« June 2012 | Main | August 2012 »

久々の“CLUEDO”だ~~!!

もう、自分内大ニュースなのは、懐かしいゲームが復活発売されたこと!
ご存じですか?「CLUEDO」。すっごいシンプルな犯人捜しゲーム。

犯人、犯行現場、凶器がそれぞれカードになっていて、あらかじめ一枚ずつ抜いたものをそのゲームの“事件の真相”として、袋に入れて別置き。
残りのカードをプレイヤーに配って、ゲームの進行の中で事件の真相を明らかにしていくというもの。論理ゲームに似ており。消去法を記録する専用のメモ用紙が束でセットに入っているのもわくわくの材料かも。

Dscn4220_2
子供たち、はまったよ~~ん。
ふふふふふ。
小1は誰かと組んでました。シングルでトライしたときは基本はわかったみたいだけど、小さなルールが理解できずに、兄にいらつかれてむっとしてたようですcatface。小3からは問題なし。

ゲームの基本は変わらないけど、ゲーム盤や小物のデザインに時代の変化を感じます。まずもって、犯人カードがハリウッド風ポートレートcoldsweats02
Dscn4221_3

昔のって、映画ポスター風のイラスト。今思えばかなりレトロな雰囲気。ゲーム版のデザインも(これはこれで子供はときめいてますが)40年代風だったなあって思い出します。
Dscn4223_4
ゲームのコマに至っては残念の極み…crying。かつてはカードのイラストに対応した胸像風のコマに、最大級のオリジナリティがあったんだけど、今回シンプルな人型になっちゃった。

実のところ、このゲーム私の中では3代目。
最初の盤は、小学校の時父が買ってきたんですよねー。(理由わからず。ほとんどのおもちゃがお下がりだった我が家なのに。安売りだったのかな?モノポリー、ツイスター、クルードの三点セット。今も売れてるロングセラーだから、それはそれで目が高いぞ、父)
友達にも布教してたけど、いつの間にか散逸。
2代目は、20年くらい前に買ったものの・・・飲み友達の家かなんかに置きっぱなしにして、そのまま行方不明。(「捨てていいよ」とかなんとか言っちゃったんだと思う…)
Dscn4224_2

で、去年あたりから子供とやったら楽しいだろうな~と探したものの、売ってない!
本と同じで、こういうものに関しては、ロングセラーだからいつでも買えるだろうっていうのは幻想なんですねえ。版が変わるなんて大人にならないと気づかないよなー。今回もデザインが全く変わってしまっているし。そうだよ、モノポリーも人生ゲームもデザイン変わるもんなあ。ものによっては安易に捨てちゃいかんですね。(こうして人はコレクターになるのかも)

そうそう、一番大きな時代の影響はここかもしれない。
コピーは「大邸宅で発生した失踪事件を解決しよう!」
かつては「殺人事件」でした。
ゲーム中、推理をするところでは「○○が××で~~を使って殺した」と宣言してたのを「脅した」と宣言するように変わってる。
家族で遊ぶゲームとして殺人ネタってどーよー、ってな展開があったんだろうなあcoldsweats01と、想像するに難くない。それでしばらく発売が中止、新デザイン開発されていたって考えるのも自然かもねー。

にしても…「ピストルで脅し(て失踪させ)た」のはわかるけど「ロープで」「燭台で」って…無理があるわな、とは突っ込みなしか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

歴博に行ってきたよ~ん

千葉の佐倉市にある国立の博物館。
歴史民俗博物館・・・略して歴博。今回気づいたんだけど、道路から見える案内板も「歴博」表示なんですね。

Dscn4191_2一日じゃあ回りきれない充実の展示に、3人つれて午後から挑んでまいりました。

もう、はなから後半の展示室みるつもりなしcoldsweats01。詳しくは「3人子連れでおでかけ」の方に書いたのでそちらへジャンプしてください。
↓↓↓

pc「歴博へおでかけ!」

案の定、6年男子狂喜、低学年2人即効飽き飽きモード。やれやれだぜ。

近いうちにリトライしまっす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

読書で避暑

ホラーもよさそうなんだけど、どうもその分野は苦手。
わたしが毎年、人に勧めているのが「山岳小説」。
そんなに数を読んでいるわけではないけど、まず例外なく涼しくなれるって!!

