WM夫婦モード

ハハの朝帰り!?

送別会シーズンのこの頃…すみません、ハハは朝帰りでした……。

one of 幹事だったから飲むこともあるまいと、会場準備にちょっと早めに車で行ったものの、乾杯のシャンパンbarがあまりにおいしそうで…近くのホテルに泊まる後輩がいたもんだから…とにかくいろんな条件が重なって、すんげー飲みたくて飲みたくてたまんなくなっちゃったのだ!

電話ですmobilephone
「今日、泊まってもいいかなあ」(親に電話かける高校生みたい……。)

オット「明日の弁当あるけど大丈夫?」
ワタシ「!!(゚ロ゚屮)屮 今ので、決心ついたわ。帰る。飲まない。」

というやりとりがあったものの、その後オットからラブリースペシャルなメール。
「弁当なんとかなるから飲んでおいでよ」だって、だって、だって~~~~っ!
(ノ゚Д゚)ノヽ(Д゚ )ノヽ(゚ )ノヽ( )ノヽ( ゚Д)ノヽ(゚Д゚)ノ

早朝帰宅してみたら、なんとまあ、学童保育にもっていく弁当が一人前ちゃーんとできておりました。オット、あんたはえらい!
(写真を撮っておかなかったのが悔やまれます)
(チャーハン弁当でした)

ほれなおしました。はい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オットの時短 その4

 我が家では、小学校の学童の迎えを私の実母に頼んでいるので、夕方ちょこっと母が家にいます。で、味噌汁を作っておいてくれる、それからハハが忘れていたら息子が炊飯器をセットする(当然、無洗米riceball)というのがありがたいパターンになっています。

当然オットもその恩恵にあずかり、夕食は、
「餃子買ってくる」
「コロッケ買ってくる」
「巻きずし買ってくる」とかいうのが毎度。
無論、こちらに余裕のあるときは「から揚げ揚げて冷蔵庫入ってるからね」「肉じゃがあるよ」って感じなんですが。

実母が腰を痛めましたshock

昨日の夕食は 三人連れて吉野家だそうで。

そしたら「保育園のお友達に会ったんだよなhappy01
「うん、お母さんと一緒に来てたよねhappy01

ま、保育園ライフ、こんなもんですな。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

オットの時短 その2

オットが保育園の送迎をし、ワタシの帰りが9時近くになる・・・・そんな生活が始まってはや一月。余波はオットの実家へも及ぶ。

 オットが実家との電話のやりとりで「育児時短をとってる」という話をした・・・・ら、案の定「親父は多少動揺してたな」とのこと。
        だーよーねー
 オットの実家は、昭和において典型的な日本男性(長男、後継ぎ、家庭のことは一切やらない、アフター5は自分のもの、妻に仕事はさせたくない)と専業主婦の家庭。

 義母にしたら、うちのオットが子どものおむつを替えているって時点で「この家庭の息子がよくもここまで子育てに参加するとは!」という衝撃があったとのことなので、多分そんなに驚かなかったかもしれない。(こと義母は、ものすごーくそういうことにすっきりした方とお見受けする)(ええ、すごく思いやりのある息子さんに育っていますです)
 けど、義父はねー、とってもさばけてる人なんだけど、感情のとこできっと「息子が」「男は」「出世は」と思ってるんだろうな・・・・・。オット、長男だしなー、いろいろ期待があったんだろうしなーとかね・・・。口数も少ない義父の白髪頭を思い出すと「ごめんなさい!期待をことごとく裏切ってbearing」と思っちゃう。・・・・・・・だからどうこうっていうんじゃないけど、いろいろトライさせてくれてありがとうございます!って思う。

 だからせめて、もう少しまめに孫の写真送ります・・・・camera

| | Comments (6) | TrackBack (0)

オットの時短 その1

 今春、オットが育児時短をとった。

一日の勤務時間を減らし、基本的に残業のない部署への異動。
ありがたい!という気持ちと
申し訳ない!という気持ちと。

 オットとしては、就職以来続く残業の嵐(11時に帰宅したら「早い」)&休日出勤に辟易していたのと、このままじゃ身体壊すとおもったこと、せっかくの育児を楽しみたいってことが、もともとあったわけ。そこへ、去年の私の精神的疲れぶり(4~5月はひどかった)もあって、時短取得に踏み切ったようであり。

 実際、会社の担当部署に話をもちかけたら「え?男性も取れるの?」という対応だったそうで、周知がされていなかったとか。そんなもんなのかもねー。

 おかげで今年は担任になっても、そこそこ仕事をして帰ってこられる状況になっている現在です。保育園の送迎担当は基本オットに。

 ちょっと驚いているのは、こういう状況になってワタシ自身がオットに「申し訳ない」って感じてること。自分が休暇とってたり早く帰ったりしてるときは「オットいいなあ、ワタシばかり仕事の自分を犠牲にして・・・」って正直感じる部分があった。けど、いざオットが時短になると、ちょっとびびり~入りましたcoldsweats02。「ほんとにとるの!?」って。

 これは、男子が育児時短を取ることへの保守的抵抗感か?
 それともワタシの覚悟のなさか!?

