« February 2014 | Main | April 2014 »

美術おそるべし

なんとか時間がとれたので、長男の保護者会に行った。
ふたを開けたら、クラス懇談までいた人が12人。あら~少ない^^;)))。

それはともかく。

美術の作品の展示があったので眺める。
「自分のゆるキャラをつくろう」・・・どうよ、この世の中に迎合したお題spa
やれやれという気持ちで見たら、いろんな意味で裏切られた。

ぜんぜんゆるくない。

デザインとしてみるとユーモラスだったり、あちこちデフォルメされていたりで明るくてカラフル。しかし、足元につけられた「キャラのプロフィール」は・・・・・子供自身のまんま投影なんだよ。得意なこと、苦手なこと、性格、悩み。

そうだった。美術って、中学の美術って子供の内面を見つめる課題があるんだった。心象風景をテーマにした抽象画を描くこともある。間接的に自分を見つめて表現する作業だ。キャラクター作りって、どストライクなんじゃん。

小学校の図工でもイラストで似たようなことをやってたけど、中学生のキャラクターは設定がリアルだ。思春期がそこここにあふれていた。

ラケットは持ってるけどテニス大好き!だけじゃないパンダもどき。
明るくて人を笑わせるのが大好き!だけど時々一人になりたい黄緑のとか。
かわいい顔した鳥だけど、両面に顔があったりとか。

風景画や人物画よりも伝わり易くて、眺めながら紙粘土の塊から浸出する素直で危うくて矛盾を孕んだエネルギーに酔いそうになった。(まあね「野球とからあげが大好き」だけなのもあったけどね^^))))。

帰宅しても、息子に分析めいたことは言わない。彼が自分自身を今、どう客観視しているのかがハハにはとってもよくわかったよ。表現することで自分を認めていく。美術ってすごい。今も息子の作品を目の前にしてくらくらしています。思春期なんだねー。

頭と心を休めます。ハイ、練習試合弁当。
会場で隙間時間に食べることが多いのを思い出したので、おにぎりにしてみた。便利だったか否か、特に反応はないが。
Dscn6822

・朝食のほうれん草入りオムレツを畳んだの
・鶏もも肉照り焼き
・同じたれでゆでたじゃがいも同時焼き
・トマトとおにぎり

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春休みも弁当もって学童保育 弁当07

春休みだ!
それでも子供らは、元気に学童保育にいくのだぜ!
兄貴の昼ごはんも作っとくぜ!!(弁当なんだがな)

母は5時起きだ~~!!

Dscn6823

・卵焼き(カニかま入っており)
・キャベツ炒め醤油味
・皮なしウインナー(朝食の野菜スープに入れてボイル)
・スナックエビフライ(冷食)
・ミニ肉まん(冷食)

肉まんはうけるかと思ったら、弁当に入れるには固かったらしい…不評typhoon(特に娘)。
水筒の中身が冷たかったのがうれしかったそうな。ああ、こんなところに春を感じたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やさぐれております

リビングのあまりのひどさに脱力しております。

どうして、どいつもこいつも自分のものをリビングに置きっぱなしにするのだ。
たとえるなら、勉強する前に片づけなくちゃならなかった自分の机の上。
ダイニングテーブルの1/4が、オットの机化。
片づけることも考えて物を買え~~っ!!!

ソファー脇が長男の机化。
床が次男と娘の机化。

通学カバンが重いのはわかるけど、部屋にもって上がれよ!
教科書類全部リビングの床に積むんじゃねーよ!
(さらに通学カバンとエナメルと制服)

オットはもう、片づけられない病ということであきらめました。
(彼の個室は、松本零二の漫画の押入れと化しており。地震の時にいたくない部屋№1とは本人も自負するところ)

いっそハハ、掃除ストライキ?……。

教室はきれいにさせられるのにな……。

自宅がだめー_/\○_

久々の家庭内無力感。まあ…みんな…リビングが好きなんだということに…ああ、片付いた部屋で暮らしたい…それだけなのに、遠いなあ。

とりあえず中学生弁当06いきます!がんばれオイラ!
Dscn6798

・生協のステーキ肉(スパイシーすぎると娘から不評)
・ゆでたまご(オットがゆでといてくれた)
・きんぴら(作り置き)
・こふきいも(作り置き)
・かぼちゃのチーズ焼き(冷凍かぼちゃ+チーズ)

