« October 2011 | Main | December 2011 »

息子二人とドミニオン

「ドミニオン」というカードゲームを御存じでしょうか。(士郎正宗の方じゃなくて)

Dscn3421 ポケモンカードゲームのように、最初からデッキを作っておいて対戦するのではなく、各々がターンごとに手持ちの財宝カード(金・銀・銅貨)を使って購入したカードでデッキを構築しながら領土を広げてていくゲーム。
 でもって、最終的にこれまた購入する「属州」とか「公領」といったカードの点数で勝敗が決まるという…。

これに親子ではまってますwink

アクション(いってみれば技、かな)のタイミングや組み合わせが決まる快感~~~。
小5長男が食いつくのはなんとなく予想がついたけど、思いがけず小2次男もツボ。
ポケモンカードゲームで鍛えただけあって、飲み込みが早い。
最後の勝利点計算では、覚えたての九九を使って計算しているのがかわいい~~happy02

大体1ゲームが30~40分。
この短さもよいー。
「人生ゲーム」だの麻雀・オセロなんかに比べるとメジャー感は低いけど、かなりの戦略系。ワタシの中ではモノポリーに匹敵するゲームっす。
Dscn3422
←これ、パッケージです。
 日本版なり。

 やっぱ、ゲームは相手がいるのがいい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

TDSレポートあげました♪

今秋も行ってまいりました。母一人で三人引率ディズニーリゾートっ!
今回は初のTDSなり。

思ったよりもたくさんのアトラクションに乗ることができて、充実の一日でございました。シングルママ、行こうというと旦那さんが「え~~」と渋るお母様、引率一人でなんのその。ゆとりの動きで行ってらっしゃいませ。

何かの参考になればいいなの、TDSレポートは、こちら
(3部構成になっちゃった^^;)リンクで飛んでね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スカイツリー土産

スカイツリー土産
母が浅草に遊びに行って土産。
なんかムリムリ(;^_^?
でも雷おこしだもんな。あまり奇抜にはしてほしくなし。
おこしではコレが一番おいしいぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春のTDLレポートできた~~やっと。

春にTDLに、子供三人を一人で引率した時のレポートをあげました。いやあ、今まで長かった^^;))))))。

Dscn27910 あんまりお金をかけてない、かつ、アトラクションにがつがつしないスケジュールです。

レポートはこちら。↓↓↓↓

母一人・子供三人TDL 春の巻 その1
                    その2

よろしければごらんくださいまし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初めてのTDS

Dscn3300 秋は小学校も行事たくさん。ちょっと前に小学校の振休にワタシも合わせてお休みをとって…

初めてのTDS~~~♪
親一人、子三人~~。

TDLは何度か行っているので、一人で三人引率するのに躊躇はないんだけど、何分こっちは初めてだし…結構リサーチしてから行きました。(ワタシには珍しく)

ま、最年少も6歳で、よく歩くようになったし、長男小5はかなり役に立つので、とりあえず初TDS、開園から“ファンタズミック!”まで堪能してまいりました。

実は、春にも振休使って親一人、子三人でTDLに行ったんですが、レポートが追いつきません^^;))))))。このTDSも、やっと写真を整理しようという気分になり、ここで陽の目を見ております。へへ。そのうちまとめてレポートしますから…。

ちなみに、オットは遊園地が苦手…結婚前の交際中から、一番近所の遊園地がTDLであったにも関わらず、一度も二人で行ったことがありましぇん。そんなわけで、我が家では行きたきゃワタシが一人で連れてくぜ!という事情なのでありまし。

でも、そのうち絶対連れていくもんね。
(ぶらぶらするだけでも面白いもんねえ)
(ショーの場所取りしててくれるかも。かも!ふふふ。)

******************************************************

春にいったTDLのレポートをアップしました。(今頃!)
親一人・子供三人TDL その1  その2

↑ ここからリンクしています。ぜひお立ち寄りくだされ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

読んだ本は記録しよう

楽しく読んだ記憶だけ残して、あとはすっかり内容を忘れていた『ダヴィンチ・コード』。
二度楽しめるっちゃあ、楽しめるんだけどさcoldsweats01

映画でも本でも、内容をす~ぐに忘れてしまうのがなんだかもったいない気はしてる。
そこで意外に有効なのが、記録
断片的でかまわないから、タイトルと、感想を簡単にメモしておくと不思議と内容を覚えている。記録が、写真の代わりをするんだな。

写真を見ていると、その時の記憶がその都度甦るように、記録を書く時にまず内容を反芻する。書いたものを読むたびに、その内容やら印象に残った場面やらを思い出す。
そして、その繰り返しが長期記憶として定着していく。

記憶というのは、shine繰り返しと強いインパクトflairで、忘れないようになっていくものだから、これって理にかなってるんだよねえ。

生徒に勧める(つうか強制…)読書記録は「目標意識」や「達成感」getや、自分の読書傾向の俯瞰その他もろもろの欲張りな目的でやってるんだけど、大人の読書記録は、記憶するためのものとして使えるんじゃなかろうかなあ。

あまり肩肘はらずに、主人公の名前と感想を1~2行。そんな読書記録は、きっと読み返して面白いはず。読書の秋、レッツトライgood

※右のサイドバーからリンクしている、ブクログの「まりえの本棚」は、基本的に読んで面白かったものだけ書いてます。絵本から、自分の趣味まで……よろしかったらクリックして、まりえ&うちの愚息たちの大ウケ本をご覧ください。ブクログ、便利だしー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サスケマニア? by レゴ

親子で「SASUKE」の放送を楽しみにしている我が家。先月の放送時も、がっつり観賞。(録画して3日かかりくらいで見る^^;))。Dscn3251

終了後、触発された息子たちは、身体を鍛えるでなく…レゴでセット再現プロジェクト……おいおい。

←第一ステージ
 ステップスライダー。
ちゃんとロープがついてました。

Dscn3252 ローリングエスカルゴcoldsweats01

一応、回転して下っていく。こっちから撮ったら、「反対だよ!」と怒られた。この円盤、裏からみると、ミニフィグが貼りつけるように突起がついているのでした。

Dscn3253 ジャンピングスパイダーからハーフパイプアタックを望む。

ちょっと苦しいスパイダー壁。
透明パーツがあると良かったんだけどね~とは息子の談。
ハーフパイプ…は、一応ロープもさがっており。

Dscn3257 渾身の「そり立つ壁」

ミニフィグ入れて撮ってみた。

Dscn3255 スピンブリッジ~ロープラダー。

スピンブリッジは、連中考えて、ヘルメットが並んでおり。

ロープラダーのロープはないので、苦肉の格子組で代用…ははは。

Dscn3256 そして、ゴーッル!!!

最後までおつきあいありがとうございます^^;))))

| | Comments (2) | TrackBack (0)

公務員であること

教員をしていると「旦那さん教員じゃないんだ」と驚かれることが多い。(まあ単なる職場恋愛上そうなるってだけの話なんだが) うちのオットは民間企業の営業職っす。

昨今の経済状況にたがわず、いろいろ大変らしく、全社員対象の希望退職制度の説明があったりなんだりあるようなのね。冗談交じりに「キミ、やめないでね(笑)」というのを、近頃は本気かどうかどきどきしながら聞いたりして。

まあね公務員という立場は、民間に比べたら安定、なのだと思う。
(別に、公務員だからこの仕事を選んだんじゃないんだけどさ)
極端にいうと、企業努力をしなくても身は安泰…つうか。

けどさ「安定」だからこそ、常に自己批正を続けなくちゃいけないんだよ。
簡単に首が切られない代わりに、どんなにすごいシステムを作っても、どんなに良い評価をもらっても、給料は給料表以上には出ないし、教員に至っちゃ残業手当もないし。
(「給与が下がる」というニュースの度に、下がるモチベーションと戦ってるもん。)

自分の仕事への愛と誇りと責任感。
それだけを胸に向上を志して仕事する。
油断できても油断しない、そんな志を持ち続けないといかんのだよ。
そうすることを求められた上での「安定」ということを公務員は忘れちゃいけない。

だから「安定」だけで公務員を選ぶんならやめてくれって思う。
「公務員になりたい。安定してるから。」っていう子供には「ふざけんなっ」って。
「安定」ゆえの「責任」がそこにある。すげー高次な話だけど。
だから社会の公務員批判もある程度は仕方ないかとも思う。
(ただ、やみくもに給与を下げろって話ばかりが取り上げられて給与が下がると、それは結構早い段階で公務員の質を下げることにつながる。応募するのは志のある人か、そこそこの「安定」だけを求める人になって、能力の高い人が受験をしり込みするから。)

 だけど、(まっとうな)クレームを、向上の材料として受け止められる人と、そうでない人とがいるように、公務員批判を向上の材料として聞く人と、そうでない人とは、おそらく一定の割合で存在する。
 また、聞く耳をもっている人材はすでに公務員の自覚を持っている人で、ホントに聞くべき人は馬耳東風であったりする。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« October 2011 | Main | December 2011 »