book『八甲田山死の彷徨』 新田次郎
明治時代の装備で、冬の八甲田山!しかも吹雪で遭難!もう、雪まみれで前後不覚に陥ることができる本。

book『聖職の碑』 新田次郎
これも山で遭難する話だが、教員としては突っ込みどころ満載。ひたひたと迫る予感から来る寒さも体感できる。(涙もろい人はご用心を)

book『芙蓉の人』 新田次郎
おお、また新田次郎!富士山頂での気象観測に賭ける夫婦の物語。寒いぞ!富士山頂!

book『南へ エンデュアランス号漂流』アーネスト・シャクルトン
南極探検に失敗後、生還するまでの回想記。割れる足元、風吹きつける無人島、雪山越え。常に氷点下。

book『南極大図鑑』(小学館)
オールカラーで、氷山!オーロラ!クジラ!
写真で涼んで、解説でひたる。南極探検ものを読むときのハンドブックにも。

book『ホワイトアウト』真保裕一
真冬のダムでテロリストと闘う男、富樫。夢中になって読んで暑さを忘れるだけでなく、全編雪山の寒いことうけあいの一冊。

book『クジラが見る夢』池澤夏樹
素潜りの達人、ジャックマイヨールとのひととき。光の差し込む海中をただようような文に揺られて、至福の時間を味わえる。

右のブクログで、面白かった本を少しずつ紹介しています。夏におすすめの本を一ページ目に集めときますので、お暇でしたらどぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夢のはなし ひとりごと

スキマスイッチの歌で、てめーのゆうべの夢の話なんてつまんねーんだよ、ってな歌詞がある。それを聞いたとき内心「やば~~coldsweats01」って思ったのは、自分の見た夢がそれなりに面白くて、時々人に話したくなるからなのだ。

別にストーリーが面白いのではなく、ここでこういう展開になるか!といった、接続の妙なんだけど、確かに、人に話したところで「だから?」って反応になるのは至極当然coldsweats02。聞かされてもコメントに困るよね~。

でも、起きてからも結構覚えている、夢のステージや展開は自分でも結構興味深くて、若いころは朝、夢日記までつけていた^^;)))))))。場面を文にするのは思いのほか面倒で、ちょっとの場面なのに、比喩を使ってみたりなんだりでプチ膨大な文章になることもある。絵コンテ状にすると説明がしやすかったりする発見、スローモーションでクローズアップ、どこからどこまでが夢で、どこからが思い返している時間の記憶上の脚色なのか…考えてるだけで興味と妄想が広がっていく…のも楽しいんだ、これが。

なんだか“自分らぶ”って雰囲気が漂ってちょっと気持ち悪い…という自覚はあるんだけど….

自分の夢にはとにかく大勢の人がでてくる。30人以上は当たり前。
これも職業上の理由かねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あー明日から弁当だ~~~

夏休み、夏休みなんだけど・・・やっぱり忙しい夏休み~~。

学童保育は毎日弁当持参だよ~ん。
2人行ってるから2人分だよ~。
あ、私の分もあるから3人分だよ~♪
長男だけは、ばーちゃんち~。

宿題リストを書いて貼ったよ~、3人分~。
学童では、感想文は書けないよ~。
自由研究もできないよ~。

やるのは結局親が休みの日~と、平日は夜だけ~。
いつもと家にいる時間は変わんないのに~、
宿題の量だけが膨大な~♪
あ~あ~夏休み~~~♪

あ~あ~、自分が適当でよかった~。
完璧人間じゃあなくてよかった~。
あ~あ~、旦那も適当でよかった~。
完璧人間じゃあなくてよかった~。

・・・メロディつけて動画流したろか・・・・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

アレ娘 レストランに行く

最近、ちょっとしたお祝いごとがあって、私の父母と妹夫婦と大所帯で食事に行った。(“サンマルク”というチェーン系のレストランで、ファミレスよりもお高めだけど気軽な感じのとこ)アレルギー娘には重宝したのでご報告をば。

Img_00308歳以下限定のプレートはキティちゃんheart01

あけるとこんな感じ。↓↓↓
Img_00291

アレルギーの内容で、中のメニューを変えてもらえます。
メインメニューはチキンの照り焼きに変えてもらいました。デザートもミニチーズケーキ→ゼリー。
それから、この店はパン食べ放題。その中から、乳成分のないパンだけ選んでサーブしてもらいました。2~3種類あるんだよねー。

HPを見ると、アレルゲンの一覧がしっかり掲載されていて、ある程度食べられるメニューがあるのがあらかじめわかるので安心して行くことができました。全国チェーンだってことを生かしてるよね。こういう配慮ってありがたいです。店員さんとこちらの打ち合わせもとても丁寧でした。

Img_0031←男子バージョン。
(代替してないメニュー)

おみやげがついて(ハンカチ)¥890。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏休みの家族の動き 予定表つき

ああ、夏休みがやってきます。
どうなのかなー、共働きの家の子供の夏休みって・・・それなりにやっぱ嬉しいなあって思ってくれんのかなー・・・・と毎年自問しつつはや10年を過ぎました。

保育園児はともかく、学童に行ってる連中は、油断してると大物の宿題がかなり厳しいのが夏休み。学童で工作とか、絵とか読書感想文ができないから……(うちの学童は)。結構そこんとこだけは厳しいっす。

それから、学童なしになった兄貴の預け先。さすがに親の働いてる時間全部を留守番ってのもなんだかな。→基本的に、近所の祖父母の家に宿題もって通い、じじばばの家のお手伝い要員として活躍するように。遊びに行くのもそこを基点にさせており。

自宅&じじばば宅用の夏休み予定表作ったついでにアップしておくので、これから予定立てる方、よろしければご利用ください。エクセル2010用です。
「summer24.xlsx」をダウンロード

★家族5人分の動きをそれぞれ入れられるようになっています。
★文字数に応じてフォントは小さくなるようにしてありますが、うまくいかない時は手動で…^^;)))) 8~9ポイントにするとALTキーで予定を2行入れられます。
★A4で2枚の大きさになっています。
★ページ設定で余白を「狭い」にしてちょうどよいサイズ。下部は余ります。

かわいげもなんもないので、適当にクリップアートなんか貼り付けてご利用ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏のうれしいとこ

お盆の時期のお参りに、実家に子供3人連れていった。
お供えとは別に手土産にケーキ。(ダイエット中なので、久しぶりに買ったよ・・・)

夏になると我が家的にありがたいのが、どの店でもゼリーのラインナップが増えるところ。
201207141702001
キラキラしたゼリーが数種類あって選べるって、牛乳アレルギーにはありがたいheart01

アレルギーじゃないうちの連中も、妹につきあって我慢してるものも結構あるからねえ。
そんなわけで、みんなでおいしくいただきました。

201207141701000


| | Comments (0) | TrackBack (0)

男子親の耐性

長男小6の保護者会では、「今日は長くなるわよ…」との母親たちのうわさがあったらしい。実際、始まってPTAや担任からの連絡が一通り終わったあとだ。一人のママさんが切り出した。

 内容は大体「娘は男女の仲の良い、このクラスが大好きだが、最近のクラスの様子に心を痛めている」とな。実は話を聞いてて、何のことを言っているのかまるでわからんかったのだ。具体的に何が起きているのかは一言も言及されてない。
 ついで別のママさんが「連帯責任で怒られてばかりで納得いかないと娘は話している。がんばりが消えてしまう。複数の先生で対応して、担任ががんばっているのはわかるが、それが保護者に見えないから不安になる。もっと知らせてくれれば、子供にも、先生の行動をふまえて対応を話せる」とな。

 なんとなく「アレか?」と思うものの確信がもてなくて・・・近くに座ってるママさんたちと「何?何の話?」って話したところ、近所2~3人みんな「?」が飛んでる^^;)。
やっとひとりが「○○くんのことよ」と教えてくれた。

ああ、ああ、彼ね!

