« September 2008 | Main | November 2008 »

手が痛い

土曜日、脚立を畳むときに気を抜きました。折りたたみ金具に左手の薬指を挟んで爪と皮膚を割っちゃったweep。って、それはほんの前哨戦。

絆創膏はった指をかばって家事と仕事をしていたら、今度は掌がおかしい。火曜の朝からずきずきしだして、昼になるころには、押さえてないともーやだっ!ってくらい痛み出してしまったのねー。小指の下を押えて、怪しい授業coldsweats01

腱鞘炎のようなもの、だそうで。
生まれて初めて行った整形外科で、掌に注射して、痛み止め剤貼って、痛み止め飲んでおります。

家事と仕事、そうそう休養してられないもんね。
みなさま、お気をつけてお過ごしください・・・・・。
(に、しても火曜の朝、痛いと思っても「寝てる時に、どっかぶつけたかなあ?」とか「体の下にして寝てもうたか?」とか思ってた自分。あほあほだー)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

もっと怒るべきだった

先日、3人連れて公園のイベントに行く途中のこと。
バスを降りて、幅2mくらいの広い歩道だもんだから、3歳の手を引いて安心して歩いてたのですわ。ワタシの2mほど前を歩いていた次男5歳が、後ろから来た自転車に引っかけられたっす。

引っかけたのは中3くらいの女子。自転車3台で横に広がって歩道を走ってて、次男の服の一部をひっかけ、勢いでおでこが自転車の本体にぶつかって擦られた模様。
3人の娘は、自転車を止めて「大丈夫ですか?」と聞いてきて・・・・・

幸いけが自体は大したことないし、服も切れてない。
だけど顔を歪めて泣いてる息子を抱きしめたり、傷を確認したりした後・・・こういう事態、つまり中学生の自転車の横暴を注意するのは慣れているはずなのに・・・・・。
「歩道なんだから、歩く人、特に子供を優先して、自転車は気を遣いなさい!」と、説教はしたものの、ものごっつ不完全燃焼
息子の泣き顔で動転しちゃったのかなあ・・・・・・・・
息子もいっつも、ふらふら歩いてるし、擦り傷なんてなめときゃいい!って思ってるから「大丈夫!」って思っちゃったからかなあ・・・・・・

あとから考えたら「ああっ!なんであそこでこれを言わないかな!?>ワタシ」ってことが次々に出てきてですね・・・・・自己嫌悪。息子にすまない。1日ひきずりました。
もっと怒ってよかった。
子供をひっかけられた親として、相手が中学生でももっと怒ってよかった。
歩道を、3台も並んで走るな!
自転車は、歩行者にとっては凶器だ!それを自覚しろ!
小さい子がいるならなおさらだ!
自分がひっかけたら、まず自転車を降りろ!
とかさ。・・・・・やっぱ、母としてもっと怒るべきだった。

それから、中学校名くらい聞いて自覚を促してもよかったなあ・・・・・普段仕事であれだけ強気にやってることが、なんでできなかったのかな?
なんだか教員だってことが、逆に妙なブレーキになってしまっていたような気もする。
教員だけど、子どもをひっかけられた母だもん。それでもって母だけど教員。もっと息子のためにも、引っかけた彼女たちのためにも、言わなくちゃいけないことがあった。

どーも、自分には、理不尽だと感じた時にとっさに動けないという癖がある。自分のことだと特にそうだ。で、あとで「あーすればこーすれば」って考えちゃう。これはよくない!!
(いい子ぶりなのかしら・・・そうかも^^;)))))))
みなさんどうでしょう・・・・とっさに怒れないって、悔しい。

心の中で、いろいろシュミレーションしとく必要があるように、切に感じた事件でした。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

アレルギー児おやつ 買うもん。

クリスマスが近づいてきて、今年のケーキはどこのにしようかな~と考える頃になりました。実は、先週アレルギーの定期検査をしてきて、次男5歳の卵白はそろそろ解除の兆し。すでに、市販のアイスも家の目玉焼きも食べて問題なし。いえい。

娘のほうは、まだまだ先は長そう。ま、ぼちぼちいきますよ。牛乳なし献立も慣れるもんです。マイノリティの視点でみるケーキカタログ。企業の気遣いを比較できる機会でもあります。ほほほほ。

で、久々に、牛乳&卵白アレルギー児OKの市販品コーナーです。
Cimg2032
←「カルディ」で見つけた動物ビスケット。
made in U.S.A。
 400gのボリュームで、なかなかおいしい。
 ただし、当の娘はそんなに好きでもないらしく、専ら対象外の息子らが「うまいうまい」と食べています。あれー^^;)))

Cimg2287Cimg2285

Cimg2290★「紀文」のコーンスープは、うちの人気メニュー。コーンスープを家で豆乳で作ると分離しちゃってなかなかうまいポタージュにならないんです。時間がないときにもこれ、大活躍です。実売¥300弱。

★蒸しパンミックスは「ニップン」製。水を混ぜるだけでできるので、長男も一緒に作ったりします。蒸しパンは華やかでいいですよね。トッピングもできるし。

★ベーコンは「鎌倉ハム」のもの。スーパーで安く出してるベーコンやハムは、ほとんど卵白使用で食べられません。それでも最近は各メーカーひとつくらいはアレルゲンフリーの商品を出してるようです。いかんせん高い・・・・・それが難点。
でも、ベーコンの風味が必要!ってメニューあるんですよねえ。(手軽な料理ほど!!)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

