« 秋の夜長(単に寝たくないだけ) | Main | ダブルで七五三 お参り編 »

ダブルで七五三 写真撮影編

先日、次男、娘とダブルで七五三のお祝いをしてきました。えーと、二日体制で・・・・coldsweats02

Kimonoup_2   計画では、朝イチで写真撮影→お参り→祖父母宅訪問、のはずが・・・・・娘の「着物着ない!bearing攻撃が尾を引いてお参りカットclock。後日の決行となりました。

 今年は某子供専門スタジオで撮影に臨んだのですが・・・・不完全燃焼~~~。まあね、子ども相手の仕事はイレギュラー連発で大変なのはわかるけど、そこはそれ、こちらとしてはプロの技を期待してるわけですよ。着付け、撮影のみならず。「こども専門」を謳うなら、やはりこちらが唸る技を・・・ね。人に話を聞くと、店舗によって差はあるそうです。スタッフ次第ってことですねgawk。つーかなあ、撮影してる人も職人って感じじゃなかったなあ・・・「講習会を受けたおばさん」って印象。

 とにかく何より、手際が悪かった。こっちは朝イチ&着付け二人、ってことで臨戦態勢整えてたんだけど。
 入店してから申込書を書いて、持ち込み服リスト作って(まあこれは仕方なし)、髪飾り選ばされて・・・って子供を待たせる時間が長い!!うーん、申込書とか、当日借りる服なんかあらかじめ決められることじゃんね。(こちらでは予め決めてあったからよかったものの) 

 撮った写真も、撮影直後に選べと言われたんだけど、これも勘弁~~。確かにね、撮ったその日に注文したから出来上がりも早いし、二度来る手間もない。
しかし、子どもは着付けと撮影でくたくたになってるわけで・・・写真を選んでプリントの段取りを終えた時にはすでに3時間経過・・・・。うちがかかりすぎ?
 そのまま、神社はパスして祖父母のうちに着物だけ見せに行きましたとさ。

 長男のときのcameraスタジオは、衣装と撮影の打ち合わせを前もって行っておいて、プリントの段取りも後日。手間はかかったし、出来上がりもそれなりに時間がかかった。プリントも華やかさには欠けてたし。けど仕事は「写真職人」だったし、当日が楽だった
 当日すべてやっちゃうか、時間をかけても何度か行くか・・・選べるといいよね。前回が回数かかって大変だったから、って新しいスタジオを物色してたんだけど・・・手間はそれなりに必要だったってことですね。忙しいからって、その辺を省いちゃいかんのだ。今回は「こども専門」の看板に期待もしすぎたなあ。

 とどめは「ディズニーの枠つき写真を無料でつけるから選べ」
ワタシ「ディズニー嫌いなんです、無地の枠でできませんか?」
店員 「プーさんもありますよ」
ワタシ「あ、それも嫌いなんです(って、ディズニーじゃねえかっ!!)
 じゃあ要りません、と言えない自分が情けない←ケチなだけか^^;)。

|

« 秋の夜長(単に寝たくないだけ) | Main | ダブルで七五三 お参り編 »

いくぜ子育て実践編」カテゴリの記事

Comments

うちも2号の七五三をスタジオでやったんですが、スタジオ差(というか、店員差)ってありますね。うちはいつも同じ系列店を利用し、実家帰省などでもつかっているので、すでに4店舗を利用しましたが、おもいっきり差があります。2年ぐらい前までは、デジタルじゃなくてネガの店におどろき「おいおい、系列点なのに、システムでもこんなに差かよ」とおもい、今年は「ネガじゃありませんよね?」と確認してからにしました(もう今は全国探してもないそうですが)。
笑わせ方も店で全然違い、1号の時の店は評判だったので、とてもよい笑顔で取れたのですが、今回は笑った写真が1枚もなく(今回は笑わせ方がヘタクソだった)・・・あとで、神社でとったスナップのほうが、よっぽどいい笑顔でして、みんなに「金かけてこれかよ。金かけないでこっちでよかったじゃん」といわれました(苦笑)。
3時間はかかりすぎじゃないとおもいます。うちは、いつも事前に行って、着る衣装や髪型をきめておき、後日、写真注文です。3回にわたるので、面倒といえば、面倒ですが、どうしても10月、11月の休日はバタバタなので、しょうがないなあって感じ。平日に行きたいものですが。。。(無理)。

