« February 2012 | Main | April 2012 »

小学生、いっせいに年度末整理

春休みの(親の)休日。まずすべきことはコレ。

① 上履きを洗わせる。
② 道具の不足を点検させる。
③ 教科書とプリントを整理させる。

うちは子供複数なので、教室と同じように一斉に、時間をとって監督しながらやります^^;)))))。「やっといて」なんて、絶対無理だからっ!!

さて③。
子供たちには、紙袋とゴミ袋を渡します。
教科書&プリント用、図工なんかの作品用、捨てるかどうか迷ってるもの用。ゴミ袋は当然、捨てるもの用。
しかも、新小6がいるというのに学習机も買ってないから個人収納スペースが少ないっ!
(この家庭内葛藤についてはまた…^^;))))

さて、いろいろ葛藤の末、
テスト・プリント類===束ねて廃品回収。
 
 
ノート類===授業用以外は廃品回収。
教科書類===紙袋ごと、授業のノートと一緒にとりあえず押入れ。

 脳みそで考えると、プリントは返ってきた時点で、教科書も学年が終わった時点でその役割は終わってる。
 でも子供たちにとって、プリント類は目に見える学習の量。右から左へ捨てさせられないよー。でも、うちは蔵じゃないから…捨てるしー。せめて、振り返って処分しようと。
いわば春休みの、これは儀式

 大事なのは、テストを持って帰ってきた時点で、ものすごくほめておくこと(反省材料になることも…ハハハ)。
  それから、まとめたときに教科書・ノートと共に「こんなに勉強したんだね、すごいね!」と振り返らせてほめておく。こと。これで、お役目終了かなあ。

 中学生になれば、ノートは「作品」あるいは「自分用参考書」にもなるので、中学時代通して保存の価値もでてこよう。受験もしない小学生。だからね~、未練うすし。ノートについては「練習目的」のノートは即処分。「記録」だったものは、教科書と一緒にしばらく保管です。

面倒なのは「名前」かなあ…。昨今の状況からすると、名前つけたまま廃品回収ってなんとなくまずいような、そこまで誰も気にしてないような…と葛藤したあげく、今のところテスト・プリントは燃えるごみ。名前消すのは手間かかりすぎ。エコじゃなくてごめん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ザクin 冷蔵庫

ザクin 冷蔵庫
無駄遣いだろ!という自分の声に負けました。
ザクの中身は豆腐でし。

いつまで存在するのか気になるぞ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ドーナツも作ってみた

ドーナツも作ってみた
野菜ジュース入り。
これまでで一番おいしい。どうしよう。
がんがん食べてしまいそうだよー。

レシピのバター→サラダ油、
牛乳→豆乳 に変えて作ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バナナとナッツのマフィン

バナナとナッツのマフィン
春休み!お休みとってお出かけしよう!
と、お弁当代わりにマフィンなんて、おしゃれじゃない〜?てなわけで夜中に憑かれたようにキッチンに立つハハ。うーたべちゃいそう。

当然だけど、牛乳アレルギーの娘もOKgood

レシピそのものに乳製品使われてないので重宝してます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

牛乳アレルギー:パーティのお菓子

ちょっと前にあった、従弟の誕生日。
プレゼントにお菓子を作ることにして、兄二人がドーナツを、娘がクッキーを担当。従弟にはアレルギーはないのだが、まあ、当日みんなで食べられるものをということで。

Dscn3763_2★焼きドーナツ★

例のドーナツメーカーで大量に作ったドーナツにデコレーション。(ばりつきよ)粉砂糖でのアイシングなら牛乳アレでも大丈夫。

ピンクと黄色のアイシングに、さらにアラザンやら色砂糖でデコデコ。きれいにできたものをクッキーの巻に入れてラッピング。Dscn3716

こんな感じでパッケージして渡しました。
残りのドーナツは、パーティでみんなで食べるように山盛り。

★クッキー★

Dscn3715
保育園の“クッキング保育”で娘が作ったという、乳成分なしのクッキーレシピを栄養士さんに教えてもらって、我が家で再現。

型抜きではなく、粘土みたいにいろいろ造形して焼くというもので、創作意欲を刺激しちゃうタネです。
従弟にあげるということで車の形とかUFOとか。

冷ましてから、ドーナツ同様アイシングして、さらに乾かしてからラッピング。素朴な味のするクッキーになりました。アーモンドパウダーとか生地に混ぜたらさらにおいしくなりそう。

