« June 2011 | Main | August 2011 »

子離れの準備も始めよう

前回、放りこんでしまえ、と書きましたが、それもある程度の時期まで。
中学生くらいになったら、親があれこれお膳立てするのもやめていかなくちゃいけません。思春期は親離れの時期。親も子離れの準備をはじめなくちゃ。これを逃すと自立がうまくいかなくなるのだよ。

生徒を見ていると、女子はホントに早いうちから「自分は自分」という意識を持ってきます。甘ったれて親のすねをかじるということを、意図的にしている^^;)))))。
対して、男子は思春期を迎えるのも遅め。その辺に性差があります。男女とも、そういう意識を友達づきあいのなかで感じ始めます。

それが端的に表れるのが「服を買う」行動にあるような気がします。女子は友達と自分を表現する服を買いに行くっしょ。男子っていつまでも親が選んだ服を着る子が多い~。自己主張が出てきた子から(自称クールな)服を自分で選びに行くんだよなあ。(単に服に興味がない、というのも多いが)

もうね、はなはだ不安になるのが
・三者面談で、こっちは生徒に聞いているのに親がしゃべる親子
・宿題の不明点の電話を、親がしてくる家(中学生だよ)
・校外学習(遠足とか林間とか)の荷物を、親が詰めている家(中学生ですよ)……以下割愛。ええ、みんな男子だのう…。

この調子で行くと、大学選びどころか、就職先も親が探すんだろうなあ。
「自分の意志と関係なく親が決めた就職、結婚がすべて」ってそりゃ昔の話だべよ。
「親の就活」とか「親対象の婚活講座」とかニュースで見ると、なんか力抜けます。これって自分でやるんじゃないの?自分でできるように育てていくのが親なんじゃないの??って。

いろいろ心配なんだろうけどさあ……そりゃ仕込んでないからだよ。
親がやったほうが早い、親が決めた方が早い、ってんで、子供にいろいろやらせてない。習い事はさせてても、生活の術を教えてない。
子供に考える時間を与えてない。

(6歳の子に「DSまだやる?もうやめる?」って選択をさせるのが自立への一歩だなんて思わないけどね!しつけについては有無を言わせたらいかんのだと思う。)
もうさ、仕込んでたって心配なんだから…。マザコンと自立できないってのは別だし。

結論。特に男子は小学校の間に生活力をつけさせる。
中学になったら、少しずつ親の手を離して、自分でトライさせる

そういうわけで、オットからは
「そろそろ長男の服は自分で選ばせろ、頼む!(←この辺に、オットの後悔が表れている)と言われているハハでした。
確かに、こんな小さなことからいろいろ始まるような気がするよ。まずは、一緒に行って「シャツ2枚選んでこい」って言おうっと。
がんばろう、男子ハハ!!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

放りこんでしまえば

慎重を絵に描いたような我が家の長男。
とにかく、新しいことに手を出さない。
「気をつけて」と幼いころから、親の目が届きすぎたか^^;))))))?
(そういうのってあるんだよね~。小さい頃に親がうるさすぎると、自分からなかなかアクション起こさなくなる。いたずらしない良い子にはなるけど……)

ま、人生いろいろあるので、慎重なのは総合するとよいことだとは思うのでそれはそれ。
子供は小学校時代にいろんなことに挑戦することで、自分に自信をつける時期。そうして「これはできるかも」という気持ちの芽を育てていくんだな。(ひとつ自信をつければ、他のコトにも応用できると感じる、という理論)幼少時をあまりにがっちり育ててしまったので、長男は小学校時代が勝負だと感じていますcatface

だから、スイミングクラブもそろばんも無理無理放りこみ。
夏休みの(学校の)水泳教室も放りこみ。
「え~~~、行くのgawk」とぶーたれていたけど、行ったら行ったで適当に楽しんでいるし。

「結構ともだち来てた」といいつつ、午後の遊びの約束してくるとか、風呂に入るとひときわ真っ黒だったりとか。
「泳力テストで50m泳げた」 まじ~~~っ!?
(母は25しか泳げません…)
もう思い切り驚いてほめちゃうよ。そうして自信をつけてゆけ、息子よ。

(大人になった時に、女子にアタックできる男になってくれ<<実のところ、これが一番重要だ!)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

子供を車に置き去りするとどうなるか、テストに出す?

またパチンコ店の駐車場で、小さい子が亡くなった。
なんだかなー、なんだかなー。

どうして置いていけるかなー。
パチンコしたい→子供連れて行けない→預けるとこない→車の中でいっか
って式??

そんなにやりたかったら、友達でもなんでも互助体制作れよ~~!!
夫婦で交代で行けよ~~!!
車の中に置き去りにしたら、子供死んじゃうって散々ニュースでやってんじゃんよ!!
つうか、パチンコ我慢しろよ~~!!

「私は子育てで○○を我慢しない」なんてコトバをいろんなとこのコピーで目にするけどさ、子育てって、ある程度、親の我慢が試されるとこのような気がするよ??
 子供は着せ替え人形じゃないし。
 生んで終わりじゃないし。

 なんでもかんでも我慢しろってんじゃなくて。
 限度を超えるような趣味や楽しみは、ちょいとなんとかしないと。

子供が生まれたのを機に禁煙するとか、テレビのつけっぱなしやめるとか、夜遊び引退するとか、そういうの。

・・・つうかなあ、我慢できない連鎖って、あるような気がする。
親の教育も、必要な時代が来てるよ。
離乳食とか、母体の健康とか以前の問題で。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

複雑化する夏休みなのだ

共働き家庭には大変な季節がやってきましたねえ。夏休み。
長男が低学年の頃は大して困らなかったのですが…

何がって、子供たちの動向が複雑化してくるんですよ~。
昼間は祖父母の家に通う長男。
朝から学童保育の次男。
保育園の娘。
そこへきて、少しずつ増えてる習い事。
あ、夏は開放プールもあるし。

「この日は、朝からそろばんの道具もっておばあちゃんちへ行って…」
「○時に、学童におばあちゃんが行くから、そのあと…」
「ここからは、長男と次男と一緒に家に帰ってくるんだよ」
「この日は、お母さんがプールに迎えにいけるから…」等々。

超複雑化我が家の動き~~~coldsweats01

我が家用の秘書がほしいっす。いや、イケメンの執事でも…いや…そうじゃなくて。
長男が中学に行くと、またわけわからんスケジュールになるんだろうなあ。

ま、いずれにしろ、子供たちが朝6時ごろに起きる生活に変わりはなく…規則正しくていっかbleah。(子供からしたらいろいろあるだろうが…それはまた今度)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

疲れていても

娘を保育園に迎えにいくと、いろんな人と顔を合わせる。
クラスの顔なじみのちびくんたちには「よっ!」と手をあげてコンタクト。
何やら“すごい”モノを作っていたら、感嘆の言葉をかけると、目をキラキラさせて「ほらみて!」といろいろアピールしてくれる。

そんなやりとりが楽しい。

すれちがうママパパとも、知ってる知らないに関わらず声をかける。
こちらから声をかけると、大抵応えてくれるしね。
迎えの時間帯が一緒だと、顔を合わせる機会も多くなって、かける言葉も少しずつ増えてきたりする。「おつかれさま!」の気持ちをこめて「さよなら~!」って。

挨拶すると、働きながら子育てしてる保育園の親同士、なんとなく親近感や一体感が生まれてくるような気がするんだよなあ。(ぽぽぽぽ~ん)

そんなんが当たり前になって、能天気に迎えに行った昨日、久々にガン無視の人に出会ったさ。(しかも娘と同じクラスだった)子供同士が「○○ちゃ~ん♪」と親しげなのと、親同士のオーラがかみ合わず、心の中で笑いがこみあげるくらいですた^^;))))))))。

あれは、相当疲れてるか……か。
若いママなのにな。
見てたら保育室から車に乗るまで、子供に「早くしてったら」しか言ってなかった…。
疲れてる疲れてる。結構やばめな雰囲気。
うちの娘にまで「○○くんのママね、いつも全然笑わないんだよ」と観察されてるし。

