« October 2014 | Main | December 2014 »

ポスゲ? at アンデルセン公園

土日のアンデルセン公園では、移動販売車や特設屋台が出ていることが多く、いく度においしそうな香りが漂っています。

とぅあーだ、乳製品アレルギーの娘はおいしそう→食べる、ってわけにはいかないので…本人のあきらめ&がっかりの回数は並ではないと思われます…。
Kimg0018

こいつはOK。ソーセージも乳製品不使用です。
経験上「いい」ソーセージは乳製品を使ってないことが多いので、こういった移動販売車でオーナーが「こだわり」をもって作ってるファストフードは、いける感じ。
ディズニーseaのホットドッグも大丈夫だったし。

Kimg0019
って代物。
ハハは、とにかくパンがうまいっ!って感じました。
次男はチーズドッグで。

上の写真のカウンターの奥にある、突起物がパン焼き器。
ここに半分にカットしたバゲットをぐさりとさします。これが結構豪快で楽しい。

すると、ソーセージを入れる穴をあけつつパンが温まると。
また、出会えるといいなあと思ったお店です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

放たれて不安になる

この10日ほどの、記憶が飛んでます。
連日のテストと面談で、中三のメンタルがぶっとんでおり、教室がもー大変(||´Д`)。こっちはこっちで山のような授業準備とかその他ルーチンワークがあるのに~~ん。

毎年11月、3年生はやること考えることが飽和して、幼児化することが多いのでしたcatface。やることをコツコツしていた人は大抵大丈夫なんですが、夏以降、ぼーっと過ごしていた人ほど目もあてられない状況に。

秋は体育祭だの合唱コンクールだのがあって、燃えるものがあったからよかった。そいつらがなくなって「ほら、勉強していいよ」って放たれたら…たちまち何したらいいのかわからない人続出gawk

もう、目の前のことを、無心にやるしかないんだけどね。
いくら塾に1日5時間行ってても(最近は、先生がつく時間以外に「自習室」を塾生に開放するところが多い。これはいいよね。)完全な学習アウトソーシングにはならないわけで、放課後の大部分は「自分で必要な勉強」を「自力」でどれだけやれるかどうか。

がんばれ3年生。
あきらめて勉強したまえ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

未来廃墟からの生還 小学生と行ってみた

近所で「謎解き体験アドベンチャー」なるものをやってるというので、行ってきました、連休中日。イオンモール幕張まで、小学生2人連れて。
Image

秋葉でやった「漫画迷宮」みたいに、キットを買って店内をぐるぐる回ります。
ワンフロアなので、そんなに広く歩き回らなくていいのがナイス!

時間制限のない謎解きなので、まあ、小学生連れてでもいーかな、本屋だし、飽きたらあちこちうろつくだろうし……って、いや、甘かったから!

最初のうちは、それはもうトントン拍子に謎が解けるし、「よし!ここを見てきて!」「わかった!」、「これを書いて~」「わかった!」と前向きだった小3娘、やはりキタ!
ダメです…続きません…(涙)

どうしても考えなくちゃいけない局面とか、どうしてもそこそこ時間をかけなくちゃいけない局面があるわけなんですよ、脱出系謎解きは。わかりました、うちの娘は1分以上考えなくちゃいけない局面で、もうアウト。
(すべて即答とか、無理だからー)

途中、本を眺めに行くものの、40分を過ぎたあたりでもう限界…というわけで、自分内タイムトライアルはあきらめまちたcatface
飲み物買いに行ったりーcafe、お菓子選びに行ったりー…、噴水眺めに行ったりーwave…。
Kimg0032

なんだかんだで、一人で解くより大変だったかもー。
今回は、中学生は練習試合に行っていたので、解いていたのは実質ハハ一人~。

小学生(低学年)は
①行き先が明確なところを見に行かせる。
②マスを埋めたりなんだりの作業をさせる(答えは、脇でハハがつぶやく)。

と、自分でやった方が速いだろ、って思っても任せるのが肝要。
その方が参加感高くなって、「もつ」時間が増えます…(涙)

いろいろ込みで3時間くらいかけてクリア。
あー疲れたwobbly。誰ともしゃべらず、集中してやったら大体1~1.5時間だったよーな計算、してみました。

この具合だと地下謎は、娘はちょっと無理かなあ。
謎解き系、小学生は高学年から…しみじみ思った今日であります。
結局、その他のショッピング計画はすべて断念。

※ちなみに小5次男は「これみて来て~」系ミッションを嬉々として実行、結果「オレが1/3は解いた」と得意顔でした。まー、小学生はこんな感じでcoldsweats01

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2014 | Main | December 2014 »