« January 2013 | Main | March 2013 »

おやつ小分け作戦

放課後の学童保育に、毎週おやつを預けている娘。
基本的に小袋・個包装のお菓子を選んで買ってはいますが、なにぶん選択肢が少ないゆえにいろいろ不便も。そんなわけで小分けできる装置を探していました。

Dscn4967

シール機です。(シーラー)
熱で袋を閉じる道具ですねー。
一瞬で封ができます。最初は「はさんでシーラーを引っ張る」ハンディタイプを購入したんですが、すぐにニクロム線が切れちゃった(涙)。

この卓上タイプは安定感があってよきかな。スペアのニクロム線も同梱されてますのでちょっと安心。その都度引っ張り出して、電源コード入れて・・・って作業が少々面倒ではありますが・・・。シール機能が勝つ。
こいつで大袋のお菓子を小分けにしていきます。

Dscn4966

こんな感じ。(ちなみに、アーモンドマカロンとミレーと黒棒なり)
乾燥剤があれば完璧?

Dscn5006

袋はこんなの。ある程度厚みがないと熱で溶けちゃう!かといって、あまり厚いといかん。
左の袋だと¥600弱、右の小さいので¥100弱。
パックした上に、かわいいシールでも貼りたいなあって思ったんですが、素材の関係かうまくつかないんだよな~。




| | Comments (0) | TrackBack (0)

アレ娘のスタバ

毎度アレルギーで、外食難民になりがちな我が家。
食事は和食系であれば、大体OK。
(サイゼがだめでも牛丼があるさ!)
幸い、乳製品アレも軽めではあるので、チェーン系ハンバーガーショップがOK。

ただ、困るのが「ちょっとお茶したいな」って時なんだよねえ。
大人はコーヒー、子供はアイスかケーキで…なんてオーダーができない。
(たとえマックでもおやつはポテトっすよcatface。)

そんな中、かろうじて親子で入れるのがスタバ。
Dscn4974

いけるのがコレ!
ジュースと、塩味のポテトチップス、それから、うれしいですねのマカロン!ラズベリーか、今の時期なら「さくらマカロン」。(チョコマカロンの方はアウトです)

他のものがのきなみアウトなんで、これは本人も楽しみにしてるんですよ~ん。
軽食だと、今のところ「ラップサンド」のみ可。

スタバはwebでアレルゲン表示がっちりしてますから、事前チェックが可能です。
webの商品情報からたどっていくとPDFで公開。
スタバのサイトへは、このページの右にブログパーツがあるので、そこからリンクしてます。

ま、チェックしても食べられないものばかりでへこむことも多いんだけどさ。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

はじめてのスキーだぜ

いくつになっても「初めて」ってあるもんで、子供たちはもちろん「初めて」のスキー。実のところ、親にとっても「初めてのスタッドレスタイヤ」「初めての自分で運転するスキー行」だったのでした。あ~、緊張した。

だって初めてなんだもん。
SA隣接、スマートICで出るゲレンデ「佐久PARADA」だもんね。
Dscn4976

パラダのゲレンデは、SAに隣接してるゲレンデが「南」、ちょっと車で走って「北」。せっかくスタッドレス履いたことだし、ちょっと色気を出して「北」に向かう朝。

やっぱそこそこ凍ってる路面だよ~~。
履いてなかったら怖くて無理。

9:30ごろ到着して3:30まで、半日堪能してまいりました。
インドア兄妹だけに雪遊びがメインになると思ってたっけ、意外や意外「スキーをやりたい」とのたまうので、思いがけずスキーコーチの巻。

子供の後ろに大人がついて滑る、ゲレンデでよくみかける親子の姿・・・結構できるもんですね。
そうそう、うちの子らはゲレンデを爆走するちびっこではありませんでした。小さいころからやってる子はすごいなあ、って思ってたけど…。
ボーゲンで、よくもそのスピードで耐えられるのう・・・じいさんや、と声をかけたくなるような超マイペースの長男。転ぶのに躊躇はないけど、へっぴりごしの次男、甘ったれ娘…。

あれは、何歳で始めるかとかいうのではなく、性格なんですかねえ。
(中級ゲレンデのてっぺんに連れてかれて、板が外れるほど転ぶこと数十回…ゲレンデのふもとについたときにはなんとなく滑れていたという、友人のスパルタ教育を受けた若いころの自分…。それが当たり前だと思ってました。違うのか。そうか。)

Dscn4979
↑ちびっこ用 そりゲレンデ。¥600/1人。
 本当にそりしかできないので…小学生には物足りない。
 幼児用ふわふわもあるが。


雪山ということで、そこそこ初期投資してしまったので、また行くもん。
って、一番かさんだ出費は、10年以上前のウェアが微妙にきつくて買いなおしたハハか!

(だって、長男妊娠してから一回もいかなかったんだも~ん)

詳細はこちらにも書いたよ⇒3人子連れでおでかけ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

上野でさまよーる

先日のチョコレート展に行ったときのこと。オットが散髪に行くってんで、昼過ぎに先に帰宅。
3人連れて博物館を堪能したわけよ。で、腹が減った・・・と。おなじみ、うちの娘は重篤じゃないけど乳製品アレルギー。(から揚げとかコロッケのパン粉用牛乳くらいの量なら大丈夫)

11:00 @科博内ラウンジ

おにぎりと弁当が売られていた。
1個ずつおやつのつもりでおにぎりを食べたものの「足りない」と。「ま、あとでなんか食べよう!」と軽く流すの巻。(確か、午後に入荷があるよな~ってホント軽い気持ちだったの←これが痛恨のミスshock

13:00 @科博内レストラン 激混みにつき回避。

13:00 @科博内ラウンジ再び
 弁当類の再入荷はない模様。
 カフェメニューにアレルゲン表示はなし。列に並んで聞いたところハヤシライスミートソースパスタのみOK。さっきおにぎり食べたしなあ・・・ってんでミートソースを娘と半分こ。

「足りない・・・」まーじー??

 息子2人はホットドッグで十分だった様子。でも、また並ぶのは嫌になるくらい行列になってるから、「外でなんか食べよ♪」とまたまた軽く流すの巻。決定的判断ミスtyphoon

 展示を子供らが見ている間に、携帯でお店探し。なかなかないんだよ~!!京成上野のむこうのマック?ええ、ここまできてマック?上野、ファミレスないし…洋食屋はほぼバター使いだし…。

15:30 科博を出て、公園レストランでなんか食べようと出発。
 @西洋美術館脇の「グリーンプラザ」
 乳製品アレが食べられるもの皆無

 仕方ない、駅構内に蕎麦屋あったよな。

15:50 @蕎麦屋…でも腹が減ってない息子たちをどうしよう・・・。
 店内は混んでる。軽く食べられるメニューもない・・・。

駅構内をさまよい歩く母子なり。そか、弁当は食べられる!

 @駅ナカ弁当屋 「お弁当買って食べられるところは構内にありますか?」
  「ないのよ・・・ごめんなさい」

 @駅コンシェルジュコーナー
  「当駅にはないんです…(特急の)待合室かホームのベンチで…(特急のホームじゃ券が必要ですよね?)…ええ…改札のものにその旨話していただいて…」

 そんな面倒な!!行って「ダメ」って言われない保障はないじゃん(涙)

 イートインコーナーのある喫茶もどこもかしこもみなバターとミルクたっぷりのメニューばかり…アレルゲン表示ってなんですか?って表情だよ。
軽食は売っているけど、食べさせるスペース=ベンチのまるでない上野駅構内。なんて大人仕様の駅!!無料休憩所なんてあった日には、溜まってしまう人が多いだろうことは容易に想像できる土地柄なんだろうけど…なんてファミリーに厳しい駅だ!(結構、心の中で号泣)

一歩駅を出たら、一大家族連れゾーンなのに!!それともすべての子連れは弁当を持っているものなのか!?

16:30 もう、奥の手。
 @某カフェ 「すみません、アレルギーの関係でこのお店だめなんです。小学生二人だけここにいさせたいんですがいいですか?」
長男に札にぎらせて「ケーキを食え」「その間に娘に蕎麦食べさせてくる!」

結構、自分内大英断だったんだけど^^;))))。

でも、蕎麦屋にいる間気が気じゃなかった。
長男も大変だった…すまーん!!
「あそこは、子供だけで入る店じゃないね」(by長男)

すまーん!!!

何度も行ってる上野だからって、リサーチ足りなかったなあ。。
も、上野の飲食店には期待できないので、次はお弁当を仕入れてから科博。
食べるものに色気出さなきゃいいのかもしんないけどさ、なんというかはじかれた感のあった本日。マイノリティとか、機会の平等とか考えてしまうにゃあ。(思考は過疎化医療まで飛んでもうた^^;)
ハハ歴、12年目の学習。

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

中学の(!)制服採寸にいったよ~

今一つ現実感がないのだが・・・長男、中学の制服採寸に行ってまいりました。
話には聞いてたけど、混んでる混んでる。思いのほか待ったので、時間は余裕をもっていった方が良いですね。

※中学の制服採寸って、やり方はいろいろ。
 ・一定期間に、取扱い店(複数)が設けた会場まで行ってやってもらう。
 ・連絡して、自宅まで採寸に来てもらう。
 ・取扱店に直接行って採寸してもらう。など。

それはまあ、いろんな中学の制服見本が並んでおり。混んでたけど、同じ学校の子に会わなかったもんね。おっさんたちが首にメジャーを巻いて次々にいろいろ試させておりました。

制服着ると、なんか中学生に見える…。
つうか制服よりもジャージ!指定ジャージを着ると、もろに中学生っぽくなる!いるいるこんな生徒!中学教員のハハは新鮮なデジャヴュでのけぞりそう。

下に弟が控えているので、だぼだぼの制服にするかどうかはあまり迷わずに、ジャスト+ちょっと余裕、くらいのサイズをオーダーしてきたっす。指定バッグやワイシャツ、上履きなんかも含めて¥70000弱。ほえー。

ちなみに、制服はイチから縫製するわけではないけれど、丈詰めなんかのオーダーが一気に来るわけなので出来上がりまでにおよそ1か月。説明会でも「2月の上旬までに」と言われます。WMのみなさん、風邪のシーズンでもあることだし、スケジュールには余裕をもっておきましょう。

ただし、学校で説明会がある場合にはきちんと聞いてから。
思い込んでいたことと違うことって結構あります。
たとえば、通学靴は指定店でも扱ってて「これですよ」って勧められるけど、実はなんでもよかったとか、ジャージの長いのはあんまり使わないとか。

ああ、もうすぐ中学生なんだねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2013 | Main | March 2013 »