« オットの時短 その1 | Main | 2泊3日で八幡平! »

オットの時短 その2

オットが保育園の送迎をし、ワタシの帰りが9時近くになる・・・・そんな生活が始まってはや一月。余波はオットの実家へも及ぶ。

 オットが実家との電話のやりとりで「育児時短をとってる」という話をした・・・・ら、案の定「親父は多少動揺してたな」とのこと。
        だーよーねー
 オットの実家は、昭和において典型的な日本男性(長男、後継ぎ、家庭のことは一切やらない、アフター5は自分のもの、妻に仕事はさせたくない)と専業主婦の家庭。

 義母にしたら、うちのオットが子どものおむつを替えているって時点で「この家庭の息子がよくもここまで子育てに参加するとは!」という衝撃があったとのことなので、多分そんなに驚かなかったかもしれない。(こと義母は、ものすごーくそういうことにすっきりした方とお見受けする)(ええ、すごく思いやりのある息子さんに育っていますです)
 けど、義父はねー、とってもさばけてる人なんだけど、感情のとこできっと「息子が」「男は」「出世は」と思ってるんだろうな・・・・・。オット、長男だしなー、いろいろ期待があったんだろうしなーとかね・・・。口数も少ない義父の白髪頭を思い出すと「ごめんなさい!期待をことごとく裏切ってbearing」と思っちゃう。・・・・・・・だからどうこうっていうんじゃないけど、いろいろトライさせてくれてありがとうございます!って思う。

 だからせめて、もう少しまめに孫の写真送ります・・・・camera

|

« オットの時短 その1 | Main | 2泊3日で八幡平! »

WM夫婦モード」カテゴリの記事

Comments

うちのオットもオムツ替えをしていて、義妹と義父に驚かれました。
そして、義父には、いわれますよ。
「もうそろそろ、〇〇くん(←オットの名前)の給与で暮らしていけるんじゃないか?無理して働かなくても・・・」とか。
去年は「なれない土地に転居したし、子供とずっと向き合うよりは息抜きで仕事するほうが、子供にとってもあなたにとってもいいのかもしれない」と多少進歩的な発言をしてくれましたが、「そうね、所詮、私の仕事は息抜きね」と突っ込みたくもなりました。
あと、帰省のときに、酒の席(毎日)で、「男たるもの」「出世とは」「仕事とは」と今の時代にそぐわないような、自分の武勇伝をお話してくれます。
ただ、義妹は、私と同い年で独身なので、イマドキ、女だって、仕事もすれば、結婚もしない選択もあるってことは、身をもってしっていると思うんですがね。。。いつも「仕事とは」はオットに対してはなしていて、同じように仕事をしている私や義妹には、そんな話はしません。おかしいですよね。
慣習から抜け出すのは、我々だけでなく、どっぷりつかっていた、上の世代も大変な事なんでしょうけど、多少でも変われば、違ってくるのかも。せめて、老婆になったころに、後輩達に「いやあ、昔はこうでさあ。。。」なんて、話さないように心に決めておくことが、私にできることでしょうか?

Posted by: ちゃい | April 28, 2009 at 11:28 PM

久々のブログ更新に来てみたら、びっくり!!
ご主人、すごいっ!
だって、まりえさんが「取って!」って頼んだわけじゃなく、自ら考えて、選択したわけですよね。うーん、身体のことやお子さんのこと、そしてまりえさんのことを慮っての決断、すごく素敵だと思います。
今だけしか味わえない育児、思う存分堪能してくださいね。そして、まりえさんも、ここぞとばかり仕事に励むあまり、体調など崩されませんように・・・^^

Posted by: izumi | April 30, 2009 at 11:13 PM

★ちゃいさん
 息抜きで仕事…できるんだったらいいですけどね~^^;)))(きっとお義父さんの周りにはそういう働き方の女性が多かったんですよ)
 社会のトップの世代交代がなければWLBの問題も、子育てのスタンダードも変わっていかないんじゃないかなーと思います。それを待てない当該世代は、暴れて声をあげてかなきゃいかんのですよ。「変える」ってそれなりにエネルギーが要りますね。ふー。
 
★izumiさん
 そーなんですよ~、オットやっちゃいました。おかげで昼に昼食がとれるということで、最近は弁当箱を物色しています。
 ちなみに、うちは小3長男も含めて6畳間で5人が川+2ですよ。(ほとんど雑魚寝)

Posted by: まりえ | May 07, 2009 at 05:23 AM

 みんな、すごいなあ。まだまだ「長男」「跡取り」「妻は家に・・・」というような考えが強いですね。両方公務員だったら給料同じだけど、どちらかが民間だった場合、そこらへん微妙に違ってくるんでしょうね。うちの夫も長男です。でも、彼の母はシングルマザーなので、自分自身、必死でタイプライター(パソコンじゃ、な・い・ぜっっ!!!)たたいて子ども育てた人なんです。私、舅の存在知りません・・・。なんかさびしいけど。私の義妹(弟のヨメ)が自分の父から溺愛されてるの見たら、なーんか羨ましいです。
 うちも家事は二人でしてるってかんじです。「オレ、左ききやけん」っつー、わけのわからない理由で「料理」と「アイロン」はやってくれないけれど・・・。そのほかはたいがい任せています。まっ、彼のほうが上手で効率的だから・・・ですけどね。娘の学校の様子は私よりも断然詳しいし。国語で今、何を習ってるっていう情報だって、すごく把握してるし。
 前向きなだんなさんがたくさんたくさん増えていくといいですね。現場もずいぶん助かると思います。育児に父が参画する、しないは子どもの成育に多大な影響を与えると思うから・・・。

Posted by: しま | May 08, 2009 at 12:22 AM

★しまさん
仕事も家事もどっちも自分で…なんてやってたら、妻壊れますよねー。家事も、なんとなくどっちが何が得意というのが見えてくるとだんだんそれに定着しますよね。しまさんの旦那さんもマルチですね。

ただ、今の状態だと旦那が不得意にも関わらずチャレンジしなきゃいけないことも増えてきて(料理)いるんですけど^^;)。

とりあえず、今の状態で1か月経過。
ワタシのハハがワタシに説教したくてたまらない様子です…きっとまたネタになるでしょう^^;)。

Posted by: まりえ | May 15, 2009 at 05:13 AM

 担任と教科と分掌と(時々生徒指導と)部活と家事と育児の七つどもえはムリですってば!!!
 まりえさんの御母堂の説教内容もなんとなく予測できるけれど、なにしろなにしろ幸いなことに「育児短」を旦那様がとってくださってるんだから、このさい割り切って甘えようよ!!
 お料理って呼べないものでもいいじゃない!? おにぎりと買ってきたおそうざいとまりえ特製(土日に作り置き)具だくさんおみそ汁なんかでも栄養たっぷり摂れるさー! あと、うちのだんなは、ピザ生地買ってきて、ソース塗って、ハムのせてコーンのせてツナのせてチーズのせてバジルの葉ちらして焼いてましたよ!?
(たまには包丁使え)
 そんなんでいいんですってー。がんばろうよ。てか、がんばらなくていいし。
 かく言う私は、ほんとにくったくたです。疲れがとれないよー。

Posted by: しま | May 15, 2009 at 09:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/44818517

Listed below are links to weblogs that reference オットの時短 その2:

« オットの時短 その1 | Main | 2泊3日で八幡平! »