ごはんには、いりごまのみ。結構うまい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

お釜の吸引力

いろいろ忙しくて、今シーズン初のスキーはすでに春スキー。
新規開拓のつもりだったのに、道路渋滞で結局いつものパラダで・・・。

卒業旅行なのかな、おそろいのレンタルウエアの若い子たちがいっぱいいて、のきなみボードチャレンジ中(そしてリフト降り場でぞろぞろ転んで、よくリフトが止まっていた)。
いいなあ、ボード再開しようかなあなんて気分になりまちた。
(ボードにトライしてすぐ、一人目の妊娠がわかったなり。以来とんとごぶさた。もう体が忘れてるよなあ・・・)

さて、いつもの道中ですが、長兄は部活があるのでスキーには同行せず。お土産&晩御飯に・・・と今回、初購入したのは、あのあまりにも有名な・・・
Dscn6815

峠の釜めし。

Dscn6817

ふたをしめると・・・

Dscn6816

おいしくいただいたのちは・・・誰もが直面するであろう、同じ問題。
この器をいかにせむ!

次男は「これもらっていい?」と、自らいそいそと洗っており。
長男も娘も、自分じゃいらない、と思いつつも「ご飯のときにつかえるじゃん?」と未練たらたら。
んー、どうしようっかなー。

片付け本の「いつか使うと思って結局使わないもの」カテゴリーに、この釜、載ってた気がするんだよなー^^;))))))))))。

ダルマッカ入れて飾ってみるか?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

中学生弁当05 弟も妹も弁当です…

なんだか食べ物ネタばかりで恐縮です。
Dscn6797

・カニ焼売(冷食)
・青のりポテト(冷食)
・にんじんとごぼうのきんぴら
・スナックえんどう ゆでるだけ
・ウインナー炒めるだけ
・プチトマト 入れるだけ

きんぴらは保存容器一杯分作って、翌日も登場予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

気軽さは責任も気軽だ

ベビーシッターは、2度ほどお願いしたことがある。
結婚式に出席するときだ。
申し込み手続きが、とにかく面倒でくらくらした覚えがある。けど、大事な子供を預けるんだから、それくらいの煩雑さは仕方あるまい、打ち合わせも必要だろうって思えた。

気軽に預けられるって、かなり魅力ではある。
子育てが気軽になるような明るさがそこにある。
しかしだ。
気軽さは責任も気軽になってしまう可能性を否定できない。

子供がいても、
気軽に買い物行きたい。
気軽に遊びに行きたい。

けれどもワタシたちは、そんなに気軽に子供を育ててる?
何も考えずに育ててる?
じゃあ、預けるのも気軽すぎちゃまずいんじゃないのか?

信頼している人に託したい…気軽さは、親しい、よくお互いを知っている関係でしか成立しえないんじゃあなかろうか。亡くなった男の子は帰ってこない。

気軽さと安心が同時に成立するといいよね…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中学生弁当(小食)04 弁当始まるね

春休みが近づいて…子供はうれしいかもしらんが、教員は通知票まとめております。
でもって、でもってハハは…弁当weekが始まるだよ!!!!
毎日弁当だよ!!うぎゃーん。

Dscn6793

・ブロッコリー(芸がないので、醤油マヨネーズで炒めた)
・チキンカツ(冷食)
・青のりポテト(冷食)
・開いた隙間に…ハヤシライスの鍋から肉ぬいてつめた。

・ご飯にかかってるのは、瓶詰の鮭フレーク

限りなく手抜きが進みます。これは休日の試合にもってったんだけど、今週からは小学生の学童保育弁当も始まります…3人分だぜ。ファイト!>ワタシ

みなさんがんばりませう!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ホワイトソースかけごはんだって 乳アレ娘の持ち込み給食

ホワイトソースかけごはんって・・・おいしいんだよ。知ってる。
でも、ホワイトソースってのは思い切りバターと牛乳使用で、明白なアウト!

