« ハハの朝帰り!? | Main | 年齢とはこういうことか! »

子供に自分を投影してしまう

クラス編成の話に関連して、保護者と話してて、あるいは自分の子供のことを考えていて、痛感することを思い出しました。

親が子供に自分を投影してしまうということ

 以前も書いたけど、息子の習い事を夫婦で考えていたときに出るネタが、
・親である自分たちがやっていたこと
・親である自分たちが後悔していること  のどちらか。
子育てって、当然なんだけど親の生き方を反映してしまう傾向があるんですね。

 通知表を見て
「親は音楽が良かったのに、この子はなんで?」なんて思ったりしちゃいませんか。
「なんでこんな成績?」とか「まあこんなもんでしょ」って思う時って、親が自分の子供時代のそれを基準にしているんですよね。
そのうえで、勉強にしろ行動にしろ「こうなってほしい」って願いをこめて家庭で育ててきてるわけです。

 したがって、子供が他人からいい評価をされると、子供をほめるのと同時に「がんばって育てた自分」にもご褒美がきたような気分になる。それがまた明日からのエネルギーになったりしますよね。

 逆に、いい評価でなかった場合、親自身が悪い評価を下されたような感じになってしまうんですなあ…。これで子供にも自分にも、心から「がんばろっか!」って言える人はいいんです。なんら問題なく次のステップに進めます。
 しかし、人間には「自己防衛機制」というものがあって、マイナス評価を目の前にしたときに「こんなはずじゃない」って思おうとしてしまう場合が多くありまして…

 実はこれが、教育上(というか、大人自身も含めて人間の成長上)厄介な部分なんです。
子供に対する評価を自分に投影させてしてしまうと、がんばってる人ほど「こんなはずじゃない」という思いが、
・他人(先生、友達など)や、状況(忙しかったとか病み上がりだからとか)のせいにして、自分を守る
・もっとやれるはずだ、と子供を責めたり、塾の時間を増やしたりして余裕をなくさせたりする

方向に行ってしまう。子供の評価=自分の評価にしてしまうから、むきになってなんとかしょうとしてしまうんですね。冷静になれなくなるとき、それは子供を守っているのではなく、親が自分を守っている状況になってしまうときでもあります。 

 これらは人間である以上、ある程度はいたしかたないことなんです。この機制があるからこそ、がんばりすぎた人を「仕方ないよ」って落ち着かせることもできるわけですし、子供の成功=自分の成功と考えるからこそ、生きる糧にもなったりする。
 でも、そうそううまくいくときばかりじゃないです。

 自己防衛機制も大抵は、人と話しているうちに段々客観的に事態を眺められるようになって「ま、がんばろっか」とか「これから変わるわよ」とかって方向に変換していけるんですよね。(これも人間のすごいとこ。)

 だから、子供のマイナス評価をなにかのせいにしたり、責めたりしてしまうケースはやはり、親自身の気持ちのはけ口がうまく機能していない方に多いような気がします…。そういう意味で、家庭円満であることや、親に話相手がいるかどうかっていうのは子供の成長に大きく関わってくると思うのです。(ネットも有効ですよね、こういう場合)

 いずれにしろ、子供は子供で別個の人間なんだということを、親もある時点から考えていかないといけないです。トンビが鷹を生むこともあれば、その逆もあるんだし…。子供の評価が低いことから「親が駄目だから」と卑下してしまうことも違うし。

 子供と一緒になって喜んだり悲しんだりする場面も大事。でも大人として、子供の良い点も悪い点も冷静に見ていくことも忘れてはいけないんだと思います。必要なら叱る。諭す。わかっていても難しい時も多いんですけどね。自分も含めて^^;)))))))。
(よくオットに諭されている妻です)

|

« ハハの朝帰り!? | Main | 年齢とはこういうことか! »

WM育児・教育観」カテゴリの記事

Comments

とっても耳が痛い私。。。
まさに自分の投影して、そのままなぞろうと、つい最近までおもっていたのでした。
音楽教室の専門コースを見学し、行きたいのは娘じゃなくて、私だったと言うことに気がついた。
娘はどーも(現時点では)そんなに特別に才能があるわけじゃなく、まあ、この理由としては「音楽に関しては旦那の血をついだ」ということで茶を濁してみようとおもった責任転嫁の私ですが。。。
勇気を持って専門コースをあきらめたことを、よかったと思えました。

しかし、これからもこういうのはまだ続きますよね。
>子供が他人からいい評価をされると、子供をほめるのと同時に「がんばって育てた自分」にもご褒美がきたような気分になる。逆に、いい評価でなかった場合、親自身が悪い評価を下されたような感じになってしまうんですなあ。

なんとなく、わかるような気が。
もちろん、できないよりできることのほうがいいのですが、それはあくまで子供のためであって、自分の評価のためじゃない・・・わかってはいるけれど、気にしている部分がまったくないとはいえず。
たとえば、お姑さんやお舅さんに「うちの子たちは足も速かったし、われわれも速かったのに」なんていわれると、「すみません」とあやまる自分がいたりしてね(心の中でコノヤローとも思っていますが)。
 
