« August 2011 | Main | October 2011 »

秋の大忙し、はじまる

こないだ、平日にぽっと休みの時…何をしてたかというと…予防接種もろもろの予約の電話。

来年入学する娘は、MRの2回目をそれまでに受ける。
と、三種混合のラストやってない~。
アレルギー検査も今度は血液検査だし。
次男は日本脳炎やりそこねてる。

あ、給湯機の具合も最近妙だし…

なんてわけで、あちこち電話かけてました。
インフルエンザ(予防接種)の予約もそろそろ始まりますね。毎年出遅れているので今年はかかりつけ医の解禁日をカレンダーに書きこんだりして、臨戦態勢。ふふふ。

今月は義妹の結婚式があったり、姪と息子・娘の合同誕生会があったりでばたばたしてました。今後も保育園の運動会だの、就学前検診だの長男の宿泊学習だので、我が家の行事も目白押し。ああ、バザーの提供品も引っ張り出さないと。(保育園と学校と二か所にわけるだよ)
手帳に予定を書き込みながら、細切れで年休、子育て休暇を取る算段。←むっちゃ細かくなってる~~ああああ、めんどくさ~~~っ!!!

でもさ、スケジュールがあるっていうのは、同じように平和に明日が、それ以降もやってくることの保障なのだ。(というようなことが『天地明察』の中に出てきた。膝を打ったよ、全く!)予定を書く幸せを、かみしめよう……。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

プレゼント さらに続き

ためてるためてる^^;)
もう、次の誕生日が来ちゃうよ~。というわけでさらに続き。

Dscn2129 presentインドアな長男10歳

とにかく外に出せ!ということで竹馬。
懐かしいねえ。
バランス感覚が…とか親が御託を並べる以前に、本人にとっては「乗れる」ことが誇らしいようで、こちらの思惑と違って面白い結果になったのでした。

Dscn2132 present10歳 ベイブレードのセット

以前、次男にスタジアムつきのセットをあげたんだが、長男も興味津津。ちょうど自分の小遣いで一個ずつ買ってる頃でしたので、大ヒット。しかもコレ「必勝デッキ」smile

それにしても、DSとかカードゲームばっかやってると思った友達軍団が、みんなベイブレードも持ってるって…小学生市場っていったいどうなってるのかしらcoldsweats01

Dscn2134 present10歳 組み立て大好き長男
リモコン昆虫対戦セット

オットがどこで見つけたのか安く買ってきた、かなりマニアックに見える代物。

スケルトンのパーツで、それぞれカブトとクワガタのロボットを組み立てまふ。ケーブルのリモコンでバトル!

予想以上に動きが面白くて、大盛り上がり。
今でもときどき出してきて兄弟で楽しんでいます。

探したら、タミヤのHPに詳細と対戦動画がありました。ぜひぜひ。
pcタミヤロボクラフト カブト・クワガタ対戦セット

まだ続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こどもへのプレゼント記録 つづき

去年の、息子7歳の時のプレゼント続き。彼の叔父が大のレゴ好き。お祝い時にはそれはもう楽しそうにレゴを選んでくれておりまして…。昨年はこれ。
Dscn1476
present次男 7歳
レゴのアトランティスシリーズ。海さそりと、海グモ。それぞれに紋章のパーツがついていて、彼の中にはむくむくと物語が出来上がっていたようです。
レゴってすごいなあ。

Dscn1477 ついで親からこれ。
レゴのクリエイターシリーズから、ワニです。ワニ。

で、同じパーツで組み替えると、恐竜もできちゃう。彼は一気に組み上げるんだよな。

これらのセットは、すでに原型はありませんが、その後新たな形を生み出すパーツとなっております。レゴは、高いっちゃあ、高いんだけど店によっては割引率も高いので、探す価値あり。

Dscn1474 present娘5歳。叔父叔母から。

shineジュエルペット~~~shineの塗り絵とシールのセット。なんで、こんなごてごてきらきらしたのが好きなんかなあ、女の子って…(ハハにはまるでそういう時代がなかった…)

親から何をあげたんだか・・・って思ったら、キックボードでした。たしか。

つづく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久々に、こどもへのプレゼント記録

去年は忙しくて、いつもアップしていた誕生日プレゼントなんかの記事を忘れていました。秋、早い方はクリスマスの準備など始めるころではないでしょうか。久々にご紹介。
ちなみに、我が家では小型ゲーム機は長男のDSのみなので(3年生で解禁)、ゲーム系を与えることはないっす~。

Dscn1475_2 present次男:7歳 恐竜好き:誕生日

art樹脂製の恐竜に、付属のアクリル絵の具で色をつけるという3Dぬりえ。当時大好きだったアロサウルスと、ステゴザウルスをセットで誕生日に。白フィギュアの段階で、ちゃんと自立します。

まあね、出来栄えは色塗りもすかすかなんだけど、かなり気にいって塗っており、1年後の今でも他の恐竜フィギュアとともにジオラマ作っては遊んでいます。カスタマイズの楽しみって、小さい頃からあるんですなあ。1体¥1200前後で、ティラノなんかもあります。
pc「ペイント ザ ダイナソー」で検索してみてくだされ。恐竜グッズ店なんかで扱っています。博物館のミュージアムショップでも見たなあ。
さて、今年は何かな。今年の分はまたのちほど。

Dscn1471 present娘:5歳:誕生日

祖父母から、当時のプリキュアの文具セット。
普段はこういうの買い与えないために大好評でした。

ちょうど、自分のお絵かきグッズを自分で管理し始めた頃だったので筆箱はタイムリー。
「あそびぬりえ」は、切り取って封筒が作れたりする立体企画です。ハサミも器用に使えてきた時分だったのでヒット。

つづく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年は読む!

読書に関して、今年は攻めておりますっ。
夜中に読んでると、吐き気することもあるんだけど…^^;)))))

ちょうど、このコーナーの左側の「つぶやきコーナー」(つぶやきだよ、つぶやき、へっへっへっ)が、一言記録として使えるので思いついたら書いております。

で、面白かったものだけ右のブクログ利用で長いコメント書いてます。
子供の絵本から、中学生へのおすすめ本、自分の好み(コミックもcatface)までありますので、このブログに立ち寄ってくださった方、ぜひともそちらもごひいきに。

右の本棚の本をクリックすると、その説明にリンクします。
そのあとは「本棚」をクリックで(左側に出てきます)、他の本にもリンクします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

同じの買うかあ?

同じの買うかあ?
校外学習のお菓子\200分。同じものを買う次男。しかも同じ味。
あまり見ないタイプのようです。せいぜい友達と交換してくり。
(こんがらがっちは面白いからなあ。その点はわかるけどな。)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

次男の一品

夏休みもあと5日ほどになったある日、次男の宿題で手つかずのものがあったことが判明。
野菜新聞…だーよー。

休み前に生活科で育てた野菜について、調べ、調理をしてレポートするという代物。

手つかず。

慌てて、育ててたトマトについてレポート。
(ここでハハ、デジャヴュ。3年前にも同じ資料で長男が同じレポートを書いていたぞ!)
Img_3215 そして、調理する次男。

ハダカです……。

あー、記念すべき初包丁体験なり。

Img_3222 そして作品001。

思ったよりも綺麗な盛り付けで感動する一家でありましたとさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「つぶやく」って気持ち悪いんだけどさー

「つぶやく」って、あちこちで聞かれるようになったけど、慣れない。むしろ気持ち悪い…。
webでもラジオでもなんとなく定着してしまった感があるけど、やっぱり使うには躊躇がある。

「つぶやく」ってのは、元来ひとり言であったり、不平不満をぽろりとこぼす時の表現だと思うんだよなあ。結果的に意見交換の手段にはなっていても、それをなぜに「つぶやく」と称するのじゃ??
ツイッター上で、ひとり言をみんなで言い合う…言葉の上だけだと痛~~い!

確かに、授業でもなんでも、ひとり言である「つぶやき」に耳を傾けることが、課題を発展させたり、打開点となったりすることがある。その点では「つぶやき」というものは、効果のある存在だ。

しかしだな…「つぶやく」というのは、純粋にひとり言がついっと口から出てくる「癖」である場合と、「誰か聞いてくんないかなー」っていう気持ちで出てくる場合とがあるでしょ。
この、一人ごとの体裁のくせに誰か受け止めてほしい、って発想見え隠れするのが、なんつうか、なんつうか、いやらしくって、恥ずかしい。

ま、ね。ブログだって、結局のところは長文のつぶやきなんだと思う。
記録したいという欲求は、誰にでもあっておかしくない。
ただし、それを公開するということは、一人ごと=日記の形をとりながら、他者からのレスポンスを期待するわけだから。こういう考えの人間がいると、こういう環境の人間がここにいる、と他者に知ってほしいわけだから。

はっきりと「発信=だれか聞いて!メッセージ」が感じられるブログは潔い。

声高に主張せずに、それでも誰かに聞いてほしい……なんだか都合がいいよね。

されど、ひとり言を誰かに聞いてほしいときだってあるのだ。
檄は飛ばせないけど、言いたいことはある……
いやらしいけど『枕草子』以来の日本人の伝統的表現形態ともいえまいか^^;)))。
・・・察する文化の体現なのか?これは?
「つぶやき」から「察しろ」とな。都合のいい表現方法でもあり、控えめな表現方法でもあり。文芸と芸術と「つぶやき」の境目はなんだ?
言いっぱなしか、責任があるかの違い…か?
思いつきか、計画的かの違いか?

なんか論文書けそうなネタになってきました^^;))))))))))。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2011 | Main | October 2011 »