日陰で読書は思いのほかはかどりましたぞ。
(あとは、夜泣きの娘をだっこしながらとか・・・・オットの実家で夜中に・・・とか。あはは。)

| | Comments (7) | TrackBack (0)

誤算

いわゆるお盆にかけて、夏休みにしました。
連続でもバラバラでも6日とっていいというので、思い切って一週間連続で。どうせ、この時期出勤したって、人もいないしね・・・・(さすがにお盆期間に部活入れると、いろいろまずい)

それに伴って、学童保育も、保育園も「お休みします」の連絡済。

ところがしまった!
オットが休みとれない(T T)。

1週間、どうやって過ごそう・・・・・・(゚Д゚;)

いまさら旅行もとれないし、いや、3人連れてくには金も覚悟もいるし。
さりとて、この猛暑日の炎天下、近所でもワタシ1人で2歳児含む3人連れて屋外レジャーはパスしたい。や、ありえない。
とりあえず、午前中は水遊びだな・・・・・・
これで昼寝たっぷりしてもらうぜ!

というわけで、迷っていたビニールプール購入に勢いがつきました。
明日からプール三昧です・・・・(自宅でだけど)

あとは、夏休み工作やらせよう。それから自宅ビデオ上映会と・・・友達のうち、電話かけてみようかな・・・・・。それとも都内のホテルにでも意味もなく泊まるとか・・・・・ううむ。

なんか、休みなんだけど非常にフクザツな・・・・忙しいんだか、ゆっくりできるんだか微妙なとこいく親なのでした。いかん、いかん。

| | Comments (3)

お兄ちゃんSの日~ポケモンラリー

学童の予定記入の段階で、とても切なくなったハハ。休みをとって今日は一日、ええ、ポケモンスタンプラリーに行ってきましたとも!平日だったからか、どの子供たちも「引率者」は9割方ママさん。

Cimg0671 「平日に行くことにこそ、意義があるのだ!」と、ハハの鼻息も荒く、小学生と、年少の兄二人を連れてスタート。スタンプする駅は、長男が計画済み。
しかし、目的の駅に着くまでに次男はすでに疲れている~~~~!予想されたとはいえ、年少連れはちびっとハードでした(^^;)。気温も高く、水筒必須。(余裕で動くなら、やはり年長以降が体力的にいいかも・・・)

東京圏(近畿でもある)のポケモンスタンプラリーは、パンフレットに(まだ各駅にたくさんあった)6駅分のスタンプを押して、ゴール
Cimg0674_5  スタンプは、山手線全駅他、かなりの駅においてあるんですな。駅ごとに、スタンプのポケモンは決まっているの。
そして、東京、池袋、新宿などのいくつかの「ゴール駅」で、景品をもらいます。

お姉さんに「おめでとうございます~」と笑顔でもらえるその景品は、
①ピカチュウサンバイザー(紙だよ、もちろん)
②ピカチュウパスケース(首から提げる)
③スタンプラリー専用スタンプ帳
  以上3点。

ん?スタンプ帳??

そうなの、こんどはこのスタンプ帳使って、
東京圏のJR全部乗ってね!ってな寸法なんざんすよ。も、長男、目ぇきらきら。大人でも、どうせ押すなら・・・・・って思ってしまう、JRの思う壺にうっかりはまりそうになるんですよねえ、スタンプラリーって・・・・・。

しかも、山手線全駅で押せるスタンプ・・・・とにかくたいていの駅で押せるスタンプだけど、「全スタンプ制覇」を狙う場合は・・・「取手(東京から1.5時間くらいか?)」とか「大船(千葉からだと2時間かかるかな)」あげくは「八王子」とか「熊谷」とか、およそ
「いけねーよ!こんなとこまでっ!」ってな場所まで行かねばならないの。しかも、スタンプは改札外。しかたないとはいえ、すごい・・・いや恐ろしいイベントですよ、これは。「ルカリオ(強くてかっこいい、男前なポケモン)」押したかったら、大宮までいかなきゃいかんのよ。半径1時間を超えるマップなのですわよ。

全部で94個。スタンプ帳にあるコピーいわく
「壮大なポケモンの世界に挑戦だ!!」
ええ、ホント壮大です・・・・・(゚Д゚;)。

ちなみに、全駅制覇の景品は「もれなく」「ポケモンクロック」。
豪華だなあ、ってはじめ思ったけど、スタンプマップを見たら「もれなく」は当然よねえ、と感じたっす。

それはそれとして。
Cimg0681あちこちの駅で、ピカチュウのサンバイザーをかぶった子供が、わらわらとホームから乗り降りしていました。そこらじゅうがピカチュウだらけ(^^;)))))。お仕事中のみなさま、どうもお騒がせしました。。。。(でも、いろんなマナーを教えるいい機会だなあ、って思うです)

