WMお仕事モード

体育祭が終わったよー

近隣の体育祭は大抵秋に実施。
今年の秋は、そう、雨続きで外の練習ができない日ばっかりでひやひやもんでした。
でも、なんとかできちゃうのが中学生パワー。

隣県の状況なんかは見るにつけ、できただけ幸いなんじゃん、とも思う。

体育祭を終えた子供たちは、確実に一回り大きくなります。
なぜって、体育祭の競技練習って過酷だから…。

体育の得意不得意、体力の有無関係なく、クラスあるいはチーム単位での勝利が目標になるから。苦手な子にとっては、いやそれはもう、酷でしょう。
(よみがえる自身の記憶)

でもね、不得意な子も苦手な子もクラスメート。
運動得意、意識高い連中が、苦手な子たちの気持ちを思いやる。そのうえで引っ張ってやる。ひっぱりすぎず、でも確実に。それを学ぶ機会なんだよね。
励ましたり、訴えたり、時には自分が見本になってさ。

運動苦手連中が、ひっぱられて自分たちの限界を超えていく。
できることを精いっぱいやろうって、がんばる。
その姿を見て、得意連中が、じんとする。

そんな場の演出に、今年も関われた。
よきかなよきかな。

…個人的には、ダイエットで若干体型細くなったので…新しいジャージを買いました。いえい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

夏のくたくた

今年もついに夏休みがやってまいりました♪
とはいえとはいえ、毎日仕事に行っておりますが…^^;)))))。

今年の夏は、中3の息子がいるのもあってサンドイッチのような妙な日程になっており。

顧問部活の総体と、息子の総体と、自分の仕事と、謎解きイベント(^^;)が交互にやってきます。そこへ小学生組の一日の予定もからまってわけわかんない状態にっ!!!
すでに、祖母に複数回迷惑をかけて平謝りの日々。

スケジュール管理でくたくたの夏の始まりなり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちなみに部活顧問の仕事です

前回で、文の中にいれようとしたら、えらく長くなりそうだったので、こちらで別立て。

部活顧問の仕事です。大多数を占める運動部の場合。

【生徒がらみ】
・礼儀指導(教えないと、できない!)
・毎日および休日の練習計画、参加、練習指導
・部活前後のミーティング
・先輩、後輩としての態度指導(これも教えないとできない!)
・部活絡みのトラブル(ケンカ、いじめ、対外トラブル、部活やめたい など・・・)の調査、指導
・部活絡みの悩み相談

・応援指導
・試合のマナー
(挨拶、荷物の置き方、生徒の仕事、態度、部での持ち物準備など)指導
・清掃指導
(使用後の体育館モップがけなど)
・ルール指導
(初心者がほとんど)
・練習方法

 青字のものは、大抵の場合「先輩」が「後輩」に伝えていくのですが、すべての部がそういうわけにはいきません。「先輩」がまったく役に立たない(^^;))))場合は、顧問が先輩も含めて全員に指導する必要があります。

【事務的なこと】
・練習日の設定、保護者への通知プリント作成
               (早めに出さないとね)
・練習試合の設定
     (顧問間で電話、日程調整、会場調整)
・バスで行く場合のバス予約、集金、会計
・連盟、公式大会参加などの手続き
(サッカーとかバスケとか個人を要登録、陸上なんかは大会ごとに細かいエントリーが必要。)
・顧問会議への参加
(試合の組み合わせなんかをやる。大抵5時過ぎから)
・ユニフォームなど購入時の申し込み書作成から会計、発注
・父母会がある場合、保護者との折衝
・部費の出納、購入品の発注

【試合役員】
・大会での役割分担(審判とか、計測とか)
(これが役員だと会場確保~体育館とか競技場とか~、全体の運営計画、パンフレットの作成なんかも全部分担する、これはまあ大抵好きな人がやってるけど、家庭崩壊の危機が常に付きまとっている)

ざっと思いつくだけでこんなだよ。
これを大抵1人でやるんだな。複数顧問のケースも増えて「実働」「事務」と分担するケースもありますが、多くは「休日要員」なので実質一人でやってる人が多いす。ボランティアですよー。
「手当」は、この20年で増えまして4時間/日以上 で¥2400。(ただし生徒がらみのみ、6時間でも8時間でも一緒です)
ワタシの駆け出しの頃は¥700。時給じゃないよとネタにしていたものですが。
あ、平日はでません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

部活のシーズンきたね

新入部員も揃い、生徒総会なんかも終わって、ついに本格的部活シーズンがやってきました。6月は地区大会があちこちの部活で開かれます。

息子も先週に引き続き大会があるというので、こちらは5時起きで弁当メイク。してして、7時前に部活のため出勤。(いつもはメイン顧問がやってくれてるんだけど、時々交代。)
昨夜、疲れて床で寝てしまって、変な時間に布団に入ったからか眠い眠い。そのせいか、部活途中から頭痛だよ。もう情けなさすぎな自分。やっぱり、この仕事は体力勝負のとこがありますなあ…。身体が丈夫じゃない人は厳しいだろうなあ…。

帰宅して、まず30分寝ました。
中学生じゃないんだから、もう!

