« じいさんち孫仕様 その4 | Main | 菊屋のアレルギー対応ケーキ »

オットの挑戦

冬休みの間に、来年度の異動希望を書いとかねばなりません。みなさん、知り合いのいる職場、生徒が安定している(荒れてない)職場、苦手な管理職の来なさそうな職場、力を発揮できる部活のある職場・・・いろんな材料があるようです。ワタシは、とにかくこれ。
近いとこ。
これに尽きます。

さて、一足先にオットの会社では人事希望調査があったとか。10月だか11月には出したようです。
子供ができて(増えて^^;))))))深夜の帰宅が本気で切なくなった彼。(ワタシからのプレッシャーもあるか??)とうとう定時退社の可能性が多い部署、育児時間のとれそうな部署に本気で希望を出したようです。(今までも希望は出していたらしいのですが、今回は具体的に希望先を書いて、あちこち聞いてまわったらしい)
入社以来、営業一筋だったオット。同じ部署の先輩からは「異動したら戻れないよ~」と何度も諭されたとか・・・・・・。はた目に見てても「忙しいけど、かなりやりがいのある担当」ではあるんですよね、確かに。

希望が通るかどうかは、正直不明だけど、結果どうでるのかな。
妻としても、ちょっと緊張します。

オットいわく、会社に、未就学児がいる社員の時短勤務規定がある。しかし、行使してるのは女性ばかり。でも調べたら男性でも取れる・・・・彼はこれをねらっています。でも、担当の人が、オットの指摘で「男性もとれるんだー」ってびっくりしたという具合だったそうで。そうだね、その担当者の認識がスタンダードなんだろうなあ、世の中・・・・・。

周囲にいるのは、子育てを専業主婦の妻に任せっきりだった上司、現在進行形の先輩ばかり。共働き、二人で子育てしてる家庭の状況を本気で想像できる人がいないんだ、ロールモデルもないんだ、と彼はいいます。WMと同じだよね。それから、ワタシたちよりちょっと先輩の、まだ制度がまるで未熟だった頃のワーキングウーマンと。

結果がいかに出るかはまだ不明だけど、オット、惚れ直しましたぜ。
とにかく、その姿勢がうれしい。ワタシもがんばるよー!!

来春、もう一人、ワタシの職場で育休とってた女性が復帰します。復帰と同時に、同じ教員である彼女の夫が育休取得予定だとか。(うちの夫は激しくうらやましがっていました)自分の周囲ではこのケース、初めてです。

ワークライフバランス。
今年たくさん聞いたこの言葉が、来年、どうか現実味をもって動き出せますように。

|

« じいさんち孫仕様 その4 | Main | 菊屋のアレルギー対応ケーキ »

WM夫婦モード」カテゴリの記事

Comments

まりえさんの夫に、私も惚れますね。。(アハハ)。
ウチの夫、昔、同僚が管理部門に社内公募で異動したときに、「ばっかだなあ。今からあんなつまらない仕事して、どうするんだ?」ってバカにしてたんですよ。私は「残業ないし、異動もないしいいじゃない?」って反論したんですが。。。
今になって、夫は「あのときの同僚の選択をオレもしておけばよかった」と後悔しているんです。
願わくば、これからの社会は、異動した後も、子育てがひと段落したころに、もう一度、やりがいのある仕事に戻してもらえるといいんですがね(今は行ってしまうと戻る事ができない不可逆的な異動が多いですからね)。
年明けにアップしようとおもっている記事があるのですが、政府の出したワークライフバランスの数値目標に、経営者団体は激しく抵抗したそうです。なんだかね。。。まだまだ道は険しいですが、一歩を踏み出す年であってほしいなとおもいます。

Posted by: ちゃい | December 31, 2007 at 08:24 AM

★ちゃいさん
そうそう、そうなんです。オットの部署でもみなそういうようです^^)。これから介護なんかも加わって、いろんなライフステージが男性にも出てくるわけだもの。企業の経営者に、その辺を見据えた社内戦略を練ってほしいですよね。

必要なのは、トップの先見する目と企業体力、なのかなあ。そこをフォローするのは行政だと思うんだけど…

Posted by: まりえ | January 10, 2008 at 05:37 AM

>・・・担当の人が、オットの指摘で「男性もとれるんだー」ってびっくりしたという具合だったそうで・・・

そうなんですよねぇ。これが現状ですね。仕事柄、あっちこちで、啓発のためのお話をする機会があるのですが、今の中堅管理職層(40代)の人たちは育休男性可なんて別世界の話と思っています。だから、部下がそうするというと驚愕、「出世できないよ」ときます。

もうひとつ、子育てモードになると、なんで「やりがいのある仕事」からはずれることになるのが普通なんでしょうか。なんか『戦線離脱』って見なされるのが普通みたいですね。そのうえ、移動したら戻れない、のが普通っぽいのが現状とは。こう書いていていて、自分の使う「普通」というのがぞっとします。無自覚無意識に、「普通」という言葉に潜む、思考停止傾向。注意しなくては。

それにしても、素敵ですね。みなさん。ほんとうにすばらしいパートナーに恵まれて。いま、とても子育て大変でしょうけれど、みなさまのようなカップルがおられるからこそ、いまの日本に子どもたちが元気にそだっているんだと感謝します。男性が、変化していますよ。正直、うらやまし~い(^^)

Posted by: hattori | May 15, 2008 at 11:54 PM

★hattoriさん
「普通」・・・怖いですねえ。
子供にかかわる問題を突き詰めると、基本は「みんなで子育て」にあるような気のするこの頃。
結局、異動はかなわなかったのですが、オット、仕事のやりくり上手になってきたようです。

はー、がんばろうって気分になります。

Posted by: まりえ | May 21, 2008 at 11:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/17528039

Listed below are links to weblogs that reference オットの挑戦:

« じいさんち孫仕様 その4 | Main | 菊屋のアレルギー対応ケーキ »