« August 2008 | Main | October 2008 »

誕生日プレゼント天国の巻

秋は、妹夫婦も含め、子供らの誕生日が集中しています。そんなわけで、今年も「みんなまとめて誕生会in 祖父母宅」。

怒涛のおもちゃ天国でございました(゚ー゚)。
Cimg2315

3歳娘、ついにシルバニアデビューdiamond
ハハのトラウマという話もありますが、「はじめてのシルバニアセット」を、両親と祖父母合同でプレゼントpresent
でも、今後パーツを買いたい誘惑と戦わなくちゃ・・・ワタシが^^;)))))

妹夫婦からは、水筒とタオルをいただきました。実用品が行き交う我が家です^^)。

次男坊5歳には、これ。
Cimg2317_2 日本地図パズル。
いろんなタイプで迷いましたが、結局オーソドックスなのにしました。4枚組!ふりがなもついてるしね。

それからクーピーの色鉛筆。

Cimg2310_3 こちらは、祖父母と妹夫婦から。うわー実用品だあheart
Cimg2309_2 ちなみに、妹夫婦の娘:小学校1年生にはサブダの飛び出す絵本『クッキーカウント』をプレゼント。

サブダの絵本の中ではコンパクトで初心者向け。でも仕掛けはばっちり。ワタシもほしいです。

毎年、プレゼントを選ぶのは楽しい。
プレゼントに対するわがオットのこだわりが面白いです。
「シリーズにしよう」と。
「ハムの人」ってのがあったけど、贈り物にも「この人からは毎年こういうものが来る」って風にしたいんだって。面白いなあ、って思う。選ぶ方も的を絞れるし、もらう方も重複を避ける目安になるし。
これまでだいぶ試行錯誤だったんだけど、ようやく姪については「飛び出す絵本」でいけるかなー。

長男は「おまけ」で、ポケモンカードの拡張パック(妹夫婦)と、ガイドブック(わしら)をもらい、実は一番興奮していました。もう、キャラクター天国だ・・・・・^^;))))))))やれやれ。

余談ですが、このパーティの日を狙ったかのように、我が家に一個の小包が届きました。
Cimg2313 なんと、ポケモンソーセージで応募した「レジャーセット」ご当選shine

水筒と、お弁当箱、箸箱、シートのセットです。

兄の給食用の箸は、すでに柄がすっかりはげて真白だったし(かつてはマジレンジャー)、弟は弁当箱も、シートももってなかったし・・・・兄弟でわけわけ。誕生日のボーナスプレゼントでした。
(秋の遠足が楽しみ!)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

長男のお小遣い

子どもの小遣い・・親としては悩みますよねえ。
夫婦でさんざん協議した末、我が家の小遣いは以下のように相成りました。

・小さいうちは週給制
・学童に行ってるので少なくてよし
 
(おやつを買い食いする必要がない)
・小遣い帳をつける
・小遣い帳の計算ができるようになってから
 
(したがって小2から)
・お祭りなどのイベントでは、臨時支給あり
・お手伝いの「お駄賃」はなし

  そして、
・もらった2割は貯金する
これは、親戚から小遣いを臨時でもらった時も同様です。

ひえ~!
幼少の自分がやらなかったことを掲げるとは!
さらに2割貯金!(←オットの主張)

したがって(笑)、息子の小遣い管理担当はオットです。
うむむ、民間企業の、しかも経済をかじった父のやることは細かい。すばらしい^^)。
毎週、土曜になると小遣い帳を細かくチェックする息子と父。
父についていけば、貯まるわよ。母の指導だと・・・・・貯まりません(汗)。
ええと・・・・小学2年生、週給¥50です。少ね~~っ!!

それでも、彼はといえば、かなり充実した消費生活を送っているようです。
夏、帰省した際にいただいた祖父母からの小遣いが、大きな助けになって、念願の「ポケモンカード」の「スターターパック」(ゲーム開始できる枚数のセット)を購入。お金が貯まると拡張パック(¥315)を購入。先日は、フリマで5枚で¥100のコーナーで、お得体験(しかも、半額にしてもらったらしい)。(カードしか買ってない)

購入は、もちろん5%割引になる、イオンの感謝デーで。「お母さん、カードもった!?」と確認して出かけてます^^;)))))))))。
カレンダーに「カードかう」と書き込みがされてるあたり、立派。

夫婦二人とも、小遣いの使い方で、「計画的に使う」ことや「貯金」の習慣をつけさせたいと強く思ってます。うまくいくかな~。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

フラッシュ撮影の横暴

今年、初めて子連れで上野の科学博物館に行きました。
恐竜の骨の展示に、息子ら大興奮。骨なのにねえ^^)

で、博物館とか、水族館とか行くたびに、もんのすご腹が立つのが
フラッシュ撮影。

館内の撮影そのものが禁止されているわけではないんだけど、フラッシュって、とにかく迷惑極まりない。薄暗い展示室で、あっちこっちでフラッシュ焚かれて、目がどうにかしそうっす。恐竜の展示室なんて、ティラノバックに、我が子とりたさ?それともブログ?ピカピカとひっきりなし。
 「写真とってよ」という息子に「こういう、暗くて人も多いとこでフラッシュ焚くなんて、メイワクだからお母さんはしない」って、聞えよがしに話して聞かせたりして・・・(←ササヤカナ抵抗)。
そう、とにかく、人も多いとこでゆっくり記念撮影って・・・人の流れ止めてるってのにも気づいてない。