でもねー、専門分野でもない部活をさ…ようやるよな。
熱中症とか怪我とか心配しながらさあ。
 少し前に話題になってた東京の部活顧問拒否の若い子のブログ。あれはあれで言ってることは正しいと思う。部活やりたくて教員になってる人は大勢いるわけで(部活以外はどーかと思う人もいる)、それはそれでいい。
 問題はそれ以外、自分の専門外でやってる人だよね。プライベート削る上に、なんかあったら顧問の責任。事務仕事も結構あるんだよ。割に合わない。子供が授業以外で頑張る姿をみるのはむっちゃ嬉しいけど、「けど」なんだよなあ。勤務時間内(建前だとしても)の「正規」勤務内容であれば、職務命令だから未経験でもやらなあかんと思うけどさ。相変わらず部活の位置づけがあいまい。指導要領が、ずるい。

自分なんて、全身コレ文化部って人間なのに、なぜ運動部^^;))))))。
「先生、なんで○○部なの?」って、
         こっちが聞きたいわ!

はー。愚痴ってても仕方ない。熱中症予防と、手当について勉強して、また部活に臨みませ。
というわけで、ついでに最近の息子弁当など。
Dscn7784

・卵焼き ・ハムとほうれん草とミックスベジタブル
 (ほうれん草は冷凍) ・ブロッコリー
・かぼちゃ(冷凍)のチーズ焼き

かぼちゃは、下ごしらえに時間かかるので、ほぼ冷凍で買い置き。
Dscn7785
・豚肉とジャガイモ炒め。
    味付けはめんつゆ(かなりいける)
・チキンカツ(冷食) ・いんげん醤油マヨ和え
・ぷちトマト ・さつまいも煮 ・隙間にチーズ。

さー、がんばろう!!



| | Comments (0) | TrackBack (0)

暑くなってきましたので…

職場に水筒持参、始めました。
いままでは小さいのだったんだけど、今、本気モードダイエットを開始しているので…1ℓ水筒どかーん。(さすがに2ℓは、部活じゃないのに恥ずかしい)
足りなくなりそうだったら、2本もっていこうっと。

手元にあると飲むもんです。
これで代謝アップを目指します(*゚ー゚*)。

今にみていろ>生徒たち
卒業式には、薄くなったバディに袴を履いてやるぜ!!
(この春、正面からというより、側面の自分の姿に打ちのめされた自分…)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

職場がらみの結婚披露宴。久々。

40代も後半になって、友達の結婚ブームもとうに去り…職場に若者が少なくなった背景もあって、ほんとに久しぶりに職場がらみの披露宴に出席しました。教員同士のご結婚。おめでとうなの。

非教員の友人の披露宴に比べて、教員同士の披露宴は余興の悪ノリが激しい傾向にあるので、心臓によくない。過去、ご両親が非教員だった友人のそれに参加したときは、もう、いたたまれなくて(涙)。なんなんだろうねえ、披露宴は新郎新婦のご両親や家族のものってのがイチバンなんだから、その辺も考えてほしいよねえ。(って、自分はまともな披露宴しなかったので、気が楽だったんですが)

でも、今回は心配していた悪ノリもなく、キャンドルの芯を埋め込むことも、キャンドルに伊勢海老かぶせることもなく、非常にフツーに進行していたのでよかったよかった。メンバーがまともな人だったのか、それとも時代なのかわからないけど。

さて二次会参加の段になって、プチ問題勃発。
「二次会は若い者のもの」
独身男女の新しい出会い!なにかの縁!
そんな常識でいたからでしょうか・・・うちの職場(新婦)側の参加者が(幹事しか)いない~~~~!
なぜって、
うちの職場は、みんな年寄だから!!!!