感慨の少女小説

 先週末、3連休でほっとしたのかな、気持ちの悪い頭痛で休みを1日半ふいにしてしまいました。半年に1度くらい、まるで動けない日があります。身体が休めといっているんでしょうねえ^^;))。

反動?少女小説にはまって、5日で11冊・・・。金曜土曜で7冊読みました・・・・ひえ~~。いや、こういうのは勢いが大事。子供を公園に連れて行っても、ポケットに文庫。いかんいかん、いかんですね。軽く読めてしまうシリーズものは、これだから。
そんなこんなでPC開いたのも1週間ぶり。

はまってたのは、これです。
『恋のドレスとつぼみの淑女』のシリーズ。
(本ブログの方で簡単にご紹介中)
いい歳して「恋のドレス」・・・・・とは思うんだけど、面白いんだもーん
(でも、口にするのは、かなり恥ずかしい)

 感慨深いのは、これが「コバルト文庫」だということ。
20年以上前に、自分が中学生だったころに、夢中で読んでいた文庫。
新潮、講談社といった一般的文庫と明らかに違う趣は、子ども心に「流行りもの」の印象を持ってしまってた。
 ・・・確かに、大学に進学する頃にはその存在を忘れてしまった文庫。就職してからも、図書室にコーナーがあるのはわかってたけど、気にも留めなかった文庫。
 読むと、改めて「ああ、まだ続いてたんだなあ」という感慨が押し寄せてくるんですよねえ。『小説ジュニア』が『Cobalt』になって・・・・創刊号を小遣いで買ったなあ、なんて思い出とともに。
(当時、コバルト文庫といえば恋とか性とかの”告白”シリーズがあって、女子の間で密かに回し読みされていたのも、赤面の思い出ではあります・・・・部活の時間にピアノの下でみんなで読んでた・・今の私が見つけたら、大説教大会になるのは間違いなし)

もっとも、自分が読んでいたのは専ら新井素子で、その関係で読書はすぐにハヤカワ文庫の方にシフトしてしまいました。うー、青春の思い出。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

おもちゃとストレス(おもちゃ選び)

 おもちゃは少ない方かなあ、と思いつつも、それでもやっぱり多い3人分・・・。物欲と整頓とのはざまで、ことあるごとに悩んじゃうんですよね。おもちゃの購入。「片付いてない」っていうことで、ハハがものごっつストレスを感じてしまうので、そこをクリアして、必要以上に怒らないハハを目指したい・・・・・

とりあえず、入口でおもちゃを選ぶこと実践中。我が家の購入3原則っす(大げさ)。
1 散らかって見えるおもちゃはパス。
2 一粒で3度以上おいしいおもちゃ購入。
3 プレゼンターにもそこはかとなく協力依頼。

 子どものおもちゃのごちゃごちゃ誘因トップって、キャラクターのよーな気がします・・・。キャラクターって流行あるし。これは親の趣味とかわがままでいいと思うんだけど、気に入らないキャラものは全身全霊をかけて排除^^;))))))。
そのためには、見るテレビ番組もコントロール(汗)。

  うちの門をくぐれないのは、アンパンマンです^^;))))))))。
  祖父母にもお願い浸透ばっちりっす。

Cimg2367際限なく増えるぬいぐるみ。これも1つで十分。
1つをくたくたになるまで使いまわしていただきますっ!
(←うちに唯一のぬいぐるみ)
お人形ごっこは、増えても容積の小さいシルバニアで・・・・・・。
(兄は、ソフビ人形とポケモンで)
Cimg2366_2 ←こんなんが2ケース。

「一粒で三度おいしい」おもちゃは、のちのちご紹介したします。

(もー疲れて現実逃避モード入ってます・・・・)

***************************
絵本など、追加してます。

ちびくろ・さんぼ』1・2・3  『たべたのだあれ』 
『かぶさん とんだ』 『レヴォリューション№3』
『SPEED』  

| | Comments (3) | TrackBack (0)

「お風呂で寝ないでー!」と言われつつ

ここんとこ、定期テストだの成績処理だので、かなりてんぱっております。

今日は、ちょっと早く帰ることを決めたので、いつもよりちょっとだけ元気。(でも、子どもと風呂に入りながら寝てました・・・)

オットと話してると(一般企業)、彼もいくつもの仕事を並行してやっているわけです。どーして、自分は「いくつもの仕事」を効率よくこなせないかな?と自問自答。

結論。だって、授業もってるじゃーん。
一日のうちの半分以上はルーティンワークとして授業とか、掃除の指導とか入ってるわけで。そこへまた生徒指導とか部活のトラブルががんがん入ってきて・・・・・・・その上で、教材研究だの、教材づくりだの、作文読みーの、テスト記録しーの、高校からの資料をさばきーの、会計仕事しーの、行事の準備しーの、以下略。

勤務時間にして1時間/1日。下手するとゼロ。
これで、事務や企画の仕事が終わるわけないのさ。
そう思うと「なあんだ、ワタシよくやってるじゃん」というわけで、とりあえず自分で自分を責める状態からは脱出。

でも、自責モードから脱出できても仕事量は、変わらないので、あとはがんばりましょう。>自分。

そんな中、職員室で、暇そーにおしゃべりしてる人が「いつも大変そうですね」なんて言った日にゃ・・・・・・おっと。口は災いのもと。壁に耳あり障子にメアリー。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »