« GWはまた北へ | Main | やっぱ中庸なのだな »

どこで線を引くか

性分というのを変えるというのは、大変だとはわかっているんだけど。
オットが時短をとって、保育園の送迎を担当するようになって1年が過ぎた。タイムリミット関係なく仕事ができる環境。ありがたしconfident

ご存じのとおり、教員の仕事に「残業手当」という概念はありませぬ。(教員の仕事は青天井だから、あえて設定せず、一般地方公務員よりちょっとだけ高めの月給なのだそうだ)授業の準備とか、生徒とのやりとりの記録とか学級通信とか、その他学校全体の事務仕事も分担したりしてやってるんだけど、どうしたって勤務時間内に終わるとは思えない量の仕事があるっす。若干高めの給与っても、割にあわねー^^;)))))))))。
 毎日がプレゼン。
 毎日が締め切り。

テレビのニュースを見てて、ぼーっと考えた。
きっとアナウンサーは、番組の前に数十分の打ち合わせがあるんだろうなあ、とか
企画の会議が事前にもたれてて、数人のスタッフが番組のための準備をするんだよなあ、とか
あのフリップとか模型とか作るのはアナウンサーじゃなくて、別の人が作ってくれるんだよなあ、とかとか。

これ全部一人でやるんだもんよ、教員って。(ちなみに準備に使える時間は勤務時間中はほとんどないぜ)

いい授業にしたいなって思うと、何時間準備すればいいのかと今さらながら自問自答。
毎回同じこと教えるんじゃんって、言う人は言うけど、生徒は毎年毎日毎時間違う。
自分の授業スタイルを、少しずつ変えながらアウトプットする。

準備をせずに、その場でがっと対応できるような天才じゃないから、できるだけシナリオを作ろうと思う。っと、半端じゃないんだよ準備が………自分で保育園に迎えに行っていたころは、担任もなかったし(やっぱ担任の仕事量は多い)、割り切っていたことがむくむくと頭をもたげてくるこの頃。

帰って子供の顔みたいよ~~って、ぶつぶつ仕事の日々。仕事人間って、結構簡単に作れてしまうんだよなあ、とも思う。
や、仕事に一生懸命になる人間というのは、世の中大事にしなくちゃいけない存在だ。そうだよね!?
仕事に没頭してしまうけど、そういう人間が私生活も大事にできるシステム。そういうのがない限り、下手すると仕事人間の教員と、私生活が大事だから仕事を適当にやるって教員に二分されてしまう。そうそう天才教員ばかりじゃないんだから……。

つまり……仕事減らすか、人増やすかしてくれ!行政!
(給食費未納の請求とか、教科書の事務とか、準要保護家庭の事務とか、市役所がやってほしい……)

ああ、愚痴になっちゃった^^;))))))) とりあえず、仕事の能率さらに上げるべくがんばります。うす。まずはできることから。

|

« GWはまた北へ | Main | やっぱ中庸なのだな »

WMお仕事モード」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。WMの世田谷ママと申します。
子供が小学校に入り、色んな意味で保育園との違いに愕然としつております。
学校の行事などを見るにつけ、普通の企業に勤める身からすると「あれもこれもアウトソーシングすればいいのに」と思うことが色々。
教員ママに話したところ「予算がないから、全部自分達でやらないといけないのよ」との返事。「東京は主事さんがいるだけまだマシ」とも。
きちんと事業仕分けの結果、教育費に適正な予算を取り、教員が本来の教員業務に専念できる→効率も学力も向上…というふうになっていきますように。

Posted by: 世田谷ママ | June 21, 2010 at 02:40 PM

初めまして。
二人目の育休中の、高校家庭科教師です。

私も同感です~~
私は十数年前にOLやめて教師になったんですが、
OL時代よりも事務仕事量が多いですね・・・
お給料は当時の倍もらえてますが、仕事量は4倍くらいあります。というか、仕事の範囲が広すぎる。
こんなにも仕事の範囲が広い職業は、専業主婦ぐらいかも!?