そうそう、今日は一番下のチビさんは、保育園にお願いしました。つまり、今日は「お兄ちゃんズの日」。「お休みなのに・・・」って、眉をひそめる保育園もあるそうだけど、毎日働く母だからこそ、こういう日があっていいって思います。
ううん、保育園ママだけじゃなくて、専業主婦ママも!機会があれば「上の子の日」作ってあげられるといいですよね。こういうときこそ、祖父母でも、保育園の一時保育でもファミリーサポートでもなんでも利用して・・・・・。ぜひぜひ。自分と、上の子のどっぷり時間のために。

後半、次兄はほぼだっこで移動だったけど、楽しかったもん。うん。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

字が汚い~

息子の書いたひらがなが・・・・・読めません(゚Д゚;)。

3歳にしてひらがな・カタカナの読みをマスターしていた長男M。だけど、書くのは小学校あがってからで十分よ、と放置しておりました。

小学校でひらがなの学習が始まると、親もなんとなくワクワクするんですよ。字が書けるって、人生にとって、限りなく価値あるエポックメイキング!思ったことを書ける!メモができる!お手紙が書ける!ああ、なんてすばらしいのかしら!!!

ところが日々、プリントに練習されてくるひらがなの数々・・・・・・なんか違和感。
せんせ、こんなんで◎つけてええんかい???
いや、きっと意欲第一主義なのだ、さほどうまくなくても、意欲を買って◎がついているのだ・・・・・と思うこと二月、連絡帳の字が読めない~~~~!!

思い切って、面談のときに聞いてみた。
「一人ひとり直してる時間がない」と、あっさりといわれてもうて。
「Mくんは、きれいな方ですよ」って、
そういう問題じゃないんだってば!
小学校の先生と研修で一緒になったときにも聞いてみた。「うちも、一人目のときは頑張ったんだけど、二人目からはだめねえ」ってさ、学校でなんとかしてないんかい!?親が見ろってことなのね!?

というわけで、ワークに赤ペンいれまくりのハハでございます。ひらがなだけではありません、数字も恐ろしく雑です。6と0の区別がつかないぞ。7が「ワ」にみえるぞ。息子!

「ゆっくりでいいから、ていねいにかこう」
「おてほんをよくみてかこう
」 なんて朱を入れて、上手に書けたら、ここぞとばかりに◎を書く。ちょっと注意してみれば、ほうら、どんどんきれいな字になっていくじゃん!
字は、なんだかんだ言っても、きれいな方がいいのだ。
人とのコミュニケーションツールなんだから、字は。
汚くていいわけ、ない。

がんばりまっそ。家でも赤いボールペンが手放せません~~~やれやれ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

学童ライフ2 夏休みの学童

夏休みの学童は朝8:00から。
指導員さんもいつものメンバーに加えて、アルバイトが2名プラスで増強体制。ありがたいありがたい。

いつもの放課後と違うのは、
◎強制的に学習タイムがある
  (学習内容の記録表があって、チェックが入ってる)
◎昼寝タイムがある
  (寝てないらしいけど^^;)
◎工作や、ゲーム大会などのイベントがある
◎近くの児童館のイベント(映画や工作)に参加する
◎プール開放に便乗する

ってとこでしょうか。
学童保育の指導員さんも、夏はひとしごとですね。

長男M、毎日リュックに連絡帳と、筆箱、ドリル、そして弁当水筒持参で通っとります。

そう・・・・・弁当ですよ!!!

ええ、毎朝作ってますとも!
キャラ弁!?なんですかっ!?それっ!?

ま、ね。自分の弁当も一緒に作るから、そんな手間じゃないんですけどね・・・凝ったものは作れません^^;))) 卵焼きとゆでた野菜とプチトマトに唐揚・・・・そんな感じ。

同じ市内の学童保育でも、学童保育によって、この昼ごはんの扱いが違うようです。保育園の近くの小学校の学童保育では、弁当業者が注文を受けて配達するんだとか。一食¥350。(職場にくる弁当業者のも同じ値段なんだけど・・・小学生向けのメニューなのかしら??大人用だったらやだなあ^^) 子供に毎日仕出弁当ってのは、個人的には受け付けないんだけど(コンビに弁当もしかり)寝坊したときの保険にはいいよなあ、なんて思う。

保育園で会いました。「○○の学童、弁当配達あるんだってぇ~っ!!いいなぁ~~!」と、叫んでるママ。オットが送りにいった時にも、同じ人がぼやいていたそうな。
うん、気持ちはわかる。でもまあ、これくらいはハハの意地で・・・がんばろう、おう!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »