« 知っておきたい子供の「ノート」 | Main | 我が家の節電男 »

賞状地獄

昔、HPをやってたときに「芸は身を滅ぼす」という話を書きました。
職員室でも「できる人になんでも頼む」という、おばちゃん的発想がまかり通っています。(ごく当然のように聞こえるけど、この頼まれる先というのが、たいてい少数に集中しているから大変なの!)ちょっと筆で字がかけるとさ、賞状担当になっちゃうんだ・・・・。しかも担当者一人。以下賞状の実態と、愚痴coldsweats01

たまにしかない県レベルの大会やコンクールの賞状ならすぐ書けるけど、厄介なのは地区コンクールと陸上と書写。
地区コンは、家庭科・技術科・理科・作文・書写・美術あたりで学校から作品を選出した時点で賞状発生。おおむねクラス×3くらいの数が入賞なんですわbell
陸上は、競技ごとで8位まで入賞。同じ短距離でも入賞すると、一人で100m、200m、リレーあたりで賞状ゲット。(つまり、短距離で2人入賞すると一気に倍)しかも、タイムだの、種目だのも書くから、一枚が書き終わらねー!!
書き初めなんかの書写作品に至っては…応募すればなんらかの賞が審査されて付与されるから、希望者数全部に賞状発生。

賞状って、大会で表彰された時にちゃんと名前が書いてあるってケースは少ないんですよ!実はみんな鉛筆書きでもらってくるんです。地区コンでは、名前のない賞状を束で持ち帰ります。それを各学校で墨書きするんです…。
小さい学校なら少ないかもしれないけどね。そこそこクラスのある学校はそうはいかない。夏の大会あけなんて、ワタシ一体何枚賞状書いただろう…100なんてもんじゃないぞ…。

もちろん、賞状もらうと生徒喜ぶし、次への励みになるしで、できれば出してあげたいのも教師心。だけど一人で処理できる量じゃないんだって。
最近は、習字なんかはPCで形式作ってプリンタで打ちだすようにしたり、それやってる学校から形式をコピーしてもらったりでやりくりしてるけど、考えたら、賞状発行する側がフォーマット作って配布すれば早いんじゃんねえ。各学校でフォーマット作るのにかかる時間×学校分。大いなる無駄じゃんねえ。今までその議論はなかったんだろうか?小中体連のとか、地区コンクールのとか…。
(フォーマット作るのすら、現在勤務校、同教科の職員でできるのは結局自分shock
(賞状も、本文も全部プリントアウトなら、いろいろ手段もあるし簡単なんだけど、配布される賞状は9割印刷済なので、位置を合わせるのが面倒なのだ)

こないだは若い子に「お願いします~」って言われた賞状を見たら、名前は印字済。どこ書くのか聞いたら日付だよ、日付。それくらい自分で書け!と、つっかえしてしまったよ…。同じように、PCのトラブルもたいてい校内で一人に集中して依頼が飛んで、その人が自分の仕事ができない状態になっちゃう。生徒指導もそう。で、やらない人はなにもやらない。
だからね、賞状は分担して書くようにしてほしい~~~!
いや、来年度はそうしてもらう!ワタシ、変えるわ!
…って、千葉県のそういう賞状テンプレートの場所知ってる人、教えて~~!

|

« 知っておきたい子供の「ノート」 | Main | 我が家の節電男 »

WMお仕事モード」カテゴリの記事

Comments

元、中学教師です。

賞状書きの大変さ、わかります~!!
私、初任でいた学校は、「賞状書き」という係はなく、書道経験者と言うだけで仕事が来てました…。
私、若くて(!)断れないし…本来の仕事もちゃんとできないのに…つらかったです。
陸上の賞状、泣きたくなりますよね~!
その学校、陸上部が強かったしなあ~。
でも私は、実技指導ができない陸上部副部長だったので、そこだけはせっせとがんばってました。

そんな賞状ですが、生徒は喜びますよね。
もうちょっと、心を込めて書けばよかったかな~。

職員室の「できる人に仕事集中、やらない人は何にもやらない」にも同意します!!!
まあ当時は「できる先生」にあこがれて、真似したいところを探していただけで、教師生活が終わってしましましたが…。

コメントは今回2回目ですが、「教師の見つけ方」時代から、たまにおじゃましています^^
この前の「制服のリボン」記事にも反応してしまいました。
教師やめて8年ですが、中学生を見ると服装チェックしてしまう癖は、まだ残っていますね…
お体に気をつけて。応援しています。

Posted by: ぽぴた | February 21, 2010 at 10:56 PM

★ぽぴたさん
どもですー。賞状…うちの息子ももらってきたら、誇らしげ。そういうもんなんですよねー。わかる…わかるんだけどさ!!って感じですね。
とりあえず、今は筆ペンがいいの出てるので、いちいち墨汁出さなくてもいいことに、PC様の行書フォントに感謝しつつ職務をまっとういたします。

Posted by: まりえ | February 27, 2010 at 10:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/47613208

Listed below are links to weblogs that reference 賞状地獄:

« 知っておきたい子供の「ノート」 | Main | 我が家の節電男 »