« December 2008 | Main | February 2009 »

陰山氏は真理を言ってるという結論

 中学では、私立高校の受験が始まりました~。早い子は来週にも進路が決まります。15の春です。

 3年の今頃は、もう、授業では3年の総まとめをしたい時期なんだけど・・・勉強に取り組むのが(今この時期でさえ!)あんまり得意でない生徒たち。小学校の積み残しが多すぎて、正直3年間、超基本事項のフォローで追われて、今しわ寄せが来てるとこ。あれもこれもやりたい!って部分と、まとめの部分とを組み合わせて授業です・・・・あああ。
 がんばります。

 みんな、がんばれよっ!

 で「基本的」な事柄について、思うこと。
 「学習」に限らず、道徳的な価値観とか家族観が近年変化している理由として、地域や家族なんかの「子供をとりまく環境」の変化が挙げられているでしょ。登下校の形も、遊びも、時代を反映したものにどんどん変化してる。そうなると「変化前」では特に意識しなくても子供たちが身につけていたものが「変化後」に不足、あるいは欠落してしまったものがいくつか出てくるわけで。

 その中で、特に「国語」に限ると、まず絶対的に語彙力が弱い。語彙力が弱いから、読み取りも、作文も、会話も厳しい。漢字を書くにも、意味と文字が乖離してしまって覚えられない、使えない。 
 教材に触れ、新しい漢字に触れるなかで新しい語彙の意味を得て、理解が深まる。既知の語彙の意味を駆使して、教材を理解し、漢字の意味を深く知る。そういった知恵の循環が、滞る

 じゃあ、基本的な語彙力ってどうしたらいいのか。日本語ですから、母語ですから、学校の週何時間、なんて授業でフォローしきれるわけないんですよね。ここで大事なのは、寝てる時間以外の生活の中で触れることばのはず。親子の会話だったり、読書だったり、テレビで耳にする言い回しだっていい。視覚的にとらえられる言葉の感覚もある。

 そうなると、ゲームに割かれてしまった読書量の低下は痛いなあ。(ワタシもゲーム好きなんだけどさ・・・・・)面白いことがありすぎる。その中で、これも面白いんだよ!って思わせる授業を、ワタシたちは提供していかなきゃいかんのだよな。

 家庭では、家族がどんどんいろんな言葉を話してほしい。「ほら勉強するよ」じゃなくて、会話の端々に「慣用句」とか「四字熟語」「ことわざ」ばしばし入れて話してほしいのだ(゚▽゚*)。や、それ以前に、まず話すことだ。公園で、信じがたいのはファミレスでケータイいじって子供放置の親を見てると、そこんとこが甚だ不安になってくるのだ・・・・・。もう、数年でしょ。彼らが中学生になるのは・・・。
 陰山英男氏の話が注目されているのは、ほっとする。この人の実践と理論は、現場からみてもうなずける。うむ。

なんだか思考がぶっとんでますが・・・すみません。
 

| | Comments (11) | TrackBack (0)

のんびり正月、今日から仕事!

あけましておめでとうございます。
関東の年末年始はよく晴れて、のどかなお正月でした。
今年も適当更新の拙ブログですが、よろしくお願いします。

 えーと、こんなにいい天気だったのに、バーゲンも始まっているのに、正月は家でごろごろ。年末は、車庫を掃いたり、草を抜いたり、窓拭きーの、障子張り替えーのと、いろいろやったんですが・・・・^^;)))まあ、こんな正月でいいのだ。本来、一般的正月はこうあるべきなのだ。うむ。鍋いっぱいの煮物と、餅で過ごした3が日。

 そうそう、若いころは宗教観が頭の中で渦巻いて拒否してた初詣を、久々に決行。
なんとなく、年中行事として受け入れるようになっている自分に、少々驚きながら。けど、何も疑わずに動くのと、疑った結果受け入れて動くのとでは、中身が確実に違うのだわな。(結局は、参道の出店が大好きって、それだけなのかもしれないけど)

(屋台の「唐揚」の手書きPOPの、上下とも誤字だったのを指摘できずに帰ったのだけが心残りです・・・指摘したら喧嘩になりそうだよね。頼む、気がついてくれ~~)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »