« December 2007 | Main | February 2008 »

男子母の醍醐味

ふふ、ふふっ、ふふっ、ふっふっふ~~!

やりました、ついに。

「お母さんとけっこんするー」

これだああああああっ!男子を育てた以上、聞きたかった、あこがれの、あこがれのこのセリフうううううううううっ!

ついに次男からゲットです(T T)感涙。

口ベタな長男では聞けなかったので・・・きっと次男の方が先に彼女を作るでしょう・・・・・。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

余談。前回の記事の江戸カルタ、ことわざが並んでいます。
「律儀者の子だくさん」
せ・・・・説明しづらいのう。このご時世。
「子は三界の首かせ」いいんですか、こんなの素材にしてっ(涙)
説明に困る親でした。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

子供へのプレゼント(時期外れ)

 時節はすぎますが、クリスマス。子供へのプレゼントを考えるのって、思ったより骨が折れます。ほしがってるものをあげてもいいけど、親の意向もいれたい。となると、考えちゃうんですよね。毎年ゲームソフトとかお金だけ、っていうのは、あれは親が楽なんだな。で~も、それってためにはならんわなあ。
 おもちゃも、昔いろいろ買ってもらえなかった身としては、これだ!って思うのをanytimeあげちゃいたくなるんだけど、そればっかじゃ絶対供給過多。ものを大事にしなくなりそうだし、何よりありがたみが薄れるって。ここは親もぐっとがまん、がまん。これが一番大変かもね^^;))

今年のクリスマス。
長男7歳・・・・リサイクル工作の本。(大好評)
次男4歳・・・・江戸いろはかるた(お試し中)
娘2歳・・・・・・入れ子の紙トランク。(大好評)

Cimg1293 かるたやっぱことわざネタだったり、読み札のリズムがよかったりするものを使ってほしいんだなあ・・・・。遊んでるんだけど、知らないうちに耳に言葉がくっついてくるの。(どこにも「知育」なんて書いてないけど、立派な知育なのよ、これは)飯野和好の絵は、はっきりいってタイプじゃないけど。

 読み札のリズムが悪いのは、かるたとして許せない。うちには長男のときに買ったトーマスのかるたがあるけど、あれはよくない。言葉にまるでリズムがない。トーマスの絵ならいいだろ、って安っぽい商売根性とちがうか?決めつけるわけじゃないけど、この年末あちこちでみたキャラものかるたは、みんなそんな傾向。情けないじゃない。

 そんななか、拍手を送りたいのは、小学館の「てれびくん」1月号のふろく「電王超クライマックスかるた」っす。(相変わらず「超」連発の雑誌ではありますが・・・・)
「ねてばかり いびきのおおきな キンタロス」
「ロッドフォーム うみがにあうぜ!カメだから」

すばらしいです^^;))))))

プレゼントはなんだかんだいっても、子供が興味をもてて、なおかつ伸びるようなものを親がちゃあんと選ぶ方がいいよなあ、と思うのでした。

 そうそう、祖父母から「なにがいいの?」とリサーチがきて、そのころ一目ぼれして「これを!」とお願いしたのが無印良品のミニチュアセット。
Cimg1294Cimg1295_2 町並みのミニチュア!都市ごとのパッケージで、もう全部ほしかったんだけど、兄二人「TOKYO」「LONDON」に絞りました。ミニカーでのディスプレイ遊びに活躍しております。
他にあったのは「PARIS」と「NEW YORK」。まだあるのかなあ。さっそく、東京タワーは赤く塗られております。(シールまで貼られている)

娘には、動物園セット。母が一番喜んでいます。クリスマス万歳。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

いまに始まったことじゃなし

昨日の朝刊かな、大学入試関連の記事で、親の収入のある家は予備校に通い、家庭教師をつけ、何校も受験して、そうでないところは受験校を絞る・・・。併願に二極化傾向・・・だっていうんだけどさあ・・・・

20年前からそうなんですけど・・・・・^^;))))

当時、私大の受験料は¥25000が標準。
それを何校も・・・なんて。受験料だけで6ケタなんてありえない、と思ってたんだけど。
大体、何校も受けたら疲れないか?大学によって出題傾向も違うし、的を絞って勉強したほうがよほど効率的と思うんだけど。

子供が大学に行く、その資金を親が生活費、小遣いまで面倒をみようとするから大変なんじゃないのか?自分が保育園から^^;)公立一筋できて、友達も似たりよったりだからかもしれないけど、そんなに豪勢な学生生活をしている人は多くなかったぞー。

月数千円の寮生活。風呂なしアパート。選ぶのは賄いがつくバイトだけ。教科書は先輩から譲り受け、昼は生協の¥200定食。仕送りが減ったらパスタに塩で食いつなぐ・・・なんてごくごく当たり前の友人たちだったんだけど・・・・。自分も妹も学費の半分は奨学金だったし、バイト生活が切れたことはなかった。(お金がなくて自動車教習所に行かなかったのは私くらいだったが)
バブル末期と言われていたけど、景気がよかったなんて実感はいまだにないですもん。あとから「そうなんだあ」ってわかったくらいで。(ブランドバッグ率も低かった・・・)

ドラマに出てくるような女子大生って、ほんとにいるの!?学生で車もってるってどゆこと!?海外旅行って何!?ってな学生生活だったんですが・・・^^;))))))))

当時から、余裕のある家は余裕があったし、そうでない家はそうでなかった。それだけの話じゃないのかな。マスコミで紹介されるような、余裕のある学生生活を都会でさせようと思ってた親、そういう暮らしをしようと思っていた子供を持つ親は、相当無理をしていたんじゃないか、ってだけじゃないのかな・・・・。んー、それとも、当時は景気がそこそこで無理ができた、ってことなのかなあ。全国の親御さん、風呂なしアパートでも学生生活は可能ですよー。

それにしても、学生生活が裕福で、遊べるようじゃ仕方ないので・・・・親が「無理できない」くらいでちょうどいいとか思っちゃうのはいけないかしら。
(だけど勉強にはお金がかかるのも事実、PCと携帯ないと就職活動も厳しそうだしなあ。悩ましい・・・)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

凧揚げとか、かるたとりとか

小1の息子が生活科の時間かな、「凧」を作って校庭で揚げたとか。

保育園でもこの時期は「お正月遊び」と称して、コマまわしや福笑いなんかをする日があるんですね。その日は、おじいちゃん、おばあちゃん、ぜひどうぞ!という日でもあり、うちのじいさまも出かけて行きました。家では、兄弟でコマの回し方について語り合う場面も。

すでに私たちにとっても「年中行事」になっちゃった「お正月遊び」。たぶん昔は、親も子供も年中無休で日々を過ごしてて「正月しかみんなそろって遊べない」とか「正月に新しいおもちゃがもらえる」とか、そういう発想の代物だったと思うんですね。
現代、いつだって遊べる子供たち、更におもちゃは供給過多に陥っているし、正月の過ごし方も様々・・・・ってんで「お正月遊び」、意識しないと消えちゃうんでしょうねえ・・・・。
確かに、うちじゃあ、凧上げもカルタ取りもしなかったし。

そんな中、学校や保育園で「年中行事として」でも、目を向けてくれるのはありがたいです。こうして、綿々とその形は文化の一端として受け継がれていくんだと感じます。

で、じゃあ自分の中学で、正月をなにか意識させてるか?と自問。
・・・・・・・あ、書き初め
しかし、休み明けすぐに展覧会に搬入するから、ってんで、年末に練習会して、冬休みの課題にするのが定番。中には年末に提出させちゃう先生もいて「正月」って雰囲気はないもんねえ。
教室でも、クリスマスツリーは飾っても、鏡餅飾ってるクラスは見たことないもんなあ。

実は以前、授業で「百人一首カルタ取り」をやってたことがあります。前の勤務校では、校内行事として百人一首大会もあったし・・・・。でも、週に1年生で4時間、2年生では3時間しかない授業の中で、百人一首をやるのは・・・・・時間的に厳しい。そんなわけで掻き消えてしまったのです。
けど、これぐらいしか中学で取り組める正月文化はないかもしれない・・・・・来年は、2~3時間でいいから、学校全体で取り組めるような計画、たててみようかなあ・・・・なんて、しみじみ考えてるのでした。なんたって「文化の継承」これも教育の大事な柱、ですもん。

