« May 2010 | Main | August 2010 »

やっぱ中庸なのだな

前の記事で「没頭」って書いたんだけど、自分はとにかく何でも「没頭」してしまうトコがありやす。仕事でも、趣味でも、育児でも……

仕事では、いいんですけどね。やる気100%にすることで、なんでも楽しくできるし、勢いで結果的に速く終わるの。でも家じゃこの没頭ぐせが害になるっす。
そう。子供がいるから。
こっちの都合関係なしに、やつらは親を呼ぶ!
昔教科書に、「夕方の三十分」って父一人子一人の夕餉の支度の場面をよんだ詩が載ってた。まさにあれだ。
「おしり拭いて~」
「ねえ、これ読んで~catface
「ぶつけちゃった~crying
「おにいちゃんが~bearing

買い物に行って手をつないでいても、雑草をみつけては急に止まって、つんのめりそうになる親。行きたい方向に親の手をひっぱり、なかなか目的地にたどりつけないスーパーの店内。やっと車に乗っけてチャイルドシート装着、さあ、エンジンを…と思ったところで「かゆい~」「のど乾いた~」「おしっこ~」

子供の思考はどんどん飛んでいる。

もう、これは仕方がないとあきらめるしかない。(わがままは別として)
となれば、変わらなきゃいけないのは親。
没頭するのをいい加減やめなきゃなあって感じてます。そうしないと、腹が立ってしまうから。中庸を説いたのは誰だったか忘れたけど、常に自分の脳内をニュートラルな状態にしておかないと、子供に対応するのに抵抗が大きくなってしまうんだと、いまさら。

 読書も、ビデオ観賞も子供が起きてる時はもうあきらめた方が、自分の心にも子供の心にもいいんだとしみじみ思うっす。(家での仕事はもうとうにあきらめた)
 若いとーちゃんかーちゃんはここんとこ大変だろうなあって思う。ゲームもカラオケも、けーたいいじるのも没頭しちゃうことばかりだもんなあ。でもしばらくの間は、寝かせてから…がいいと思うのよ。

半分くらいはぶちきれてしまう母ではありますが…そのぶちぎれの理由を考えると本当、情けなくなるので…今回は自戒の巻。
(ちなみにオットはまだ、この域に達していないと思われる。)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

どこで線を引くか

性分というのを変えるというのは、大変だとはわかっているんだけど。
オットが時短をとって、保育園の送迎を担当するようになって1年が過ぎた。タイムリミット関係なく仕事ができる環境。ありがたしconfident

ご存じのとおり、教員の仕事に「残業手当」という概念はありませぬ。(教員の仕事は青天井だから、あえて設定せず、一般地方公務員よりちょっとだけ高めの月給なのだそうだ)授業の準備とか、生徒とのやりとりの記録とか学級通信とか、その他学校全体の事務仕事も分担したりしてやってるんだけど、どうしたって勤務時間内に終わるとは思えない量の仕事があるっす。若干高めの給与っても、割にあわねー^^;)))))))))。
 毎日がプレゼン。
 毎日が締め切り。

テレビのニュースを見てて、ぼーっと考えた。
きっとアナウンサーは、番組の前に数十分の打ち合わせがあるんだろうなあ、とか
企画の会議が事前にもたれてて、数人のスタッフが番組のための準備をするんだよなあ、とか
あのフリップとか模型とか作るのはアナウンサーじゃなくて、別の人が作ってくれるんだよなあ、とかとか。

これ全部一人でやるんだもんよ、教員って。(ちなみに準備に使える時間は勤務時間中はほとんどないぜ)

いい授業にしたいなって思うと、何時間準備すればいいのかと今さらながら自問自答。
毎回同じこと教えるんじゃんって、言う人は言うけど、生徒は毎年毎日毎時間違う。
自分の授業スタイルを、少しずつ変えながらアウトプットする。

準備をせずに、その場でがっと対応できるような天才じゃないから、できるだけシナリオを作ろうと思う。っと、半端じゃないんだよ準備が………自分で保育園に迎えに行っていたころは、担任もなかったし(やっぱ担任の仕事量は多い)、割り切っていたことがむくむくと頭をもたげてくるこの頃。

帰って子供の顔みたいよ~~って、ぶつぶつ仕事の日々。仕事人間って、結構簡単に作れてしまうんだよなあ、とも思う。
や、仕事に一生懸命になる人間というのは、世の中大事にしなくちゃいけない存在だ。そうだよね!?
仕事に没頭してしまうけど、そういう人間が私生活も大事にできるシステム。そういうのがない限り、下手すると仕事人間の教員と、私生活が大事だから仕事を適当にやるって教員に二分されてしまう。そうそう天才教員ばかりじゃないんだから……。

つまり……仕事減らすか、人増やすかしてくれ!行政!
(給食費未納の請求とか、教科書の事務とか、準要保護家庭の事務とか、市役所がやってほしい……)

ああ、愚痴になっちゃった^^;))))))) とりあえず、仕事の能率さらに上げるべくがんばります。うす。まずはできることから。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« May 2010 | Main | August 2010 »