« アレ娘とお菓子づくり | Main | ゴール設定がハッピーのもとさ »

アクセント辞典を買った家庭の事情

辞典類って買うときりがないので、購入にしてもなんにしても悩みます。
手元にないとだめだ!とおしかりを受けることもあるのですが、本専用の蔵を建てられる身分でもないので…その辺は厳選、基本的に職場にあればよしとしています。

でも、久々に買っちゃった。
Dscn2865 息子の音読がきっかけなんです。教科書を家族の前で読むのは、小学生の定番宿題。

「そこ、読み方(アクセント)違うよ」と、都度指摘するのですが、その指摘がオットとワタシで違う^^;)))))))))。

まずもって、オットと自分は生まれも育ちも東西に分かれており。
自分も東京生まれとはいえ、漁師町育ちで「方言」の色濃く…(親は「ひしもち」って言えません。「ししもち」になります)

方言というものは、使っている本人は気付かないというのも特徴のひとつ。
東西の違いが家庭内で比較できるのはなかなか楽しいものです。

しかし、どっちかに統一しなければならぬという場合「絶対、こうだって!」とお互い言い合ってても埒があかないので、ここは一発、辞典様に解決していただこうというわけで。

(つうか、オット、あることについて…たとえば教育について妻が何言ってもスルーしてても、新聞で取り上げられたりすると、急に理解を示したりってとこ…ありませんか^^?
男性って、そんな感じあるような気がするー。ま、新聞とか、辞書も人の書いたものなので、盲信する気はないけど、こういう時には利用価値大。自分の主張を後押ししてくれるセカンドオピニオンとしてうまく使おう>母たちよ)

読んでても面白いですよー。
(最近の平板アクセントも載ってるあたりが「新明解」か!)

|

« アレ娘とお菓子づくり | Main | ゴール設定がハッピーのもとさ »

WMお仕事モード」カテゴリの記事

Comments

これ、よさそうですね。うちのあたり、先生ですら「あれ、どう発音するんだっけ?」って、授業中に悩みながら授業しているようです(先生、全員、地元出身者・・・)。うちの子供たちも相当なまりはじめたので(親も仕事場から伝染している・・・)、正しい発音がさっぱりわからなくなってきています。
そうそう、前記事、夏休みにTDLが子供料金が安くなるからと、今月3家族が行ってきたら、「土日ですら、結構すいている」といってましたね。うちは毎年秋にしか行かないのですが・・・(夫の会社の都合上)。

Posted by: ちゃい | June 19, 2011 at 08:56 AM

★ちゃいさん
どもですー。アクセントとか独特の語尾って、伝染するんですよねー!そして、どんどんわからなくなる…

Posted by: まりえ | June 20, 2011 at 10:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/51982226

Listed below are links to weblogs that reference アクセント辞典を買った家庭の事情:

« アレ娘とお菓子づくり | Main | ゴール設定がハッピーのもとさ »