« 帰ったら停電 | Main | 最近のうち »

地震当日at 中学校

 学校もかなり揺れました。もう即避難。
 その日は、少し早めに授業が終わってて、ちょうど部活の時間だったんです。
いつもはクラスごとに並ぶけど、部活ごとに並んで人数確認。
 中学生ともなると、さすがに動きもスムーズです。こんなときにしっかり発揮される部長たちのリーダーぶりは、実に頼りになりました。

 それでも女子の中には、不安で泣き出しちゃう子や、過呼吸になってしまう子も。
お互い肩を抱き合いながら、落ち着こうとしている様子も頼もしい。
その後、学級ごとに人員確認をして、余震をにらみながら部活ごと、顧問と一緒に校舎へカバンだけ取りに。

 中学ともなるとさすがに保護者も共働きが多く、学校に保護者が来ない生徒の方が多かったのですが、暗くなる前に、いったん自力で自宅に戻しました。真っ暗な中帰宅する方が危険です。家にだれもいないとか、自分が最年長の場合とかの時は学校に戻りなさいと話して。
 その後、明らかに家族が留守だから学校で待機する生徒たちと、体育館にマットを敷いて、ストーブを出して長丁場準備。みんな生徒たちが手伝ってくれます。 

 こんなこともあろうかと、市の防災マニュアルを読んでありました。この市では、非常時に学校職員がすることは、(覚えているだけですが)
 ① 生徒の安否確認、安全確保。
 ② 学校設備の破損状況の確認と復旧作業。 
 ③ 避難所開設の準備   と、ここまで。
(あとは授業再開の準備とか、その後のこと)

そういうわけで、避難所の運営は市役所の人がやるわけです。職員室の中でも小さい子がいる人などから帰宅許可がでました。でも、市役所の人がなかなか来なくて…
こんな時は、管理職や身軽な人が頼り。(ありがたいです…)

 幸いにして、我が家はその日オットが休みをとって自宅におり、ワタシ自身は慌てずにすみました。でも、ワタシの妹夫婦や保育園の知り合いなんかでも、両親ともその日に帰宅できないというケースがずいぶん周りでありました。
 保育園はいつまででも待ってくれていたそうです。
 中学も、管理職が学校に2泊。
 いざという時には、職員がんばりますので、WMのみなさん安心して。

 とりあえず、年度末生徒会で募金活動しました。被災地、がんばろう!
 こっちも節電、停電でフォローするよ。生徒にもいろいろ考えさせるよ。
 それがとりあえず、できること。。。。。。

|

« 帰ったら停電 | Main | 最近のうち »

WMお仕事モード」カテゴリの記事

Comments

学校も、保育園も、学童クラブも、職員ががっちり子供たちを守り、保護者との信頼関係を確認できましたね。

先日、無事に小学校卒業式を終えた娘たちは「自分たちにできる事」をクラスの子たちと考え、行動に移すことができました。
気持ちが前向きになったおかげか、頭痛も治まってきました。
一人より二人、・・・ありがとうみんな!

卒業記念に行こうと思っていたテーマパークも液状化現象などで再開していないし、春休みの過ごし方も自粛ムードですが、「過度な自粛は日本経済の冷え込みを加速し、税収低下につながるので、元気な地域は普通に経済活動を・・・」という話も聞きます。
ふむふむ、なるほどね。

勤務校で給食が用意できない日があり、おにぎりなど簡易なお弁当を持参する日がありました。
地震の対応、成績付け・・・で、連日帰宅が遅い教職員の家庭では「米びつ空っぽweep」という方もいて、比較的早く帰る私が駆け回っても米がない・・・
探し始めて4日目、奇跡的にゲット!

みんな!日本全体には物資が十分にあります。
必要な人に行き渡るように「買いだめやめよう!」

despairそれにしても、早く納豆食べたいなあ・・・

Posted by: 金魚 | March 27, 2011 at 09:54 AM

金魚さーん
超時差レスですが…
日本経済活性化!春は旅にでました~。

もう、日々の楽しみはこれだし、節電しつつ普段通りにやっていきまっそ!

Posted by: まりえ | May 31, 2011 at 06:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/51217460

Listed below are links to weblogs that reference 地震当日at 中学校:

« 帰ったら停電 | Main | 最近のうち »