 我が家で彼の話が食卓に上らない日はなく、「今日の○○くん」って半ばコーナー化している彼だ!中学なら、どのクラスにも一人はいる、授業中だら~~っとやる気がなくて、先生にも反抗的で、掃除とか歌とかおよそまじめな作業は遊んじゃって、友達をつんつんつつくような・・・・彼!彼のせいで、宿題が増えたり、全体で怒られたりが多いと、息子から聞いている。

 その日は、○○くんのハハも出席しており、実名いうのが憚られて、なにやら曖昧な話になっちゃったのだろうなあと理解。
 中学だと、担任、教科担任でいい方向に持っていくのが定石だから、少なくとも一人くらいならクラスのメンバーも対応できるんだけど…。確かに、息子の担任は心もとない…管理職もいただけない(アレルギーの件で失望中。ママさんたち、お気持ちお察ししますweep)。

 でもさ、そういうメンバーもいるクラスで、子供は鍛えられていく・・・つうか適応力をつけたり、解決力をつけたりするもんでもあるんだよな。担任の采配に疑問が生まれるというのは、思春期ならでは!成長の証だ!そうしたら、その疑問を生徒サイドからの解決のエネルギーに変えることだってできるのさ。なにもかもがおぜん立てされた環境で思春期以降過ごせるわけがない。や、むしろ思春期に無菌状態じゃ、高校、大学、あるいは社会でつぶれちゃうよ。まあ・・・担任のサポートがいるんだけど・・・。

 (と、事態がのみこめず、当日は何も発言しなかったんだけど)紛糾するかと思われた保護者会は、結局2人が意見を言っただけで終わってもうた。

 会の後、立ち話のママさんたちの反応は「○○でしょ~、しょうがないよね~」で、終わり。おお??この事態の受け止め方の温度差はなんだ?・・・・・解決です。そこにいたのはすべて男子のハハ。そういえば、意見を述べていたのは2人とも女子ハハだった。男子ハハ、耐性高いです。ええ、クラスが連帯責任の時は、すねに傷もつ男子ハハバイブルは西原理恵子の男子ハハ。

 ワタシ自身の「それほど深刻か?」という感覚は、教員の感覚だと思うから、容易に口にできなかったので、ちょっとほっとした。逆に、女子ハハ、あるいは女子生徒はこういう事態がものすごく心配なんだというのも肌で感じた。(無論、男子ハハでもね)
 これまでもクラスで何かコトが起きると、事件と対応は報告してきたつもりだし、「思春期はこういうことがあります」って予告、紹介もしてきた。一番心配している人を安心させるような対応が、教員のすべきことだよなって思う。いろいろ感じた保護者会だったさ。

※そうそう、学校がらみのいろんな事件が報道されてます。それらに対してココではコメントしません。いろいろ考えることはあるけど、事件を自分は報道でしか知ることができないから。報道は、事件の切り抜き。一方的だったり恣意的だったり、意図的に取捨選択されていたりする。コメントするとすべてにおいて「・・・ならば」っていう仮定前提でのコメントになってしまう。怖すぎです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

レゴってすごいね。明けても暮れても

男子が何して遊ぶのかって、とかくハハにはわからないもんらしいっす。ワタシも男子というのは外で走り回るか、内でDSやるかの二択だと思ってましたが・・・。レゴでなんかつくっちゃあ、ミニフィグ(レゴの人形)配置するのに腐心している、うちの次男。男子にもいろいろあるんですねえ・・・。
Dscn4034宿題よりレゴ。
スイミングよりレゴ。
飯よりレゴ。
友達と遊ぶよりレゴ。
(つうか、友達とレゴで遊びたい…が本音か)