 残業手当でもっていたオットの手取りは、時短もあってダブルで減ります!
 ええと、ただいまうちのdollar稼ぎ頭はワタクシでございます。
 ほほほ、がんばりますわgood

| | Comments (9) | TrackBack (0)

オットの挑戦

冬休みの間に、来年度の異動希望を書いとかねばなりません。みなさん、知り合いのいる職場、生徒が安定している(荒れてない)職場、苦手な管理職の来なさそうな職場、力を発揮できる部活のある職場・・・いろんな材料があるようです。ワタシは、とにかくこれ。
近いとこ。
これに尽きます。

さて、一足先にオットの会社では人事希望調査があったとか。10月だか11月には出したようです。
子供ができて(増えて^^;))))))深夜の帰宅が本気で切なくなった彼。(ワタシからのプレッシャーもあるか??)とうとう定時退社の可能性が多い部署、育児時間のとれそうな部署に本気で希望を出したようです。(今までも希望は出していたらしいのですが、今回は具体的に希望先を書いて、あちこち聞いてまわったらしい)
入社以来、営業一筋だったオット。同じ部署の先輩からは「異動したら戻れないよ~」と何度も諭されたとか・・・・・・。はた目に見てても「忙しいけど、かなりやりがいのある担当」ではあるんですよね、確かに。

希望が通るかどうかは、正直不明だけど、結果どうでるのかな。
妻としても、ちょっと緊張します。

オットいわく、会社に、未就学児がいる社員の時短勤務規定がある。しかし、行使してるのは女性ばかり。でも調べたら男性でも取れる・・・・彼はこれをねらっています。でも、担当の人が、オットの指摘で「男性もとれるんだー」ってびっくりしたという具合だったそうで。そうだね、その担当者の認識がスタンダードなんだろうなあ、世の中・・・・・。

周囲にいるのは、子育てを専業主婦の妻に任せっきりだった上司、現在進行形の先輩ばかり。共働き、二人で子育てしてる家庭の状況を本気で想像できる人がいないんだ、ロールモデルもないんだ、と彼はいいます。WMと同じだよね。それから、ワタシたちよりちょっと先輩の、まだ制度がまるで未熟だった頃のワーキングウーマンと。

結果がいかに出るかはまだ不明だけど、オット、惚れ直しましたぜ。
とにかく、その姿勢がうれしい。ワタシもがんばるよー!!

来春、もう一人、ワタシの職場で育休とってた女性が復帰します。復帰と同時に、同じ教員である彼女の夫が育休取得予定だとか。(うちの夫は激しくうらやましがっていました)自分の周囲ではこのケース、初めてです。

ワークライフバランス。
今年たくさん聞いたこの言葉が、来年、どうか現実味をもって動き出せますように。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

オット、ストレスと闘う

4月から、一気に6月になってしまった感がします。復帰直後のリハビリもなんのその^^;)。

担任こそ持たないけど、その分多い授業と、生徒総会の指導(なぜか生徒会担当になっていた・・・・サブだけど)、委員会と部活、授業研、授業研と実習生に合わせた年間計画の練り直しと、中間テスト2学年分・・・・・・がんばりました。パチパチパチ。

無論、その他いつもの生徒指導やらなんやらありましたが、まずは連続していた大物が片付きました・・・・やれやれです。おかげで、この土日はちょっと一段落できます。明日からは、宿泊行事の準備にスパートかけます。はー、気合だっ気合っ!!

(これで人間関係の緊張が少なければ、もっと気分的に楽になるんですけどね・・・)

さて、この数日、自分自身がちょこっと風邪をひいたのをきっかけに、だましだましきていた副鼻腔炎が悪化してきました。目の下が痛い・・・今回はさすがに医者にいかないときついかも。です。けど、それより気になるのがオット。

この数日、頭痛がひどいとかで・・・・ただの頭痛ならいいけど、おおごとだったらやばいよね、頭痛は怖いよね。。。ってんで早めに君も医者へ行くべし!と2人で話をしました。

育休あけて復帰してから、自分自身の方の仕事量、精神的疲れは未曾有の域。それを見越して、お迎えの回数を増やしてくれたオットの方の負担も大きかったことは明らかなんですよねー。

・時差出勤を利用して、朝小学生を送り出して出勤。
(惨状を見かねて家事をかたづけてからのことも・・・)
・通勤は電車で約90分。
・仕事が片付かないから休日出勤。(まー、昔からだけど)
・でも休日接待はやんわりとお断り。
・普段の帰りは0:00過ぎ。

・上司には、面倒がられているらしい。
・お迎え担当の日は、食事、入浴、寝かしつけ3人分。
・小学生の長男の連絡帳担当。

なんでもできちゃう頼れるオット。
だから、疲れちゃうんだよね。
ストレス頭痛だろうなあ・・・・・・・・・きっと。
(や、むしろそうでないと^^;)))))恐ろしい病気だったら・・・・ブルブル)

(オットのストレス解消のひとつに「読みきれないほど雑誌を買う」ってのがありまして。本人も自覚してるんだけどね。最近は、そこへ食玩買いがプラス。子供のものばかりなんだけど・・・・今までそんなことなかったから、すんごく違和感を感じてたのねー。これもストレスだよねえ)

それでも、彼に分担してもらわないと今度は、私のほうが壊れちゃうし・・・・今も二人でいろいろと方法を模索中。まだまだ、先は長い!!

とりあえず、二人でうまいことストレス解消を考えて、ためないように、ためないようにがんばりまっそ。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

パパが、子どもの病気で休むということ

我が家では、子どもが病気になったとき、基本的に夫婦で分担して休みをやりくりします。
  (詳しくは、この前の記事「WM 子どもが熱を出した時」をご参照あれ)

さて。
前回の記事のコメントで「悔しい」と書いたのは、子どもの病気で仕事を休むのが、ほとんどの場合「妻」だということなのです。同じに働いててなぜ!?多くの人が
「パパが休めないから」って、言うの。でもさ、
・・・・ワタシだって休めないよ~!!!ってママはたくさんいるんじゃないの?
休んだら、後始末が、勤務評定が、職場での信用回復が・・・・とってもとっても大変!ってのがあるんじゃないの?????

それなのに、「パパが休めないから」で、収めちゃう・・・・これって、すっごく悔しい!

・・・・パパは休める。休めるはずなんです。
妻と同じように、休んだ後始末をすれば。
勤務評定を覚悟すれば。
職場での信用回復を、必死になってすれば。

それを、
しようとしてないだけなんだってばヾ(`Д´*)ノ゙

しかし、状況はなかなか理想どおりにはいかなくて、たとえば、
・妻の勤務時間の方が短い
・妻の収入の方が少ない
・妻の勤務地の方が近い
・夫の仕事は、子どものことで休む事態は想定されていないスケジュール
・「ママだから仕方ないよね」という休みやすい空気がある
・「パパが休むの?ありえない」という空気がある

こんなケースが多くないですか?
そうなると、「ママが休んで、パパは仕事に専念する」方が、
家計的に最安全策ではあります・・・・。だから、なんだよね。

でも、長期的に「妻の安定的収入」を求めるのであれば、妻もそうそう休んでもいられないわけで。正社員なら有給休暇があるけど、パートでは無しということもあるでしょ?こういう場合はオットが休むことに意義はあるわけです。責任のない仕事なんてないし。

さらに、我が家のように夫婦でフルタイムの場合。妻ばかり休むのって、かなり・・・・理不尽ですっ!
 ただでさえ普段から、部活とか担任とか大変な仕事を断って肩身の狭い思いをし、昼休みもなく仕事を続け、やっておきたい残業もそこそこにタイムリミットを睨みつつダッシュで帰ってるのに。あれもこれも妥協。
 しかも献立を考え、事前の仕込みもして・・・・そういう家庭のマネジメントを夫が考えないというのは、とってもとっても納得いかないのですよ・・・・。同じに仕事してるのに!!

