« アレルギー児おやつ 買うもん。 | Main | 手が痛い »

もっと怒るべきだった

先日、3人連れて公園のイベントに行く途中のこと。
バスを降りて、幅2mくらいの広い歩道だもんだから、3歳の手を引いて安心して歩いてたのですわ。ワタシの2mほど前を歩いていた次男5歳が、後ろから来た自転車に引っかけられたっす。

引っかけたのは中3くらいの女子。自転車3台で横に広がって歩道を走ってて、次男の服の一部をひっかけ、勢いでおでこが自転車の本体にぶつかって擦られた模様。
3人の娘は、自転車を止めて「大丈夫ですか?」と聞いてきて・・・・・

幸いけが自体は大したことないし、服も切れてない。
だけど顔を歪めて泣いてる息子を抱きしめたり、傷を確認したりした後・・・こういう事態、つまり中学生の自転車の横暴を注意するのは慣れているはずなのに・・・・・。
「歩道なんだから、歩く人、特に子供を優先して、自転車は気を遣いなさい!」と、説教はしたものの、ものごっつ不完全燃焼
息子の泣き顔で動転しちゃったのかなあ・・・・・・・・
息子もいっつも、ふらふら歩いてるし、擦り傷なんてなめときゃいい!って思ってるから「大丈夫!」って思っちゃったからかなあ・・・・・・

あとから考えたら「ああっ!なんであそこでこれを言わないかな!?>ワタシ」ってことが次々に出てきてですね・・・・・自己嫌悪。息子にすまない。1日ひきずりました。
もっと怒ってよかった。
子供をひっかけられた親として、相手が中学生でももっと怒ってよかった。
歩道を、3台も並んで走るな!
自転車は、歩行者にとっては凶器だ!それを自覚しろ!
小さい子がいるならなおさらだ!
自分がひっかけたら、まず自転車を降りろ!
とかさ。・・・・・やっぱ、母としてもっと怒るべきだった。

それから、中学校名くらい聞いて自覚を促してもよかったなあ・・・・・普段仕事であれだけ強気にやってることが、なんでできなかったのかな?
なんだか教員だってことが、逆に妙なブレーキになってしまっていたような気もする。
教員だけど、子どもをひっかけられた母だもん。それでもって母だけど教員。もっと息子のためにも、引っかけた彼女たちのためにも、言わなくちゃいけないことがあった。

どーも、自分には、理不尽だと感じた時にとっさに動けないという癖がある。自分のことだと特にそうだ。で、あとで「あーすればこーすれば」って考えちゃう。これはよくない!!
(いい子ぶりなのかしら・・・そうかも^^;)))))))
みなさんどうでしょう・・・・とっさに怒れないって、悔しい。

心の中で、いろいろシュミレーションしとく必要があるように、切に感じた事件でした。

|

« アレルギー児おやつ 買うもん。 | Main | 手が痛い »

いくぜ子育て実践編」カテゴリの記事

Comments

私も、最近他人に対して怒れないです、やっぱり。いくら子供がらみでも、「こちらも悪かった」「たいしたことなかった」と思ってしまって、軽く注意するに留まってしまいます。教師だって、普段接している生徒だから叱れるのであって、見ず知らずの子供に対しては、きびしく言えないのではないでしょうか。。。物騒なニュースも多いですからね~。

Posted by: izumi | October 25, 2008 at 09:14 PM

初めてコメントします。
同じく教員やってる@なつみママと申します。
ネットサーフィンしていて、この記事が「おっ!」と目にとまり
思わずレスしてしまいました。

次男ちゃん、おけがが軽傷で何よりでした。
というか、子供が運転する自転車と
お年寄り、小さいこの接触事故、大変多いそうです。
特にお年寄りは死亡する例もあるとか。

でもでもでも、教員であることが足かせになって注意できない~って
めちゃめちゃ分かります!!!!!!

