« 凧揚げとか、かるたとりとか | Main | 子供へのプレゼント(時期外れ) »

いまに始まったことじゃなし

昨日の朝刊かな、大学入試関連の記事で、親の収入のある家は予備校に通い、家庭教師をつけ、何校も受験して、そうでないところは受験校を絞る・・・。併願に二極化傾向・・・だっていうんだけどさあ・・・・

20年前からそうなんですけど・・・・・^^;))))

当時、私大の受験料は¥25000が標準。
それを何校も・・・なんて。受験料だけで6ケタなんてありえない、と思ってたんだけど。
大体、何校も受けたら疲れないか?大学によって出題傾向も違うし、的を絞って勉強したほうがよほど効率的と思うんだけど。

子供が大学に行く、その資金を親が生活費、小遣いまで面倒をみようとするから大変なんじゃないのか?自分が保育園から^^;)公立一筋できて、友達も似たりよったりだからかもしれないけど、そんなに豪勢な学生生活をしている人は多くなかったぞー。

月数千円の寮生活。風呂なしアパート。選ぶのは賄いがつくバイトだけ。教科書は先輩から譲り受け、昼は生協の¥200定食。仕送りが減ったらパスタに塩で食いつなぐ・・・なんてごくごく当たり前の友人たちだったんだけど・・・・。自分も妹も学費の半分は奨学金だったし、バイト生活が切れたことはなかった。(お金がなくて自動車教習所に行かなかったのは私くらいだったが)
バブル末期と言われていたけど、景気がよかったなんて実感はいまだにないですもん。あとから「そうなんだあ」ってわかったくらいで。(ブランドバッグ率も低かった・・・)

ドラマに出てくるような女子大生って、ほんとにいるの!?学生で車もってるってどゆこと!?海外旅行って何!?ってな学生生活だったんですが・・・^^;))))))))

当時から、余裕のある家は余裕があったし、そうでない家はそうでなかった。それだけの話じゃないのかな。マスコミで紹介されるような、余裕のある学生生活を都会でさせようと思ってた親、そういう暮らしをしようと思っていた子供を持つ親は、相当無理をしていたんじゃないか、ってだけじゃないのかな・・・・。んー、それとも、当時は景気がそこそこで無理ができた、ってことなのかなあ。全国の親御さん、風呂なしアパートでも学生生活は可能ですよー。

それにしても、学生生活が裕福で、遊べるようじゃ仕方ないので・・・・親が「無理できない」くらいでちょうどいいとか思っちゃうのはいけないかしら。
(だけど勉強にはお金がかかるのも事実、PCと携帯ないと就職活動も厳しそうだしなあ。悩ましい・・・)

|

« 凧揚げとか、かるたとりとか | Main | 子供へのプレゼント(時期外れ) »

WM育児・教育観」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。その記事は読んでいないけれど、分かりますねー。私もずっと公立でしたから。風呂なしアパートで、トイレは共同。奨学金とバイトで繋いできたところも同じです(笑)でも別に私だけが特別というわけではなく、同じような友達はそれこそたくさんいましたよ。
「そんなに甘やかしてどうする!」と突っ込みたくなっちゃいます。
でも・・・時代が違うんですかねぇ。もはや携帯とPCが必須の学生生活、それだけでも「激変」といえるのかも・・・

Posted by: miki_renge | January 20, 2008 at 07:14 AM

そうそう、私も併願なんて~と思ってましたが。
しかしいるんですよ!実技必須の音大でも、併願組の人が…。試験曲も傾向も学校によって違うはずなのになぜ?!というか、できるのか?!ベートーベンのソナタを弾かなきゃいけないのに、間違えてモーツァルトを弾いたり…しないのか?!(私の友達は試験曲を同じにしたって言ってましたが、うちの母校のピアノと音楽教育を受けた別の友達は、試験曲が増えて大変だったらしい)