★番外:パーティスティック★

Dscn3707ウインナーを縦に4つに割って、餃子の皮でまきまきして揚げる。お手軽パーティスナックの出来上がり♪

兄たち用にはチーズでまきまき。

揚げるときには、チーズが影響しないようにウインナーの方を先に揚げておくと安心です。
チーズとウインナーの容器も別にしておくと間違いもなし。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

牛乳アレルギー:楽してごはん~パンの巻

以前パルシステムの食パンのことを書いたんですが、働くハハにはパンは強い味方。
  →アレ娘のパン

パルシステムのパンには牛乳なしパンのバリエがあるので助かっています。(CM!?)
Dscn3704★パルのパニーニ★

2枚にスライスして、いろいろはさんでボリューミーなサンドにして、軽くトースト。歯ごたえもあって我が家の大人気。レタスは多めがおすすめ。

スーパーなんかで買ってくるのも、イギリスパン系、フランスパン系、ドイツパン系は牛乳なしのものが多い気がします
ナッツ、ドライフルーツ系のパンもたまにしか買わないけど、食卓に彩り~~cherry 探すと結構あるもんです。

★パルの白パン★
Dscn3784直径7㎝くらいの丸パンが5個入ったセットで販売。ふんわりした食事パンbread
兄たちがバターロールを食べるときの代替品
それから、調理パンですませてしまう食事時に、冷凍のハンバーグやら買ってきたコロッケやらとセットにして、簡単サンド。(6歳になったので切り込みいれておけば、セルフサンドします。こちらは出すだけ♪)

そういうときのための彼女専用。
そのままにしておくとすぐカビてしまうので、冷蔵庫に保存
食べる前に軽くトーストします。
(試してみたんだけど、冷凍すると食べるのにちょっと手間がかかる…)

Dscn3702★イケアのソフト麦ブレッド★
イケアの食品コーナーでみつけた薄焼きのパン。6枚(あれ?5枚?)入って¥199。よくみたら娘いけるじゃん!
冷凍状態で複数購入。
食べる前にほんのちょっとトーストすると冷凍庫からだしてすぐ食べられます。何もつけなくてもほんのり甘くて、むしろ兄たちが大絶賛。

Dscn3703_2お皿に乗せるとこんな感じ。
野菜をはさんだりしてもおいしい。

イケアにいくことがあったらぜひ冷凍品用バッグ持参で試してみてみて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

牛乳アレルギー:楽してごはん~スープ系

牛乳アレルギー娘に食事を作り続けて6年。慣れるとそれなりに腹もすわる。Dscn3700

我が家のメニューからグラタンは完全に消えたけどね。
ずぼらな適当料理の自分が、重宝しているものご紹介シリーズでっす♪

★中華スープの素「香味」by味の素★
アレルギーじゃなくても、あるとやったら便利です。
スープベースは、市販のコンソメ系はだめだめなので、生協の「チキンブイヨン」「野菜ブイヨン」、Dscn3782


ディアスープの半練タイプの「チキンコンソメ」。このあたりをよく利用しています。

Dscn3779★シチュー系★
シチューの時は、いまだに懐かしの“とりわけ”。
娘の分だけ小鍋で「シチューの王子さま」(S&B)。けど、これのおかげで我が家にクリームシチューが復活したんですよ~。