水族館なんて、ちゃんと「フラッシュ撮影禁止」って明示してあったりする。魚が驚いちゃうもんね。でもフラッシュばちばち。水族館だと撮ってる人に声かけちゃいます。「だって暗いから・・」って、それはアナタの都合。

写真撮影って、手軽だけど、撮り方についてもっとみんなが考えなくちゃいけないことなんだと思うのでした。マナーとか、著作権、作品保護とか、肖像権とか・・。
とりあえず、校外学習なんかを機に、学校現場で中学生から啓発していこうっと。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

コピペの波、小中学生にも。

夏休みの課題の読書感想文を読んでいます。しんどいです(^^;))))

 すでに「3枚でいーからヘ(゚∀゚ヘ)」、休み明けてもできてない子には「この際1枚でもいいから、完結させて出せ。読んだことに意義がある!」と大盤振る舞いな感じの体たらく。したがって、周囲ではあんまり深刻にはならないものの、この数年、問題になっているのがネット盗作読感文。
 盗作というか・・・「コピペOK」を謳っているサイトからのコピーなんだけど。

実際に、その手のサイトの感想文を写した生徒がいたという人の話を聞くと、生徒はこう答えるんだって。「ええ?だめなんですか?だって写していいって書いてあって・・・・

これは志の問題。プライドの問題。モラルの問題。

「ご自由におもちください」ってあったら、大麻でも持って行くんかい!?
「みてもいいよ」って、答案示されたらカンニングするんかい!?
これを許しちゃったら、永久にコピペ人生だよなあ。

大学の、レポートの、どっかからかき集めてつぎはぎにした文章。確かに最初はそうかもしれない。やりかたがわからなければ、真似から始めるのは定石。だけど、それを恥ずかしいと思うから勉強するわけで。

そうして、今年も読書感想文を読む教員は、せっせとネット検索をするのでした。
ネット大好き教員の目は、ごまかせません。ふふふ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

アンデルセン公園に3人連れていくと

この連休は、精力的に出かけてしまいました。
夏休みにできなかった分、家族でおでかけ、って様相。

近所の(とはいえ車必須)の「アンデルセン公園」は、市民自慢の大きな公園です。ただし、オット出勤のため、ひとりで3人引率catface。ちょっとばかり無理がありましたが、小2の長男がいざというときに活躍してくれて助かりました。
 今回のお目当ては園内「こども美術館」の「富田菜摘ワールド 動物たちのゆかいな森」。
Cimg2188 背中にチュッパチャプス(^-^)。
展示室は2つしかない、小さな美術館ですが、こどもが楽しい現代アートがかかります。工作好き長男の、創作魂をくすぐります。

でもねー、一番下のちびは、すぐに飽きちゃうんですよねー。はー、自分としては、もう少しじっくり見たかったなあ・・・・・。

その後、美術館内工房で創作活動開始。
1人で今の3人引率だと、ちょっと凝ったものはできません。陶芸とか、木工とか、今回は金工もありまして、いろんなメニューがあるんですが・・・・・長男についててやれないから・・・・。その日は、放置しといてもできる「スタンプ」アトリエへ・・・・行って失敗しましたcoldsweats01

Cimg2191 ものすごくたくさんあるスタンプから選んで押しまくりできるコーナー。Tシャツとか帽子とか加工できるようになってるとこで、¥100をけちったのが敗因です。ええと、見本ではこんな感じのキーホルダーなんだけど・・・・・。

4歳児は、とにかく押したかったのね・・・・。それを「一番安いから」とキーホルダーに決めた母が浅はかでした。これは押せるスペースが狭い・・・・。
Cimg2189 次男、こんな感じ。
作品名「クワガタとヘラクレスの戦い」
はい。

いいの、本人は満足してるようだから・・・coldsweats01。ああ、親って忍耐いりますね。あああ~ハンカチにすればよかったなあ。

これは、長男の。しぶ・・・・・。Cimg2190
その間、下の娘は、ままごとコーナーで母にいろいろふるまってくれていたのでした。

その後は、アウトドア。
残暑の9月、水遊びして上から下まで着替えて帰宅です。
次行くときは、もうすこし涼しくなってから。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

これが基準

この夏、初めて子供と「ポケットモンスター」を劇場で観た。
テレビで放映されているのを、まめにチェックして、過去の劇場版もほとんど観た。

子供向けの映画なのに・・・・
なんてすごい映像なんだろう・・・・・・!!!

絵も構図も動きもCGも、圧倒的にレベルが高い~。
大人を対象に作られたアニメーションも数多くあるけど、ポケモンもすごい!

作り手は子供向けと思って作ってるんじゃないもんね、本当にいいものって、世代を超えて感じられるもんねと思うと同時に、小さい頃から、こんなにハイレベルなアニメーションを観られる日本の子供たちって、ラッキーだわっ!と心が躍る。
ごく普通に、日常に、スタンダードとしてインプットされる質のいいアニメーション。
日本には、宮崎駿もいる。

ブラジルの人が小さなころからサッカーボールを操るように、日本の子供たちはアニメに触れる。やっぱね、日本は自慢していいんだよ。アニメとかコミックとか。

(まあね、だからといいてDSは買わないぞっ!アニメの質と、商品戦略。それは別。)

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« August 2008 | Main | October 2008 »