« March 2013 | Main | May 2013 »

ケータイどうしても持たせるなら

基本、持たせることには反対。
少なくとも義務教育の間は!高校でもいらん。

まずは「持たなくてもいい生活環境」を家族で整えるのが前提。

帰宅時間、行先を連絡して出かけさせる。(塾も!)
・イレギュラーを避けて活動させる。
・公衆電話の使い方を教える。
家族で使える電話をおく。(家電)
・PCは親のいる前でなら使えるように設定しておく。

ね?これで十分な気がしませんか??

それでもどうしても子供に「おもちゃ」として携帯を与えたいなら、最低限以下のことは親が責任を持つべきです。基本、家電の延長としてルールを決めましょう。

①学校に持っていかせない。
(高校生なら教室で使わない約束をする)

②フィルタリングを施す。

③使える時間を決め、夜間は預かる。
(小学生なら8時、高校生でも11時には)

④基本、家族のいるところで使わせる。
(秘密の会話は、席をはずさせてもいい)

⑤ゲーム、プロフには手を出させない。

⑥履歴を定期的に親に見せる。
(=見せられないサイトにはつながない)
親が履歴をきちんと把握する。

⑦メール相手を親に把握させる。

⑧料金体系をきちんと親子で把握する。
ゲーム系も含めて。

⑨親は面倒でも機能を把握して、ネットワークに詳しくなっておく。

⑩約束を守れなかった時の措置を決める。

⑪以上を、子どもと一緒に話し合い、契約書を交わす。

「子供のプライバシー」って(子供自身も言うし)表に出されるけど、こと携帯電話については、そんなこと言ってらんないと思うのね。「手遅れ」になるまでのスピードが「手紙」なんかとは比べものにならない。

親の「持たせる責任」。

携帯電話を子供に丸投げしちゃいけない。
あくまで「家族のもの」をシェアしてるってスタンスが大事だ。

親の「持たせる責任」。
あなたは大丈夫ですか?

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« March 2013 | Main | May 2013 »