« 放りこんでしまえば | Main | 課長~~~っ!! »

子離れの準備も始めよう

前回、放りこんでしまえ、と書きましたが、それもある程度の時期まで。
中学生くらいになったら、親があれこれお膳立てするのもやめていかなくちゃいけません。思春期は親離れの時期。親も子離れの準備をはじめなくちゃ。これを逃すと自立がうまくいかなくなるのだよ。

生徒を見ていると、女子はホントに早いうちから「自分は自分」という意識を持ってきます。甘ったれて親のすねをかじるということを、意図的にしている^^;)))))。
対して、男子は思春期を迎えるのも遅め。その辺に性差があります。男女とも、そういう意識を友達づきあいのなかで感じ始めます。

それが端的に表れるのが「服を買う」行動にあるような気がします。女子は友達と自分を表現する服を買いに行くっしょ。男子っていつまでも親が選んだ服を着る子が多い~。自己主張が出てきた子から(自称クールな)服を自分で選びに行くんだよなあ。(単に服に興味がない、というのも多いが)

もうね、はなはだ不安になるのが
・三者面談で、こっちは生徒に聞いているのに親がしゃべる親子
・宿題の不明点の電話を、親がしてくる家(中学生だよ)
・校外学習(遠足とか林間とか)の荷物を、親が詰めている家(中学生ですよ)……以下割愛。ええ、みんな男子だのう…。

この調子で行くと、大学選びどころか、就職先も親が探すんだろうなあ。
「自分の意志と関係なく親が決めた就職、結婚がすべて」ってそりゃ昔の話だべよ。
「親の就活」とか「親対象の婚活講座」とかニュースで見ると、なんか力抜けます。これって自分でやるんじゃないの?自分でできるように育てていくのが親なんじゃないの??って。

いろいろ心配なんだろうけどさあ……そりゃ仕込んでないからだよ。
親がやったほうが早い、親が決めた方が早い、ってんで、子供にいろいろやらせてない。習い事はさせてても、生活の術を教えてない。
子供に考える時間を与えてない。

(6歳の子に「DSまだやる?もうやめる?」って選択をさせるのが自立への一歩だなんて思わないけどね!しつけについては有無を言わせたらいかんのだと思う。)
もうさ、仕込んでたって心配なんだから…。マザコンと自立できないってのは別だし。

結論。特に男子は小学校の間に生活力をつけさせる。
中学になったら、少しずつ親の手を離して、自分でトライさせる

そういうわけで、オットからは
「そろそろ長男の服は自分で選ばせろ、頼む!(←この辺に、オットの後悔が表れている)と言われているハハでした。
確かに、こんな小さなことからいろいろ始まるような気がするよ。まずは、一緒に行って「シャツ2枚選んでこい」って言おうっと。
がんばろう、男子ハハ!!

|

« 放りこんでしまえば | Main | 課長~~~っ!! »

WM育児・教育観」カテゴリの記事

Comments

就学前検診で、校長が「ウソだと思う人もいるかもしれませんが、高学年になっても靴ひもが結べない子、魚の骨が自分で取れない子がいて、まあ、よく言えばお坊ちゃまそだちというか・・・」と説明していました。この話を友人にしたら、「あ、それうちの子・・・」と。彼女のお子さん、立派な私立中学に合格し、靴ひもを初めて結んだそうで、個人懇談でも、「箱入り息子さんですね」とイヤミをいわれたそうな。。。ただいま子離れのため頑張っている、友人談でした。
で、このまりえさんの記事を読んで、NHKのドラマでやっていた「下流の宴」を思い出しました。(以下、ネタバレ部分もあり、要注意)。
 
医者の娘として育った黒木瞳が過保護なママ役でして、息子は高校を中退し、フリーターになり、息子をなんとか大検受けさせようとするも、女にうつつをぬかし、その女の子が、結婚を認めてほしいがために、医大受験に励むんです。息子君は、最後に、「おれ、頑張っている人を見ると、すごいなあとはおもうけど、そうなりたいとは思えない。頑張る人の近くにはいられない」と吐き捨てるんです。そして、黒木瞳も、最後の最後にやっと気が付く。「そんなふうに無気力にさせてしまったのは、私の責任です」と。
 
確か林真理子さんの原作本があるはずなので、読んでみてください。
最後に、黒木瞳が「人に頑張らせるのって、自分が頑張るよりも難しい」って言ったセリフがあるのですが、子供が自発的に頑張る環境をつくる・・・これって子離れを努力してあえて意図的にやるってことでも重要なんですよね。バランスが大事ですね。
 
あ、ちなみに、女子は確かに服も自分で選びたがるし、AKBの誰々になりたいとか、友達ともすみわけているし、なんかそれはそれで、「どーなんだ?」と思う部分でもあります。

Posted by: ちゃい | July 30, 2011 at 10:14 AM

★『下流の宴』タイトルがすごいですよね。気になります。
女子は、処世術も身につけちゃってるんでしょうねえ。女子の方がそういうの小さい頃から大変だから^^;)))))。
うちの男子は生きる術は着々と身につけてるとは思うけど…心の中は最後までわかんないだろうからなあ。きっと試行錯誤を続けるんでしょうね。うおおお。

Posted by: まりえ | August 05, 2011 at 01:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/52343172

Listed below are links to weblogs that reference 子離れの準備も始めよう:

» 目をつむる、他人に頑張らせるのは無理 [やっぱり働くペンギン]
「ダメ!」を言わなければ子どもは伸びる価格:¥ 1,155(税込)発売日:201 [Read More]

Tracked on August 03, 2011 at 09:42 AM

« 放りこんでしまえば | Main | 課長~~~っ!! »