« 本能で買い物すると | Main | 複雑化する夏休みなのだ »

疲れていても

娘を保育園に迎えにいくと、いろんな人と顔を合わせる。
クラスの顔なじみのちびくんたちには「よっ!」と手をあげてコンタクト。
何やら“すごい”モノを作っていたら、感嘆の言葉をかけると、目をキラキラさせて「ほらみて!」といろいろアピールしてくれる。

そんなやりとりが楽しい。

すれちがうママパパとも、知ってる知らないに関わらず声をかける。
こちらから声をかけると、大抵応えてくれるしね。
迎えの時間帯が一緒だと、顔を合わせる機会も多くなって、かける言葉も少しずつ増えてきたりする。「おつかれさま!」の気持ちをこめて「さよなら~!」って。

挨拶すると、働きながら子育てしてる保育園の親同士、なんとなく親近感や一体感が生まれてくるような気がするんだよなあ。(ぽぽぽぽ~ん)

そんなんが当たり前になって、能天気に迎えに行った昨日、久々にガン無視の人に出会ったさ。(しかも娘と同じクラスだった)子供同士が「○○ちゃ~ん♪」と親しげなのと、親同士のオーラがかみ合わず、心の中で笑いがこみあげるくらいですた^^;))))))))。

あれは、相当疲れてるか……か。
若いママなのにな。
見てたら保育室から車に乗るまで、子供に「早くしてったら」しか言ってなかった…。
疲れてる疲れてる。結構やばめな雰囲気。
うちの娘にまで「○○くんのママね、いつも全然笑わないんだよ」と観察されてるし。

なんか家に帰っても親子であんな感じなのかなあ…と思うと切なかった。

疲れた日のお迎えは、ほんとしんどい。
毎日がつらいと笑顔が出ないのもわかる。
でも、子供をぎゅっとすると、なんか元気になるんだぜ。

がんばれ若いかーちゃん。とりあえず、次にあったらめげずに声かけてみるよ。
(すでに、おせっかいおばさんの域に達するaround 40だぜ!)

|

« 本能で買い物すると | Main | 複雑化する夏休みなのだ »

いくぜ子育て実践編」カテゴリの記事

Comments

思い出しました。お迎えが遅くなって
保育所で最後のひとりだったとき(よくあった)、
どんな思いで待っていたのだろうと思うと
とても切なかった。仕事は大切。でも、子どもはもっと……。そこから一時間弱の帰宅時間が、疲れているけれど、とても気持ちが濃厚で……今でも、“幸せ”のひとことで表現しきれないですね。
そのお疲れのお母さんも……誰かママ仲間にひとこと声をかけれれば、何かがかわるかもしれませんね。

Posted by: fullpot | July 21, 2011 at 11:27 AM

人それぞれ 環境とか 精神状況とか その立場にならないとわからないことはたくさんあります。

ただ それを 子供や 他人にあたる?みたいなのは大人として 母親として あまり いいことではないと 私は思います。

自分も 同じような経験がありました。
だからこそ 自分は そういう風にならないようにと心がけていま~す(*^_^*)

母親は いつも笑って 元気であることが 何よりなんじゃないかな~~~(^-^)

Posted by: 旬 | July 22, 2011 at 12:03 AM

★fullpotさん
お迎え最後…ってうちの子のことデス~。
あの、一人一人迎えが来て帰って行ってしまうのを、子供の気持ちで想像するとたまんないですね…。
どの親子にもあたたかい気持ちで帰ってほしいよって思います。
立てないくらいつらい日もあるんですけどね、それでも。
公園やファミレスで携帯に集中してる親もけっこうやばいぞ…と見ています。(中学以降で出るぞ~~)

★旬さん
そそ、子供にあたったらいかんですよね。
とはいえとはいえ、ホントに疲れてる時って泣きたいしね…それでもご飯食べさせて、寝かせるまでは…ってできるのも子供第一に考えるからなんだろうって思います。

そうだ、母は笑顔だ!

Posted by: まりえ | July 22, 2011 at 05:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/52265116

Listed below are links to weblogs that reference 疲れていても:

« 本能で買い物すると | Main | 複雑化する夏休みなのだ »