« インフルエンザその後 | Main | オットの挑戦 »

じいさんち孫仕様 その4

実のところ、親戚で不幸が続き、私の両親はお疲れモード。そんな中で隙間を縫うようなスケジュールの中「クリスマス会&長男の誕生会は絶対やる!」と息巻く二人。
こちらもインフルエンザだの水ぼうそう(甥)だのの完治滑り込みで、孫5人を連れて妹夫婦とともに祖父母宅訪問です。

そこで、出た。

Cimg1141 お菓子の馬車。

じいさまのハンドメイドなり・・・・。

驚愕、衝撃、呆然。
ただただ、口をあんぐりあける母たちでありました。(車輪、動きます)

Cimg1143Cimg1142

お菓子のスペースがちゃんとあって、サンタがちんまりと座ってたりして。

ええと、扉も開いて、中にもお菓子。もうピンポンパンの「おもちゃへ行こう~!状態(え、知らない?)扉内側はプチプチ仕様(しかもハート型)。内部奥には「椅子」までしつらえてありました。

Cimg1145

これは背面。
載ってるお菓子がまた、アレルギー児でも大丈夫なのが多い。ああ、じいさんの愛。

Cimg1146

これは馬車上部。ちなみに回転します^^;))))もう、来年はモーターで回転するようにしてくだされ。

もう、子どもたち大興奮で、パーティ中盤では手提げ袋を持って群がっておりました。

この馬車は段ボール製。いろんな飾りはすべて某100円ショップで購入したそうな。「4000円くらいかかった」とか^^;)))))。

ありがとう、父よ。
(来年はいったい何が出てくるんだろう・・)

|

« インフルエンザその後 | Main | オットの挑戦 »

WMインテリア」カテゴリの記事

Comments

ピンポンパンの木の中、行きたかったですね~。大学の友達に、子供のころに出演したという子がいたので、「どうだった???ねえ!!」と食って掛かって聞いたのを思い出しました。いいなあ、そんな大人になってもいまだに憧れの体験を、おじいちゃんのおかげでタイムリーに出来たお子さんが羨ましい。しかもハンドメイドとは。。。たしかに写真でみるだけでも、口をあんぐりあけてしまいました。
うちのじいさんも、夫の父も、2号が歩く姿をまだみていなくて、こんな馬車までは用意できないけど、きっと今回の帰省を楽しみにまっていたんだなあ。。。と、じいさん心を思うと、涙がにじむので、ありました(ああ、またブルーをひきずるコメントだ。だめね。私)。

Posted by: ちゃい | December 28, 2007 at 02:29 PM

まりえさんのお父様すごい!!これってかなりの大きさですよね?このお菓子の馬車すごすぎます。しかも回転するなんて。うらやましいです!
うちも2歳を迎えおしゃべりが上手になってきました。保育園のおかげかな?
でも保育園にいかない休日なんかはおもいっきり生活が乱れているような…(といってもお昼寝が短い程度+お食事)

すてきなクリスマス会とお誕生会だったんですね!長男くん、おめでとう☆

Posted by: みふぃ。 | December 30, 2007 at 05:33 PM

★ちゃいさん
木の中、行きたかったですよね!?
あの企画って、やっぱすごい・・・・。
私の父は、こういう細かいこと好きですねー。
私が小さい頃にもやってたようです。写真が残ってました。お菓子の家(寒い部屋で組み立ててたとか)と、お菓子の馬車。父よ、覚えてなくてごめん。

じいさんには、まず電話ですよ、電話!!

★みふぃさん
ええ、でかかったです。このあとどこにしまうんだろうと心配しております…^^;))
2歳のおしゃべりって、たまらんですね。
娘のおしゃべりに、うちのダンナはすっかりノックアウトされてます。


Posted by: まりえ | December 31, 2007 at 01:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/17500237

Listed below are links to weblogs that reference じいさんち孫仕様 その4:

« インフルエンザその後 | Main | オットの挑戦 »