« 秋はやったら忙しい | Main | 未来廃墟からの生還 小学生と行ってみた »

紙粘土で大騒ぎ

小学校の工作は、モールだの、竹ひごだのって材料を自分の構想に合わせて持っていく、ってケースが多い。だから、半端な毛糸とか、ワインのコルクとかそんながらくたも箱にひとまとめにしておいて、子供たちは必要に応じてごそごそ探してたりする。

娘の工作材料を、2週間くらい前から親子で物色してたんだけど、新たに必要になった材料があるというのを聞いてなかった。前日に「紙粘土と、○色の毛糸ある?」

ある?と言われても「ない」と答えるしかない場合もある。

時は8時50分。
その辺のめぼしい店は閉店しており。
ハハはすでにアルコール入っており。
兄貴の引き出しを捜索するも皆無。

その間、無言でつったってるだけの娘にいらいら増大……。いかん、いかんよ。
落ち着けハハ…ってな夜がありました…。

娘のパニックが終了した後、こういうのはちゃんと前もって言おう&友達と交換を狙え(by 兄貴)、代替案を探せと話しまちた。オットには「コンビニで見かけたら買ってきて~」(住宅地のコンビニだと、意外に売ってたりする)と電話をし……

でも、ここで「ワタシが家にいて、夕方子供が帰ってきたときに聞ければ…」なんて思わない。
言い忘れる子供は言い忘れているわけで、習慣の問題だから。
今回、悔しい思いをする。次回の予防につなげる。
悔しい思いをして、子供は成長するのだ。

思い直して、手抜き弁当いきます。
Dscn7598

・焼肉(豚)、小松菜・油揚げほか甘辛炒め
・卵焼きのりで巻いたの(朝食の卵焼き切れ端)
・エビフライ(前日の誕生会の持ち帰りおかず) ははは。

|

« 秋はやったら忙しい | Main | 未来廃墟からの生還 小学生と行ってみた »

中学生弁当(手抜き)」カテゴリの記事

WM小学校デビュー」カテゴリの記事

Comments

あるあるですね。

私も小2の頃、夜に彫刻刀がない!!って必至に夜のスーパー探してみつけました、深夜2時。お母さんにもいい加減呆れられ…なんで今頃言うの!!って。先生に怒られなさい!!って(笑)

毎度ゲンコツで済ませれたけど。あのときはスーパーで見つかったので覚えてます。彫刻刀があればそんな記憶もなくなってたんでしょう。

娘さん棒立ちのイラッにも共感。ありますよね。ゆったり対応できたらいいのにって思うのもわかります。悩みながらやってくんだよなあ~(T-T)

でもこのブログのいいとこは、悩みながらも切り替えていこうとしてる明るいとこです♪悩みを抱えてるからいいバランスなんです。


Posted by: もがも | November 01, 2014 at 01:03 PM

★もがもさん

ワタシもいまだに覚えてますよ、小2の図工の忘れ物。絶対学校にもってこない親でしたから、図工の時間ずっと泣いてました。それ以来、何かふっきれましたね(´-`)。

Posted by: まりえ | November 03, 2014 at 06:44 AM

あ、あ、あ、あるある、ありました・・・

ふりかえれば、忘れ物の傾向は、子どもの個体差が大きい。そして、大人(20歳代から30歳代)になってもその傾向は持続。ってことは、あのとき、小学生のときの対応って、大事だったんだなぁ。とくに、〈次を防止するリスク管理〉。20年近くたった今思えばですが・・・

個人的実感=フォローしすぎるとリスク管理甘くなる?親が忙しすぎて放任状態だと逆に自衛リスク管理発達?

Posted by: hatt | November 29, 2014 at 09:18 AM

★hattさん
〈次を防止するリスク管理〉って言葉にするとむちゃくちゃかっこいいじゃないですか!?
小学生の時の対応…っていうと、うちの次男は、大人になっても自宅で半裸で過ごすとかそんな感じなんでしょうか(涙)…

フォローってむずかしいですよね。
ある程度の年齢まではしてやらないと、逆に自立しないし、どこでフォローやめるかって・・・。

Posted by: まりえ | November 29, 2014 at 05:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49343/60571077

Listed below are links to weblogs that reference 紙粘土で大騒ぎ:

« 秋はやったら忙しい | Main | 未来廃墟からの生還 小学生と行ってみた »