« 安全に、安全に。 | Main | レゴってすごいね。明けても暮れても »

整理整頓@近所の現場

最近はじめての体験をしました。建築現場の看板をみて「危険だからなんとかして」って事務所に電話するっていうの。

基礎やら構造やらを工事している時の、建物の周囲の深い穴。あれ、子供が紛れ込んだら結構やばいことになるなあ…って思ったのがきっかけなんだけどね。それほど深い穴を周囲に掘っておきながら、現場敷地と道路に仕切りなし。だれでもどーぞー状態なのにびっくり・・・ここ公園も近いのにな~って。や、もちろんそういうところに勝手に入らない教育が必要なんだけどさ。最近、企業もこういうとこに気を遣うのが当たり前のご時世になってきたから変に新鮮で。
で「ロープくらい張ってよ」って。(すっかりおばさんになりまちた。えへ。)
 でもさ、やっぱり全然そういうのに関心ない現場なんだねえcoldsweats01
次々に運び込まれる資材が、むきだしで積んである。梱包材の段ボールがごしゃって、何日分も積んである…。きちんと片づける、収めるところに収めるって安全の基本じゃないのか?いや、そんなものなのか?と違和感満載。

そこで、ほかの現場見学。
・・・・整頓されてるじゃーん!!
道路と敷地の境目には蛇腹式の開口部とフェンス。建築資材には夜になるときれいにブルーシート。(盗難防止にもこれって大事だよね)作業中でも段ボールはきちんと積まれ、夕方にはまとめられており。こうだよ、これが建築現場だったんだよ!

 建築技術と、直接関係ないかもしれないけどさ、現場や事務所の「気配り」がこういうところに現れると思う。たとえ下請け業者でもきちんと伝達・教育する。安全のためのコストはきちんとかける。気配りのできる業者は、技術にも気配りが現れてるはずだ。
逆に、こういう気配りのなさは、いい加減さにつながる。技術もさることながら、大事なところにコストをかけない、どっかのバス会社みたいな経営姿勢だってことだ。

そこにはなんでもかんでも安さばかり求めて、必要な代価を出し渋る消費者の影があるってことも、忘れちゃいけないよな。

などと、いつの間にか例の現場の完成した家をみていろいろ物思いにふけるのでありました。

|

« 安全に、安全に。 | Main | レゴってすごいね。明けても暮れても »

WM自分モード」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/55131007

Listed below are links to weblogs that reference 整理整頓@近所の現場:

« 安全に、安全に。 | Main | レゴってすごいね。明けても暮れても »