« たぶん、ちょっとした気配り。 | Main | タルト »

三国志が基準(不謹慎ですが…)

長男6年生。音読の練習は「川とノリオ」。昔から教科書に載っている平和教材の読み物だ。

「とうちゃんは白い箱になって帰ってきた」(…引用不確か)

長男「『白い箱』ってさ、死んだってことだよね。」
ハハ「そうだね。」

長男「首が入ってるんでしょ」

ハハ「……!!(゚ロ゚屮)屮~~~~~!!!!!!」

あわてて、去年『ガラスのうさぎ』で読書感想文書いてたべよっ、おじさんの葬式行ったべよって記憶をさかのぼらせて「お骨」だってことに片付いたんだけど、

長男「よかったよ~、オレ学校で先生に『この白い箱ってなんのことだと思う?』って聞かれたら、堂々と手をあげて『首が入ってます』っていうとこだったよ~~

途中から会話に入ってきた次男(小3)も「え?首じゃないの?」
おいおい、おまえらよう~~~。

そうだよね、『三国志』はね、箱に関羽の首が入ってくるんだもんね。塩漬けの…(T T)。
恐るべし、刷り込み。

ちなみに、我が家ではドライブ時に道に迷うと「石塁八陣だ!これは孔明の罠だ!」といいます。やれやれです。でもなんか楽しい…。

|

« たぶん、ちょっとした気配り。 | Main | タルト »

いくぜ子育て実践編」カテゴリの記事

Comments

先日、1号(3年生)が国語問題集にでてきた、「ありとあらゆる」というところを、「蟻と荒ユル」みたいな発音で読んだので、「それ意味わかる?」といったら、当然しらなくて。。。。
わが子の読書量はそれなりなのに、これじゃ意味ない。語彙力を増やすためにも、読書の質を高めないと・・・と思った次第です。
ただ、親とか他人から勧められた本って、おもしろくないという先入観を持たれるので、どうにかしようとおもっているところですが。。。
某子役のツイッタ―みてると、語彙力がすごくて、彼女は漫画を多読しているようなんですが、恋愛漫画や殺人シーンはちょっと敬遠したい。。。となると、どんな本や漫画がいいのか?と悩んでいるところです。
語彙力が増えそうな、小学生女子用おすすめ読み物(漫画を含む)ありますかね?最近のヒットは、乙武さんの「オトタケ先生の3つの授業」でした。まだ五体不満足とか窓際のトットちゃんとかをよんでないから、そのあたりがいいのかしら?
しかし、読書量ってホント個人差ありますよね。先日、1年生次女のクラスに読み聞かせに来たママ(男児ママ)が、「そらまめくん」と持参してきた時点で女子から「それ、しってるー」と、ブーイングだったそうな(次女曰く「私はブーイングはしなかったが、心の中で「えつ?それ?」と思ったとのこと)。
そらまめくん。。。。幼稚園年少で読破していたよな。うちの女子も。。。。

Posted by: ちゃい | September 14, 2012 at 09:05 AM

Hello there, just became aware of your blog through Google, and found that
it is truly informative. I'm going to watch out for brussels. I'll appreciate if you continue
this in future. Many people will be benefited from your writing.

Cheers!

Posted by: b&b in queenstown | September 16, 2012 at 12:24 AM

★ちゃいさん
親の勧めた本って、ホント読まないですよね…。
むしろ生徒の方がワタシの勧めた本読むし…ちっ。

読み聞かせのお母さんは災難でしたね。
※よみきかせは、こういう事態にも備えて複数冊用意しておくといいそうですcatface

そうですねえ、語彙を増やす女子本ってねえ…。
よく言われるのは「多読」。そのために巻数の多い本を読む取り組みをしてる小学校をよく聞きます。
中学年以上なら「大草原のちいさな家」とか「クレヨン王国」のシリーズとか。低学年なら男女問わず人気の「マジックツリーハウス」をお勧めします。もう読んでるかな。語彙というより予備知識が山のように増えます。実在の歴史の場面を訪ねる設定なので、図鑑とか地図とか親も一緒にみてやるとよいですよ~。

あとは、古典ですかねえ。『小公女』とか『ハイジ』とか。いい訳のものがいいです。偕成社や岩波書店の少年少女向けシリーズは、対象学年がわかりやすくなってますから…この辺からスタートして…。小学生向けの漫画には期待しない方がいいような気がしますcoldsweats01。コナンは確実に増えると思うけど…特定分野の語彙ばっかcoldsweats02。「密室」「鈍器」「動機」……あれは読ませるなら高学年だよな~。

ま、教科書の教材はそこで出てきた語彙を聞いたり調べたりで、語彙を増やしていくものなので、知らなくてもいい段階。音読を親の前でしているときに親が意味や読み方に触れてあげる。学校で確認をして、関連語を増やしていく。そんなのの繰り返しで語彙は増えるんじゃないでしょうか。

子役はね、台本読む量も多いしね。大人が多い環境だとやはり門前の小僧状態になるんだろうと思います。

Posted by: まりえ | September 22, 2012 at 02:14 PM

なるほど、「門前の小僧・・・」そりゃそうですね。我々も、できるだけ、難しい言葉を使うように努力せねば。
漫画は確かに期待できませんね。鈍器、密室・・・そういう語彙を増やしたいわけでもないし。
大草原の小さな家以前に、マジックツリーハウスも、クレヨン王国も知らなかったので、早速メモメモ。
うちの人たちは、どうやら、図書館で借りてきて、ポンとそこにおいておけば、勝手に読んでいるので、その作戦でやってみます。むりやり「これおもしろいよー」なんていうのは、やめとこ。
確かに、朝の読み聞かせは、たくさんの本を持参ですね。これも自分がやるときにはメモメモ。。。。

Posted by: ちゃい | September 22, 2012 at 10:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/55637100

Listed below are links to weblogs that reference 三国志が基準(不謹慎ですが…):

« たぶん、ちょっとした気配り。 | Main | タルト »