« 読書感想文からお仕事モード | Main | これが基準 »

図書館通い

公民館の図書室に行くのが、子どもたちのお楽しみとして定着してきたこの頃。
次男坊もカードを作って、たんまりと本を借りてきます。

買ったものも含めて、この夏、我が家のヒット本をご紹介します。いくつかは、別館でも紹介しています。(いまいちだったのははじいてますので、太鼓判です)

penguin2歳児のこの夏ヒット】
『くらいくらい』  福音館書店
『きのみのケーキ』 福音館書店
『たべたのだあれ』 文化出版局
『がたんごとん がたんごとん』 福音館書店

penguin4歳児のこの夏ヒット】
『ぼく、あぶらぜみ』 福音館書店
『おっかなどうぶつえんのちず』 福音館書店
『スプーンおばさんちいさくなる』 偕成社
『くろくんとふしぎなともだち』 童心社
『そらまめくんのぼくのいちにち』 小学館
『ちびくろ・さんぼ』1・2・3  瑞雲舎

penguin小学2年生のこの夏ヒット】
『ひるとよる』 文化出版局
『コアラのじまん』 ひかりのくに
『こんにちはビーバー』 福音館書店
『へんなどうつぶ』 岩波書店
『騎士とドラゴン』  ほるぷ出版
『ぼくがラーメン食べてるとき』 教育画劇
『とこちゃんはどこ』 福音館書店
「タンタンの冒険旅行」シリーズ  福音館書店

1人が読んでると、みんな読みにくるのでかぶってますが、なんだか自分でひっぱりだして読んでた本、せがまれ頻度の高かった本をあげてみました。

「タンタン」は。絵本というか・・・ご存知のように、大型コミック、なんですよねえ。
ストーリーは映画みたいに壮大で、一コマ一コマの構図や色が素敵。ルビはないけど、前後の流れで、習ってない漢字も適当に読めちゃうみたいです。小2の息子は、この夏で全巻制覇のようです。作者同じエルジェ氏の『クックとプッケ』こっちも何冊か読んでました。好きねえ、コミック。(血は争えないって?)
そんなわけで、無理に止めたくはない・・・んだけど、日がな一日こればっかのときは、さすがに声をかけてました。おかずばっかりじゃね。

その他、また本ブログに追加しました。

コミックから
『リストランテ・パラディーゾ』 オノナツメ/太田出版
『秘密 the top secret』 清水玲子/白泉社
『瞬きもせず』 紡木たく/集英社

中学生おすすめ から
『脳を生かす勉強法』 茂木健一郎/PHP研究所

子供と映画 から
『ザスーラ

|

« 読書感想文からお仕事モード | Main | これが基準 »

おもちゃと絵本」カテゴリの記事

Comments

 こんにちは!小1ママのマナママです。
うちの子は一人っ子で、私は専業主婦でございます。
二人目を欲しい欲しいと思いつつ、なかなか出来ず、『もういいや!働こう!』などと考えていた時にネットサーフィンして、まりえさんのブログにたどり着きました。
 実は私は教職免許(中学と高校)を持っていて、『教師』の仕事ってどんなだろう?と興味を持っていたところです。
教育実習の2週間ではよく分からなくて。。。
 久しぶりの社会復帰に教師を選ぶのは甘過ぎるでしょうか。。。大体教採受からないか。。。でも、でもやってみたい!などと色んな考えに揺れております。(でもとりあえず勉強を始めております。)
 まりえさんのブログで勝手にシュミレーションさせてくださいまし。
 働きつつも子育てを楽しんでいる(しかも3人!)女性のブログを読んで、『私も頑張らねば!』と勇気をもらっております。人生80年!将来子供に頼らないためにも、私も頑張るッす!また遊びに来ます!

Posted by: マナママ | September 06, 2008 at 12:42 AM

★マナママさん
はじめまして!まずは、出会いに感謝ですっ!
教員やってて思うのは、ほんと「生活のため」にやる仕事じゃないよなあ~ってこと。「好き」とか「意地」とか、そんな感情の部分が支えてるなあ~ってことです。

情熱があれば、大丈夫ですよ。
(う・・・・受かってからの話ですが^^;)))))))))。
ぜひ、またお立ち寄りくださいね。

Posted by: まりえ | September 09, 2008 at 05:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/42264800

Listed below are links to weblogs that reference 図書館通い:

« 読書感想文からお仕事モード | Main | これが基準 »