« そろばん習わせてみることにした | Main | 賞状地獄 »

知っておきたい子供の「ノート」

別に、「できる子供のノートはここが違う」なんて、雑誌の記事みたいなのと違いますよcoldsweats01。単純に、共働き親として・・・便利だってだけの話ですよっ。(そういう記事はここにはないです^^;)

親も、学童帰りの子供も帰宅時間が遅い。必然的に学校の「明日の支度」も8時とか9時になります。そこで息子の「あ、国語のノートもうない」のつぶやき。

そんなときに、まだ帰宅してない方の親に指令が飛びます。「妻よ、算数のノート買ってきて!」 指令を受けた方は、遅くまでやってるスーパーとかコンビニで買ってくるわけですよ。その時の問題が…「国語はどんなノートなの?
中学以上だと、一般的な大学ノートでほとんど済んじゃうけど、小学校の、特に低学年はそうはいかないんです。どれもマス目のノートだし、小1と小2で、あるいは教科でマスの大きさも違う。ほら、12mmとか10mmとか、100マスとか、80マスとか。よく見てみると結構バリエーションあるんだ。

小3息子と買い物中「あ、算数のノートないから買って」と言われて文具店によったものの、息子自身も「あれ?どれだっけ?」とノートそれぞれ開いて記憶をたどる始末。(まるで電球買うみたいだよ…)

そういうわけで、子供のノートは概要を知っておくといい。(忘れっぽいので、来年はメモして持ち歩くことにするよ。小学生倍増するし。)買い物指令のときにはマスの大きさも指定すべし。今のところ、間違えて買っても「下の子で使えばいいや」って思えるけど、末娘になったらその手はもう使えないもんね^^;)。
こう考えるとジャポニカシリーズなんかの表紙の写真がそれぞれ違うのは意味があるんだなあって思う。「~~の花のノートだ」ってインプットされるもんねえ。子供にも便利。
まあ、高学年になれば親の帰宅前に自分で買いにいけるだろうけど…。(いや、行かせないと)

|

« そろばん習わせてみることにした | Main | 賞状地獄 »

WM小学校デビュー」カテゴリの記事

Comments

留守電に「おかあさん、帰ってくるとき、算数のノート買ってきてください。5ミリってかいてあります。」と・・・。はっっ?5ミリてなんスか? 50マスの間違えか???? 折り返し電話。「あー、お母さん、今ガッコ出るとこ。5ミリてなに??? マスはなんマス???」「5ミリしか書いてない。あとは英語で、最初がC。次の次はmで、ゆきののNもある。」「あー、Campas Noteって書いてあるったい。」「うん、だからそれ、買ってきてください。」「・・・・(めんどくせー!)はい、わかりました。」たいがいそんなかんじです。どこも同じです。

Posted by: しま | February 25, 2010 at 09:13 PM

★しまさん
多分自分が小さい時も、ノートって微妙なマスの違いなんかがあったと思うんだけどいつの間にか忘れてるんでしょうねえ。ノートは近所の文房具屋に自分で買いに行くって時代だったし…迷ってるとおばちゃんが教えてくれるんですよ。「2年生のはこれだよ」って。ああ、便利だったなあ。

Posted by: まりえ | February 27, 2010 at 10:19 PM

おひさです。
そうそう、子どものノートって把握できないんですよね。
うちは新学期には学校から支給されます(いや、お金は一応払ってるよ…)ので、まだいいんですが、問題なのは支給されたノートがなくなったとき!!
以前算数のノートを間違えて買って来たことがあり、長女に怒られました。
「それは3年生までしか使わない~!!」って(汗
近所の文房具店がなくなって久しいので、ほんとわかんない。店員さんに聞いても分からないし…

Posted by: ことなりままっち | March 01, 2010 at 11:17 AM

★ことなりままっちさん
うちも、新学期は集金で一斉に買ってはじまるんですよ。(これはこれでびっくりしたけど、そういうもんなのか!と)
そうそう、近所でノート帰るところって減りましたよね…自分のころは文具店にいけばおばちゃんがすべてを把握していたというのに…。
ノートもなんもスーパーの一角って、しっくりこないのはもう年よりなのかしらん。

Posted by: まりえ | March 07, 2010 at 10:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/47613148

Listed below are links to weblogs that reference 知っておきたい子供の「ノート」:

« そろばん習わせてみることにした | Main | 賞状地獄 »