*************************
「3人連れておでかけ!」に
「試してみよう!母一人でディズニーランド」をアップしました。
ま、今回連れてったの1人ですけど・・・・・・↑からリンクです。
*************************

| | Comments (5) | TrackBack (0)

新年の大間違い

帰省したオットと二児が帰ってくる、というので羽田までお迎えにいくことに。湾岸道路は空いていて、高速使わなくてもすいすい♪

予定の便は20分ほど遅れるとの掲示。二男とゆるりとおやつにしてから到着ゲートまで出向きました。いつも飛行機がついても他の人が降りるのを待って、ゆっくり機体を降りるし、ゲートまではかなりの距離があるから、まあ着陸後3~40分はかかるよなあ・・・・と思いながら待つこと1時間・・・・・こない、降りてこない。

トイレかなあ・・・・。
泣きぐずってるのかなあ・・・・。
携帯かけてもでない・・・・。
まさか、乗り損ねた?

やっちゃいました。ワタシが。
到着日、翌日(゚Д゚;))))))))))

オットの実家に電話して「あの、もしかして乗り遅れました?」と聞いたらば、「え?ここでご飯食べてるよ」との返事・・・。
・・・・・・・・・ああ、脱力。

すっかりすっかり思い違いをしたまま2週間。カレンダーにも今日、って書いて(T T)。
おちつかず、母にどつかれながら待っていた次男をよしよししながら「ごめんね」だよー。
ポケモンの本買って、空港の高いごはん食べて帰ってきたっすよ(T T))))))))))))。
そして、翌日も仕事のあとに湾岸道路をかっとばす親子。
1週間の間に4回も湾岸往復しちまいましたぜ。

救いは、ごはん食べたとき、目の前に2種類のポケモンジェットが停まってたことかなあ・・・・はあ。

そして、翌日母は発熱したのでした。やれやれな年始です。今年一年、注意していこうと誓ったのでした。まる。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

次男と母のお留守番

みなさま、あけましておめでとうございます。今年もつたないブログですが、どうぞごひいきによろしくお願いいたします。

さて、オットが「娘(2歳)を、今両親にみせなくてどーする!」と発奮。ワタシの実家が喪中なのもあって、正月休みに帰省することになりまして。
しかし、交通費高騰の折、我が家では往復10万を超える帰省を年に2回もすべくもなく。折衷案として、オットだけが娘と、緊張ほぐしのための長男(なんつう役回り)を連れて、年末、遠く800Kmの彼方へ旅立っておりまして。

トイレの不安な次男4歳は、母と二人でお留守番です。
(解説)
・組み合わせ2 娘+次男
 次男の突然のトイレに対応困難。同時ぐずりの可能性大。
・組み合わせ1 娘+長男+次男
 ワタシがさびしすぎる、次男は母を恋しがる可能性大。あとは同上。
・組み合わせ3 娘のみ
 半年ぶりの夫実家に緊張して、無口で日程を終える可能性大。
以上の理由で、上下二人のみの帰省とあいなりました。

次男坊は、現在マザコンオーラMAXの4歳。
「お母さんを独り占めだぞ~」と言われても・・・・・だめなのよ。なんだかんだいって3人ひと組の兄弟になってしまっているのですよ。
用心して、当日までお留守番の話はふせておいたのですが、さすがに空港でアウト。
置いて行かれるということよりも、「どうして自分だけ飛行機に乗れないのか」という衝撃的な現実が、彼を打ちのめしており^^;))。

ええと、もう、過剰にスキンシップしております。すまん、次男。ハハとベタベタ過ごそうね。

それでもって、だめ押しに
正月2日、ディズニーランド。
Cimg1289

周囲から「大混雑じゃん~~!」と呆れられつつ、本日、強行してまいりました
意外に、盛りだくさんで過ごせたよ~。
詳細は、のちほど「おでかけ」ブログの方にアップしますです。

→アップしました♪
「試してみよう!母1人でディズニーランド」どぞどぞ。

アドレナリン分泌しまくり、よく歩いた次男坊は、車中で力尽き、いまなお睡眠継続中。
楽しかったねえ。(母が^^;)?)))))。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »