« November 2012 | Main | January 2013 »

おうちシアター(ブラウン管TV)

年末年始、ごろごろする子供たちといかがお過ごしでしょうかcoldsweats01
我が家も多分に漏れず、家でごろごろする子供たち。とりあえず午前中は任務を与えております。

ワタシが押入れの中片づけたりなんだり、普段できないことをしている傍らで、子供たちは持ち物やおもちゃの総点検をして(娘一人で不用品がゴミ袋1袋分でたし!)、宿題をして…、洗濯物を畳み…。

ってだけじゃあね~。旅とお泊りの楽しみに代わるものは?
これまではTDLに行ってたんだけど、今年はキッザニアに行っちゃったから……DVD祭りですよ。

一緒にレンタルショップに行って、観たいものを選ぶ。
すべてを終えた午後に、おもちゃも片づけて、おやつと飲み物を用意して(「バムとケロ」みたい~♪)、いざ!

選んだのは「スターウォーズ」と「トム&ジェリー」、「ワンピース」。
ま、こんな年末もいいやね。

大みそかの任務は、風呂とトイレと玄関の掃除だ!
みなさまもよいお年を!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キッザニア@東京 初潜入

めくるめくお仕事制服ワールド!!

できて何年になるのかな、なかなか予定ととれる予約が合わなくていけなかったキッザニアについに潜入。長男が中学生になったら「え~」って言いそうだから、6年の今がラストチャンス?とばかりに、ヒウィゴー! ひとりで3人引率してまいりました。

Dscn4856

全体に薄暗いので、写真ぼけぼけです…^^;)))))。

たくさんの体験パビリオンが所狭しと屋内にならんでおり、希望のお仕事の順番を待ったり予約を入れたりしてのち、やっと体験。と、まあ子供らはそれぞれ多くはないけどいろいろできました。詳しくは「3人子連れでお出かけ」でレポートしています。

Dscn4758

ナビゲーターがついての職業体験というか手の込んだ“お店屋さんごっこ”パーク。でも、ユニフォームを着られるって、ものすご~く“その気”になるようで、とにもかくにも小1娘は楽しくてたまらなかった模様。

意外だったのは、小6長男。
「ディズニーランドより面白かった」とか。使命があるものが好きなのか?今回の大発見なり。
小3次男は「オレ、金稼がなくちゃいけないから…」「ここで金使っちゃったからさ」などと、お金へのこだわり炸裂。「こんな楽でもらえてラッキーだった」…おいおい、それは違うぞ!…と、仕事しては使うのを楽しみにする男?三者三様、仕事とお金の考え方が垣間見えた感じの一日でありました。

親はといえば、もう、カメラもって小走り。
(リピーターとおぼしき慣れた親御さんたちは、喫茶コーナーで座ってのんびりしてらっしゃいました…)大変濃い休日でしたことよ。はー。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

中学がみえてきた

最近は、入学前に6年生が中学校へどどっと訪問したり、あるいは中学教員が小学校に出前説明会に行ったりするんですねー。自分の勤務校も小学生がやってきては、中学の生徒会の役員の子らが、部活や勉強、行事について紹介するなんてことをしばらくやってます。
(ちょっと水を向けると、役員の生徒は喜んで校内スライドショーを作ったり、生徒インタビュームービーを作ったりして嬉々として動くんだよね~)(部長らにスピーチやらせるいい機会でもあるし)

長男@6年生も、ついにもらってきました「中学校入学説明会のご案内」~~~!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

休みとっていくぜ!
でも、へろへろな中学校だったらどうしよう…^^;)。
ま、とにかくしっかり見てきます。
(ホントはさ、体育祭とか見にいっておくとよかったんだけどさ)

それとは別に、帰るなり「オレ、中学校やだ~!」と息子がのたまう日があり。
軽いノリだったので、聞いてみると、某日、中学の教員がやってきて(出前説明会だね)、「中学では家庭学習は毎日『学年+1時間』」と講義したとか。
(当然です。建前は。)

そのほか「部活は朝7時から6時半まで」「マラソン大会があって…」「試験は学期に2回、まとめて…」「制服を乱して着たらこういう指導が…」などなどお話されたそうで。
なんだよ、自分がいやなことだけインプットされて帰ってきたんだな、息子よ。若いぜ。思春期に片足かけた息子の不満は額面通り受け取るとたまりませんぜ。

とはいえだな、
もっと楽しいことが記憶に残るように話せよ~>中学職員。
つうか、小学校に脅しにきたのか^^?>中学職員。

なんとなく中学のスタンスというか、生徒指導担当の手腕というか…が見え隠れするような気もしつつ(あ、やな奴>自分)…来年の説明会、乗り込んできます^^ゞ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

最中の包みで

最中の包みで
例の包装紙。捨てがたいだしょ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

手作り最中~~

オットの実家から時々送られてくる、お楽しみ便。お菓子やら果物屋やらが満載で、届くと子供たちが群がって開けており。

今回盛り上がったのは、福砂屋の最中セット。
(福砂屋って、カステラ以外も作ってたんだ……)
なんとびっくりの手作りセットだったのだ。

Dscn4666

ね、なんだかわくわくするでしょ。

Dscn4669_3
最中と、餡のパッケージをそれぞれ開いて、付属のヘラで餡をつめつめ。

Dscn4670_2
最中を合わせてできあがり♪

最中の皮がぱりぱり~。最中のぱりぱり感と、作る楽しみが両方味わえてよきかな、よきかな。調べたら、このセットは¥835。新年のご挨拶にもよいかもね。最中16個入りバージョンもあり。福砂屋の「キューブ」カステラも手軽な贈り物になって、かなりかわいい。2切れ入りの箱って、ちょっとカステラとしては革命じゃない?

  →リンク:http://www.castella.co.jp/shop/tokyo.shtml
  

福砂屋(のカステラ)って、長崎に住んでたことのあるオットには常識だったらしいんだけど、東京・千葉から出たことないワタシは、学生の頃、彼から聞くまで知らなかったんだよねえ。カステラって言ったら“文明堂”って刷り込まれて育ってるもんねcoldsweats01。CM恐るべし。

福砂屋のは、文明堂に比べると幅が若干細いのも手伝って、ずっしりと密度の高い印象。底のザラメが贅沢。あ、包み紙が捨てがたいナイスデザインです。最中のも、久々再利用。文庫本カバーになってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

きらきらハウス

この時期になると、帰宅時に色とりどりの“きらきらハウス”が増えますね。
月曜になると週末に通りかかった時よりも増えている^^)。

初めの頃は「なんじゃこりゃあ!!」って思ってたけど、慣れてくると見てて楽しいです。(人の家は...)ちょっとずつ巷に増えていくイルミネーションは、冬の寒~い帰り道の目をホッとさせてくれます。

でも、気持ちを穏やかにするようなイルミネーションは、一軒にひとつふたつくらいの設置がいいかなあ。デコレーションケーキレベルになってしまうと、すごいねえとは思うけど、すでにほっとするレベルは超越してしまってるような気がする…。

子供たちは「うちもきらきらがいいなあ」だって。
まじでcoldsweats02
なんでも特別感があるんだってさ~。(大丈夫、やらないから)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新酒いただきました。

新酒いただきました。
同僚が「お土産〜」とくれた、その名も「今朝しぼり」。成田にほど近い酒々井の蔵元がこの時期売り出すんだそうで。

すんごいフレッシュな口あたりで、いくらでも飲めそうなやばめのお酒でした。蔵元前では、発売に合わせて新酒祭りが開かれるとかで、屋台が出たり、臨時バスが出たりで盛り上がるそうな。楽しそうだよね〜。

千葉のお酒、甲子正宗です。見かけたらどぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハードルの低い収納:図書館の本

実は我が家、図書館バッグが7つあります…(自分でも驚いた)。子供のバッグが公共図書館用と学校用それぞれ。それからワタシのもの…。

で、放っておくと読みかけをどんどんその辺に積んでしまうので、リビングが悲惨な状況に!!しまいには、学校のとまざって何が何だか…。
「これは誰が借りたの!?こっちは!?」って状態は、何度もやりたくない~。
やっぱこれも定位置が必要ですね。自分の机があればそこに置けばいいんだけど、うち、ないから^^;))))。

Dscn4652

ソファーのわきに木箱on キャスター台。
とにかく中身の入った図書館バッグはここに入れろ。

これでなんとなく片付いた感じになります。
ちなみに図書館のカードは穴開けて、ひもつけて、それぞれバッグにくくりつけてあります。
硬質カードのものは、カードケースに入れてひもつけるといいですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

父のバースデー

某日、父のバースデー。
今年はこんなプレゼントにしてみた。

Bookこの5年間の父の「作品」の写真集coldsweats01

以前からここのページを見てくださっている方にはおなじみのクリスマス恒例、made by じいさまのアレです。

写真もそこそこあったので、本の形にしてみました。
人からも、そろそろまとめたら?と言われていたらしく喜んでもらえた模様。

カメラのキタムラの「フォト本」でオーダー。
http://photobook.jp/photobon/top/

ウェブ上のソフトで、自分のPCに入ってる写真をレイアウトしてそのままオーダー、店頭受け取りで大変便利でございました。
製本にはいろんなタイプがあるんですが、テンプレートがあってあんまりレイアウトに悩まない「ソフトカバー」タイプで。表紙や奥付もいれられるんですよ~ん。¥3000未満。

ただ、出来上がった本を見ると薄いからかノートみたいな印象があったので、あまり値段が変わらないハードカバータイプにしてしまってもよかったかも…とちょっと心残り。
(ただハードカバーだと、レイアウトは全部自分で…テンプレートないのがなあ…こういうときはちょっと面倒)印刷画質も(私の写真のせいか?)市販の雑誌のようにはいかないので…。

ともあれ、手軽に本になるのは魅力的。今後、旅行のまとめなんかはこの手の方法を使ってもいいかと思案中です。印刷の仕上がり具合が気になる人は店頭で見本をみるといいかもしれないです。

ちなみに、父の作品を見たい方は以下リンクへどぞ。
camera去年のスマートボールこちら
camera一昨年のお城を見たい人はこちら
camera3年前の海賊船を見たい人はこちら
camera4年前のお菓子の家を見たい人はこちら
camera5年前のお菓子の馬車を見たい人はこちら

| | Comments (2) | TrackBack (0)

試してみよう…一人でカラオケ(^^;)

ついに(ワタシ内)禁断のゾーンに足を踏み入れてしまいました。
行ってもうた。
一人でカラオケ。

先日、野暮用で休みを取った。思いのほかことは早くすんでポッと空いた時間をどうしよう…って…行っちゃったよ。

結論。
落ち着かね~~~っ!!
ダメです…ワタシはまだまだ未熟者です(;д;)。

受付時に、待たされている時の所在なさ。
広い部屋(5~6人用…カラオケ部屋としては決して広くはない)に、たった一人の虚無感。
透けて外が見える廊下が気になる。
何を歌っても一人(;д;)(自由律俳句)。

やっぱカラオケルームは大勢で行くのが正解だ!!
でも、会計時にかちあった人は、おじさん一人客×2。
いることはいるんだねえ。
確かに調光器つきで、ランチもあって、一人になりたい人、休憩したい人にはうってつけなのかも…。そういえば、着いたときには楽器持ち込んでた若い一人女子もいた。いろんな使い道があるんだね。
(あとは、昼から酒盛りしていたおばあさまたちをみました。カウンターに酒メニューメモして直オーダー。すげ…)
教職員向けの冊子には、ストレス解消法の一つとして「一人でカラオケ」が(まじで)おすすめされていたけど…まだその段階ではなかったということでよしとしよう…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2012 | Main | January 2013 »