あれほどがんがん学校では怒っているのに
外に出ると一歩引いてしまうんですね。我が子のことなのに。

我が子も、ローラー滑り台を滑っていたら
後ろからサーフィンのように立って滑ってくる小学生に激突されて
大泣きしてしまいました。
「危ない!やめろ!」と一喝しましたが
親がいたので、それでやめて何となく不完全燃焼~。

でも、こうやって社会全体で「だめなことはだめ!」と教えていくことも大切なのかなぁと思いました。
ダンナにはやめろって言われるますけど(^^;)
長いレス、失礼しました。

Posted by: なつみママ | October 26, 2008 at 07:20 AM

 私もけっこう逡巡するほうだと思います。見て見ぬふり・・・もしばしば。自分の子どもに関わる事件に遭遇したことがないからかもしれませんが。たとえばコンビニや本屋さんの前で中高生がたむろしているとことか、「あんた、どうみても20なっとらんやろ!!??」少年がたばこ吸ってるとことかに遭遇しても、実はなんも言いません。手か、言えません。そういうとき、すごく自分を責めたり侮蔑したりする気持ちがわいてくるんですよねー。なつみママさんが書いてらっしゃったけど「あんなに学校では歩く勧善懲悪よろしくガミガミゆってるのに、なんで外では注意できないの? 生徒に恥ずかしいやん!・・・」と。だれでもそういうこと、思ってたのですねー。そしてみんな葛藤してる。それ、知っただけでもホッとしました。ありがとうございました、みなさん。

Posted by: しま | October 26, 2008 at 10:46 PM

いやぁ、私は逆に、「大丈夫ですか?」って聞いてくれる中学生がいることにホッとしました。私も、次女を自転車に乗せて保育園の送迎をしていますが、おっかないですよね、自転車。朝の時間帯だと特に信号無視が多くて怖いです。

でも、この場合、まりえさんの一言だけでも効いたのでは?彼女達の心のどこかで、「悪いことをした」という感情が残っていることを祈ります。って、プロでもないのにすみません。

Posted by: miki_renge | October 27, 2008 at 11:37 AM

★izumiさん
わっかります。「他人様の子」に遠慮するとこってありますよね・・・。ただ、自分の子にかかわることに関しては、やはり徹底的に守ってやらねばならんのだ、と・・・・うちが悪かった場合は、逆にきちんと謝らなくちゃいけないと思うし・・・・。

★なつみママさん
はじめまして!
サーフィン小学生!?それはどついて当然ですよ!
注意しない親もまとめてどついて当然ですよ!
きっと、まわりの人も「そーだそーだ」って思ってたんじゃないかなあ。
親が怒らないなら、社会が起こらないといかんと思うです。
学校の合唱コンクールのあと、舞台で仏頂面してた男子に、コンクール後、近所の母たちが彼を囲んで「おまえ、なにしてんだ!」と説教大会になったことがあります。こういうのって必要なんですよ、やっぱ。

Posted by: まりえ | October 30, 2008 at 05:24 AM

★しまさん
書いたかもしれないけど、以前本屋で万引きしかけてる中坊を注意したことがあります。すっげーどきどきしました。どきどきしますよね・・・・・。

誰もが「夜回り先生」になれるわけじゃないです・・・・。せめて「地元の大人」にはなりたいと思うんですけどね。最近は物騒だから逡巡する気持ち、もんのすごくわかります。身の危険を感じそうな場面で気になるときは、交番に電話することにしているこの頃。
 近所のたばこ中学生(以前住んでるところはたまに見かけた)には、丁寧な言葉で声かけると、意外に丁寧な反応が返ってきました。昼間で、ベビーカーだったからかなあ。

★miki_rengeさん
>>、「大丈夫ですか?」って聞いてくれる中学生がいることにホッとしました。

そう、そういう思いもあるんですよ。そのまま逃げようとしたら、走ってってどついたかもしれないです。
「今後注意しよう」そう思ってくれてたらいいですよね。ほんとに、それだけが願いです。


Posted by: まりえ | October 30, 2008 at 05:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/42896365

Listed below are links to weblogs that reference もっと怒るべきだった:

« アレルギー児おやつ 買うもん。 | Main | 手が痛い »