でも、兄弟がいると、まだ救われて、兄弟の個性の違いは「同じ夫婦からうまれてもこんなに違うんだから、個々の個性をいかさなきゃ」っておもいますね。これが女親なら男、男親なら女をみると、なおさらおもうんでしょうけれどね。
あと、私もオットも、さらにうちの親も長男長女だったので、長女に「なんで長女の癖に」とはいいたくないんですけど、オットの父母が大人数兄弟の末っ子だったため、オットは「長男だから」といわれてしかられたことがすごくはらだたしかったそうです。私もどうしても自分と同じなんじゃないかと誤解して、期待しちゃうのは長女の方になっちゃいますね。
気をつけます。

Posted by: ちゃい | March 30, 2010 at 11:06 PM

耳が痛い。。気づかされる記事でした。
そうしないしないとは思ってても
無意識のうちにやっていたような気がします。
もっと子ども自身の個性を大切に、親、兄弟、周りと
比べず、子どもを見てあげたいと思います。

Posted by: Aquamarine | March 31, 2010 at 12:20 PM

すごく心にしみるお話でした。
無意識に自分がそうしてないか、改めて考えてみる機会を与えていただいて感謝です。

Posted by: しまぺこ | March 31, 2010 at 03:42 PM

これに触発されて記事をかいてみたので(まだ公開していません)、リンクはってTBさせてもらってもいいですか?
それからコメントし忘れていましたが、ご主人すごくいい人ですね。この時期、うちはカレーつくりだめのオンパレードでした(週に2回、カレー&ハヤシライスとかね)。お弁当がつくれるなんて、レベルがちがいすぎます。

Posted by: ちゃい | March 31, 2010 at 11:14 PM

おひさしぶりです。
新年度ですねえ。
昨年度、産育代替やって、今年度は元の講師に戻りました。
なんだかほっとしている自分と、寂しさを感じている自分がいて、不思議な感じです。

この1年、多忙な日々の中で色々考えさせられました。
その中で我が子たちに対して「どうして・・・できない?私の子なのに。」とか、「やっぱり私の子だからしかたないか。」とか、考えてましたねえ。

今年度は母の割合を多くして、我が子強化年にするつもりです。(特に学習!!!)
採用試験は再チャレンジ予定smile

またよりまーす。

Posted by: 金魚 | April 05, 2010 at 06:17 PM

自分が小学生のママになって、まりえさんのエントリをRTすることが多くなりました(笑)

いやーほんと、耳が痛いです・・・
気をつけなくては!!

Posted by: izumi | April 10, 2010 at 10:49 PM

>・親である自分たちがやっていたこと
・親である自分たちが後悔していること  のどちらか
うん、これはもうね、そうだと思いますよ。
うちの生徒さんの親御さんにお聞きしてもそうですもん。
お父様かお母様どちらかがピアノを習っていらしたか、あるいはご両親どちらかが「習いたかったけど習わせてもらえなかった」「習ったけどすぐにやめたことを公開している」とおっしゃる方が多いです。

で、投影の話。
私も出来るだけ、「子どもたちは私じゃないんだから、いっしょくたにしてはいけない」と思いつつ、たまに投影してしまうことがあります。主に長女の学習面です。
いろいろな子を見てきたし、勉強を教えていた時期もあるので、いろいろな子がいることを知っているハズなんですが、それでも自分の子はやっぱり、ねえ。
「なんでこんなことがやれないのかしら」って思っちゃうのですよね。

Posted by: ことなりままっち | April 12, 2010 at 02:37 PM

毎度遅レスのまりえです。
★ちゃいさん、Aguamarineさん、しまぺこさん

ある程度子供に投影するのは、人間仕方ないと思いますねえ。それが「呪縛」レベルにならないように、親は状況を見極めていかなくちゃいけないんじゃないかなあって思います。子供の気持ちの尊重ばかりでも、何もしないやつになってしまうしね>これはうちの息子か!

★金魚さん
親業優先、がんばってくださいね!
もー、また春の授業参観があって…憂鬱な母でした。次男はまた別の大変さがあります・・やれやれ。

★izumiさん
ご長男の入学おめでとうございます!
入学式いかがでしたか…(サイトになかなか回れずすみませんです…うう)

★ことなりままっちさん
やっぱ習い事って、何もないとこでやらせたりしないんでしょうねえ。技能系は特にそうかもなあ。
うちも下の二人にはピアノやらせたいねといってる夫婦。二人とも後悔している口です。
オットが、1年くらい習っててちょっと弾けるってつい最近知ったんですが^^;)。

Posted by: まりえ | April 20, 2010 at 05:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/47949938

Listed below are links to weblogs that reference 子供に自分を投影してしまう:

» 親と子供は別個のもの [やっぱり働くペンギン]
まりえさんのブログ「暇刊女教師 がんばれワーキングマザー」の「子供に自分を投影し [Read More]

Tracked on April 09, 2010 at 11:39 PM

« ハハの朝帰り!? | Main | 年齢とはこういうことか! »