座右の書はレゴのカタログ。
出かけるならレゴショップ。

新しくできたレゴランドなんて行った日には、親はずーっとどっかでお茶しててもいいくらいうっとりと一日をすごすはずcatface

(元)女子であるハハの目に不思議だったのは、組み立てモノっていうのは、組み立てることそのものが目的で終わるんじゃないってこと。そこには子供ながらに、大仰な言葉でいうと表現したい「世界観」や「物語」が存在するようなんですね。女の子が人形遊びするのと、似ているようで似ていないような。

Dscn4167←最近凝っているのは「ニンジャゴー」の世界。
ギミックたっぷりの「館」を作るのに余念がない。

ニンジャゴーとは・・・・色とりどりの忍び装束で修行に取り組み、悪の軍団に立ち向かう、身のこなしのみならず、ノリも口も軽いニンジャたち。ドラゴンを操るだけでなく、「サムライロボ」をはじめとした数々のメカもつかいこなすヒーロー集団。師匠は「ウー先生」・・・

ベイブレードみたいにいろいろカスタムしてミニフィグバトルができる代物なのだが…はたして日本で売れているのか?Dscn4165_2
アニメも放送されてたけどアニマックスなので友達内視聴率は限りなくゼロらしい。「みんな見てないんだよ」by 次男。不憫・・・^^;))))
←こんなのが回転する。

Dscn4168レゴのカタログ見てても、ブロック丸投げで売るんじゃなくて、世界観込みで売り出しているんだよね。
働く車、海賊、海底王国、中世の騎士、恐竜王国、スターウォーズ…(およそ男子の好みそうな世界が網羅されている!)

子供たちも、最初はプラモデルみたいにパッケージされたパーツを組み立てる。けど、その後すぐに、パッケージを足掛かりに、イメージが飛躍していくみたいで、見ていて面白い。パッケージの造形物は完成してすぐに分解され、別の造形物へと変化していく。
(子供には未練がないんだよ、これがすごい)

・・・んな調子の次男坊は、誕生日にもらいたいレゴセットをリストにしており。まじかよ!
彼の小遣いは週¥50。最近レゴショップでばら売りミニフィグ2体(1体¥200)をお買い上げ。・・・・特定の髪形(人形のカツラ、だね)がほしかったんだそうな。まるでマニアな小学生男子。この熱はいつまで??

| | Comments (6) | TrackBack (0)

整理整頓@近所の現場

最近はじめての体験をしました。建築現場の看板をみて「危険だからなんとかして」って事務所に電話するっていうの。

基礎やら構造やらを工事している時の、建物の周囲の深い穴。あれ、子供が紛れ込んだら結構やばいことになるなあ…って思ったのがきっかけなんだけどね。それほど深い穴を周囲に掘っておきながら、現場敷地と道路に仕切りなし。だれでもどーぞー状態なのにびっくり・・・ここ公園も近いのにな~って。や、もちろんそういうところに勝手に入らない教育が必要なんだけどさ。最近、企業もこういうとこに気を遣うのが当たり前のご時世になってきたから変に新鮮で。
で「ロープくらい張ってよ」って。(すっかりおばさんになりまちた。えへ。)
 でもさ、やっぱり全然そういうのに関心ない現場なんだねえcoldsweats01
次々に運び込まれる資材が、むきだしで積んである。梱包材の段ボールがごしゃって、何日分も積んである…。きちんと片づける、収めるところに収めるって安全の基本じゃないのか?いや、そんなものなのか?と違和感満載。

そこで、ほかの現場見学。
・・・・整頓されてるじゃーん!!
道路と敷地の境目には蛇腹式の開口部とフェンス。建築資材には夜になるときれいにブルーシート。(盗難防止にもこれって大事だよね)作業中でも段ボールはきちんと積まれ、夕方にはまとめられており。こうだよ、これが建築現場だったんだよ!

 建築技術と、直接関係ないかもしれないけどさ、現場や事務所の「気配り」がこういうところに現れると思う。たとえ下請け業者でもきちんと伝達・教育する。安全のためのコストはきちんとかける。気配りのできる業者は、技術にも気配りが現れてるはずだ。
逆に、こういう気配りのなさは、いい加減さにつながる。技術もさることながら、大事なところにコストをかけない、どっかのバス会社みたいな経営姿勢だってことだ。

そこにはなんでもかんでも安さばかり求めて、必要な代価を出し渋る消費者の影があるってことも、忘れちゃいけないよな。

などと、いつの間にか例の現場の完成した家をみていろいろ物思いにふけるのでありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

安全に、安全に。

若いころ、友達が国道で接触事故を起こしたら、相手は保護者だったって笑えない話があった。けど、こっちの方が数十倍ましだ。夕刊の郡山のニュース。

子供の忘れ物を届けにきた母親が、別の子供を校内で轢いて死なせてしまったという記事。

まさか学校で車に轢かれるなんて何が起きたかわからなかったに違いないこども。
よもや学校で車に轢かれて死んじゃうなんて、どうしたって信じられないに違いない両親。

どんなに謝罪したとしても。
どんなに保険金を支払ったとしても。
たとえどんなに刑務所で罪を償うとしても。
自分の母親が、友達を轢いて死なせてしまったという事実を、当のこどもはどうやって受け止めるんだろう。受け止められるんだろうか。・・・楽しいことがあった時に笑えるんだろうか。

考えただけで涙が出てきそうだ。夏休み、目前なのに。

せめてみんな、安全運転で。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

クランペット

オーストラリアのパンで“クランペット”って知ってます?
10年以上前に、仕事がらみでオーストラリアに行って、向こうで一番おいしいとおもったものがクランペット。

ワッフル型の丸くて平たいパンで、バターとかシロップをかけて食べるのだ~。現地のスーパーでは、こっちの食パンみたいに袋にごそっと入って売られてたから、日本でも輸入食材扱ってるところで売ってるかな?って思って探してたんだけど・・・ないねえ。おいしいのに~~。

久しく忘れていたんだけど、ネットでレシピを発見。
作ってみたよ。Img_0086

4枚分のレシピで8枚焼いたのでミニサイズではありますが…強力粉と薄力粉、ミルクと塩、砂糖、ドライイースト。(うちでは豆乳で作ります)しかもフライパンで焼くので(ワッフル型にはならないけど)超超超簡単。

マーガリンやジャムでいただきます。まじうまいって!くせになりそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

身の丈生活だもんね

 通勤バッグが大分くたびれてきたので、しばらく物色をしていた。で、普段みないブランドショップのチラシを見てもうた。・・・よくわからない金額が並んでいるよ??
ショルダーバッグ定価6ケタってなに^^;))))))))。安くなっても数万って、よくわかんないんですけどー。

 素材がいいとか、つくりがいいとか、そりゃわかるけど…「○○秋モデル」なんて発売時期を考えて買う人なんて「一生モノ」なんて思ってないだろうし…。一般的にお勤めして、年収3ケタ万円の人間、その中でも多少なりとも流行を気にする人なんかは触れてはいけない価格帯だと思うんだよなあ…(「憧れ」で買うのはわかるケド)。楽しみにかかるお金に上限はないもん。

 お金のかけどころ、っていうのは千差万別だと思うから好きにして、って思う。ただ、それで「家計が大変」っていうのはおかしいって思ってる。どうしてもバッグにお金かけたいって思うなら、ほかのところを上手に切り詰めるのが当然、そういうお金の使い方しないと生活できないよね。だから自分は百貨店やらのブランドショップには近づけない。
 あるいは、収入が変わった時の生活に対応できるメンタル。自分の収入に見合った支出生活ができる人間でいたいし、自分の子供たちにもそう育ってほしいと思う。必要な我慢ができて、見栄をはらない。・・・・って「高いから菓子パン買うの禁止!」って家で育った自分は思うのデス。(うちの両親も、生活保護支給額より低いという年金支給額にぶつぶついいながらも楽しんで生活しております、はい)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2012 | Main | August 2012 »