つくるだよ、ホワイトソース。
材料は、アレルギー用マーガリン(なければサラダ油)、小麦粉、豆乳、塩、こしょう。
それに、具を加える。ミックスベジタブルと鶏肉でお手軽に。

Dscn6766

焦がさないように注意して、アツアツをあっためた保温容器に入れます。
Dscn6767

学校でご飯だけは配食してもらって、かけて食う。
難しくはないんだけど、ずっとコンロについてないといかんから、ちと面倒くさい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ぱりぱりサラダ 乳アレ娘の持ち込み給食

なんでサラダ?って、サラダにチーズ入ってんのよ。
Dscn6746

アスパラは冷凍もん。
「パリパリ」の部分はワンタン皮を焼くか揚げるかしてトッピングするようでしたが、とりあえず家にあった揚げめん(サラダ用)をのっけて持たせまちた。

ドレッシングは、小さな容器に大丈夫なゴマドレを入れて完了。
あー、検査の予約しなくちゃだわ。

スイミングスクールの振替日(先月1度都合で休んだ)を申し込んだら、どの日ももう一杯ですって・・・振替に保障がないのっ!?規定期間内の申し込みなのにっ!?どゆことっ!?ってとっても解せない気持ちになっており。

予約の電話って、すごく面倒です。いまだにいや。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おばけの本が好きな娘

もうすぐ小3になろうとする娘は「おばけ」の本が大好き。
図書館でも、学校でも、よく見つけるよな~ってくらいの「おばけ」本ハンター。読み聞かせをねだっていたころの「せなけいこ」に始まって絵本から、低学年向け読み物に至るまで「おばけ」づくしなんだよねえ。

・・・土着の妖怪関係の本も多いよね。
・・・創作の妖怪・怖い話も人気あるよね。
・・・「お化け屋敷」も同じ系統??

「非現実」とわかっているから楽しめるのがお化け屋敷やホラー映画。
非現実体験、異界体験。決して憧れて体験するわけじゃない。
あえて迷路を楽しみにいくような、自分の感覚を確認したり、安全な立場を確固たるものとして実感するためのアンチ体験。

子どもの場合もなんだかね、「おばけ」は「本物じゃないんだ」って、本を読んで確かめてるんじゃないかって気がする。

小学校にあがるころまでは、子供は現実と非現実の区別ってあまりつかないんだよね。つまり(俳優が演じている)ドラマやバラエティー番組なんかを見ているこの時期の子供は、それが「作り物」だっていう感覚をもてないのが当たり前なんだな。
もっと小さいころはそれが「絵」でも現実のように感じる。
(トトロが怖かった、かつての長男)

だから将来の夢が、本気で「仮面ライダー」や「ウルトラマン」なのもごく自然なことだし、反対にドラマで人が死んだりすると、かなりショックを受けることがある。知り合いが、保育園児と一緒に映画館に「海猿」見に行っちゃって、映画館で泣き出しちゃった~、って当たり前なんだよな(連れてくなよ!!!って言っといた)。
うちの娘もよくTVの画面を見ながら「これ本当(のこと)?」ってよく聞いてたもんな。

それがやがて、絵(アニメ)は作り物だという感覚を持ち、小学生になるころになってやっと「ドラマ」の存在をなんとなく理解して…って進化していくわけだ。

今、うちの娘は「非現実」の存在について、知らず知らず、必死の確認作業をしているところなんじゃないだろうか。そう考えると、なんだかものすごい脳内進化が起きているような気がするね。

・・・そんなわけで、子供が2年生くらいになるまでは殺人系ドラマは子どもと一緒に観ないように・・・。ゲームもだよ~!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

細かい気遣い…だよな

先日、久々に子供らと一緒に潜入したマジクエスト@東京ドームシティ。
マイ杖(ワンド=wand)を持って、ミッションをこなしていくリアルRPGのアトラクションなんだけど・・・ほぼ全員杖持ってるから?

Amagi04

トイレの個室内部に「杖専用置場」があった。
洗面所にもあった。

さすが。

マジクエストの子連れレポートはこちら。
      >>マジクエストにおでかけ
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

インフルエン座がやってきた

我が家では、インフルエンザは大概、予防接種を忘れたオットがどっかからかいただいてくるのがスタート。
今年は珍しく全員で受けたのよ、予防接種。

なのに・・・どっかでオットいただいてきました。

なーう、お父さん大好きの娘が39.5℃でっす。たぶんうつったんだろうなあ。

まあ、冗談言えるくらい元気なのでほっとするんだけどね。

明日以降のシフトをこれから考えなくちゃ(;;;´Д`)。
みなさん大丈夫でしたか。
ははは、春も終わるよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2014 | Main | April 2014 »