それからキャンベルスープ缶で汁もの楽しようとするときにありがたいのが「ミッキーのシチュー」(ハウス)。数少ないレトルトパックです。

そして、最近発見した「スープの王子さま」。カップポタージュスープなのhappy02
これで、やっとカップスープを兄たちと一緒に出せる!うれしい~~!!S&B食品えらい!すばらしい!
ただねえ、扱ってる店が限られてて…見つけたら即買い。

★フリーズドライのスープ★
卵スープ系は大体OKの模様。
クノールのも、トップバリューのもOK。
わかめスープは、時々乳糖入りなので注意。

忙しいママさん、がんばろうねえ~。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

手軽なリフレッシュ~ハンドクリーム

小学生のころから手荒れがひどくて、ハンドクリームを手放せない生活をしております。手のがさがさで、履いてるそばからストッキングが伝線しちゃうとか、めくってる本に血がつくとか(ひー)そんなんだもの。職場の引き出しにも、バッグの中にもハンドクリーム入ってます。
子供たちにも遺伝しちゃってて、ハンドクリーム親子gawk。ずっとユースキンとかアトリックスの「薬用」を使っていました。なんたって手荒れに効く!

Dscn3781そんななか、この冬の新境地は“いい香りのクリーム”。
ロクシタンのハンドクリームシリーズ…自分の中ではちょっとした事件bleah

使うたびに、いい香りがふあ~~っheart04と。
いらいらも収まるって。
あー、がんばろって思える。
ちょっとくせになりそうです…。
若いころは、香りってファッションだったんだけど、自分がリラックス・リフレッシュするのにかなり有効なんですね。

写真のクリームは、ロクシタンの“デザートローズ”“チェリープリンセス”、それからお土産にもらったよーじやの“まゆごもり”。どれも肌へのなじみもよいし、べたつきも少ないです。

※でもね、手荒れのひどいとき、眠る前はやっぱりユースキンなのよ。においが思いっきり薬なんだけど…効く……。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

哀れなり男子の箸箱

箸箱って、割れるよね。
去年、兄貴ふたりが相次いで箸箱を破損しおり。割ったからってすぐ新しくするのもな~~と、かなり情けない体なんだけど「大事に扱わなかったのが悪い」と、しばらくそのままもっていかせてた。学年も変わるし、大分がまんしたよね、と新しいのを買うべえーと選びにいって固まったハハ。

男子の箸箱のバリエーションのなさって何!?

キャラモノでうれしい低学年はいいんだけどさ、ポケモンにしときゃうちの息子2はうきうきしてるんだからさ。高学年にまるで選択肢ナッシング。結局“無地・黒”。ワンポイントもありゃしない。

女子はプリキュアなんかのキャラキャラしたのを卒業したら、うさぎさんだのテントウムシさんだのティーン向けのグッズに移行できるのに。
しからばと、ユニセックスなものを探しても、なかなかないのだなあ。
いきなり真っ黒オンリーの箸箱だよ。弁当箱もしかり。
せめてカラーバリエくらいあってもいいのに…そりゃあ、ネットで探せばそこそこ選択肢はあるけどさ、そこら辺のお弁当箱コーナーのあの男女格差はなに??
(スポーツブランドの文具ってのも、いまいち理解できないが)

男子って、気にしないの?
なんかこうレインボーな柄とかチェックな柄とかそんなん関係ないの?
……気にしないんだろうな……^^;)))))))ははは。
親が(ハハオヤが)つまんないだけ。

……これって、赤ちゃん服を卒業したころにも感じた疑問と共通してるよね。
男子の服って、普段着るのを躊躇するような「おしゃれキッズ」な服か、いきなりナイキやアディダスのロゴ入りか、ユニクロになっちゃうの。
なんかこう~、普段使いの、それでいてシンプルでかっこいい服って…その辺でさっと買えればいいのに……って。

かような需要がないから、供給もないんだなgawk
鉄板のキャラがどうでもいいお年頃になると、デザインものは供給的にリスクが高いんだろうかなあ。そうしてセンスとは無縁の男子が大量生産されてはいるんだろう。ふえー。
(で、デジもののスペック大好き男子と、素材こだわり男子が増えていくんだ…きっと…)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アレルギーもって入学だぜ~学童保育