Posted by: ちゃい | November 10, 2008 at 11:26 PM

数年前、我が家も同様の経験を・・・・
とにかく「子ども専門」に期待したのに、緊張&ちょっと風邪気味でなかなかスタッフの思い通りのポーズをとれない息子に、怒鳴りつける始末。
当然良い笑顔なんかになる訳が無い!
キャンセルして帰りたかったけど、可愛いドレス着てルンルンのお姉ちゃんが可哀想だったので、なんとか撮影。
即、店長に猛抗議!
加えてホームページなどで下調べして行ったのに、料金プランも「二人の場合はこれしかできません」って、どこにも書いて無いじゃんか!
未だに思い出すだけで腹立たしい!
親子でクタクタだった記憶があります。
後日洋服でお参りした時の方が良い笑顔!
お金かければ言い訳じゃないのね。と、痛感しました。
絶対にもう行かないもんね!って、我が家はもう七五三はありません。
ハアアア・・・

Posted by: 金魚 | November 13, 2008 at 06:50 PM

スタジオも色々なんですね…。
我が家は、私が成人式の写真を撮った地元の老舗スタジオで撮ると決めています。雰囲気はスタジオというより「写真館」に近いです。

値段は、やや…いえ、結構高めです。
でも衣装もそれなりに豊富だし、大奥様が子ども相手の名人なので、長男の初節句、長男の七五三兼次男の宮参り、次男の初節句でも、とてもよい顔が撮れました。
仕上がりも渋く、ちょっとレトロっぽくて私好み。

その分、後日写真を選ぶ時が大変です。
どんなに気と財布の紐を引き締めてかかっても、とんでもないことになります。
長男次男の笑顔全開&めくるめくポーズの攻撃に、親の頭のネジが吹っ飛んだのが3年前の七五三兼宮参り。いくらかかったかは聞かないでください…。
仕上がりには大満足で、時折アルバムを引っ張り出しては家族でニタニタ眺めていますが、2年後の次男の七五三前には「写真積立」が必要ですね。

私自身、もともと写真が趣味のひとつなので、写真に金をかけるのは惜しくないと思ってしまうところがあります。
多少お金がかかっても、きちんと成長の節目を迎えられて、子どものいい顔が残せるならば親としては嬉しいし。

とはいえ、事前の衣装選びに当日の撮影&神社の祈祷、後日の写真選びに受け取りと、仕事や行事や家事の隙を縫って何度もスタジオに足を運ぶのは難儀です。
しょっちゅうあることではないので仕方ないわ~と、毎度思っています。

Posted by: 雪猫 | November 14, 2008 at 09:04 PM

★ちゃいさん
3時間、かかりすぎじゃないんですね(涙)。
うちの母の「七五三の写真なんてみんな、こんなもんよー」の言葉に励まされ、とりあえずできてきた写真の、息子の落語家か?ってな写りっぷりに、みんなで受けている次第です。

七五三のときは、そのほかにお返しだとかなんだとかで、忙しいですね。ほんと。

★金魚さん
うわー、どなるなんてアリなんですか?そんなところ帰りたくなりますよね・・・
うちも七五三は、しばらくないのでほっとします。次撮るときはもうお姉さんだし・・・(期待)。

★雪猫さん
財布のひもが、ねじがとぶのわかります!
うちは娘がぐずりまくりだったので、やっとのことで撮った直立ポーズの背景違いだけなので、選択肢が少なくて安くすんだようなもんです。兄貴の方が選んだ写真多いもの^^;))

いいですね、「いつもの」写真館。それが理想なんだけどなー。ワタシがお願いしていたスタジオは、ご夫妻の高齢で廃業です。さみしー。

Posted by: | November 20, 2008 at 05:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/43067402

Listed below are links to weblogs that reference ダブルで七五三 写真撮影編:

« 秋の夜長(単に寝たくないだけ) | Main | ダブルで七五三 お参り編 »