ってなことを、我が家ではガンガン話します。でもって、お互いの職場や仕事の特性を考えて、今の家事育児の分担状況ができあがってるのです。。。。
(「ママ」が急いで帰るのに寛容なワタシの職場、通勤時間は妻は夫の半分以下、希望残業時間妻=2.5時間/日、夫=5時間/日 という現状など・・・・) それでも、ワタシの分担が家事9割強、育児8割強・・・・・かなあ。(その分オットが家計に入れるお金はワタシより多いです)

職場での男性の状況も、厳しいんだよね。それは、WMだからこそ実感として理解できる。ワークライフバランス。
オットはかなりがんばってます。文句言うばかりじゃなくて、それはわかってあげたい。
(だからといって、今の状態で妥協もしない^^;)

オットによると、職場の雑談や接待の席で、相手が子育て中のパパだと、話題はお互い「育児ネタ」。みんな興味津々なんだそうで。
このごろは「パパ向け育児誌」も増えてきましたよね。(ちょっと対象所得層が上だけど・・・・^^;)))))

きっと今は、育児に目覚めたパパたちが「休めない」から「休みたい」へ動き始めてる時なんだと思うのです。

「パパは休めない」ってあきらめちゃいけないんですよ!動いてほしい!
がんばれ!父ちゃん!

異動希望に「残業の少ない部署」を書いて出したというオット。泣けるぜ!
うん、いざとなったらワタシが養うから・・・・・・・・・(T T)。
(あ、でも住宅ローンの分担分だけは、バイトでもなんでも稼いでください・・・・・)

★関連記事を思い出しました★
「オットの家事・育児」 よろしければこちらもどぞ。

| | Comments (25) | TrackBack (3)

我が家の家計システム

家購入の話に先立って、我が家の家計システムのことなど、ちょぼっと。

なんと、家計簿つけてます!マメ?マメ?

とはいえ、これは家計を把握分析する、というより出金記録の趣が強いっす。
ウチの家計は、各々の立替払いが基本なのです。

我が家では、2人の収入をまとめて家計にはしていません。
一月の大体の支出額を、家計の口座にそれぞれ振り込み、そこから自分が立て替えた額を引き出す、そんな形にしています。結構便利。
この口座から、光熱水道費、学資保険、生協なんかも引き落とし。賃貸の家賃もここ。
(えーと、口座の管理はオットです。ワタシには向かない^^;)

振り込む額は、それぞれの収入と家事時間を考慮して、オットの方が多め。
◎夫・・・深夜帰宅・休日出勤多/残業手当出る
     子どもの扶養控除はこっちに集中
◎妻・・・家事・育児時間長い/残業手当なし
     扶養控除なし

で、家計に振り込んだ残りの額は、個人で運用、貯金したり小遣いにしたり。生命保険なんかも個人で出してます。あ、旅行なんかに行くときなんかは臨時徴収したり^^)。

だから、何を家計費でまかなうか、何を個人で出すかはきっちり決めてプリントしてあります。どんなものを個人で出すかというと、

昼食代・本・CD・服・靴・理髪・パソコン系・クリーニング・飲み会・職場の交際費・自分の保険・コーヒー(妻の嗜好品)・アイス(夫の嗜好品)・マイおやつ・・・・・・・最近では、玄関先の花関係は私もち、カブトムシセットは夫もちです~。
ワタシが趣味で衝動的に買ってしまう食器なんかは、事後相談。
「必要!」と判断されれば家計費でまかなうけど、「趣味!」審判で、自分持ち^^;)

でもって毎年初めには夫婦で家計会議。
・支出の見通し
・振込み額の見直し
・家計費と個人の負担の見直し などを話し合うのでし。

そして、住宅購入をこれまで目標にしてない・・・・・・・・・。
当然、家族としての貯金は、家電の買い替え目的分くらいしかなかったんですよね~。
そこで、買う?という話になって、夫婦の会話は

「君、いくら出せる?」

そこから、予算の話が始まったんです。

なんだか、書いててかなりいい加減だなあ~、と自分たちの暮らしぶりを思う反面、夫婦それぞれが、よく貯金してたよなあ、というのにも改めて驚き。んんん、それだからこんな家計システムが成り立っているといえばそうなのかも。

今後、子どもの教育資金や万一のお金なんかのことも考慮して「共通口座」分を増やしていくようになるわけですね。この家計管理の方法が、住宅購入にも関係してくることになります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オット、休めよ!!!

子どものいる生活になって6年目ですが、いまさらながらわかったこと。

「オットの休日=自分の休日」

うちのオットは、営業職なのもあって、休日出勤が多い。
教員も部活で休日出勤が多いといえば多いが、平日も連日深夜帰宅で、はっきりいって教員よりずっとひどい。

土曜だけど、日曜だけど・・・保育園休みで、未就学児3人自宅にいるんだけど・・・・オット出勤。休日が一番つらいじゃねーか!!母はヽ(`Д´)ノ!!