私は自宅通学でしたが、家の余裕はなかったと思います。でも、「カバンから財布からすべてブランド!!車は外車!!」っていうお嬢様から、「オレ、今月のバイト代入るまでキャベツを食い続けなきゃならないんだよ…」とぼやいてた下宿の子までいました。(スーパーのバイトで売れなかったキャベツをもらってたそうだ)音大生ってお金持ちばかりじゃなかったのね…。ま、大体お金持ち系の子はかたまってますが。

今は携帯、PCは必携ですもんね。レポートは既に手書きじゃないそうだし、いいのか悪いのか…。私のバイト代は楽譜とコンサートチケットと休み中のレッスン代に消えていたという、ごくまっとうな学生生活でした…。

Posted by: ことなりままっち | January 21, 2008 at 10:06 AM

新聞にありましたが、今はセンター試験を受けちまえば、その点数を持って、併願ができる私立がたくさんあり、だから、何度も試験を受けずに、併願できるそうで。私立側は受験費が儲かるし、受験者は滑り止めをつくっておけるしということで、この方法が多いみたいですね。去年でしたっけ?学校が受験費用を持って、何校も受けたパターンはこれだったようですね。
ちなみに私も幼稚園以外公立しかいっておらず、周りの友達もそんな人ばかりなので、皆さん、育英会奨学金もらっていたりとか、私自身、風呂なしアパートでした。ゴルファーの上田桃子さんも、家庭の事情があって、2万円のアパートでプロを目指したとTVでやっていたので、ハングリー精神が出来る上で、いいことなのでは?とおもいます。
ところで、まりえさんと私、同じ大学かもしれません。生協に「ビンボーサンド」ってありませんでした?当時180円ぐらいだったとおもいます。まずいサンドイッチです。もし、心当たりがあれば、このアドレスにメールを下さい(このアドレスでmixi招待状に入れてくださったら、mixiでもお目にかかれます)。

Posted by: ちゃい | January 21, 2008 at 10:28 PM

私も幼稚園以外公立でした。奨学金ももらってましたよ。父親に大学受験のときに「私立は行かせられない・・・」と言われたし、もともと私立に行こうとは思ってませんでしたので。友達にも、裕福な子はいましたが、そんなに派手ではありませんでしたね~。

主人は、大学が私立。でも「最終学歴(院)は公立だから息子にはパパは公立出身、お前も公立にしろって言う」とほざいてます。
そのうち大学全入の時代が来るんでしょうね。お金さえあれば。。。という大学もたくさんできるのかな。

Posted by: ぴこまま | January 22, 2008 at 06:57 PM

★miki_rengeさん
ほうら、ここにも^^;)
みんな似たりよったりでしたよね。携帯、PCが世の中的に不可欠なら、通信費は公共料金扱いにするべきだよなあ、とも思うこのごろ。PC本体もぜひTVなみに…って思うです。

★ことなりままっちさん
実技のある大学の併願…考えるだに恐ろしいですね!併願しない人の方が多かったりするんでしょうか。
「キャベツで食いつなぐ」わかる、わかります。とんかつ屋に「ついていって」おかわり自由のキャベツだけ食べてる男もいました(涙)
そういえば、以前教育実習にきた音大の女の子は、2年間パチンコ屋で働いて貯金して、さらに宝くじで当たったお金を学費にあてたというつわものでしたよ。

★ちゃいさん
うーむ、ビンボーサンド・・・あったかなあ。
「フレンド定食」が¥200でした。
実は私もmixiの中にいるんですよ~。(さぼってるけど)チャレンジしてお目にかかれるかしら。

★ぴこままさん
わたしも数学が恐ろしく苦手だったので親に相談したところ「金はない」と言われ…(涙)
ひたすら勉強しました^^;)
大学全入…卒業するのが大変って形しかないでしょうね。高校もひところに比べると入りやすくなってますし。日本はどうなるんだ~!

Posted by: まりえ | January 26, 2008 at 04:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/17757365

Listed below are links to weblogs that reference いまに始まったことじゃなし:

« 凧揚げとか、かるたとりとか | Main | 子供へのプレゼント(時期外れ) »