娘の牛乳アレルギーはほとんど改善もなく、とうとう小学校入学まできてしまいました。
入学説明会で養護教諭をつかまえて給食対応の概要を聞き、関係書類はすでにget。今月診断書を書いてもらいに医者に行ってきます。

さて、娘にも申請していた放課後学童保育の入所通知がきて、晴れて4月から学童保育デビュー。ここでも実はアレルギーがらみの問題が一つ。
学童保育ではおやつが出る。
cakebananacakebananacakebananacakebananacakebananacakebanana
“先輩”の兄たちによると、ジャンクなスナック菓子から「ミニあんぱん」「茎わかめ」なんてもんまで不思議なおやつが日替わりで5~6種類登場。その中から自分が食べたいものを選ぶ“カフェテリア方式”catface。飲み物は麦茶がでるとか。
で、毎月「先月のおやつ」とプリントで報告がきて、ひと月おやつ代¥2000。

試しに、報告リストを見ながら娘が食べられそうなものにマーカーしてみた。うーん、3分の1。そいつを携えて、オット学童保育説明会に参加なり。

結果、あらかじめこちらからおやつのストックを持参して預けることになりそうです。
1~2週間分を用意してお迎えの時とか、土曜とか(土曜も開所している)行けるときに。
その中から、その日のおやつに近いものを指導員の人に適当にセレクトしてもらうとか。
まあ、アイスとか生系は無理だなあ。仕方あるまい。

で、昨日、現役学童保育利用中の次男をつれて、オット、おやつリサーチのお買いものへ。次男の「これは出てくるよ」というガイドで目星をつけてきたようです。先輩は頼りになるねえ。

うちの娘の場合、コンタミまで気にしなくてもいい程度だし、隣で兄貴たちが牛乳系おやつを食べていても大丈夫なので、気を遣うのはここまで。あとは「ちがう」ことを保育園同様、ほかの子たちが理解してくれることを願うばかりなり。

さて、給食対応のほうが面倒かもな。それは、これから!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

額にいれてみよう

仕事の話書きたくない病なので、逃避のように家のことばかり。

子供が小学校に入ったら、こまこまと賞状をいただくようになった。ありがたや。
クラスで5人くらいはいただける比較的配布率の高いものとか、お金(参加費)払うと必ずなんかの賞がもらえる書初めとか、そういうのなんだけどさ^^)。

額にいれてみた。

なんかそれっぽいよ~~。
¥100の額なんだけどさ~、裏の押さえなんか段ボールなんだけどさ~、なんだかそれなりにキリリと締まるんだよ~。

珠算とか、武道とかそんなんの級の合格証書も入れてみた。
何やらものすごい格の上がった証書みたい。たとえそれが「準十級」でも…^^;)
(準十級って、なんじゃそりゃあ・・・・!)

まあ、額だけ目立つと部屋の中で浮いてしまうので、額の色味は統一して買っています。これだ!と思った額をまとめ買い。(A4は重宝しまっせ!)そんなこんなでリビングの一角は、今額だらけ。飾られると子供たちも、とても嬉しいみたい。ふふふ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子供の留守番ルール

幸い、留守番に誇りをもっている長男。
鍵かけばっちり。電話の扱いも見事なり。(親バカ)

どうしてもねー、高学年になると留守番の機会が増えます。つうか任せられるようになってきた。でもでも、心配は尽きないご時世ですからね、いくつかのレクチャーをしております。

1 鍵  「開ける前に周りを見ろ」
一人暮らしの女子が襲われるのって、ドアを開けた瞬間一緒に入ってこられちゃうこと。
子供も同じよ。周囲を見て、変な人がいないのを確認して開けなきゃいけませぬ。