今や、教師の適性は「面倒見の良さ」とか「専門性の高さ」に加えて、「事務処理能力のスピード」が上げられるかもしれない・・・

だって、事務的な仕事が終わらないと、授業準備が進まないですもんね。独身時代に比べると、ずいぶん事務仕事が速くなったけど・・・
時短申請してても仕事量は同じだし、保育園の時間もあるので、10分休みも昼休みも自分の裁量で出来る仕事はどんどんやる。(私は教務です。)
でもそうすると、「おっ、ブランクがあっても仕事が相変わらず速いね!」とまた余計な仕事が回ってくる。ああもうっ


実は今、うっかりおむつを洗濯してしまい、検索したらここに来ました。
いろいろ厳しいことを言う方はいらっしゃいますが、隙間時間にうまく息抜きして、心のバランスをとっていきましょう♪

Posted by: hattann | June 22, 2010 at 11:47 PM

はじめまして。
育休中の中学校理科教員です。
ときどき のぞかせてもらっていましたが
今回の記事に激しく同意したので 初書き込み
させてもらいました。

私の学生時代の友達のほどんどが子どもを持って
中学校の理科の教員を全国各地でやっておるのですが
やっぱりみんな 悩みは同じです。

さらに 理科の教員は 授業の準備の中に
「実験の準備(薬品・器具含む)」
なるものが あるわけです。
真面目に教科書どうりに実験をすればするほど
自分の時間はなくなる というシステムでして・・・
結果 
(1)一生懸命やって自分の身を削る
(2)適当にやって生徒の能力を削る
のいずれかになるわけです

で 友人の多くはご飯とか育児とか
オットの母や自分の母に頼るのです。
私は そのどちらも ムリなので
育休明けが すごく心配で
まりえさんを ひそかに 応援していました。
(まりえさんが がんばっているなら 自分も
きっと 頑張れるんじゃないかな、って)

でも 本当に行政に何とかしてもらいたい!!
だけど 組合が民主党にはたらきかけてくれるのを
期待していたら 政権交代しそうですよね。。。

Posted by: ヘポママ | June 24, 2010 at 07:52 PM

★世田谷ママさん
こんにちは。アウトソーシングしたいしたい!!
印刷とか製本とかしてくれるバイトさんの雇用とかそんなんでいいから…や、自費でバイト雇えって、それでもいい…^^;)))))
>>教育費に適正な予算を取り、教員が本来の教員業務に専念できる→効率も学力も向上
 いやほんとにそう思います。

★hattannさん
こんにちはー。やっぱ仕事量多いですよねえ…。
で、みんな事務仕事を後回しにしがちなんですけどね^^)
毎日休み時間なんて。いつとるの??ってくらい教室に張り付いてますもの。はー、って一息つくと大体18:30です。それからやっと自分の仕事。
今年から退勤時刻が16:30になったんですけど、みんな「意味ない」「いやみか?」というばかり。えやれですよねえ。あと少し、がんばりませう…。

★ヘボママさん
ええっと、うちでは、オットががんばっています…。えへへ。それでも、やはり子供の顔見られない毎日って、どっかおかしいと思うですよ。
あああ、この土日は風呂敷包みで生徒のノート持ち帰ってます。ああ、明日は作文読まなくちゃ~~。
こまめに読めばいいとは思うけど、こまめに読むその「こまめ」な時間がないんですよね…やれやれ。

理科の実験は大変ですよね…備品管理も半端じゃないし。中学にも実験助手とか、ホントいればいいのにって思います。地域の人材でなんとかできないのかなあ。

Posted by: まりえ | July 04, 2010 at 05:12 PM

 時々拝見しています。私は、すでに一番下の子供が高校生で、かなり時間的には余裕ができていると思います。今は、非常勤で小学校に週2回、書写を中心に教えに行っています。非常勤だと勤務時間に限りがあり、教材の準備・児童の提出物の丸つけほとんど家庭持ち込みでやっています。勤務は週2回ですが、実質週4日は仕事関係で1日がつぶれている感じがします。
 常勤の先生たちは、早朝から深夜まで、一教科のみならずさまざまな教科の課題を準備され、点検され、その合間に問題児の家庭・本人への対処(最近問題児増えてるような気がしますが、気のせいでしょうか???)…
 たかだか一教科であっぷあっぷしている私にとっては、先生たちは超人のように思えます。
 心身共に、健やかに校務をこなされることを願ってやまない毎日です。
 たくさんのまりえさんファンのワーキングママ達、応援しています。

Posted by: たんぽぽママ | July 16, 2010 at 09:41 AM

★たんぽぽママさん
週2の講師おつかれさまです。こんにちは。
時間勤務だと、それはそれで生徒や職員との人間関係作りが大変ではないかと思います。
まめにやろうと思うと破たん思想になりますよねえ。


とにかく、目の前にあるカードでどこまでできるか、です。夏休みでリフレッシュできるといいなあ。
たんぽぽママさんもおつかれさまです!

Posted by: まりえ | August 10, 2010 at 04:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/48677536

Listed below are links to weblogs that reference どこで線を引くか:

« GWはまた北へ | Main | やっぱ中庸なのだな »