ワタシはといえば、運動部顧問時代は、
部活で学校いったら、その他の仕事はしない!と決めてたり、2週間くらいハードに授業をいれて、平日年休をひねり出すとかして割と積極的に休日を作る方。
子どもがいないときは、1時間だけ年休とって、ちょっと遠くのライブに行ったり、TDLの夜の部行ったりとかね。

休日があるって、お楽しみがあるって、すっごい励みになるじゃん!
仕事がどんなにつらくても「あと2日で休み!」とか「今日は飲み会!」とか考えるとがんばるぜ!って気持ちにもなるものでしょ。メリハリが大事なのさね。

ないのよ!
今の生活に、その目標が!

「あと○日でオットが休み。みんなでおでかけ~」とか
「あと○日でオットが休み。ちょっと一人で買い物~」とか

そんな小さなゴールがないのよ~~~~~っ!!!!

ま、ね。オットも休日がなくて大変なことは大変なのよ。それはわかるのよ。でも、妻もそれにつきあわなきゃいけないのも大変なのよ。
休みがないと思ってて、急に休みだってわかるのもそれはそれで嬉しいけど、人間「あと○日」ってカウントダウンは心の栄養なのよ。全く違うものなのだっ!

家のカレンダーは、そんなわけで土日に何の予定もはいってません。みんなこんなもん?

と怒っているのも、オットの夏休みが土日含めて5日のうち3日が消えたからです(T T)。
こんなんじゃ予定くめねーよ!!!

心中密かにぶちきれております。(そのせいか、このごろ妙に気を遣ってもらっている)

来月は少し仕事もおちつくということなので、先に予定をいれました。鴨シーいくぜ!
土日休みのサラリーマンが、土日に予定を入れるだけの話なのにね^^;)

※独身の方は休日、「オレもつかれてるんだ!」とかほざいて自分のことしかしないというお子様な男とは結婚しないようにしましょう。あ、ちなみにうちのオットはちゃんとオトナです♡

| | Comments (3) | TrackBack (0)

オットの家事・育児

うちのオットは、同級生、共働きなのも手伝って、家事育児には比較的前向き。
ワタシが、ギャーギャーぶちぶち言うのもあってか、点数をつけるなら高得点をつけて差し上げられると思う。

ただねー、子供の食事の世話もするし、うんちのおむつも替えるし、洗濯物も畳むオットだけど、やっぱ心のどこかで「家事は女がするもんだ」って思ってるんだよねー。

育休になったら、ぱたりとゴミだししかしなくなってしまった(^^;)
休日でも家事の量って変わらない・・や、増えるのか・・・だから、妻はひたすら家事してるわけよ。その間にも子供はまとわりついてくるわけよ。なのにオット、子供と遊ぶ→新聞読む→遊ぶ→寝る・・・・・・・・おい!「寝る」って何?なんなの?こっちはいつもより忙しいんだじぇ!!

なんつうか、家の中のことについて、慣れてないから気がつかないんだよね。ダンナは。
トイレが汚れてるのも、
洗面台がくすんでるのも、
布団をたたんでしまうのも、
息子の上履き洗わなきゃいけないのも、
床の食べこぼし掃除しなきゃいけないのも、
そろそろ食事のメニュー考えなきゃいけないのも、
寝る時間から逆算して風呂と食事の時間を間に合わせようとするのも、
みんな考え付かないんだよねー。

自分が家事をしないと大変っていう切迫感がないから。

「みんなで出かけよう」「オレが出勤の時は実家にいけば」っていうけど、

気温と時間と行程を考えて、着替えとおむつを用意するのは誰?
麦茶とか、おやつとか、離乳食を用意するのは誰?
虫除けとか、ウェットティッシュとか、用意するのは誰?
帰宅後に、洗濯物とか水筒とか後片付けをするのは誰?
おっぱいの時間を計算して行動するのは誰?

連れて歩くだけが育児じゃないぜ!

仕方ないんだよね~~。悪気もないんだよね~。
でも、この状況に甘んじてはいられないのよ~こっちも大変なんだもん~。
言ってあげなきゃいかんのだ。「布団たたんでね♡」って。
あるいは、
「ワタシも眠りたい!」といわなきゃいかんのだ。

でも、言えばやってくれるオット。かなりえらい。

【おしらせ】

「ママ教師おすすめ絵本(本)」「DVDなど鑑賞記録」は、このブログから移動しました。
右サイドバー「暇刊女教師別館」へお越しください。中学生に勧める本コーナーも、少しずつ書いていきます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)