披露宴のテーブルにいた面子の半分が50~60代!40代がワタシだけ。残る独身のうち、一人は幹事。あとは金のない講師……。しかも二次会料金お高い!でも、職場の参加者なしって、あんまりだよね……。

んもう、飛び込み可とのことで、ワタシ参加即決。新郎の職場は若い人が多くて、しかも大き目の学校なので参加人数も多い。

職場の年齢バランスって、こんなとこにも影響でるんだって思った。
でも、参加して若い人と知り合いになれたのはよかったよ。
独身じゃなくて申し訳ないけど(^^;)))))))。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レンタル予約してきたよ

予約やっと。何って袴セットでし。
卒業式の正装…。
ほぼひと月前なので、もう予約いっぱいかも…とドキドキしながら行ったけど大丈夫。まだ十分選べました。同じように予約に来ていたのは、幼稚園の先生と思しき3人組。貸衣装屋さんは繁盛していました。
お値段は、フルセットでレンタル¥40000弱。
着物を合繊に、袴を無地にするともう少し安い。若い頃はその組み合わせで¥30000くらいだった記憶があります。たまにだし、と思ったらちょっと気合が入ってしまいました。
買っても?っておもったことはあるけど、手入れとか保管、流行も考えたらレンタルでいいという自分内結論。

で、いつも思うんだけど…やっぱ自分で着たい。
恥ずかしながら着付けができません。お茶とかお花とかやってるわけでもないから、何となくずるずるときちゃったんだよね。
一月でなんとかならんか?と思い、意を決して聞いてみたところ、うーんと困り顔の貸衣装屋さん。
着付けは一日にしてならず。

ことしは、目標に着付けマスターをいれます。去年、教室を探すところ迄はやったんだけど、電話かけたら留守、で萎えちゃった。今年こそ!
暑いけど夏休みに集中して受講ってのもありかもね。娘に来せるとか、後輩の着付けやったげるとか使い道も広そう。頑張ります。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ぶり返しちゃったよ 職業病?

結構あちこちで聞く女性に多い職業病・・・それは膀胱炎。
なかなか休憩をとれない職業についてる人がなりやすいと聞いています。

先月久しぶりにぶり返しました・・・(涙)。
とにかく、普通に過ごしていても気持ち悪い残尿感。トイレにいくと、痛い。

対応としては、とりあえず水分をがんがんとって菌を排出する方向にもっていく。それから必ず医者に行く。抗生物質でなんとかなります。
医者にいく暇がない場合、薬局で売ってる漢方薬「猪苓湯」(ちょれいとう)で応急に緩和はできますが…完全によくするためにはやっぱ抗生物質。かかるのは内科でOKです。

実は、独身のころから繰り返していて、もう何度目(^^;)?.

ひどいときは、血尿が出て卒倒しそうになりながら夜間救急に向けて車を飛ばしたことも…。(運転しながら「気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い…」とリピートしてた覚えがあります。タクシーとか使えばよかったのか)

立ち仕事のミナサマ、お気をつけて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

放たれて不安になる

この10日ほどの、記憶が飛んでます。
連日のテストと面談で、中三のメンタルがぶっとんでおり、教室がもー大変(||´Д`)。こっちはこっちで山のような授業準備とかその他ルーチンワークがあるのに~~ん。

毎年11月、3年生はやること考えることが飽和して、幼児化することが多いのでしたcatface。やることをコツコツしていた人は大抵大丈夫なんですが、夏以降、ぼーっと過ごしていた人ほど目もあてられない状況に。

秋は体育祭だの合唱コンクールだのがあって、燃えるものがあったからよかった。そいつらがなくなって「ほら、勉強していいよ」って放たれたら…たちまち何したらいいのかわからない人続出gawk

もう、目の前のことを、無心にやるしかないんだけどね。
いくら塾に1日5時間行ってても(最近は、先生がつく時間以外に「自習室」を塾生に開放するところが多い。これはいいよね。)完全な学習アウトソーシングにはならないわけで、放課後の大部分は「自分で必要な勉強」を「自力」でどれだけやれるかどうか。

がんばれ3年生。
あきらめて勉強したまえ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ビブリオバトルやってみた

はやりのビブリオバトル、授業でやってみました。
ちょうど中3では、相手を説得する話し方、というのが課題になっているので…乗った!てな感じ。

ビブリオバトルというのは、5分で自分が「おすすめしたい本」をプレゼン、聴衆に「一番読みたいと思う本」に投票してもらって、優勝本を決める本のプレゼン合戦。

熱く語らねばならないので、結果的に原稿を見ません。
しかも、身振り手振りを駆使したり、わかり易く話したりする必要があるので…スピーチ教材にぴったりじゃあないですか~。

とはいえ、朝読書が一日の中で最大の苦痛、ってな生徒、スピーチってだけで固まる生徒が2~3人ずついる教室ですもの、いきなり正規ルールでは不可能。

というわけで、話の流れだけは設計図を書かせました。(原稿、ではないとこがミソ)
仲間内での練習&アドバイスタイムも確保して、いざ本番!班内予選を経て、代表戦へ。

結果、かなり盛り上がったバトル。
しかも、代表になった生徒のプレゼンが面白い!ネットにアップされている大学生のプレゼンよりも面白いかもしれない…(不遜)です。

「またやりたい!」ってアンケート結果もゲットして、うし!
保護者に見せたかったよ。関連教科の先生方、お試しあれ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