なんか家に帰っても親子であんな感じなのかなあ…と思うと切なかった。

疲れた日のお迎えは、ほんとしんどい。
毎日がつらいと笑顔が出ないのもわかる。
でも、子供をぎゅっとすると、なんか元気になるんだぜ。

がんばれ若いかーちゃん。とりあえず、次にあったらめげずに声かけてみるよ。
(すでに、おせっかいおばさんの域に達するaround 40だぜ!)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

本能で買い物すると

世の中は三連休なのに、日・月と出勤でどよ~んとしている自分。
子供はオットに託して、朝「いってくるよthink」とさみしくお仕事へ。

帰りに寄ったスーパーで、暑さにやられて買うビール、チーズ、コーラ、アイス。
beerbeerbeer(でもなんとなく発泡酒^^;))))
くう~~、帰ったら飲むぞ……

帰宅すると「お母さ~ん、牛乳taurusがもうないんだよぉー」

あああああ、ごめん。
お母さん、自分のものしか買ってきませんでしたshock
すまねえええええええええっっ!!
だって、暑いんだもん…。

ごめんよー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

娘、映画館デビューっ

はい、ポケモンです。

なにかというとす~ぐに「こわぁ~い」とかのたまう娘。

「映画館はね、見ている間はしゃべっちゃいけないんだよ。できる?」
「途中でトイレにはいかないよ」
「暗いけど、一人で座れる?」
「アレ飲みたい、これ食べたいとか言ったら置いていく(ひー)」

といろいろ条件をふっかけ、すべて飲んだところで…

Dscn2898 子供三人引率でポケモン映画へ行っちまったですよ。
私と長男の席の間に挟んで、ちゃあんと見ることができました。

一番落ち着きなかったのは例によって、小2の次男でしたとさ。ひー。

今回の新作はまずまずのクオリティでした。よかったよかった。
(アルセウスがひどすぎたんだよな…きっと)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ほぐほぐマッサージ機

保育園のお迎えは、去年まで、ほぼ90%オットでした。が、今年度は、ワタシの方でも行く日が増えており。とはいっても、退勤してから息着く間もなくお迎えなので…なんだかんだ言ってハードワーク。
特にここんとこ暑いから、体力気力ともに、消耗激しいですね~。
子供たちを9時くらいに寝かせるまで、食事っ!風呂っ!宿題点検っ!時間が一気に過ぎていきます……。

あ、プールも始まってるから、水着の始末をさせるっつう仕事も増えてるわ。

で、毎日活躍しているのがこれ。
Dscn2896 足マッサージ機っすよ♪

ほぐれるほぐれる。
くせになる~~~。

何年か前に、誕生日プレゼントとしてもらいました。

大変お役立ちでございます。

ごりごり回していると、子供たちも足をつんっとくっつけては、きゃらきゃら笑っていまっせ。
ああ、大きな椅子型もほしいなあ…でも置く場所ないやあ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ママ飲み、サイコー(>▽<)!!

保育園の父母会で、一緒に活動してた近所のママからお誘いを受けた。
「○○さんち、今晩旦那さんがいないから、家飲み。どう?」
んもー、いくいく!!
明日(日曜)仕事だけど、いくいく!!

(ここで、「いーよー」と間髪いれずOKを出す家のオットも偉い!!)

うちの家族の晩御飯に焼き肉どんぶりを作ったのち出発じゃ。
酒は持参で、ということで、買っては、一人であけるには躊躇してストックが増えていたワインを2本と飲みかけの梅酒をもってGO。

やーん、なんだかとっても楽しかったの~~(*゚▽゚*)!

大人のガールズトーク。

正直、小学校のママさんたちとお友達になる機会って、なかなかないんだよねえ…。やっぱりPTAとかそういう活動が絆を作っていたのかなあ、って思う。

参加してたみなさんっ!ありがたう!!
会場提供のHさん、べりべりさんきう!
(息子たちも、協力感謝!)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

予防線?男のプライド

子供たちは、レゴとかLaQとかの小さい組み立てモノや、絵を描くのが大好きで(…インドア派…)小学校でも、一番好きな教科は兄弟そろって「図工」とのたまわる。

どうも、地元の市の小学校では夏休みに審査があるのか、毎年7月になると展覧会を意識した作品作りをしているらしいと最近気付いた。

で、長男M、ありがたいことに毎年賞状ゲット。
去年あたりは、彼なりに狙っていたらしい。

ところが「今年は無理かもなあ」だって。
自分でも、なんだかイマイチの出来なんだって。ふーん。
低学年の間は「もらえたらうれしい♪」賞状。
学年が上がると「クラスで3人位もらえる」と、状況を読むようになってきた。

いーんだか悪いんだか…^^;)))))))

次男の方はまだまだ無邪気なもんである。
ま、欲をかいてもろくなことないしねえ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

懐かしの本を探す

何度も、その手のサイトに投稿するかどうか迷ってたんだけど…ついに!
数年来ずうっと探していた本が、なんとなく判明してハッピー♪以下、いつもに増して独り言。

自動車置き場にたくさんの古い自動車。
しゃべる自動車。
くるまどろぼう。
赤い車が、一緒にさらわれた持ち主を助けに行く。
遠景に道路が描かれた見開きのページ。
読後の爽快感。それから本の大きさ。

覚えていたのはその程度なんだけれど、自分の中で「車がでてくる物語」としては突出した記憶があって、車の本をよみまくっていた長男次男の幼児期に、ないかのう…と探していた本。「カーズ」のCMを見ながら「これ、絶対あの本のパクリだよなあ」なんて思ってたんだよなあ。

サリイでした。
『ロボット自動車・サリイ』

なんとアシモフ!
今まで文庫で読む機会もあったはずなのに!(中高時代はSFに夢中だった)
結構いろんな人が復刊希望なんかも出しているんですね。もう一回読みたいけど…絶版。古書でなんと……¥8000!!!ひー!!無理っ!

しっかし、いろいろ検索かけてても一向に何も引っかからなかったのに、ある時突然いろいろ開けてくるもんなんですね。とりあえず、『サリーはわが恋人』からチェックしようと思います。(なんだか、買って、どっかに積んであったような気がするんだよな^^;)))))

にしても、あー、すっきり!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

夏のりきりアイテム 我が家の定番

保冷剤まくら っす。

1階なので、窓開けて寝るのは避けたいし、かといって一晩中エアコンは、身体にも節電体制にもよろしくない。そこで活躍”ツメタイマクラ”。

保冷枕を子供の人数分用意して、冷凍庫へ。
保育園卒園後、もてあましていたハンドタオルをひたすら直線縫いで縫い合わせて「保冷枕入れ」も制作。(洗い替え分も作ってもうた♪)

寝る前に、子供ら3人がそれぞれ自分の保冷枕を出して、いそいそと布団にはいります。
面白いくらいスーっと寝ますよっ!
で、起きたら自分で冷凍庫へ。

冷凍庫の浅い引き出しは、この枕専用。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

どんな水筒だっけ

七月です!暑いです!
…とはいえ、あちー、あちーと騒ぎながらも、自分の家でいつものように過ごせる幸せをしみじみ感じつつの七月です!せめて今月も募金するぜっ!

Dscn2880 さてさて、息子の学校では今月から水筒解禁なんです。
「麦茶作ってある?」なんて話をしながらオットと、子供のころ使ってた水筒の話になりました。そうだよ、魔法瓶タイプの水筒なんて高価で、みんなが持ってたわけじゃなかったよねえ・・・って。

白い樹脂製で、キャラクターをプリントしたフィルムが巻いてあるだけの。
麦茶入れてると、そのうち色が染まってきて。
…側面が丸かった…コップ=ふた、でやたらと小さいよな。

今なら100均で売ってる、“水筒型タッパー”のようなもの。
容器ごと凍らせるんだよね。
贅沢なやつは、○ータレードのプラボトル~。

なんて思い出がぽつぽつと。
で、遠足行くと必ずリュックの中を水浸しにする子が3人はいるhappy01
悔しいのは、自分が5年生くらいから使ってた水筒が思い出せない。
写真見れば、写ってるかな?気になる。

上の写真、次男にもたせたとたん、ぼこぼこになって返ってきた。なぜ!?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »