« プレゼント記録また。 | Main | サスケマニア? by レゴ »

公務員であること

教員をしていると「旦那さん教員じゃないんだ」と驚かれることが多い。(まあ単なる職場恋愛上そうなるってだけの話なんだが) うちのオットは民間企業の営業職っす。

昨今の経済状況にたがわず、いろいろ大変らしく、全社員対象の希望退職制度の説明があったりなんだりあるようなのね。冗談交じりに「キミ、やめないでね(笑)」というのを、近頃は本気かどうかどきどきしながら聞いたりして。

まあね公務員という立場は、民間に比べたら安定、なのだと思う。
(別に、公務員だからこの仕事を選んだんじゃないんだけどさ)
極端にいうと、企業努力をしなくても身は安泰…つうか。

けどさ「安定」だからこそ、常に自己批正を続けなくちゃいけないんだよ。
簡単に首が切られない代わりに、どんなにすごいシステムを作っても、どんなに良い評価をもらっても、給料は給料表以上には出ないし、教員に至っちゃ残業手当もないし。
(「給与が下がる」というニュースの度に、下がるモチベーションと戦ってるもん。)

自分の仕事への愛と誇りと責任感。
それだけを胸に向上を志して仕事する。
油断できても油断しない、そんな志を持ち続けないといかんのだよ。
そうすることを求められた上での「安定」ということを公務員は忘れちゃいけない。

だから「安定」だけで公務員を選ぶんならやめてくれって思う。
「公務員になりたい。安定してるから。」っていう子供には「ふざけんなっ」って。
「安定」ゆえの「責任」がそこにある。すげー高次な話だけど。
だから社会の公務員批判もある程度は仕方ないかとも思う。
(ただ、やみくもに給与を下げろって話ばかりが取り上げられて給与が下がると、それは結構早い段階で公務員の質を下げることにつながる。応募するのは志のある人か、そこそこの「安定」だけを求める人になって、能力の高い人が受験をしり込みするから。)

 だけど、(まっとうな)クレームを、向上の材料として受け止められる人と、そうでない人とがいるように、公務員批判を向上の材料として聞く人と、そうでない人とは、おそらく一定の割合で存在する。
 また、聞く耳をもっている人材はすでに公務員の自覚を持っている人で、ホントに聞くべき人は馬耳東風であったりする。

|

« プレゼント記録また。 | Main | サスケマニア? by レゴ »

WM育児・教育観」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。
公務員批判に対する複雑な思い、よく分かります。
私の身内にも、公務員が何人かいますので。

>だから「安定」だけで公務員を選ぶんならやめてくれって思う。

これは本当に思いますね。
公務員って、「利他の心」がないとつとまらない、崇高なお仕事だと思うんですよ。だから、そういう方には「その仕事の対価として」それなりの安定したお給料を支払うべきです。
頑張っている人が報われて欲しいのは、公務員でなくても同じですけどね。

Posted by: miki_renge | November 04, 2011 at 02:42 PM

★miki_rengeさん
本当にねー、雑誌の特集見出しなんかを見る度に、公務員ってそんなに悪者なの??って思います。ううう。
みんな自分で選んで就職してるのに…試験とか面接とかクリアした結果なのに…とかとかとか。でも、託されている、ことを考えて粛々と仕事をするだけです。うん、粛々と。

Posted by: まりえ | November 06, 2011 at 06:17 AM

ご了解をえずにリンクさせていただきました。申し訳ありません。
とてもとても同感同意見です。

Posted by: hatt | November 07, 2011 at 01:13 AM

★hattさん
いえいえ。まっとうなサイトからのリンクは大歓迎です♪

Posted by: まりえ | November 10, 2011 at 05:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/53149772

Listed below are links to weblogs that reference 公務員であること:

« プレゼント記録また。 | Main | サスケマニア? by レゴ »