2 またもや鍵 「鍵を見せるな」
よく首からかけてる子を見ますが、かけてもシャツの中に入れて外に見えないようにしなくちゃ。かぎっ子なのバレバレ。

3 電話 「かかっても出るな」
親からの電話は、留守電に切り替わったところで「おーい」と声をかけるから、それから出ればよろし。留守がばれるという考え方もあるけど、子供一人だというのを知られるよりマシ。

4 こちらから電話 「気になることはばあ様の家へ」
主だった頼れる番号を壁に貼ってあります。
放課後遊びに行く時には、祖父母宅に連絡してから。

5 ピンポン 「でなくてよし」
祖父母にはうちの鍵を渡してあります。入っていい人は鍵を開けられるから。誰が来ても無反応でよし。(息子は「気配を消」して対応しているそうです…楽しんでるやろ)

6 地震・火事 「とんでもない揺れだったら、いったん収まったあとに近くの公園へ」
避難場所を決めました。すぐに出たら危険だよ。
家の鍵はかけて。
まずは近くの公園へ。揺れが続くようなら、近所の人と小学校へ行け。

7 「親の留守中は友達でも家に入れるな」
これは、中学以降の「たまり」防止の対策っす。
外遊びか、親のいる家へ行って遊べ。と。お世話になってるママさんには保護者会で丁重にご挨拶。
あ、持たせるおやつの袋も常備なり。

いろいろ書き連ねてみたけど…子供を一人で留守番させるのも大変だけど、留守番する子供はもっと緊張するんだろうなあ。気を遣うんだろうなあ…。ちょっと泣きたくなってきたよ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

オット@インフルエンザ

もしかしたら無駄になるかもなと思いつつも、病は気から、毎年インフルエンザは予防接種を受ける。子供たちと、ワタシだけ。
さすがに大人なので、オットのほうはオットに任せて、こちらからは特に強制はしないのだ。
自分は、職業柄ばらまきたくないし、またいただく可能性も高いので、お守り代わりに欠かさない。今年のインフル接種代¥21000ナリshock

流行も下火になって、なんとかこの冬は乗り切れるかな?と思った矢先に、オット罹患。

ばかもの~~~っwobbly!!

彼なりに気をつけてはいるんだけどさ。
毎年誰よりも早く、予防のためとマスクを着用して通勤。
でも、かかっちゃうと接種してないから?と余計に文句もこぼしたくなるぜ。

熱でてないから服薬してやたら元気なオットなんで、彼自身に心配はしてないのですが…とりあえず、みんなで家庭内マスク。寒くても喚起。今週が卒園式でなくてよかったよ…まったく。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

大もらいなき大会~保護者会

保育園の各クラスの保護者会が立て続けにあった。詰まってるなぁとは思いつつ、最後の保護者会になるし…と職場早退して参加どす。
先生たちが、園での生活のひとこまひとこまを写真撮影して、スライドショーで見せてくれる。こういう“おみやげ”ってうれしいんですよね。
(中学になっても、こういうのは保護者に喜んでいただいてマス)

さて。
恒例「この一年の成長などをひとことずつお願いします」コーナーがやってきた。
今回はすごかった。や、考えたら、この時期の保護者会はいつもそうだった。

保護者の落涙率高し。

いろんな子と関わりながら生活するなかで、人見知りだった子が、暴れん坊だった子が変わっていく。一人っ子が「お姉さん」として小さい子を助けている。病気がちだった子が、毎日登園を楽しみにしている・・・。

そんなことを思い出して、うっweepと詰まってしまう人の多いこと多いこと!!

毎年、卒園の保護者は泣いてるんだけど、今年は初めての育児、って方に多いような気がしたよ。(卒園式はまだだぞ^^)。

きっとそれはこれまでの、子供の成長を振り返ると同時に、ママさんが心配してきたことの分量。がんばってきたことの量。

仕事しながらさ、いろんなこと葛藤してさ、がんばってきたんだよね。

みんなでもらい泣きしながら「母」たちの(その日は父はいなかった)不思議な連帯感をもって、保護者会は終わったのでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2012 | Main | April 2012 »